城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲草津に歩みし100人G長尾為景:上杉謙信の父

<<   作成日時 : 2017/10/01 06:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長野業尚・長尾為景・大光宗猷禅師・が草津温泉に入った説は
2つある、※延徳2年(1490) 説と大永6年(1526)説である。
草津温泉の標柱には延徳2年(1490)長尾為景・長野業尚・
曇英恵応(大光宗猷禅師)が草津温泉に来たとある。
文亀3年(1503) 長野業尚が亡くなっているので、個人的には
延徳2年(1490) 説を取りたいと考えている。  
しかし、伝説・伝承の域を出ないのかもしれないが、・・・
久保田順一先生説「年不詳? 長野業尚の草津温泉遊蕩
長野業尚は草津温泉で入湯した時、長尾為景(上杉謙信父)
 &恵応(雙林寺3世)に会った。→不思議体験伝説
「草津温泉に泊まった湯本氏の旅館?・・息子が死んで、
 温泉が出なくなった。・・・これに答えた3人衆・・・
 やがて、温泉が再び出てきた。・・・・」
(★「久保田順一先生講演会」・『箕輪城と長野業政』久保田順一著)
画像



●草津温泉に来た有名人シリーズ*****************
箕輪初心:生方▲『草津温泉に歩みし百人』@「日本武尊:開湯伝説」
http://53922401.at.webry.info/201709/article_23.html

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』A「行基:開湯伝説」
http://53922401.at.webry.info/201709/article_24.html

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』B「源頼朝:開湯伝説」
http://53922401.at.webry.info/201709/article_25.html

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』C木曾義仲・D巴御前
http://53922401.at.webry.info/201709/article_26.html

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』E蓮如と番外編「孫:顕如」
http://53922401.at.webry.info/201709/article_27.html

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』「番外編:堯恵」
http://53922401.at.webry.info/201709/article_28.html

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』F「長野業尚:榛名鷹留城主」
http://53922401.at.webry.info/201709/article_30.html

              
★説明がちがっているかもしれません。
 巴御前と静御前を勘違いしています。












・戦国時代**************************
草津温泉は、各地の武将が湯治に訪れた記録が残っている。

●bU:文明4年(1472)−蓮如(本願寺・吉崎御坊住職)
○番外:文明18年(1486)−堯恵(二条家歌学を継ぐ天台宗常光院流
    の歌僧)
●bV:延徳2 年(1490) −長野業尚 鷹留城主
●bW:延徳2年(1490)− 長尾為景 越後国守護代
●bX:延徳2年(1490) −大光宗猷禅師
●10:明応4年(1495)−横瀬成繁(太田金山城主)
●11:文亀2年(1502)3月? 万里 集九(ばんり しゅうく)
 詩文集『梅花無尽蔵』の中で
「本邦六十余州、毎州有霊湯、其最者下野之草津、津陽之有馬、
 飛州之湯島三処也」
 意味…我が国の六十余州毎に霊湯:名湯がある。其の内最もよい
 のは下野(上野国の誤り)の草津、摂津の有馬、飛騨の湯之島の
 三か所である。
と記している。日本三名泉とは、万里集九 → 林羅山によって、
 「 日本三名泉」という言葉が生まれた。
●12:文亀2年(1502)−飯尾宗祇(連歌師)★個人的に来ていない説
○番外:文亀 2年 (1502) 3月 連歌師:宗長が越後より草津に来る。
  ★上記の通り、宗祇は来ていない。伊香保に行っちゃった。
○番外:永正 6年 (1509) 9月 連歌師宗長、駿河より草津に来る。
※永正6年(1509)の「東路の津登」が有名である。
・大永6年(1526)−長尾為景(上杉謙信の父親)
・大永6年(1526)−長野業尚(箕輪城主)
・大永6年(1526)−曇英恵応(大光宗猷禅師:林泉寺&榛名長年寺)
              子持雙林寺の双子の僧の1人
●13:永禄 3年 (1560)−小幡重貞(→信貞→信実:国峰城主)?
●14:天正10年(1582)−丹羽長秀(織田信長家臣)
●15:天正10年(1582)−堀秀政(織田信長家臣)
●16:天正10年(1582)−多賀新左衛門常則(織田信長家臣)
○番外:天正15年(1587)−光佐・光寿・佐起(本願寺座主と2人の息子)
●17:天正15年(1587)−朝日姫(豊臣秀吉の妹:徳川家康の正室)
徳川家康の正室であり豊臣秀吉の妹である朝日姫は、病気療養
のために草津を訪れたとされている。
 徳川家康は、草津を訪れたことはないものの、草津の湯を江戸城へ
運ばせて入浴していた。
●18:天正16年(1588)−豊臣秀次(関白:豊臣秀吉の甥:養子)
  豊臣秀吉の異父兄弟:豊臣秀次も来ている。
●19:天正16年(1588)−松平(依田)康国(小諸城主)
●20:文禄3年(1594)−大谷吉継(豊臣秀吉家臣:石田三成親友)
●21:慶長3年(1598)−前田利家(豊臣秀吉親友:加賀100万石)
前田利家なども遠路はるばる草津の地を訪れて、温泉に入湯した
という記録が残っている。

********************************


※延徳2 年(1490) 長野業尚 鷹留城主
※延徳2年(1490) 長尾為景 越後国守護代
※延徳2年(1490) 大光宗猷禅師

・大永6年(1526)−長尾為景(上杉謙信の父親)
・大永6年(1526)−長野業尚(箕輪城主)
・大永6年(1526)−曇英恵応(大光宗猷禅師:林泉寺&榛名長年寺)
              子持雙林寺の双子の僧の1人

【8】長尾為景:守護代から国政を手にした上杉謙信の父。****
・長尾為景が生まれた。
  ・文明3年(1471)説。延徳元年(1489)説がある。
★文明3年(1471)説を採れば、草津温泉には19歳の時なので
 おかしくはない。しかし、長尾為景の父親:長尾能景が寛政
 5年(1465)に生まれているので、長尾能景が6歳の時の子と
 なる。長尾為景の父:長尾能景が草津温泉に入ったとも考え
 られる。長尾能景が明応6年(1497)曇英恵応(大光宗猷禅師)
を招いて長尾家の菩提寺:林泉寺を創建しているので納得でき
 る。
 3人が草津温泉で出会ったのは伝説、伝承で史実ではない可
 能性がある。
★延徳元年(1489)長尾為景が生まれた説を採ると
・長野業尚・長尾為景・大光宗猷禅師・が草津温泉に入った説は
 延徳2年(1490) 説は無理がある。長尾為景は2歳である。



・永正3年(1506) 一向宗:実如は北陸の兄の蓮綱・弟の蓮悟に対
 して朝倉領越前と畠山領能登・越中両国への進出を命じた。
 ▲九頭竜川の戦い
  越前の朝倉攻撃は朝倉教景(宗滴)の前に敗れた。
  能登の畠山攻めは能登守護:畠山義元が弟:慶致に守護職を奪
  われたために内紛状態となっていた。
  能登では畠山慶致が兄・義元と和解して共同で一揆を撃退した
   
  越中に一向一揆が移っていった。
  越中は一向一揆の進撃が続いた。
  越中守護畠山尚順は、畿内での細川政元との戦いに手を取られて
  いたために、越後の守護上杉房能に救援を要請した。
  上杉房能と長尾能景は一揆が越後に広まることを恐れて救援要請
  に応じた。

  越後国内では守護上杉房能は無力で、実権は守護代:長尾能景に
  握っていた。
  
7月 長尾能景は軍越後を出た。

9月 一向宗本願寺門徒の支配下にあった越中砺波郡を攻めた。
   一向一揆の中心:加賀との国境に達して、朝倉氏と連合して
   加賀制圧に取りかかった。

9月18日、▲越中砺波郡(現砺波市)での般若野の戦い
   長尾能景軍 VS 一向一揆・神保慶宗連合軍
   神保慶宗が一向宗に通じ、戦線を離脱し、長尾勢は孤立した。
   長尾能景は討ち取られて長尾軍は壊滅した。
   
   父・長尾能景が戦死した。
  長尾能景の子:為景は神保慶宗の裏切りであるとして敵視した。
般若野の戦いの長尾軍の壊滅後、越中では一向一揆と神保慶宗
  の提携が進んだ。

 ※長尾為景は神保慶宗と永正17年(1520)12月までの13年間の
   長期にわたる抗争を繰り返すこととなった。

箕輪初心:生方▲富山11『越中の戦国時代』と長尾(上杉)
・武田の代理戦争  
http://53922401.at.webry.info/201705/article_20.html

・永正4年(1507) 春頃守護・上杉房能が「為景謀反の気あり」
と為景討伐の準備をしていた.
8月 長尾為景は機先を制して房能の居館を襲撃した。
  逃亡中に上杉房能が自刃した。
  長尾為景は養子・上杉定実を傀儡として守護に擁立した。

 9月 新守護擁立に反対する揚北衆の本庄時長・色部昌長・竹俣清綱
 は長尾為景に対して一斉に蜂起する。
  蒲原郡代の山吉氏を通じて中条藤資から知らせ受けた長尾為景は、
  蘆名氏・伊達氏に協力を要請した。
 10月、長尾為景は本庄氏の拠点、本庄城を攻略した。

・永正5年(1508)
5月 色部氏の平林城を落城させた。
6月、岩谷城に籠城していた竹俣氏も降伏させた。
 反為景勢は会津に逃亡した。
 8月 長尾為景は銭貨80貫文を室町幕府に献上した。
 11月6日、幕府から上杉定実の越後守護就任が正式に認められ、
  長尾為景も定実を助け補うことを命じられた。

・永正6年(1509) 7月28日、上杉房能の実兄:関東管領:
  上杉顕定とその子:憲房が為景に対して報復の大軍を起こし
 越後に侵入した。
  関東管領の軍勢は越後上田荘を拠点として、越後府中を落とし
  中越・上越地方を抑えた。
  長尾為景は劣勢となって上杉定実と共に越中国に逃亡した。
★長尾為景が一時、松倉城にいたと言われている。

箕輪初心:生方▲富山12『松倉城』:難攻不落の越中最大の山城
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201705/article_22.html 

長尾為景は越中から伊達尚宗に援軍を要請した。
越後、陸奥、信濃、能登、飛騨の諸将さらに幕府とも情報を
  交換し越後奪還の機会をうかがった。


・永正7年(1510)
  佐渡の本間氏(娘婿)の軍勢を加え反攻に転じた。
4月20日、海上から越後蒲原津に進出した。

5月20日 長尾為景方の村山直義が今井・黒岩で関東管領の軍勢
 に勝利した。
 信濃から援軍として高梨政盛(娘婿)が駆けつけた。
 6月12日、上杉顕定方だった上条氏が長尾為景側に転向した。
 6月20日 長尾為景は越後府中を取り戻した。

 ▲長森原の戦い 
  上杉軍に猛攻をかけ上杉顕定を敗死させた。

箕輪初心:生方▲【関東管領:上杉顕定の戦いの人生】
http://53922401.at.webry.info/201512/article_2.html

箕輪初心★本間家の歴史;佐渡本間一族→酒田本間家日本一の地主へ
http://53922401.at.webry.info/201307/article_20.html

箕輪初心◆2013群県博:新潟県「上杉氏」関興寺・瀧澤寺・
雲洞庵・坂戸城・管領塚
http://53922401.at.webry.info/201310/article_21.html
★上杉顕定の管領塚=戦死した場所
★関興寺の山門は箕輪城主:長野業正の第2家老:下田大膳
の子孫の家(高崎市箕郷支所&中央公民館・下田邸の門で
 であった。伊香保の道の駅から、いつしか、「味噌嘗めたか」
の『関興寺の山門』になっていたのだ。
 
長尾為景は越後の実権を取り戻すことに成功した。
  為景は、自分の姉妹を上杉定実に娶らせ、守護上杉家の外戚と
  して越後の国政を牛耳ろうとした。

・永正9年(1512) 5月、揚北衆の鮎川氏が反逆した。
  山吉・築地ら武将を使わして鎮圧した。

・大永元年(1521) 2月、長尾為景は無碍光衆禁止令
(むげこうしゅうきんしれい)一向宗を信仰することを
禁止した。

・大永4年(1524)説・大永6年説あり
  惣社長尾顕景と白井長尾景誠が北条氏綱・長尾為景と結んで
  関東管領:上杉憲寛に叛旗を翻した。

●徳雲軒〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●箕輪城87飯森康広説「長野方業=長野業政?」
http://53922401.at.webry.info/201212/article_2.html

箕輪初心★箕輪城101「長野氏」の研究:近藤・山崎・飯森・久保田
http://53922401.at.webry.info/201310/article_6.html

箕輪初心●箕輪城105久保田順一先生「箕輪城と長野氏」
http://53922401.at.webry.info/201305/article_26.html

箕輪初心:生方▲箕輪城168【秋本太郎先生講演会】20150912
『そうだ!箕輪城をもっと知ろう』
http://53922401.at.webry.info/201509/article_15.html

箕輪初心:生方▲箕輪城170【黒田基樹説を加味した長野氏の系譜】
http://53922401.at.webry.info/201510/article_2.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
越中や加賀国に転戦して、神保慶宗・椎名慶胤らを滅ぼし、
越中の新河郡守護代を任されるなど勢力を拡大した。

・天文5年(1536) 隠居に追い込まれた。

天文11年(1543)12月24日 長尾為景が死んだ。


★明日も草津温泉関係かな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲草津に歩みし100人G長尾為景:上杉謙信の父 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる