箕輪初心:生方▲山梨県笛吹市『甲斐国分寺跡&国分尼寺跡』

天平13年(741)、聖武天皇の詔によってに全国に国分寺が建てられた。 東大寺 など国分僧寺跡には約20カ所行ってるかなあ?・法華寺な ど国分尼寺跡も同じくらいかなあ。 甲斐国分寺・国分尼寺が鎮座する笛吹市一宮町国分・東原地域は古 代甲斐国における政治的中心地であった。古代甲斐の政治的中心地 は甲府盆地中央北寄りの山梨郡・八代郡に成立し、現在の笛吹市春 日井町から一宮町、御坂町の一帯に渡る。一宮町国分・東原を含む この一帯には国衙・郡衙に関わる遺跡や奈良・平安時代の遺跡、春 日居町寺本の寺本廃寺など古代寺院跡が分布する。 ウィキペディアでは「甲斐国分寺は南北300m×東西250mの範囲に 七堂伽藍が配置された。」現地案内版では「南北330m・東西 225m」・・・★ウィキはよく間違ってるなあ。 塔跡・講堂跡などの礎石が当時の建物の壮大さを残している。 10C末から11C頃に旧国分寺は衰退し、宅地化されたと考えられて いる。 【1】甲斐国分尼寺跡 笛吹市一宮町東原国分寺跡の北に所在する。 寺域は南北180m×東西180m。伽藍配置は大官大寺式。 国分尼寺を示す「法寺」と書かれた土器が多く出土している。  法寺は法華寺(国分尼寺の別称)の略称である。 国分尼寺跡は古くは寺本廃寺(笛吹市春日居町寺本)に比定され、 当寺跡は陰陽師・安倍晴明邸跡とされていた(『甲斐国志』など)。 【2】甲斐国分寺跡 …

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨県笛吹市一宮町『浅間神社』

甲斐国一宮?「浅間神社」は笛吹市一宮町の一宮支所の東500m ほどの場所に鎮座する。上野国一宮は富岡の「貫前神社」である。 『延喜式神名帳』で名神大社に列格する「甲斐国八代郡 浅間神社」 の神社である。ここの桃源郷も群馬の市場に進出して、我が村の 桃生産を壊滅に追い込んだ場所・・・「一宮の桃」という段ボー ル箱を思い出しながら、恨みの情念を持ったまま散策であった。 国道20号線の大鳥居 参道を北に入っていく 駐車場 100代 鳥居 境内 社殿本殿 歌碑 本殿横には樹齢200年を超える御神木の夫婦梅  「梅の実をいただくと子宝を得る(伝)。」 ★看板   ★多くの参拝者・・・信じる者は救われるか?  私は3000円かけて厄除けしたのに、怪我ををしたから  あまり信じない。  この奥さん、信心深いみたい。子寶祈願かな? 「祓門」・・・人型にくり抜かれた石像 「十二支まいりの石像」  「その年の干支や自分の生まれた年の干支にお参りすると   ご利益がある(伝)」とか、・・・ ★私は信じないので、写真だけ、・・・ 御朱印 【34】平成27年(2015)7月21日~22日『山梨の城巡り』 ①大善寺 ②近藤勇「柏宿の戦い」 ③鶴瀬宿 ④甲斐大和駅 ⑤四郎作~鳥居坂古戦場 ⑥景徳院:武田勝頼の墓 ⑦土屋惣蔵昌恒「片手切り(伝)」 ⑧栖雲寺&武田信…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨甲州市勝沼【勝沼五郎氏館跡5回目】

勝沼氏館は、甲州市(旧東山梨郡勝沼町字御所)にあった中世の館 跡である。日川右岸の直に立つ崖である河岸段丘上にある。標高は 418mである。武田信虎の弟:武田信友は勝沼信友を名乗った。勝沼 信友は大月の小山田氏の目付として、甲府盆地東部の支配を任され ていた。昭和56年(1981)5月28日、国史になった。【勝沼五郎氏 館跡】には5回は行っているが、火事騒ぎで画像記録を落としたた め写真は2回分しか残っていない。群馬から関越自動車道・圏央道・ 中央道を行くと、勝沼ICに降りることが多いので、自動的に寄って しまうことが多い。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆訪問日1回目・・・平成21年(2009)7月30日  金峰山のおまけの訪問である。   窪八幡神社&勝沼氏館   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆訪問日2・・平成22年(2010)4月12日 【群馬ハイキング】 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆訪問日3・・平成22年(2010)8月28日 【単独登山】  大菩薩峠2回目&勝沼館2回目 ★写真が消滅・・・・50~60枚くらい。あ~あ・ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆訪問日4・・平成25年(2113)9月??日 【読売旅行】 「勝沼ブドウ狩り&ワイン工場」  ブドウ狩りの農園から100mの所に勝沼館があり、時間を  貰っ…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨県甲州市勝沼【近藤勇】柏尾の戦い

慶応4年(1868)幕末の戊辰戦争で、近藤勇の率いる甲陽鎮撫隊の兵が 甲州街道を甲府城へ向けて進軍した。3月6日に大善寺の付近で西軍 と戦って敗退した。下に書いたブログの殆どの人物も 銅像になっち ゃっているけど、本当に偉人なのかなあ?間違った歴史観で偉人扱 いされているような気もするけど、・・・ 箕輪初心:生方▲法神流①『幕末の女剣士:中沢琴』「浪士組6番隊→ 新徴組2番隊:上野国片品穴原出身 http://53922401.at.webry.info/201701/article_20.html 箕輪初心★『土方歳三の35年の生涯』 http://53922401.at.webry.info/201305/article_23.html http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201305/article_23.html 【34】平成27年(2015)7月21日~22日『山梨の城巡り』 ①大善寺 ②近藤勇「柏宿の戦い」 ③鶴瀬宿 ④甲斐大和駅 ⑤四郎作~鳥居坂古戦場 ⑥景徳院:武田勝頼の墓 ⑦土屋惣蔵昌恒「片手切り(伝)」 ⑧栖雲寺&武田信満 ⑨勝沼氏館跡5回目 ⑩浅間神社 ⑪甲斐国分尼寺&国分寺 ⑫甲斐小山城 ⑬早川氏館 ⑭曽根氏館 ⑮風土記の丘&下曽根氏館 ⑯浅利与一の墓&浅利氏館 ⑰一条氏館:歌舞伎文化会館 ⑱石和(武田信光) ⑲石…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨県甲州市大和町『景徳院』甲斐武田家終焉の地

天正10年(1582)武田勝頼は岩殿城を目指したが、小山田信成が 裏切らざるを得なくなり、勝頼は最後に栖雲寺を目指したが、 この地で織田軍に追い詰められて自害?をした。徳川家康は 武田勝頼の死を弔うため景徳院を建立した。山門から長い階段 を上っていくと境内に勝頼親子が自刃した生害石や墓・本堂等 がある。こじんまりとした寺であったが、武田一族の歴史を偲 んで来た。天正4年(1576)武田勝頼は上野国の東毛に侵攻し、 真田昌幸に伊香保温泉の宿屋の建設を命じた。真田昌幸は、 現在の石段街の元を造った。 ●駐車場 ●山門 ★勝頼とヤマユリかあ? 出迎えてくれている  ようだった。 勝頼、北条夫人、信勝の墓 ★ここが自害した場所なのかな? 戻って、登った。 境内 ●▲■山梨県のブログ一覧******************** 【1】山梨県の旅行~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 箕輪初心:生方▲山梨の旅行33回(観光・登山・歴史散策) http://53922401.at.webry.info/201504/article_21.html 箕輪初心:生方◆甲州街道甲州編「甲府宿・台ヶ原宿」等 http://53922401.at.webry.info/201504/article_22.html 【2】2050412現在の山梨の旅~~~…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨県甲州市勝沼町【柏尾山大善寺】

大永元年(1521) 武田信虎が天桂禅長を開山として大泉寺を 建造した。天正2年(1574)3月、3月5日に信濃高遠(現長野 県伊那市高遠町)で死去した。葬儀は大泉寺で行われ、 埋葬された。現在、大泉寺本堂の奥に霊廟裏に「武田信 虎の墓」がある。 天正10年(1582)3月、織田・徳川連合軍の武田領に侵攻した。 3月3日、武田勝頼は本拠である新府城(韮崎市中田町中條) を捨て、小山田信茂を頼って都留郡の岩殿城(大月市賑岡町) に向かうことにした。勝頼は途中で大善寺に泊まり、戦勝を 祈願している。その後、勝頼は小山田領へ入る前に信茂の離 反に遭い、日川を遡上した。3月11日、山梨郡田野(甲州 市大和町)において一族とともに自害した。(天目山の戦い)。 大善寺にいた理慶尼が、勝頼らの最期を『理慶尼記』(「武田 滅亡記」)に書き残している。理慶尼は武田一族の勝沼信友の 娘で雨宮氏に嫁していたが、勝沼氏の処断により離縁されて 大善寺で尼になっていた(『甲斐国志』)。 ●駐車場から・・・ 下ってきて・・・・・ 【34】平成27年(2015)7月21日~22日『山梨の城巡り』 ①大善寺 ②近藤勇「柏宿の戦い」 ③鶴瀬宿 ④甲斐大和駅 ⑤四郎作~鳥居坂古戦場 ⑥景徳院:武田勝頼の墓 ⑦土屋惣蔵昌恒「片手切り(伝)」 ⑧栖雲寺&武田信満 ⑨勝沼氏館跡5回目 ⑩浅間…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨『武田勝頼の最後』復刻版

武田氏の居館は、2代:武田信光から16代:武田信虎まで約300年 間にわたって石和の地にあった。※永正16年(1519)15代:武田 信虎が石和から盆地中央に近い相川扇状地への居館躑躅ヶ崎に都を移 した。信虎、晴信(信玄)、勝頼3代の60年余りにわたって府中とし て機能した。天正10年(2020)1月諏訪四郎武田勝頼は新府城を築城 した。武田勝頼が甲斐・信濃・上野・飛騨の中心地で交通の要所であ った。「新府」とした。織田信長の来襲に備えて新築した城であった。 その意味では頭のいい武将だった。  しかし、武田勝頼は甲斐の領民に重税を課さなければならなかった。 1月 武田勝頼:妹の夫:木曽義昌が税と賦役に不満を持ち、織田氏  の調略に応じて実弟上松義豊を人質に出し、武田勝頼から離反し離  反し、織田信長に臣従した。 2月2日、武田勝頼は木曽義昌の人質として送られていた70歳の母、  側室、13歳の嫡男:千太郎、17歳の長女:岩姫が新府城で処刑さ  れた。 箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】 https://53922401.at.webry.info/201601/article_19.html  真田昌幸は裏で真田一族の領土:上田~吾妻への執着心があったの で、北条に臣従しようとしたのである。 ①石原家文書では、『真田昌幸が8歳の娘の「帯解きの儀」を八王子  城の垪和(はが)伯耆守康忠にお願いしている』 ②家…

続きを読む

箕輪初心:生方▲武田信玄・真田氏の信濃侵攻ブログ一覧

天文10年(1541)武田晴信は海野平の戦い後、父を追放し 信濃侵攻を開始した。信濃は穀倉地帯であった。おおむね ①諏訪→②佐久→③府中→④南信濃:上伊那・下伊那→ ⑤上田付近→⑥埴科・川中島→⑦白馬・上水内→北信濃 と・・・信濃に侵攻した。  (要害山城・・・武田信玄が生まれた場所)  (躑躅ヶ崎砦・・・武田信玄は育った場所) ・天文6年(1537) 海ノ口城攻め:武田晴信の初陣*単独で勝利? ・天文10年(1541)海野平の戦い・・  真田一族上野国へ逃亡。羽根尾幸全→長野業正→上杉憲政を頼る  武田晴信は父信虎を追放。家督を継ぐ。 ・天文11年(1542) 武田晴信は高遠頼継と諏訪頼重の桑原城を攻撃。   武田晴信は講和→諏訪頼重を自害させ、諏訪頼重の娘を側室に 諏訪郡を平定。板垣信方が諏訪郡代、上原城に入城。 ・天文12年(1543) 大井貞隆の長窪城を攻略。   望月城を攻撃。真田幸綱の調略? 望月昌頼は小諸城に逃亡。     武田晴信の配下に芦田信守・相木昌朝・望月源三郎。 ・天文14年(1545) 高遠城:高遠頼継を滅ぼした。  福与城主:藤沢頼親を追放した。  ▲第2次河東一乱   今川義元  VS 北条氏康    今川軍+武田軍が合流。武田晴信が北条・今川の仲介 ・天文15年(1546) 4月 河越夜戦  上杉憲政+上杉定正+古河公方 VS 北条氏康  関東管領:上杉憲政が北条氏…

続きを読む

箕輪初心:生方▲2020TV「激レアさんを……」『~信長伝説~』&My武将ブログ一覧

令和2年(2020)3月28日のテレビ朝日系、毎週土曜22:10~ 放送は、「激レアさんを連れてきた presents 偉人がくる 信長 伝説」であった。織田信長は好きではないが、録画されていた。 若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務 めていた。 『激レアさんを連れてきた。』 1)腰に8個のひょうたんをぶら下げる。  イラスト・・・  ノースリーブで「ださい?」  本郷和人東大教授「ひょうたんには水・酒が入っていた。」 2)濃姫を貰いに行く前に  モザイク・・・  弘中綾香アナウンサー「放送できません。」 信長「一物だよ?」・・・ち□こ模様の着物、・・・ 川田裕美と濱口優(よゐこ)がゲストとして出演した。  女性陣もびっくりしていた。 本郷和人東大教授「『老人雑話』にという文献に出てくる。」 「変わった人間と思ってくれれば、道三が油断するのでは」 3)息子の名前   弘中綾香アナウンサー「信長=吉法師、・・・政宗=梵天丸」  ①奇妙丸  ②茶筅丸・・・「お茶にはまっていた。」  ③三七・・・・「3月7日うまれ。」  ④於次  ⑤坊丸  ⑥大洞(おおぼら)  ⑦小洞  ⑧酌  ⑨人  ⑩良好  ⑪縁 4)「衝撃、女性の乳首を噛みやぶる」 「複数の乳母の乳首をかみ切った。」 文献には「これまで吉法師に乳を進じけるもの、乳房を  ばかみやぶられずと云ふことなけ…

続きを読む

箕輪初心:生方▲『15代:武田信虎』:「石和から躑躅ヶ崎館へ」

最近、私は戦国武将にはいいイメージが殆どない。国盗り合戦 で領土拡大では権謀術数や大量殺戮を犯している。戦国時代、 優しい武将はトップとして生き残れない気がする。戦後直後の 間違った郷土史観、小学校の教育の影響を受け、戦国武将が偉 人となっているケースも時々みられる。私の地元では箕輪城主 :長野業政、国峰城主:小幡信貞、総社城主:秋本長朝、前橋 城主:酒井雅楽守、東毛の用水路開発の岡上景能、幕末の小栗 上野介等が祀り上げられている。山梨県の地元の多くの方は武 田を悪くいう人はいないと思う。地元の「武田信虎は有力国人 ・土豪層が割拠している中、ほぼ甲斐を統一を果たした有能な 人物である。」とか、「約1200年の武田の都:石和から、躑 躅ヶ崎に移した凄い武将である。」とか、「甲府の城下町を開創 し、発展させた偉人である。」とか、「戦国大名:武田信玄を育 て、武田の基盤を築いた人物である。」とか、とってもいい評価 をしているのであろう。勿論優れた一面があるが、全てではない と思っている。私のような武田贔屓でない歴史好きはその上に 「武田信虎は暴君」、「武田信玄は志賀城での大量殺人者」、「信濃 ・上野への侵略者」という悪いイメージを多少持っている。明治 の薩長史観も間違った歴史観もある。 でも、武田の家臣の子孫と仲良くさせていただいております。 1)村中の友達には   小笠原長清系伴野氏直系子孫友野氏(おとといスキーで一緒)   小笠原長清系大井氏系堀内氏 …

続きを読む

箕輪初心:生方◆2020【3月に行った高崎近郊の店等】

3月も外食の余裕がなく、過ごした。でも、数回、美味しい店を 狙って行けた。3月に行った高崎近郊の美味しい店を紹介する。 半年は家に籠もっているので、週2~3回は誰とも話さない日が ある生活がやっと終わったと思ったら、3月も新型コロナ・ウィ ルスで外出を控えざるを得なくなり、引き続き誰とも話をしない 日々が続いた。3月の毎年行っているフィリピンダイビングは止 めた。4月の韓国倭城・5月の大学部活同窓会兼中国地方の城 めぐりも中止となった。4月からはどう過ごそうかなあ? 自分へのご褒美は大学院も卒業したし、時々、Lunchで美味しい レストランを探し回って食べることかな?後は、梅の世話(後3 回の消毒・草刈り2回)・ブログ書き・TV漫画と韓国ドラマ鑑賞 ・2~3回のスキー&温泉ってとこかな?映画館に行けないし、 大勢の人と接しない場所にいるために、・・・・ 箕輪初心:生方◆2020『1月の貧相な食事&時々グルメチックな食事』 https://53922401.at.webry.info/202001/article_6.html 箕輪初心:生方◆2020『2月も忙しさ・貧しさに耐えて貧相な 食事の毎日』 https://53922401.at.webry.info/202003/article_2.html 箕輪初心:生方◆2020『3月の我が家の食物常備品と貧相な食事』 https://53922401.at.webry.info…

続きを読む

箕輪初心:生方◆2020『3月の我が家の食物常備品と貧相な食事』

令和元年(2019)10月~令和2年(2019)1月~2月、論文書きで ほかのことができなかった。食事の時間もできるだけ短くするた め、簡単な食事となった。3月は梅の剪定で、雨の日しか、休憩 がなかった。食堂に行っている時間がもったいので、朝、昼の食 事の半分はカップラーメン・カップうどん・そば、スーパーの飯 半分は自作の料理。夜は日本酒3合~4合と鍋物・漬け物・魚等。 箕輪初心:生方◆2020『1月の貧相な食事&時々グルメチックな食事』 https://53922401.at.webry.info/202001/article_6.html 箕輪初心:生方◆2020『2月も忙しさ・貧しさに耐えて貧相な 食事の毎日』 https://53922401.at.webry.info/202003/article_2.html 【1】カップものと常備品 酒のつまみ  ★食べたら、補充する。 米は村の親戚から買ったコシヒカリ・・・旨い米 水は殆ど塩素の入っていない湧き水・・・旨い水 小松菜・ほうれん草は庭先で・・・・・・巨大になった野菜 【2】家での食事 3月1日 夕食  畑でとれたふきのとうの天ぷら等   酒2本で5000円かあ。 3月6日「大根とイカの煮付け」&「小松菜のおひたし」 3月8日 朝食 コンビニの手巻き寿司 ●3月10日…

続きを読む

箕輪初心:生方◆2020スキー№1群馬【パルコール嬬恋(含動画)】&温泉№8「まねきの湯」

2月末の論文書きが終わり、3月梅の剪定の継続、26日・27日に 梅の消毒をした。2回目の消毒は10日後かな?新型コロナでなく なった志村けんのNewSを見ながら、私のできるのは、梅の世話と ブログとスキーと登山かなあ。殆ど人に会わないしなどと思った。 令和2年(2020)3月31日、7:30村のもっちゃんと「パルコール嬬恋」 にスキーに行った。もっちゃんのレクサスRX300は快適だ。雪の残 る榛名湖畔~吾妻~岩櫃城・岩下城・三島根小屋城・雁が谷城・林城 ・丸岩城・横壁城・長野原城・羽根尾(羽尾)城・袋倉砦・鎌原城・ 西窪城を遠望しながら~~~。9:00パルコール嬬恋スキー場到着。 火曜日なので車は30台ほど、・・・今日は最終日なので、1日券 1500円で安かった。10:00、雪質は上半分は最高によかった。直ぐに 滑る感を取り戻すと、動画撮影に移った。もっちゃんは滑るのが上 手なので、ついて行くのがやっと、下半分の緩斜面は緩んでいて、 ワックスの効いていない私の板では数100m離された。もちゃん は下半分の雪で足下をすくわれると、12:30で上がった。私は 初滑りなので、後1本行くことにした。しかし、霧はまき、5m先 が見えないホワイトアウト状態。・・・平衡感覚がなくなって、緩 斜面でもバランスとくずす。コースを外さないで、なんとか下まで たどり付いた。長野原の「どさん娘」でLunch定食を食べた。お腹 いっぱいで、もっちゃんも居眠り運転~~コンビニ休憩~~~1…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨県甲州市【川田館(石和館)13代:武田信昌・14代:信綱】

川田館(石和館)石和温泉のすぐ西で、甲府市川田町にある。 武田氏の居館は、2代:武田信光から16代:武田信虎まで約300年 間にわたって石和の地にあった。寛正6年(1465)頃、13代:武田 信昌が川田館を築城した。信昌→信縄→信虎と三代の守護所であった。 しかし、度々水害に悩まされる土地であったことや防御上の理由から 永正16年(1519)、信虎は甲府躑躅ヶ崎館を築き移った。石和での最 後の居館であった。でも、写真は消滅しているので、写真はない。 【アクセス】 JR中央本線「石和温泉駅」石和温泉駅から南西500mほどのと ころにある。駅より徒歩10分 ・・・ JR石和温泉から県道411号線(城東通り)で甲府方面に進む。 すぐに笛吹市から甲府市になる。平等橋を渡り、200m先 の川田町の信号を右に入る。250m先の路地を左に行く。 ●駐車場・・・なし 【川田館】 ●葡萄畑の中の案内板 「武田信虎の祖父:武田信昌によって築かれた。 館は主に、信縄・信虎の代に使われており、信虎は川田を本拠として 勢力を広げていった。 ・永正16年(1519)、信虎は甲府に躑躅ヶ崎館を築き移った。   川田館は廃された。」 ●案内板東側の旧家敷地が「御所曲輪」と呼ばれている。 ・初代:武田信義(1128-86?) ・2代目:信光(1162-1248?) ・3代目:信政(1196-1265) ・4代目:信時(1220-1289…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨笛吹市石和【14代:武田信重成就院】&山梨15Cの歴史

12代武田信春の次男:信元(穴山義武養子:穴山満春)→13代 信満の子である信長の子:武田伊豆千代丸、14代武田信重の3人 が館として32年間使用した。 宝徳2年(1450)武田信重は黒坂太郎 信光と交戦中に穴山修理大夫満春に背後を突かれて討死した(伝)。 行っているが、写真は消滅している。 (笛吹市Hpより引用) 【アクセス】 中央自動車道「一宮御坂IC」より車で20分  駐車場 なし 【成就院】 (山梨県笛吹市石和町) 『 六角山成就院 (浄土宗)  当寺院は新羅三郎義光の孫逸見清光が久寿年間(1155頃)開宗した 真言宗の寺で清光院と称した。  応永25年(1418)武田信元が甲斐守護職として入国以来武田伊豆 千代丸続いて武田信重の三代32年の間、甲斐守護職の居館として 周囲に防備を施して使用された。  宝徳2年(1450)、武田信重が黒坂太郎信光と交戦中、穴山修理 大夫満春に背後を衝かれ、寺はその兵火に罹つて全焼し、信重も寺 の附近で自刃した。  翌年宝徳3年(1451)、信重の長子武田信守がこれを再建して、 六角山成就院と改称して臨済宗に改めて父信重の位牌寺とした。  永禄年間(1550頃)、武田信玄が岩窪にこれを移して、瑞岩山 円光寺と改称したので、旧境内は放置されていた 慶長年間(1610頃)僧心誉円通が旧境内地に寺院を再建して六角 山成就院を復興し、宗旨を浄土宗に改めた。円通が再興したので 円通寺とも…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨甲州市【10代:武田信満】&「天目山栖雲寺の墓」

平成27年(2015)7月21日、栖雲寺に行った。栖雲寺貞和4年(1348) 業海本浄を開山として創建された。開基は10代目:武田信満であった。 ・家臣の墓? ・武田信満の墓 【34】平成27年(2015)7月21日~22日『山梨の城巡り』 ①大善寺 ②近藤勇「柏宿の戦い」 ③鶴瀬宿 ④甲斐大和駅 ⑤四郎作~鳥居坂古戦場 ⑥景徳院:武田勝頼の墓 ⑦土屋惣蔵昌恒「片手切り(伝)」 ⑧栖雲寺&武田信満 ⑨勝沼氏館跡5回目 ⑩浅間神社 ⑪甲斐国分尼寺&国分寺 ⑫甲斐小山城 ⑬早川氏館 ⑭曽根氏館 ⑮風土記の丘&下曽根氏館 ⑯浅利与一の墓&浅利氏館 ⑰一条氏館:歌舞伎文化会館 ⑱石和(武田信光) ⑲石和(武田信重) ●甲府の夜 21 甲府城:舞鶴城3回目 22 金丸氏館:長盛院 23 甘利氏館:大泉寺 ・初代:武田信義(1128-86?) ・2代目:信光(1162-1248?) ・3代目:信政(1196-1265) ・4代目:信時(1220-1289) ・5代目:時綱(1245-1307) ・6代目:信宗(1269-1330) ・7代目:信武(1292?-1359?) ・8代目:信成(?-1394) ・9代目:信春(?-1413) ・10代目:信満(?-1417) ・11代目:信重(1386-1450) ・12代目:信守(?-1455) ・13代目…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨石和「武田2代目:武田信光~9代:武田信春」

武田氏の居館は2代:武田信光から15代:武田信虎まで約300年 間にわたって石和の地にあった。石和散策は3回あるが、写真が 全くない。隣の家の火事騒ぎで、データ5年分がなくなったから だった。だから、写真が全くない。「石和」は今も桃・ブドウの 産地である。しかし、私にとっては、「石和」「甲斐」は嫌いな地 名である。それなのに山梨には40回近くも行っている。 嫌いな理由は ①永禄9年(1566)武田信玄が上野国箕輪城をノットったが如く、  上野国(群馬県)に乱入してきて、本拠地を箕輪城として西上州  を16年間、支配した。  天正10年(1582)武田家が滅亡し、武田家臣の多くは徳川家康に  臣従した。井伊直政にも約140人が家臣につけられた。天正  18年(1590)井伊直政が箕輪に入城し、旧武田家臣も付いてきた。  甲斐から高崎地域に来た武将の末裔がたくさんいる。一条信長系  子孫栁沢(内藤昌明目付)末裔・浅利信種の子下条讃岐守の直系  子孫、小笠原長時の子伴野の直系子孫、大井系堀内氏、諏訪氏系  三沢氏、土屋昌恒の子孫、山県氏、馬場氏・中曽根さんなど仲良  くしてるけどね。 ②昭和 36年(1961)、大豆等、昭和 38年(1963)、バナナ、粗  糖等の自由化。昭和 42年(1967)を受け、植物性油脂、チョコ  レート、ビスケット類、グレープフルーツ、豚肉、配合飼料等の  自由化。その後、水産物、米の輸入の自由化等に伴い、しかし、外  国産等の野…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨『一条小山館(後甲府城)一条忠頼・一条信長』と2015年夜の甲府

現甲府駅・甲府城周辺が中世初期の一条氏の一条郷なのだろう。 武田信義の次男:一条忠頼は山梨郡一条郷(山梨県甲府市)に拠り、  一条氏を称した。一条小山(近世初頭の甲府城の場所)を居館とした。  一条忠頼は巨摩郡の甘利荘の地頭を務めていた。  一条忠頼は甲斐源氏の惣領となった。 ・元暦元年(1184)源頼朝の甲斐源氏弾圧で謀殺された。 (『吾妻鏡』)一条家は一時は断絶した。  忠頼の子:一条行忠は巨摩郡甘利庄(韮崎市)に拠り甘利氏を称し  ていた。一条行忠の子・頼安は上条氏の祖となる。    一条家は源頼朝の弾圧を免れた武田信光(石和信光)の子:一条  信長(3代:武田信政の弟で武田六郎、忠頼の甥)により再興さ  れた。  一条信長は幕府に近侍し、甲斐では武田八幡宮へ大般若経を寄進  している。  一条信長の子は一条頼長、一条信経がいる。  一条信長の孫にあたる一条時信は甲斐守護となった。一条時信は  時宗二世の他阿真教に帰依し、時信弟の宗信(法阿弥陀仏朔日)は  真教の弟子となった。 ・正和元年(1312)忠頼が館を構えた一条小山(近世初頭の甲  府城の場所)に時宗道場の一蓮寺が建立された。 ※一蓮寺は忠頼夫人が菩提を弔うために建立された尼寺であった   という(『甲斐国志』)。 ・鎌倉時代には一蓮寺を中心とする門前町が形成された。 甲府駅や県庁も一部であったのだろう? ◆一条時信の子ども(9人の男子) ◆青木時光…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨県南巨摩郡身延町【日蓮宗総本山身延山久遠寺】

身延山久遠寺(くおんじ)は、山梨県南巨摩郡身延町にある日蓮宗の 総本山である。身延山1153mの山麓の標高400m付近に日蓮宗総本山 :身延山久遠寺がある。山頂には日蓮が父母を偲んで建立したと言わ れる奥之院思親閣がある。日蓮は久遠寺で約9年の生活を送った。 武田信虎は「大永二年に信虎が、信虎は身延山参詣の後に富士山の 火口を一周するお鉢巡りをした。」という記述がある。(「勝山記」) 日蓮が井伊直政の先祖:井伊氏の分流貫名一族だったな。井伊氏8代 井伊盛直の子:井伊政直は貫名を名乗った。井伊氏系図には日蓮は 貫名一族とある。ウィキペディアには日蓮の父は貫名重忠、母は梅 菊とする伝承がある。としている。井伊直政の家紋は「丸に橘」・ ・・日蓮宗も「橘」である。井伊直政の家老西郷正員は日蓮宗だった。 井伊直政の寺は箕輪・高崎・彦根では曹洞宗(愚明省察)、僕んちは 家老長野業実祖父の曹洞宗長純寺の檀家である。 【山梨旅行№21】身延山久遠寺 ◆訪問日・・・平成19年(2007)8月10日 伊豆ダイビング→身延山久遠寺 ●「久遠寺」の三門 ●ロープウェイ ●山頂へはロープウェイで7分程度で登れる。 ●身延山山頂1153m ●奥之院 ★もっと字が上手なら、ありがたさが増すのに・・・   ●展望台・・・富士山がよく見える。   天候がよければ駿河湾、伊豆半島を見晴らすことがで…

続きを読む

箕輪初心:生方▲山梨【裂石山雲峰寺】武田の遺品を多数所持

令和2年(2020)3月28日(日)AM7:00、群馬県高崎市に雪 が降ってきた。梅の剪定・梅の消毒1回目を終え、・・・これで、 受粉した梅が凍りついたら、去年の梅の雹害約55万円に続き、 大赤字になるだろう。しかし、新型コロナの影響で梅の世話をする。 ★臨済宗妙心寺派裂石山雲峰寺は、古い歴史を持つお寺である。天正 10年(1582)3月、武田勝頼は武田氏滅亡の危機に際し、重要な遺 品を武田氏祈願寺の裂石山雲峰寺に運ばせた。 甲州市塩山上萩原 【山梨17】平成14年(2001)7月??日「恵林寺・放光寺・雲峰寺」   【単独】 【山梨18】▲大菩薩嶺1回目+雲峰寺+裂石温泉 ◆平成16年(2004)10月28日 【浦□氏と】 「思わぬ 中越地震  気にとめつ 小春日和の 大菩薩嶺」 *雲峰寺  *裂石温泉 【山梨25】平成21年(2009)5月23日「武田信玄ゆかりの甲府の寺」 【かみつけの里ツアー】 ※何故か、私は2号車ガイド・・  石原家文書と群馬の関わり・武田の城の変遷 ①放光寺・・・・・・3回目   寺のガイド付き *安田義友が建立・・・義経の家臣として、一ノ谷で活躍。   梶原景時の箴言で自刃。子孫は箕輪城の安田か? 天弓の阿修羅?  愛染明王殿        水車 箕輪初心:生方▲山梨【放光寺訪問は3回】:安田義定の墓 https://53922401.at.webry.info/202003/artic…

続きを読む