箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー9『グラバー園3回目は入れなかった』

平成30年(2018)5月30日、長崎空港⇒レンタカーで大村市の
歴史散策⇒佐世保市の『ハウステンボス』⇒「川棚の城山」⇒
「東そのぎ」から高速に乗って、長崎市内に入った。急に、
『大浦天守堂とグラバー邸』の道路標識が見えてしまった。
18:00、『大浦天守堂』と『グラバー邸』は既に閉まっていた。
画像


○1回目 大学吹奏楽部同窓生卒業旅行「長崎」
  長崎のグラバー園に来た。
 …2年、余分に大学に行ったけど
  
○2回目 職員旅行「長崎」
  長崎のグラバー園に来た。
画像

画像



○3回目 長崎S君結婚式
  長崎のグラバー園に来た。

○4回目 平戸方面


○5回目 長崎で大学同窓会
  長崎のグラバー園に来た。
  ★4回目だった。 


【1】5月30日(水)
06:00 家 06:45 高崎駅 あ50 Mた53 か高崎新幹線 
07:50東京駅  08:20モノレール (26分) 08:50羽田第②
09:50 羽田ANA3733 ~~~11:45長崎空港(大村市)
●大村市 タイムズレンタカー 2日分11800円
①▲天正遺欧少年使節顕彰之像
②▲城№902玖島城(くしまじょう)長崎県大村市玖島。(大村公園)
③▲玖島城下武家屋敷通り
④・旧楠本正隆屋敷
⑤・旧円融寺庭園
⑥▲三城城856-0031 長崎県大村市三城町(富松神社裏手)
  大村純忠は、天正遣欧少年使節を送り出した大名の一人。
・下道(ハウステンボス 約45分)へ向かって
⑦■ハウステンボス
⑧川棚公園…軍事施設
・高速(佐世保⇒長崎 約1時間20分)
●長崎市


⑨大浦天主堂
●大浦海岸通り~駐車場

●坂道の土産屋もボツボツ閉まっていく。

●「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」『大浦天守堂』
 は既に閉まっていた。長崎県長崎市南山手町5-3


※「大浦天主堂」3回目
・永禄9年(1567) 大村純忠は新しく長崎港を開港した(説1)。
長崎は当時人口1500人程度の小さな寒村であった。
 ルイス・デ・アルメイダが長崎を訪れ1年ほど布教活動を行い、
 500人ほどの信徒を獲得していた。

※元亀2年(1571)長崎開港の年と認め、開港記念日を4月27日と
  することに決定した。(※「長崎商工会議所(説2)」)
出島や新地蔵に居留地ができた。
 長崎港にポルトガル船入港し、長崎に新しく六町ができた。

・慶長元年(1596) 12月19日(1597年2月5日)
「日本二十六聖人」が日本で最初に殉教した。

・慶長2年(1597) 西坂の丘にに殉教した26名()が
  ローマ教皇ピオ9世により列聖された。
  ⇒日本二十六聖人となった。

・文久2年(1862)12月 フランスのパリ外国宣教会宣教師で
日本教区長の:ジラール神父の命により、横浜にいたフランス人
司祭(神父)フューレが長崎に赴任した。
司祭館と教会堂の建築準備に着手した。
大浦天主堂は日本二十六聖人に捧げられた教会である。
殉教の地である西坂に向けて建てられることになった。

・文久3年(1863)プティジャン神父(後、司教)が長崎に着任した。
  フューレを補助し、天主堂建設に尽力した。

・文久4年(1864) 大浦天主堂が建てられた。
建築設計はフューレ、プティジャンであった。
 建築施工は天草御領島出身の小山秀之進(秀)が大工棟梁であった。
 建築様式は3本の塔を持つゴシック風の構造で正面中央の壁面は
 バロック風で、外壁はなまこ壁という特殊な構造であった。

・元治2年(1865)
1月24日(新暦2月19日)大浦天主堂で献堂式が挙行された。
  「二十六聖殉教者堂」と命名された。
  大浦天主堂は日仏修好通商条約に基づき、フランス人の礼拝堂
  として建設され、教区長ジラールが宣教師プティジャン、ロカ
  ーニュを従え、献堂式を執り行った。
  献堂式には居留外国人を含め、長崎港に停泊中のフランス、
  ロシア、イギリス、オランダの艦長がそれぞれカトリック信者
  の水兵数名を従え参列した。
 天主堂は「フランス寺」と呼ばれ、美しさと物珍しさから付近の
  住民たちが多数見物に訪れていた。
  プティジャン神父は「今でも何処かでカトリック教徒が密かに
  信仰を伝えているのではないか」という期待があった。
 
・2月12日(新暦3月17日)浦上(長崎市)の住民十数名が大浦天
  主堂を訪れた。
  40~50歳位の女性がひとりは祈っていたプティジャンに近づき、
  「私どもは神父様と同じ心であります」(宗旨が同じです)と
   囁き、カトリック教徒であることを告白した。
大浦天主堂で「潜伏キリシタンです」とプティジャン神父に密か
  に信仰者であることを名乗った。
 (★「信徒発見」と呼ばれている)。
 プティジャン神父は隠れキリシタン達が信仰告白をして名のり
  を挙げたことに大喜びした。
その後、プティジャン神父は密かに浦上や五島などに布教を兼ね
 て訪れ、隠れた信者の発見に努めた。浦上だけでなく長崎周辺の
  各地で多くのカトリック教徒が秘密裏に信仰を守り続けていた
  ことがわかった。
  プティジャン神父は「信徒発見」のニュースをフランス、ローマ
  に報告した。教皇ピオ9世のもとにもたらされた。
  教皇は感激して、「東洋の奇蹟」と呼んだという。
  2月12日(新暦3月17日)は現在カトリック教会では任意の
  記念日(祝日)となっている。


