箕輪初心●愛知【長篠城】=奥平信昌の先祖は群馬出身

天正3年(1575)5月、武田信玄のあとをついだ武田勝頼は
西へ勢力を伸ばすために重要な拠点となる長篠城を1万5千
の軍を率いて包囲し攻撃した。城主奥平貞昌以下500の兵は
鉄砲200挺で攻撃に耐えたが、限界となったため、織田信長、
徳川家康へ救援を請うため鳥居強右衛門を岡崎へ派遣した。
鳥居強右衛門の決死の働きにより、5月18日、織田信長3万、
徳川家康8千=3万8千の援軍は長篠城の西方約4kmにあ
る設楽原に到着し、連吾川に沿って陣を築いた。当時最強を
誇っていた武田軍は20日、長篠城の包囲を解いて設楽原へ
進出し、21日の夜明けとともに織田・徳川軍の陣地に突入
した。しかし、大量の火縄銃の攻撃の前に、歴戦の名将・
武将を多く失った。武田勝頼は、数騎の味方に守られて敗走
した。この戦いで武田氏は没落の一途を辿ることになり、織
田・徳川の勢力を強大にした日本の歴史上重大な意味を持
つ戦いになったのだ。

(★長篠城祉史跡保存館の資料より編集)
画像

(★鳥居強右衛門勝商の磔の絵)
○長篠城の入り口の看板・・・鳥居強右衛門だ。

鳥居強右衛門勝商は、武田勢によって包囲された城を抜け
 出し、岡崎の徳川家康のところまで援軍を頼みに行くため
 川を潜水し、対岸に行った。徳川家康に報告すると、制止
 を聞かず、長篠城に帰ることにした。しかし、武田の兵に
 捕まった。武田勝頼から、「長篠城に向かって『援軍は来な
 い。』と告げれば、命を助けてやる。」という取引を持ち
 かけられた。大声で援軍の到来を城兵に告げ、長篠城対岸
 で磔にされたのだった。



◆◆ 箕輪初心★奥平一族の歴史 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201211/article_23.html


【1】f30長篠城址史跡保存館
画像

「日本100名城」の「長篠城」の城址(国史)看板
画像

画像

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日・・毎週火曜日
設楽原歴史資料館と長篠城址史跡保存館の共通観覧券
で入った。400円だ。

●館内案内
「長篠の攻防」と「設楽原の決戦」に関する資料を
保存・展示している。

①武田信玄の雄図
画像

(★長篠城祉史跡保存館の武田信玄)
 山内館長より写真の許可をいただいた。

②長篠の籠城
・奥平信昌の陣太鼓
画像


③鳥居強右衛門の勇気
画像

画像


④設楽原の決戦の前夜

⑤設楽原の決戦


⑥長篠の戦いと鉄砲
画像


⑦長篠戦いとその後

⑧ジオラマ
画像


⑨参考品・・・鎧など
画像

画像


⑩資料館の山内館長
・私「群馬の出身の武将が多く戦死してますが、
   データはございませんか。」
・山内館長「ないです。」
・・・・(中略)・・・
・山内館長「群馬に何度か行ったことがあります。
  箕輪城・鎌原城・内藤昌豊の善竜寺など・・」
・私「箕輪城のボランテティアガイドです。」
・山内館長「そうですか。あつ、そうだ。
  斉藤・・・斉藤美由紀さんが熱心に訪ねて
  来られました。4回位来たかな?」
・私「山内先生・・、斉藤さんは箕輪城のボランテ
   ィアガイドの会で一緒です。」
・山内館長「先生って言わないで下さい。
   前館長:丸山(彭)先生には遠く及ばない。」
・私「斉藤さんには、来週の岩櫃城の探索会で
   たぶん会います。」
 ★後日、斉藤さんは岩櫃城探検隊のメンバーに
なっていた。司会の担当だった。
 ・・・(中略)・・・
・私「主催者はここで死んだ根津一族の末裔です。」
・山内館長「岩櫃城に行ってないから、いつか
  いきたいなあ。」
・私「群馬の山城の2~3番目には入るでしょう。
  凄い城ですよ。」
・・(攻略)・・

⑪史料類もここで入手。
  ①ガイド「長篠の戦い」馬場高夫著 ¥500?
  ②井伊谷三人衆・・・1000円
 ★私「井伊直政は箕輪城に8年いました。
  この次、井伊谷城に行くつもりです。」
画像

  ③内藤昌豊とその子孫・・・1000円
 ★私「内藤昌豊は箕輪城代で武田16年支配のうち、
  8年いました。本当は善竜寺近くの保渡田城という
  所に住んでいました。たぶん、土屋昌次もここに
  いたと私は思っています。・・倅のまさあき=昌に
  月って書いて、まさあきと読ませています。正明は
脇坂、??いや、脇・・跡部勝資の息子で、内藤家に
養子に行きました。武田支配最後の箕輪城城代です。」


◆◆後日の調べ ◆◆
 内藤昌豊の養子・・有力説は、「内藤昌月は元高遠城
 の保科正俊3男である。」
和田業繁の養子・・内藤信業は跡部勝資の長男だった。

 ★しまった。嘘扱いた。山内館長、ご免なさい。



【2】長篠城
奥平貞昌以下500の城兵が武田軍15000を相手にして
援軍の到着まで持ちこたえることができたのは、長篠城が
豊川と宇連川に臨んだ崖の上という天然の要害堅固の地に
立地していたためである。
画像

①本丸堀
画像


②本丸入り口
画像


③本丸土塁
画像

画像

画像

画像

画像


④野牛郭
画像

画像


⑤本丸から見える武田軍の砦群
画像

画像


⑥鳥居の磔
画像

画像


⑦不動滝

⑧本丸碑
画像

※5月の連休には長篠合戦祭りが催されるそうである。
 火縄銃実演が見たいな。
 

⑨館長:山内氏に報告 
「結構、群馬県人いましたよ。6人か8人・・。」
画像

 (★長篠の戦い・・ガイドブックより)


★明日は、長篠の戦いか岩瀬忠震か?・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心◎【長篠の戦い】前編:武田VS松平+織田の動き

    Excerpt: ★天正3年(1575)4月末 武田信玄を継承した武田勝頼は 西へ勢力を伸ばすため、3遠の重要な拠点となる長篠城 を目指した。甲斐・信濃・上野の兵1万5千の軍を率い てやってきたのだ。信濃伊那谷→.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-11-29 07:27
  • 箕輪初心◎長篠の戦い:上野の関係者に視点を当てて

    Excerpt: ★長篠の戦いは、天正3年5月21日(1575年6月29日)、 三河国長篠城(現愛知県新城市長篠)をめぐり、織田信長 ・徳川家康連合軍3万8000 VS 武田勝頼軍1万5000との 間で勃発した戦.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-12-01 08:34
  • 箕輪初心★小幡一族&熊井土一族&三方原の戦

    Excerpt: ★群馬甘楽小幡に小幡重貞の本拠地があった。しかし、小幡重貞は 本拠を国峰城に移し、家老の熊井土に小幡館に住まわせた。小幡 重貞の妻は長野業政の長女であった。しかし、長野業政の計略で 従兄弟:小幡.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-04-10 07:29