テーマ:群馬の城

箕輪初心:生方▲真田丸17【真田昌幸:名胡桃城:沼田城攻略までの過程】

★1月20日、今日も大雪だ。また、雪かきだ。 ・平成28年(2016)の初詣は沼田の正覚寺・沼田城&みなかみの 名胡桃城だった。名胡桃城は真田丸の影響で、県の補助でもの凄 い整備がなされていた。・天正7年(1579)武田信玄は真田昌幸に 命じた。2月敵対関係となった後北条氏から沼田城・沼田領を奪 取するための前線基地として名胡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲真田丸15『真田丸第2話「決断」のあらすじ』

第2話は、真田信幸と真田信繁は、母・薫と、祖母・とりらと 父:真田昌幸の待つ上野:岩櫃城へ逃れる話から始まる。 途中、百姓の落ち武者狩りにあう。小山田信茂に裏切られた 武田勝頼一行は、田野で滝川一益勢と戦うが40名ほどしか おらず、武田勝頼は自刃した。甲斐善光寺で織田信忠に臣従 を誓った小山田信茂は「主君を裏切った不忠者」とし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲真田丸12【第12弾:戦国真田の岩櫃城跡探検隊】

「戦国真田の岩櫃城跡探検隊」第12弾は午前はパネルディスカッ ションコーディネーターは城郭ライター:萩原さちこ氏でまず、 講演会①父祖の地真田庄:真田三代語り部の会(吉田美由紀氏) ①礎の城砥石城:砥石伊の会(?)③難攻不落の岩櫃城:あざ みの会:富澤朗会長であっる。昼食後、午後は3コース(① 岩櫃城本丸跡、②.最新発掘現場、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲群馬富士見【石井岡城】&箕輪城№181長野業正養子:里見義樹=石井信房

現前橋市富士見の【石井岡城】は、珊瑚寺の西隣にある。長野憲業の 娘は里見義堯の妻となった。子どもの里見義樹は長野業正の養子(娘 婿?)となり、長野義樹を名乗った。長野業正の次男:長野氏業(業 盛)が生まれて、現前橋市富士見の【石井岡城】に入城し、長野信房 →石井信房を名乗った。城は半円形で、直径120m程ある。現在は 長野業正…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲『館林城2回目』5代将軍:徳川綱吉のいた城

・文明3年(1471) 享徳の乱で館林城が滅ぼされた。天文元年(1532) 赤井照光が築城したとも伝えられている。戦国時代、上杉謙信の関 東出撃駐屯地となった。天正18年(1590)豊臣秀吉の家臣:石田三 成に攻略された。その後、徳川四天王:榊原康政が石垣や天守を持 つ近世城郭に造り変えた。徳川綱吉や秋元氏も在城した。 現在、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲20151110【総社秋元公歴史まつり】:秋元長朝の功績&光厳寺&元景寺

★平成27年11月8日(日)「総社秋元公歴史まつり」が開催された。 群馬県前橋市総社町:秋元武者行列は総社城主・秋元長朝 (おさとも)公の遺徳を偲んで、秋元山光巌寺(こうがんじ)から 氣雲山元景寺(げんけいじ)まで約1km行程の往復で行われ る予定であった。しかし、雨天のため武者行列の中止となった。 秋元長朝公の功績&光厳寺・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲「岩櫃城忍びの乱」

「岩櫃城 忍びの乱」は平成26年度・平成27年度の群馬県文化 振興課「群馬の文化」支援事業だそうである。「岩櫃城 忍びの乱」 のアトラクションの参加費は1日1000円である。しかし、目的は、 ①箕輪城祭りに参加した須藤君たちの本格格闘甲冑集団「式」に VIDEO&写真を渡すこと、②真田鉄砲隊を見ること、③あざみの 会の皆さんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2015高崎【山名万葉句碑】④山名城4番~10番&根小屋城の句碑

山上の碑~たまたま高崎自然歩道=石碑之路を通り、寺尾下城:山名 城に行った。山之上の碑入り口からは100m~200m程度の間隔で 万葉歌碑が多数建てらられている。今日は万葉句碑5番から10番& 群馬の偉人の句碑を紹介する。 ~~~山名シリーズ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 箕輪初心:生方▲高崎『20151…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路万葉歌碑』③山名城2回目

山上の碑入り口から高崎自然歩道=万葉歌碑石碑之路を行く。100m ~200m程の間隔で万葉歌碑があり、それをを読みながら登ること10 分~15分。やがて、寺尾下城:山名城の大手口に到着する。寺尾下 城は山名八幡宮の社伝説明には山名義範が築城したことになってい る。しかし、個人的には、寺尾下城は南北朝時代の山名時氏の築城で はな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城174・井伊直政18『箕輪城→高崎城」復刻版

戦国時代、西上州の城の中心は箕輪城であった。天正18年(1590) 8月上旬に箕輪城に入城した。慶長2年(1597)おそらくは4月か5月、 ※徳川家康は、豊臣秀吉が死ぬを察知すると、軍事上、街道の整備 を井伊直政に命じ、北関東の守備を固めようとした。箕輪城には8年 いた。高崎城の築城を開始した。慶長3年(1598)10月高崎城が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方★高崎城&長野堰【井伊直政&秋元長朝&新井喜左衛門】

★平成27年(2015)4月3日~7日まで、高崎シティギャラリ ーにて、中嶋宏氏の主唱する【長野堰を語り継ぐ会】の長野堰 の絵図展が開催された。5日間で約2000人近くの来場者があ った。慶長3年(1598)に徳川四天王の「井伊直政」が本城を 箕輪城→高崎城に移した。この時、高崎城の縄張りは早川幸豊 であっただろう。長野堰から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方★高崎城【井伊直政&高崎城&彦根城の縄張り担当:早川幸豊】

★平成27年(2015)4月3日~7日まで、高崎シティギャラリ ーにて、中嶋宏氏の主唱する【長野堰を語り継ぐ会】の長野堰 の絵図展が開催された。いくつかの新聞社の掲載記事、NHK 報道もあり、5日間で約2000人近くの来場者があった。慶長3 年(1598)に徳川四天王の「井伊直政」が本城を箕輪城→高 崎城に移した。高崎城の縄張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心▲群馬:岩櫃城跡探検隊第10弾「発掘調査&岩櫃城温泉」

※平成26年11月9日(日)、午前9時~午後4時30分まで・・・・・・・  午前の部は「あざみの会」のガイドによる岩櫃城見学&東吾妻町教 育委員会の岩櫃城跡本丸発掘現地説明会であった。昼食後、岩櫃ふ れあいの郷コンベンションホールに移動した。午後の部は吉田智哉 先生による岩櫃城跡発掘成果発表&歴女トークショーであった。つ いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●高崎の城一覧「154城」復刻版

★新編高崎市史資料編3には、旧高崎地区の城が154城 紹介されている。私は高崎の城154城のうち、100城近くは 行っている。有名な城は和田城→高崎城・寺尾上城・茶臼山 城・寺尾中城・根小屋城、寺尾下城(山名城)・大類城・倉 賀野城だろうか。   (★高崎城の畝堀:発掘調査) ~~~旧高崎地区のメジャーな城~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●高崎【大類城】&『大類氏の歴史』

★大類城は戦国時代に和田氏同心大類氏が築いた城である。高 崎市宿大類町字村西に大類城&3ヶ所の支堡からなる。和田 城の東に築かれた。和田城を守る城として和田下之城・大類城・ 反町館・慈眼寺城などが配された。永禄9年(1566)箕輪城の落城 後の城で、武田信玄の家臣:和田信業(信繁の跡部勝資から養 子)の家臣として新後閑右京亮(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●【岩櫃城跡探検隊第8弾:岩櫃城家老屋敷コース】

★平成25年(2013)11月10日(日)、戦国真田の岩櫃城跡探検 隊第8弾に参加させていただいた。午後の部は3コースある。 ①手古丸城コース ②矢沢頼綱コース ③岩櫃城出浦曲輪コース である。どのコースも魅力があったが、③を選んだ。本郭の西を 守る「志摩郭=禰津志摩守元直屋敷」、本郭=真田昌幸屋敷、南 を守る「殿屋敷=海野長…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●岩櫃城探検隊第8弾【中山城2回目】

★平成25年(2013)11月10日、戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第8弾があった。88名の参加であった。午前の部は全員で 高山村の「中山城」に行った。中山城は、上杉謙信&北条氏 邦&真田幸隆(真田幸村の祖父)の狭間で、生き残りをかけ、 中山一族の城である。山﨑会長をはじめ根津さん・富澤豊前 守様・本間さん・小田島さんなど、多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心◆群馬:【館林城】&茂林寺&田中正造の墓

★館林で興味があるのは、館林城などの城砦+つつじヶ岡公園+ 館林美術館+茂林寺+田中正造+田山花袋+向井千秋+なまず 料理+館林うどんである。このうち、館林城&茂林寺&田中正造の 墓&なまず料理だけが克服できている。東毛は高崎から遠いのだ。 【1】館林城 ■訪問日・・・平成20年(2007)8月・・・ ○三の丸土塁 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●群馬『小泉城』:内堀&土塁の残る富岡氏の城

★小泉城の築城は、延徳元年(1489)。標高33mの場所に作られた。 戦国時代末期、後北条氏傘下の時代に改築された城の遺構:内 堀の全部と外堀の一部と土塁が残っている。市街地でこれだけ の堀を残しているのは、びっくりだった。行政の努力によるも のではないかと思った。富岡秀高・富岡正美を輩出した。 ■訪問日・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●群馬【太田金山城跡ガイダンス施設】&『太田金山城』2回目

★群馬県の100名城は『太田金山城』&『箕輪城』である。 金山城は群馬には珍しく石垣・石敷を多く使っている城な のである。今回は、友達の中ちゃんのリハビリで連れて きた。「太田金山城跡ガイダンス施設」と金山城散策を 案内を地元の太田スキー&ハイキング仲間の長島氏にお 願いした。馬場なども見学した。  箕輪初心●群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●群馬『太田金山城』1回目=石垣の見事な100名城

★戦国時代の群馬県の城は自然の要害を利用した「土の砦」が ほとんどで、石垣のない土塁だけの城が99%を占めているのだ。 しかし、金山城は群馬では珍しく石垣・石敷を多く使っている城な のである。北条の築城術の粋を集めた城が太田金山城なのだ。 太田金山城は築城法が凄いのである。 昭和9年(1934)に国の史 跡に指定された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心◆2013スキー10群馬【丸沼】&小住温泉&沼田城の桜

★この1週間、腰痛が治らない。スキーで逆療法してみる のもいいかもしれない。コブも舐めるように滑ればいい。 2月12日(日)以来のスキー場である。丸沼スキー場で 軽く滑り、帰りは川場村の温泉に入る計画した。お土産 は酒・酒粕を購入する予定である。ついでに、沼田城の 桜か白井宿の桜を見るのもいいと思った。 ◆◆ 箕輪初…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心★小幡一族&熊井土一族&三方原の戦

★群馬甘楽小幡に小幡重貞の本拠地があった。しかし、小幡重貞は 本拠を国峰城に移し、家老の熊井土に小幡館に住まわせた。小幡 重貞の妻は長野業政の長女であった。しかし、長野業政の計略で 従兄弟:小幡図書之介(宮崎城&神成城)は富岡の国峰城を占領 した。小幡重貞は永禄年間の武田信玄の誘いで、長野業政の同心 から武田信玄の家臣になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●旧太田の城31城一覧

★山崎一氏「群馬県古城塁祉の研究」では、合併前の旧太田市の城 は31城ある。しかし、私は5城しか行っていない。早い話、東毛 の古城は分からないのである。今回は一覧だけを公開しようと思う。 そのうち、太田・桐生のスキー&ハイキング仲間に教わりながら、 ゆっくり城砦を探したい。 【1】太田金山城  ■訪問記①・・平成19年(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●太田『台源氏館』=新田義貞誕生の地説

★『台源氏館』には「新田義貞卿誕生地之碑」と石碑が建っている。 『吾妻鏡』によれば、政義は寛元2年(1244)京都大番役として在京中、 幕府の許可を得ず突然出家をしたしたため、幕府の咎めを受けて所領 を没収され、(上野国)由良郷別所(群馬県太田市別所町)に蟄居す ることになった。当時「新田荘由良郷」とよばれており、13C中頃~ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●伊勢崎「西今井館」&世良田「今井館」

★太田薮塚IC→旧新田町の綿打館→田中館を過ぎ、さらに 南下した。伊勢崎の西今井館や旧尾島町の長楽寺などを見学 するためである。今井館は「伊勢崎市西今井の西今井館であ る。」と思っていたが、どうも旧世良田町にも「今井館」が あったらしいのだ。 山本隆志先生は「新田義貞」(ミネルヴ ァ書房)の中で、「新田義重館=世良田今井」であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●群馬旧新田町「田中館=長慶寺」千利休先祖の館

★田中山長慶寺 (太田市新田上田中町)は、新田里見系の里見義俊 (竹林=高林太郎)の息子:田中五郎義清を開祖とした田中氏の 居城があったとされる。しかし、峰岸純夫氏は「歴史の旅 太平記 の里 新田・足利を歩く」で、長慶寺は里見系田中氏ではなく、 新田岩松系田中氏の居城跡という説を述べている。戦国時代の千 利休も田中氏の末裔と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●群馬旧新田町『綿打館=大慶寺』

新田氏の始祖:新田義重の娘が源悪源太義平の妻となった。源義 平の妻は、木曽義仲の父を討った源義平(源頼朝の兄)の菩提を弔 うために綿打郷に移った。治承4年(1180)に出家して妙満尼となった。 その後、新田系→大舘氏系→綿引氏の居城となった。 綿打氏は大舘家氏の子:綿打太郎為氏を始祖とした一族である。 綿打為氏の子:綿打太郎氏…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●群馬新田荘遺跡『反町館』=新田義貞伝説

★昭和33年に群馬県指定史跡、平成12年に新田荘遺跡と して国指定史跡になった。新田荘を代表する館跡である。 反町館も新田義貞の居館であった(伝)。城址には「新田義 貞公古城跡」と石碑が建てられている。新田義貞は反町館 東の台源氏館で生まれ、旧尾島町の総持寺&明王院& 反町館の3ヶ所が「新田義貞館」であったということになる。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心●群馬新田荘遺跡:江田館跡=江田行義館

★高校の社会科の教科書に「中世館」として載っていた。 ★「木崎台地の西端部に立地しています。新田荘を代表する館跡 で、昭和22年に群馬県指定史跡第1号に指定されていましたが、 平成12年に新田荘遺跡として国指定史跡に指定されました。  堀之内と呼ばれる部分は、東西約80m、南北約100mの方 形で、堀がほぼ全周し、この内側には…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more