箕輪初心●箕輪城№142『2014年箕輪城祭り準備』&古墳祭り

10月20日、小渕優子さんが閣僚を辞任された。去年、箕
輪城祭りにお子さんを連れて見に来て挨拶もしてくださった。

★私は9年連続、箕輪城祭りイベントに参加している。①今年
は1週間前の準備にも参加した。②かみつけの里の「古墳祭り」の
見学にも少し行ってみた。秋本館長にも挨拶した。③さらに、
オークションで落として貰った「おもちゃの小刀」の受け取り&
支払いのため、孝ちゃん宅にも行った。これで、寄居三鱗会の
北原氏に製作していただいた鎧&兜を身につけて、小刀と
寄居北條祭りで購入したホラ貝を身につけて、チャンバラ=
長野業政VS武田信玄の戦いにシーンに参加できるのだ。
①夕方、箕輪城に再び行った。
画像

画像

(※ 10月26日、箕輪城祭り)



◆平成26年(2014) 10月19日



【1】箕輪城・・・第12回箕輪城祭り準備

1)道具置き場
画像

画像

2)箕輪城祭りの会場準備
★ステージ&テント&幟設置などが内容であった。もちろん、私
 はテント張り&幟立て位しか手伝えない=できない。でも、
 手際が悪すぎる。見物の時間が多すぎるのだ。指示系統のTO
 Pは決まっていないからである。

画像

画像

画像

画像

画像


3)弁当
画像


4)箕輪城祭りの会場準備
 幟立て・・・




【2】かみつけの里・・・「古墳祭り」
画像

 ★秋本進館長さんにも挨拶した。
   残念ながら、昨年次長:青山氏・嘱託:志村氏に
   挨拶はできなかった。
   企画の若狭先生・・・・・
   総括担当:経田さん・・・・会えなかった。

 ★2年前の上司にも挨拶した。

画像

画像

画像

画像

画像

画像




【3】孝ちゃん宅・・・「おもちゃの小刀」の受け取り&支払い
1)私の小刀・・・・・3714円。★結構、重たい。
2)孝ちゃんのオークションの展示物・陳列品
・武士の品物・・刀:徳川家康モデル10万円を1万円で落札。
陣羽織・・・・
・仏教用具・・・仏像(中国製など)多数・袈裟・数珠・木魚・
       ・ドラ・・
・書道の葬具・・硯・墨など多数。
・掛け軸・・・・書・絵の巻物多数。


 ★孝ちゃんはオークションで安く落とした時の爽快さが何と
  も言えないらしい。快感?充実感?・・私には分からない。
多い月は50万円を越えた。~~~でも、今は月5万円に
  しているという。




【4】箕輪城・・・岡田会長との話




【5】My グッズ
①鎧
画像


②兜
画像


③小刀
画像


④ホラ貝
★新しいホラ貝が見つからない。







【6】箕輪城のあれこれ・歴史(高崎新聞)~~~~~

1)箕輪城は榛名山東南麓の丘陵上を中心に、北東と南西の平地
部を含んだ戦国時代の平山城(ひらやまじろ)である。
★北西の箕郷町善地=下善地の北西から見ると、全くの
 独立の丘陵なのである。


2)東西約500m、南北約1,100m、面積約36ha
 ★史跡面積=約19ha・・・国のお買い上げ部分
におよぶ西上野の代表的なな城郭である。
★箕輪町誌
東西約500m、南北約1,350m・・・
 箕輪城語り部の会は
 東西約350m、南北約1,350m・・・としている。
 縮尺図の中から判断している。
南北約1,100m・・・おそらくは群馬県が買い上げた
 国有地の長さを示しているのだろう。

3)「北西から南東方向にのびる尾根上に主要な曲輪(くるわ)
  を直線的に配置し、さらにこれを核にして多数の曲輪を
  線対称状に配置しています。
 ★①郭という書き方がこの時代の書き方である。
★簑型=・・しょうぎの形なので、二股に分かれていている。
  
4)これらの曲輪を区画しているのは、本丸周囲を巡る最大幅
  40m、深さ10mに代表されるような広大な堀である。
 ★本丸堀のことで、あろう。確かに関東 最大であろう。
秋本先生は「発掘調査はしていませんが、深さは破城を
考えると30~40mでしょう?」
という。

5)「西暦1500年前後に長野氏が築城し、その後4代にわたって
 長野氏の本拠でした。武田氏の西上野侵攻に際して、長野氏は
 この箕輪城を本拠にして最後まで抵抗しました。

★私は1477説を採っている。
理由
①箕輪城の井戸から1250年の頃の墓石が出てきた。
つまり、箕輪城近辺って、鎌倉時代の群馬の中心を
示している。~~~~~~久保田順一先生も箕輪が
長野郷の中心という説を打ち出している。


・永禄9年(1566)に武田信玄に落とされた。

②武田氏(1566~1582年)
③織田氏(1582年)
④北条氏(1582~1590年)
⑤徳川氏(1590~1598年)
 井伊直政(いいなおまさ)は、徳川家康の家臣の中では最大石高
 の12万石で封じられている。

・慶長3年(1598)  井伊直政は城を高崎に移した。
  箕輪城は廃城になった。


6)平成10年~  高崎市史跡整備の発掘調査
  最後の井伊直政期を中心に 門跡、石垣、石組の 排水溝、
  土塁、
  堀、掘立柱建物が見つかった。


7)平成25年~箕輪城の城門復元へ
  2013年6月11日

郭馬出西虎口門


本丸西虎口門


★明日は・・・・










箕輪城残月記?信玄を悩ませたほまれ高き名将伝
上毛新聞社出版メディア局
田村 貞男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 箕輪城残月記?信玄を悩ませたほまれ高き名将伝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

箕輪城と長野氏 (中世武士選書)
戎光祥出版
近藤 義雄

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 箕輪城と長野氏 (中世武士選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

風の善さん
2014年10月21日 19:31
 久しぶりに訪問しました。
箕輪城を始め、群馬の歴史風土が伝わってきます。
群馬出身者として、時々訪問させていただきます。
いるまの善さんへ
2014年10月22日 19:52
埼玉県の城を80城程、掲載しました。
鎌倉時代の武将がたくさんいました。
埼玉も魅力的です。又、お立ち寄りください。

この記事へのトラックバック