●「グラバー園」3回目
世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」
(全23資産)の構成資産の一つである。
画像


「旧グラバー住宅」などの洋風建築がある。
長崎市南山手町8-1

画像

画像

画像




・長崎開港後に長崎に来住したイギリス人商人グラバー、リンガー、
 オルトの旧邸があった

1)グラバー邸
・安政6年(1859)トーマス・ブレーク・グラバー(イギリス)が長崎に
 来た。 武器商人として来日した。倒幕派を支援した。
 妻ツルとの間に長男富三郎・長女ハナをもうけた。


2)リンガー邸
・慶応元年(1865) フレデリック・リンガー(イギリス)が長崎に来た。
  貿易商。 茶の貿易の監督官として長崎でグラバー商会に勤務
  した。
・明治元年(1868) エドワード・Z・ホームとホーム・リンガー商会
を設立し、茶の貿易から取引品目を広げ、事業を拡大した。
トーマス・グラバーの後、長崎居留地で指導的役割を果たし、
長崎の貿易と産業の発展に貢献した。
同年、リンガー邸が建てられた。
 ⇒長崎市のグラバー園に保存されている。
 「リンガーハット」の社名は、リンガーにちなんで付けられた。

3)オルト邸
・安政年間(1859年頃)ウィリアム・ジョン・オルト(イギリス)
 事業家・貿易商。
 文久年間~慶応年間(1860年代)にかけて、南山手と大浦に製茶所
 をもっていた。
・慶応元年(1865) 住宅は「造作中」
・慶応3年(1867) オルトが居住していた。
・その後、リンガーの家族の家になった。
●長崎市パンフレット
画像


●十六番館
画像

画像




●近くの駐車場からの長崎湾の眺め
※世界遺産遠望
画像

画像


●南山手
画像

画像

画像

●駐車場に戻った。

●オランダ坂
画像

画像

・ワシントンH
・駐車場を紹介してくれた。
 1泊2000円の駐車場「800円の割引き券」を下さった。
・居酒屋を紹介していただいた。
・居酒屋「五人百姓」…ワシントンホテル提携でビール1杯無料
 か一皿無料か?
  長崎の酒3種
  ベルギー人「キャトリーナ(カトリーナ)と1時間話した。
  3月、東京⇒青梅⇒東京⇒金沢⇒高山⇒奈良⇒高野山⇒大阪
     ⇒??⇒5月30日(私と会った)

▲▼91長崎ブログ一覧▼▲~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大学4年**************************
箕輪初心▲長崎:雲仙岳&雲仙温泉
http://53922401.at.webry.info/201110/article_1.html

箕輪初心●長崎【島原城&原城】=島原の乱
http://53922401.at.webry.info/201110/article_2.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201110/article_2.html

2011年*********************7
箕輪初心■九州旅行一覧10回
http://53922401.at.webry.info/201109/article_5.html

箕輪初心●長崎:直谷城=安徳天皇の伝説が残る城
http://53922401.at.webry.info/201112/article_9.html

箕輪初心●長崎【平戸城】=昭和37年に完成した復興天守閣
http://53922401.at.webry.info/201112/article_10.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201112/article_10.html

箕輪初心■長崎:平戸=異国情緒が残る街&グルメ
http://53922401.at.webry.info/201112/article_11.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201112/article_11.html

箕輪初心●長崎【梶谷城】=松浦党の城
http://53922401.at.webry.info/201112/article_12.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201112/article_12.html

2015年***********************
箕輪初心:生方▲百名城⑧【85~97】九州の城
http://53922401.at.webry.info/201506/article_33.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201506/article_33.html

2018年***********************
箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー1大村市『天正遣欧少年使節団の像』
http://53922401.at.webry.info/201806/article_15.html

箕輪初心:生方長崎5回目30-2大村市「城№902玖島城(大村城)」
http://53922401.at.webry.info/201806/article_16.html

箕輪初心:生方▲長崎5回目30-3大村市『玖島城下町の武家屋敷』
http://53922401.at.webry.info/201806/article_17.html

箕輪初心:生方▲5回目30-4『城№903三城(さんじょう)城』
と大村純忠の生涯
http://53922401.at.webry.info/201806/article_18.html

箕輪初心:生方▲長崎5回目30-5『長崎街道:松原宿』と著名人往来
http://53922401.at.webry.info/201806/article_19.html

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー6佐世保市『ハウステンボス』前編
http://53922401.at.webry.info/201806/article_20.html

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー6佐世保市『ハウステンボス』後編
http://53922401.at.webry.info/201806/article_21.html

箕輪初心:生方▲長崎5回目30-7東彼杵郡『川棚城? 川棚の城山』
http://53922401.at.webry.info/201806/article_22.html

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー8長崎市『大浦天守堂3回目は入れなかった』
http://53922401.at.webry.info/201806/article_23.html



★明日も長崎関係。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック