箕輪初心★栃木【人間国宝:益子焼の濱田庄司】

「京都で道をみつけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った。」
と濱田庄司は書き残した。濱田庄司は益子焼で民芸運動を推進
した陶芸家である。昭和2年(1927) 濱田庄司によって花器・茶
器などの民芸品が作られるようになり、日本全国に知られた。
益子焼は芸術品としての価値が引き上げられたのだ。昭和
30年(1955)には第1回無形文化財保持者に認定された。
昭和43年(1968)文化勲章を授賞された。
画像

 (★益子参考館のビデオ)

~~~~栃木県益子~~~~~~~~~~~~~
箕輪初心★群馬「自性寺焼」から移った栃木【益子焼:須藤窯&
末裔田上家「日向ギャラリー」】
http://53922401.at.webry.info/201401/article_13.html

箕輪初心★栃木【益子焼】=笠間焼+安中自性寺焼「須藤」
→濱田庄司・島岡達三などへ
http://53922401.at.webry.info/201312/article_26.html

箕輪初心●栃木県【益子城】&益子そば祭り
http://53922401.at.webry.info/201401/article_9.html

箕輪初心●栃木『板東20番:西明寺』&【西明寺城】=益子氏の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201401/article_10.html
★参考サイト
◆◆ 益子焼【日向窯】◆◆ 
http://hinata-touki.jimdo.com/

※「須藤窯」田上宗利氏の窯
http://www15.ocn.ne.jp/~machiya/hinatagama-sakutouten2.html

◆◆ 益子焼・・大羽【須藤窯】
http://blog.livedoor.jp/jackie7/tag/%E7%A9%B4%E7%AA%AF
★2009年7月21日に群馬県の安中:自性寺焼
 青木先生宅に須藤窯のルーツを調べに見えた
 方だった。


【5】平成26年(2014)1月12日

1)益子参考館・・・濱田庄司の家
画像

● 公益財団法人「濱田庄司記念益子参考館」・・800円
画像

画像


①濱田庄司の作品
②河井寛次郎やバーナード・リーチの作品
③濱田庄司が集めた国内外の陶磁器もたくさんあった。
④濱田庄司が集めた漆器・木工・金工、家具・染め物・工芸品等
日本、中国、朝鮮、台湾、オセアニア、インド・西アジア、
ヨーロッパ、アメリカ・中南米など、世界各国の作品であり、
古代~現代まである。
★私は海外文化財がなんでこんなにあるのか?
こんなに多くの陶器やガラス器があっていいのか?
濱田庄司のコレクションには超一級品があるのだ。
現代の外国の政府が許可しない国宝級の遺品もある。
  凄すぎる。

私も世界各国70ヶ国程の骨董品集めている。
主に陶器&民族楽器である。・・・・

●1号館
画像

画像


●2号館
画像

画像

・ビデオ
画像


●3号館
画像

画像

画像


●4号館
画像

画像

画像

画像


●工房
画像

画像


●登り窯
画像

画像


●販売所


 
 
2)弟子:島岡達三:「縄文象嵌」の世界を築いた陶芸家。
昭和21年(1946) 濱田庄司の門下。
平成08年(1996) 重要無形文化財保持者。

3)職人:明石先生宅の遠望
画像


4)『須藤窯』&日向ギャラリー
 3代目:須藤武雄氏は濱田庄司に師事した。
 ・・・現四代目:田上勇氏→五代目:田上宗利氏
 (★敬称略)
画像





★★ 濱田庄司の生涯(1894~1978) ★★
・明治27年(1894) 東京で生まれた。(★益子参考館)
  神奈川県橘樹郡高津村(現川崎市)溝ノ口の母の実家で
生まれる。
溝の口小学校

・明治41年(1908)東京府立一中(現東京都立日比谷高等学校)に
入学。 陶芸家の道を志した。

・明治44年(1919)河井寛治郎が東京高等工業学校(現東京
  工業大学)窯業科に入学。
・大正2年(1913) 濱田庄司は東京高等工業学校(現東京
  工業大学)窯業科に入学。
  窯業の希望者は数人しかいなかった。
東京高等工業学校窯業科の生徒には
  ①河井寛治郎 ②濱田庄司がいた。 
  学校では、窯業の基礎科学面を学んだ。
板谷波山に師事した。
  学校では勉強が少なかったので、板谷波山の田端の窯に
通った。河井寛治郎&濱田庄司は、田端の板谷波山から
本格的に窯業を習ったのだった。

・大正4年(1915) 河井寛次郎と濱田庄司は窯元巡りをした。  
板谷波山に伝統的な窯を教わったからである。
  美濃・瀬戸・万古・信楽・伊賀・九谷・京都へ


・大正5年(1916) 京都の陶磁器試験場に入所。
    終生の友:河井寛次郎の勧めがあった。
月給30円であった。
    河井寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の
    研究を行った。・・・素地・釉薬・絵の具・窯の構造
・焼成などを研究した。青磁5000種・辰砂3000種・
天目2000種などを焼いた。
合成呉須(★コバルト)の作ることに成功した。

※近藤悠三から、てびねりの方法も教わった。
※富本健吉はロクロの達人になっていた。
①富本憲吉に工房(奈良県安堵村)を訪問。

・大正7年(1918) 神田流逸荘でのリーチ展
 


 柳宗悦&バーナード・リーチを知った。
 
・大正7年(1918) 
②千葉県我孫子の柳宗悦邸のバーナード・リーチの窯
訪問した。・・志賀直哉とも仲良しになった。

  ③沖縄・・河井寛次郎と沖縄に渡り、壺屋焼を見た。
画像

 箕輪初心■沖縄の焼き物①【壺屋焼】&『壺屋焼博物館』  
http://53922401.at.webry.info/201203/article_10.html
箕輪初心■沖縄の焼き物②【読谷やちむんの里】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_11.html

・大正8年(1919)
④朝鮮旅行
画像

画像

箕輪初心◆№77韓国6回目3ー③【利川の焼き物】
http://53922401.at.webry.info/201209/article_7.html

・大正9年(1920)
⑤栃木県:益子旅行


~~~イギリス時代3年~~~~~~~~~~~~~~
・大正9年(1920)
 イギリスに帰国するバーナード・リーチと
 ともに渡英した。リーチに誘われたからである。
 スポンサーは井関双山であった。
 一等船室の船旅であった。
 ・大英博物館など10の博物館に行った。
  ★写真が見つからない。

・大正10年(1921) 
  リーチと共同してコーンウォール州セント・アイヴス
    に築窯した。
リーチ・ポッタリーは、火薬工場の耐火レンガを利用した
3室の登り窯であった。

  イギリスで陶芸家としての活動を開始した。

・大正12年(1923) ロンドンで個展を開催・・・成功する。
関東大震災・・・河井・富本から手紙が来た。

・大正13年(1924) 帰国.
イギリス~~~神戸~~~京都:河井寛次郎宅へで
  2ヶ月・・・
  
6月  益子に行った。
  
12月、井関双山の紹介で木村和枝と見合いした。
結婚へ・・・沖縄へ新婚旅行?・・

・大正13年(1924) 
沖縄・壺屋窯などで学んだ。
画像

  3ヶ月の長期滞在で多くの作品を残した。
個展を開いた。

 5月 栃木県益子町に移住した。間借りした。

沖縄へ

・大正14年(1925)
  毎年、益子~夫婦で沖縄旅行で壺屋焼の仕事をした。
「民芸」について、柳・河井らと話し合った。

・大正15年(1926) 京都の河井窯で作陶。
益子で作陶。
沖縄へ
・昭和2年(1927) 益子で花器・茶器などの民芸品を作った。

・昭和4年(1929)柳宗悦と渡英した。
  リーチに再会した。
  ロンドンで個展。 
スェーデンの北方博物館に行った。

・昭和5年(1930) ~益子焼の産地、栃木県益子町で作陶を開始する。
    母屋(現陶芸メッセの家)を移築した。
    ~1942年までの間、古民家を屋敷内に移築し    
    生活と作陶の場とした。

  柳宗悦を瀬戸旅行・・・。

・昭和6年(1931) ~益子に窯を築く。

・昭和7年(1932)倉敷で個展。
※個展で残った3点のうち、2点は岡山県倉敷の大原美術館に
  ある。
画像

 ・リーチ作?・・・★たぶん。
画像


箕輪初心●岡山:倉敷「町並み&グルメ&大原美術館」
http://53922401.at.webry.info/201105/article_28.html
山陰への旅行

箕輪初心○岡山:備前焼=焼き締めの故郷
http://53922401.at.webry.info/201105/article_27.html

・昭和8年(1933)
河井と山陰&九州の・・・小石原焼・小鹿田焼
  民窯など見学。
箕輪初心■大分『小鹿田焼』=唐臼の響く民陶の里
http://53922401.at.webry.info/201110/article_16.html

箕輪初心★佐賀:有田焼『九州伝統文化館』&『鍋島藩御用窯』
http://53922401.at.webry.info/201112/article_14.html

箕輪初心●北九州4県の旅「城&焼き物&グルメ」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201110/article_13.html

箕輪初心■福岡:小石原焼:「太田孝宏」=伝統を守る陶芸家
http://53922401.at.webry.info/201110/article_17.html

・昭和9年(1934)
   柳宗悦や河井寛次郎・リーチらと民芸運動を創始した。
日本全国に知られるようになった。
    益子焼は芸術品としての価値が引き上げられた。

    日本の工芸界に大きな影響を与えた。

・昭和30年(1955) 第1回無形文化財保持者(人間国宝)に富本憲吉
    らとともに認定された。

・昭和36年(1961) 柳宗悦の没。
    日本民藝館の第2代館長に就任した。
柳宗悦の民芸運動の流れ・志を受け継いだ。
・昭和39年(1964) 紫綬褒章を授賞された。
・昭和43年(1968)陶芸家として3人目となる文化勲章を授賞
   された。
 大部分は手轆轤のみを使用するシンプルな造形と釉薬の流描に
 よる模様を得意とした。
 ※朝鮮の葉毛目・中国・日本のあらゆる技法を持っていた。
ドイツの塩釉の初めて使用した。
※柿釉・・・田上宗利氏によると、「那須の火山灰・
  火山岩を砕いて使用している。そして、先にわら灰を
  薄くかけた上に柿釉をかけると、黒味がかった茶色の
  と白の色調の仕上がりになる。これを発見したのが
  濱田庄司先生です。」・・・
 ※赤絵・・・九谷&伊万里の中間色を使用。
素地は会津本郷焼&益子の陶土を使用。


・昭和52年(1977) 益子参考館を開館
蒐集した日本国内外の民芸品を展示した。

・昭和53年(1978) 益子にて没。享年83。



★参考文献等
・濱田庄司:水尾比呂志著
・益子参考館
・濱田庄司作品集





★明日は川場スキーかな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック