箕輪初心◆高崎【第16回新町神流川合戦:滝川一益】

平成24年(2012)11月4日(日)午前10時~午後4時
第13回しんまち商工祭2012・第17回しんまち大道芸
まつり・第16回新町ふるさと祭り神流川合戦・・・
神流川合戦は天正10年(1582年)6月、本能寺で織田
信長が明智光秀に討たれたことを知った滝川一益
(上野厩橋城主)軍が神流川と烏川が合流する地点で、
武蔵鉢形城主:北条氏邦と争った戦いである。戦国時代
の関東最大の合戦として知られる。新町商工会(相原武
会長)昭和57年(1982)から地域PRと歴史を後世に伝
える目的で「神流川合戦」を隔年開催してきた。毎年11
月の第1日曜日開催されている。

画像

 (★滝川一益への着到リハーサル)
画像


 (★出陣前)




◆◆箕輪初心●箕輪城⑲「第11代城代:滝川一益」◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_33.html

◆◆箕輪初心●愛知:清洲城「清洲会議」◆◆
http://53922401.at.webry.info/201206/article_7.html

110:30
神流川合戦の碑
画像


ガトー・フェスタ・ハラダ
画像

・美術品
画像

★ガトー・フェスタ・ハラダのラスクは美味しいよ。
 通販・デパートなど14店舗・・・
 JALヨーロッパ便で、おやつで出てたよ。
画像

 (★小麦粉は大間々の星野麺業)


中仙道新町宿入り口
画像



新町いちょう並木通り
画像

・屋台がたくさん
画像

画像

・ざくろジュースを買って・・
画像

・鳥の串焼きを買って
画像



●看板
画像


・マーチングバンドのパレード
画像

・「高崎チンドン倶楽部」のちんどん
画像

・「南京玉すだれ」
画像

・大道芸集団「おじゃるず」
画像

画像


・㈲桑原製作所特設会場

・タカナシ乳業㈱駐車場特設ステージ
小学生・中学生の演奏

★2000~3000人のお客?
  大変な賑わいだった・


自衛隊の3・11支援の豚汁・・・50円以上の募金
画像

画像

 ★旨かった。

12:30
武者行列控え室
画像


・行田の秋池氏に挨拶
画像


◆武者行列は63名
・陸上自衛隊新町駐屯地隊員15名
・上武大学の学生13名
・玉村手作り甲冑愛好会18名
・群馬甲冑愛好会17名
しかし、ここには、自衛隊の方・上武大学の学生
いた。

・甲冑の装着の風景・・・秋池氏も指導
A.わらじ・・・★難しい。
画像

B・・・すねあて
画像

C・・・こしのまわり

D・・・肩あて
画像

E・・・鎧
画像

F・・・腰帯・・2つ
画像

G・・・甲
画像

 ★紐の結び方が難しい。
 秋池氏「歩兵は首でまく。騎馬は首&あごで縛る。」
画像


●完成
★お嬢さんの武者姿のできあがり。
画像

・滝川一益
画像

画像

H・・・旗をさして。
「滝川一益の旗はだんご3兄弟ではなく、
   人間の首3つを槍にさしたマークだ。」 

画像

画像

画像



甲冑愛好会の方々も登場。
群馬甲冑愛好会の方々は箕輪城祭りは少雨の
 ため、装着されなかったが、今回は勇壮だ。
画像

画像

画像

画像

画像



出陣式の練習風景・・・合計63名
・陸上自衛隊新町駐屯地隊員15名
・上武大学の学生13名
・玉村手作り甲冑愛好会18名
  ★前回、箕輪城祭りに出演。
・群馬甲冑愛好会17名
画像


※イベント「神流川合戦の出陣式」では、滝川一益役を
筆頭に「せりふ」もある。今年も滝川一益役を演じるの
は陸上自衛隊の自衛隊員である。
画像


※倉賀野城主:金井淡路守景秀の子孫の方
「★倉賀野城の縄張り図が内にあるよ。」

※安芸池之守様に別れを告げた。



14:00~■東音頭・・・東音頭保存会
    神流川合戦の戦死者の御霊を慰めた盆踊り唄

14:15~■神流川合戦太鼓
    神流川合戦太鼓しのぶ会の和太鼓演奏

14:30 帰宅の方向で移動。~~~~~
14:30~■武者行列
14:45~■出陣式
15:55~■巫女舞・・・巫女舞保存会2名
   於菊稲荷神社の巫女による巫女舞の奉納
15:10~■武者行列
「タカナシ乳業特設会場」で出陣式。
 鎧武者に扮し出陣式で勝どきをあげ、イベント会場を
 武者行列して練り歩く予定である。
★帰ったので、不明である。


◆◆ 神流川の合戦 ◆◆
・天正10年(1582)3月 武田勝頼の自刃

※織田信長は上杉景勝攻めの敢行し始めた。
①越前富山→越後へ 柴田勝家・・
   越中:魚津の戦いでの直江兼続の働き。
②信濃松本城→越後へ 森長可
③上野厩橋城→越後へ 滝川一益 
  
※滝川一益が箕輪城に入城
画像

 →旧武田家臣の人質の城とした。


※滝川一益が厩橋城に入城
画像



・天正10年(1582)
6月2日
  織田信長は京都本能寺の変で自刃。(49歳)
     織田信長長男:織田信忠は二条城で死亡。
    織田家の家臣は清洲城で会合。=清洲会議
 ★滝川一益は箕輪城・前橋城から出陣。
玉村の軍配山で、指示・・・。
(★玉村は、滝川一益を歴史のメインに掲げた。)
 ※上杉景勝は危機脱出。        

6月17日 滝川一益は箕輪城の上州国人衆の人質を
  返還し、協力依頼。
  ★箕輪初心「人質の扱いがひどかったらしく、
   ほとんどの旧武田家臣は応援しなかった。」

※玉村の軍配山陣を敷く。


6月18日 神流川の戦い①   
画像
  

  北条氏邦  VS  滝川一益
   →1回目は滝川軍優勢で、北条氏邦が大敗。
 
6月19日 神流川の戦い②   
  2回目は北条氏邦が大勝利。
 ※滝川軍は厩橋→玉村軍配山→現高崎新町で、
  北上してきた北条氏邦軍と交戦。

  北条氏邦と対決。
  
  神流川の戦いで敗戦・・・
 ※神流川合戦は総勢7万数千の大軍による
壮絶な戦いだったらしい。
でも、この時代の人口を考えると、多すぎる。

6月21日 滝川一益は清洲会議に遅刻した。
画像


★ちなみに、滝川一益の所領は蟹江城&長島城である。       
  「織田信長の後継者を次男:信雄(のぶかつ)」
     ・・・所領は尾張。     
 ※清須城の城郭は天守を築城。
 ※城下町・・東西1.6km、南北2.8km

・天正11年(1583) 豊臣秀吉は織田信雄に長島城を授与。
     →織田信雄は尾張・伊賀・北伊賀の5郡を領有。




★明日は、皇海山かな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック