アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行
ブログ紹介
2017年10月現在の掲載済&掲載予定内容
@城砦・・・・★箕輪城・群馬の城400
       ★百名城86・合計中世古城約882
        ★戦国武将&偉人
A陶芸・・・・自作の陶芸作品・焼き物旅行記
B登山・・・・百名山約80・最近の登山
C潜水・・・・約850本(含海外34回)
Dスキー・・約1600日+山スキー約30回
E旅行・・・・日本各地・海外80回(約70カ国10地域)
Fその他・・群馬の歴史・名所・旧跡・人物・
        奥の細道・東山道・中山道(予定)・グルメなど

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
箕輪初心:生方▲長崎5回目ー6佐世保市『ハウステンボス』後編
箕輪初心:生方▲長崎5回目ー6佐世保市『ハウステンボス』後編 私はヨーロッパにオランダなど10数カ国旅行に行ったことがある。 平成30年(2018)5月30日、ハウステンボスはオランダの風車 やレンガ造りの建物、運河がなどがあった。ヨーロッパの方、中 国・韓国の方もいて、ちょっとヨーロッパの国のにいるような錯覚 にちょっとなったが、日本人が圧倒的に多く、留学旅行の可愛い 高校生が男女クループで行動しているので、「ハウステンボスに 行ってもやっぱり日本だな?「ふ〜ん」で終わってしまった。 日本のテーマパークNo.1(東京ドームの33個分)の面積... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 07:59
箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー9佐世保市『ハウステンボス』前編
箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー9佐世保市『ハウステンボス』前編 平成30年(2018)5月30日、11:30長崎空港に着いた。レンタカーを 2日分で11800円で借りた。話のタネに3時間程、散歩をしてみようと 思った。ハウステンボスはオランダ語で「森の家」という意味だそうで ある。オランダの風車やレンガ造りの建物、運河がなどがあった。ヨー ロッパの国のにいるような場所ではあるが、10数カ国旅行に行った ことがあるので、「ハウステンボスに行ってもふ〜んで終わってしま った。」日本のテーマパークNo.1(東京ドームの33個分)の面積を 誇る敷地には... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 07:19
箕輪初心:生方▲長崎5回目30−5『長崎街道:松原宿』と著名人往来
箕輪初心:生方▲長崎5回目30−5『長崎街道:松原宿』と著名人往来 ・慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は豊臣氏の蔵入地 :長崎を収公した。徳川家康は、長崎を天領(直轄領)と定め、海外 貿易の拠点とした。平戸に通じる唐津街道に代わり、長崎街道を整備 させた。長崎街道は、江戸時代に整備された脇街道で、豊前国小倉 (福岡県北九州市小倉北区)の常盤橋を始点として、肥前国長崎(長 崎県長崎市)に至る路線である。57里(約223.8km)の道程で、途 中に25の宿場が置かれた。参勤交代の大名や長崎奉行も長崎街道を 利用して江戸まで往復した。ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 06:19
箕輪初心:生方▲5回目30−4『城903三城(さんじょう)城』と大村純忠の生涯
箕輪初心:生方▲5回目30−4『城903三城(さんじょう)城』と大村純忠の生涯 今回、長崎空港⇒「天正少年使節団」⇒『玖島城』⇒「城下町」⇒『三 城城』に行くことにした。三城城は、永禄7年(1564) 日本初のキリシ タン大名として有名な大村純忠が築き、三城城に移った。息子:大村 喜前が玖島城に居城を移すまで大村氏の居城であった。★行かずば、 なるまい。大村市の中心部から、JR大村線の北の山にある。東の多 良山系から続く丘陵の末端部に造られた平山城であった。南の本堂川 を堀代わりとしている。ナビで場所は分かったが、登山道が見つから なかった。地元の方に登山道を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/19 06:47
箕輪初心:生方▲長崎5回目30−3大村市『玖島城下町の武家屋敷』
箕輪初心:生方▲長崎5回目30−3大村市『玖島城下町の武家屋敷』 ●長崎空港⇒タイムズレンタカーで大村市の散策を開始した。 @天正遺欧少年使節顕彰之像⇒A玖島城(くしまじょう)⇒ B玖島城下町散策となった。慶長4年(1599) 大村善前が玖島城 を築いて、居城:三城城の城下町を移し、玖島城下に住まわせた。 城下町には五つの小路:本小路・外浦小路(ほかうらこうじ) ・小姓小路・上小路(うわこうじ)・草場小路に添って武家屋敷 を置いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 12:44
箕輪初心:生方長崎5回目30−2大村「城902玖島城(大村城)」
箕輪初心:生方長崎5回目30−2大村「城902玖島城(大村城)」 長崎空港への着陸寸前、空から玖島城を眺めた。玖島城は大村湾 に面した丘陵に築かれていた。レンタカーで玖島城に向かった。 玖島城の花菖蒲は綺麗だった。 平日なのに観光客が多かった。 ・慶長4年(1599年)大村喜前は三城城(みじょうじょう)より居城を 玖島城移した。大村氏は藤原純友の後裔を称し、藤原純友の孫:直 澄が肥前国藤津郡・彼杵郡・高来郡の三郡を与えられ、彼杵郡大村 郷に住んで大村氏を称したことに始まるとされる。 大村純前は有馬晴純の次男:純忠を養子に迎え家督を継がせた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/17 06:19
箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー1大村市『天正遣欧少年使節団の像』
箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー1大村市『天正遣欧少年使節団の像』 大学吹奏楽部同窓会が6年ぶりに長崎で5月31日(木)〜6月2日 (土)に開催されることになった。親の面倒は妹が見てくれると言っ てくれたから。私は5月30日に羽田空港から長崎空港に降りた。 レンタカーを借り、先ず、『天正遣欧少年節団』の像を見に行った。 天正10年(1582) イエズス会員アレッサンドロ・ヴァリニャーノ神 父は、九州のキリシタン大名:大村純忠・大友宗麟・有馬晴信の名代 として4名の少年を中心にローマへ派遣することを発案した。4名の 少年は伊東マンショ、千々石ミゲル、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 19:01
箕輪初心:生方▲草津100−89『石川達三S10』小説家
箕輪初心:生方▲草津100−89『石川達三S10』小説家 草津の湯畑の標柱に、「石川達三 昭和10年(1935)来草」とあった。 草津観光協会のHpには「石川達三:小説を通じて、諸問題を追求し た、社会派の作家。」とあった。『蒼氓』により、芥川賞受賞者第1 号となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/15 14:49
箕輪初心:生方▲草津100-88「ブルーノ・タウトS9」高崎滞在2年3カ月
箕輪初心:生方▲草津100-88「ブルーノ・タウトS9」高崎滞在2年3カ月 草津の湯畑の標柱に「ブルーノ・タウト 昭和9年(1934)来草」 ブルーノ・タウトはナチス政権の台頭により、身の危険を感じ、 日本に亡命した。昭和8年(1933)5月3日敦賀着〜昭和11年 (1936)10月までの3年半、日本に滞在した。@京都滞在、A 仙台滞在、B高崎滞在(2年3カ月)。黄檗宗の少林山達磨寺 の洗心亭に住み群馬県工業試験場高崎分場(=群馬県工芸所) 嘱託と井上房一郎の井上工房顧問を勤めた。高崎での生活は 2年3カ月にも及んだ。ブルーノ・タウトは桂離宮を世界に 広... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 05:23
箕輪初心:生方▲草津100ー86続編『与謝野晶子と群馬の温泉』
箕輪初心:生方▲草津100ー86続編『与謝野晶子と群馬の温泉』 関東一の温泉大国:群馬県。454の温泉源泉があり、温泉の総数は 200カ所以上ある。宿泊できる温泉地だけでも100カ所位ある。 与謝野晶子は群馬県へは20数回訪れている。温泉好きだったん だね。私も25歳〜今まで、多い年は年間60日は温泉に入ってい た。最近は年間20日程度になった。 「与謝野晶子 温泉と歌の旅」杉山由美子著 2010/6/15をアマゾンで 431円+送料350円で購入した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 04:58
箕輪初心:生方▲草津温泉100ー86『与謝野晶子・87与謝野鉄幹S8/S9?』
箕輪初心:生方▲草津温泉100ー86『与謝野晶子・87与謝野鉄幹S8/S9?』 与謝野鉄幹・晶子は昭和8年(1933)8月8日、川原湯温泉から草津 温泉を訪れた。(★「3章 上州の温泉}『与謝野晶子 温泉と歌の旅』 『山本館』で歌を詠んだ。(★『山本館パンフレット』) 草津の湯畑の石柱には『昭和9年(1934)来草』とあった。 「一井旅館」(現ホテル一井)に泊まっている。 昭和8年(1933)・昭和9年(1934)、どちらが正しいのであろうか? 泊まった宿は山本館、一井旅館、どちらなのであろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 04:49
箕輪初心:生方▲草津100−85『阿部真之助』かかあ天下の群馬と日本恐妻連盟総裁
箕輪初心:生方▲草津100−85『阿部真之助』かかあ天下の群馬と日本恐妻連盟総裁 草津の湯畑の標柱には、「昭和8年(1933) 来草」とある。 阿部真之助は、明治から昭和にかけて活躍したジャーナリスト、 政治評論家、随筆家である。 東京日々新聞主筆、日本エッセイスト ・クラブ初代理事長、第9代NHK会長などを歴任。恐妻家を自称して 日本恐妻連盟を組織し総裁に就任した。群馬県は『かかあ天下と 空っ風』が有名である。日本恐妻連盟総裁:阿部真之助は群馬県 富岡市で少年時代を過ごした。磯部温泉を愛し、『恐妻そば』を食 べたという。安中磯部駅前の磯部詩碑公園には阿部真之助... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/11 05:12
箕輪初心:生方▲草津100ー84「村松梢風S8」女性観察眼の優れた?小説家
箕輪初心:生方▲草津100ー84「村松梢風S8」女性観察眼の優れた?小説家 草津の湯畑の石柱に「村松梢風 昭和8年(1933) 来草」とある。 草津温泉観光協会の本やHpには「69村松梢風 克明な人物伝 に定評あり。『残菊物語』は、広く知られた名作。」とあった。 『残菊物語』は、村松梢風による日本の短編小説である。村松梢風 の原作は新派の戯曲、映画、テレビ映画に発表されていった。 私は「草津に歩みし100人」を調べているが、おかげで、歴史と漫画 しか読まない人が、草津関係者の本を借りたり、購入したりしてめち ゃくちゃ読むことになった。村松梢風の本もアマゾン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/10 04:49
箕輪初心:生方▲草津100−82「高村智恵子」:草津で療養
箕輪初心:生方▲草津100−82「高村智恵子」:草津で療養 高村光太郎が2度草津を訪れている。1回目は昭和2年(1927)に来て 詩「草津」を残している。白根神社拝殿近くの囲山公園には詩碑が 建てられた。高村光太郎碑には「時間湯のラッパが午前六時を吹く よ。朝霧ははれても湯けむりははなれない。湯ばたけの硫気がさっ となびけば、草津の町はただ一心に脱衣する。」と刻まれている。 2回目に、昭和8年(1933)には、智恵子を伴って訪れた。滞在の折 「草津の湯がよく、智恵子のからだにききそうです」という手紙を 書いている。また、名詩集『道程』には、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 05:33
箕輪初心:生方▲草津100ー82「斎藤茂吉S8」と短歌
箕輪初心:生方▲草津100ー82「斎藤茂吉S8」と短歌 西の河原、中ほどに一番大きな円形の足湯の湯川沿いの東屋の上に 歌碑が建てられた。碑には「いづこにも 湯が噴きいでて 流れゐる  谷間を行けば 身はあたたかし」という歌が刻まれている。隣の 「斎藤茂吉」の説明板には「精神医学者・歌人として優れた業績を 残した斉藤茂吉は何度も来草。昭和8年(1933) 斎藤茂吉は輝子夫 人と草津温泉の「望雲」を訪れ、2泊し、窓から見える白根山のス ケッチを残した。」草津温泉観光協会のHpには 「万葉に学び、歌 に生命を映す。大正・昭和期を代表する歌人。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 05:15
箕輪初心:生方▲草津100ー81『西條(条)八十S5』と霧積温泉
箕輪初心:生方▲草津100ー81『西條(条)八十S5』と霧積温泉 草津の湯畑の石柱には『西条八十 昭和5年(1930) 来草』とある。 西條八十は草津温泉より霧積温泉(群馬県安中市)の方が有名であ る。水上温泉にも来ている。また、牛臥山(群馬県藤岡市)の山か ら見て『青い山脈』歌詞を作ったとされている。服部良一は六甲山 脈を見て作曲したと言われている。西条八十は児童文芸誌『赤い 鳥』などに多くの童謡を発表した女流童謡詩人:金子みすゞを高く 評価し、賞賛した人でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 05:27
箕輪初心:生方▲草津100−80「尾崎喜八S4」と「旅と滞在/温泉」
箕輪初心:生方▲草津100−80「尾崎喜八S4」と「旅と滞在/温泉」  尾崎喜八はフランス文学・ドイツ文学の訳詩集、訳文集が多 数ある。 また、山岳と自然を主題とした詩や散文・随筆を多数 書いた。そして、クラシック音楽への造詣も深かった。尾崎喜八 は、文学以外はまるっきり、私の趣味である「ハイキングと短歌」 ・「旅と温泉」・「クラッシック音楽鑑賞」と同じだった。本は3冊 読んでみた。美しい文章だった。 草津温泉観光協会のHpには、「昭和4 尾崎喜八 詩人 詩集 「旅と滞在」・「昭和4年(1929)詩人の尾崎喜八、高村光太郎、 竹久夢二が入湯。」とあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 06:13
箕輪初心:生方▲草津100ー79「竹久夢二S4日新館」と群馬
箕輪初心:生方▲草津100ー79「竹久夢二S4日新館」と群馬 草津の湯畑の標柱には「竹久夢二 昭和4年(1929) 来草」とある。 草津観光協会の本やビジターセンターの紹介文には、『「夢二調」 といわれた美人画と、感傷的詩文で、一世を風靡。あたたかい人 情にふれ、上州をこよなく愛した夢二。 竹久夢二は『宵待草』などの詩画・詩歌集などの著作物は50を超え る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 06:06
箕輪初心:生方▲草津100−76「野口雨情S3」と野口泰彦先生の家は車で1分
箕輪初心:生方▲草津100−76「野口雨情S3」と野口泰彦先生の家は車で1分 ●昭和3年(1928) 野口雨情・相馬御風・中山晋平と草津にきた。 相馬御風は日新館に泊まったので、野口雨情も泊まったと思われる。 草津ビジターセンターや草津温泉観光協会のHpには、『草津小学 校の沿革誌に「昭和3年9月26日、野口雨情、中山晋平両文士、 当町民謡研究トシテ来町ス」という記録があるそうである。』また、 『野口雨情は、草津をテーマに「草津湯の香は ほんのりかをる/ 山や谷間の木の葉まで/昨夜夢見た 草津の夢を/草津湯の香の  湯の夢を/草津草津と草津の湯場を/夢に見て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 05:27
箕輪初心:生方▲草津100ー75「相馬御風S3」と『草津小唄』
箕輪初心:生方▲草津100ー75「相馬御風S3」と『草津小唄』 ●昭和3年(1928) 野口雨情・相馬御風・中山晋平と草津にきた。 『草津小唄』は昭和3年(1928)に相馬御風作詞、中山晋平作曲で 作られた。草津温泉の「日新館」には相馬御風書の『草津小唄』 がある。古くから湯もみ唄として全国で親しまれてきた民謡は、 現在でも伝統として草津の町に残されている。また、相馬御風 が作詞した『草津小唄』の御風の直筆詞は宿泊した日新館の 「書・古文書の間に残されてる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 05:22

続きを見る

トップへ

月別リンク

城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる