城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲箕輪城212『箕輪城まつり奉賛会がよしおかふるさと祭り出展』

<<   作成日時 : 2016/10/11 05:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成28年(2016)10月9日(日)『箕輪城奉賛会』群馬県吉岡町
で開かれた「よしおかふるさと祭り」に出展しているとのことで
あった。箕輪城奉賛会会長:裄V氏宅を訪問後、会場の吉岡町役
場を訪問した。ステージでの吉岡町内地域の踊り・伝統芸能の
発表等の各種催し・各種販売コーナーなどで賑わっていた。
画像

 (★奉賛会会長の出展の井伊直政の複製鎧)

「よしおかふるさと祭り」
画像

画像

子ども・中学・高校生・若者・・の若年層が多いのにびっくりした。

ステージ
画像

ブースがたくさんあった。
・赤ちゃんが転んだ。
画像

・食べ物ブース
画像

・生活改善ブース
画像

抽選会・くじ引きブース・・・長蛇の列

食べ物ブース・・・長蛇の列・・・
★配布無料には心を引かれる。
画像

ステージ
画像




自衛隊の戦車ブース。
画像

消防団の地震体験ブース

警察のパトカーブース

道の駅かざぐるまブース。

身体測定ブース

JA野菜ブース


箕輪城まつり奉賛会の鎧ブース
若夫婦のお子さんの鎧で大賑わいであった。
画像

画像

・奉賛会会長&??君
画像

・「式」のリーダーの須藤君
画像

・美鳥ちゃん
画像

・軍曹:吉澤君
画像

・吉澤さんの手作り500円
画像

・奉賛会:高橋さん
画像

・戦国時代の鉄砲の玉が当たった兜
画像

・「よしおかふるさと祭り」の仕掛け人:森田さん
画像

・奉賛会会長&森田氏
 (★森田氏の実家は野田宿の本陣→名主)

画像


・左から奉賛会会長:裄V先生&斉藤さん&森田氏
画像




@箕輪城まつり奉賛会:裄V佳雄先生
・平安時代・・一条信長・・・
・天正5年(1577)一条信長流裄V弥右衛門は武田信玄家臣で、箕
輪城代:内藤昌月(保科弾正忠正俊の次男)の目付(相談役bQ)
として箕輪城にやって来た。

・天正10年(1582)
2月 織田信忠に攻められ、父:保科正俊・兄:正直は
 伊那の飯田城→大島城(台城)
→3月2日、高遠城と移動しながら、・・・
 信濃の親戚・・・を頼り、・・・
最後は箕輪城・あるいは平時の城:保渡田城
 に逃げて、弟:内藤昌月の庇護を受けた。
  
3月24日以降に、滝川一益に父:保科正俊・兄:正直・
 弟:内藤昌月は従った。
7月13日 真田昌幸等13人は北条氏直に従った。
●天正壬午の乱  
8月、真田昌幸は・兄:正直の子:正光(正妻は真田昌幸の娘)
 を人質として預かった。高遠城奪還のため、真田昌幸に頼んだ
 が、兵は貸してもらえなかった。
 保科正直は内藤昌明の兵500を借りた。
 この兵の中心人物は、伴野十左衛門と裄V弥右衛門・
  諸左衛門であった。
高遠城を奪還した。
  伴野十左衛門一族と裄V弥右衛門一族の身内が
 高遠に移り住んだ。「裄V」の地名も高遠に残っている。
 その後、保科正直は徳川家康に臣従した。
 保科正直は多劫姫姫を貰った。
 保科正光が跡を継いだ。
 徳川秀忠の子:保科正之を養子にした。
 保科正之は山形城→会津若松城に移った。

・天正16年(1588) 5月25日
   正月  内藤昌月は逝去。(内藤家系図)
  内藤昌豊の隣に葬られた。
  享年39歳。3男:内藤直矩が継承した。

・天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原城攻撃
 北国軍:上杉景勝配下・・・真田昌幸・信幸・
 幸繁は4月24日付、豊臣秀吉命令で(垪和
 信濃守が逃げた。)保科正直から箕輪城を
 受けとり、戦後処理をした。

・箕輪城(垪和康忠の子)も降伏開城・・・・
 ・前田・上杉軍の前に4月24日、闘わずに降伏開城。
  真田昌幸が入場。
@北条氏の塀和氏・保科氏が守備(高崎市史の資料)
A北条氏の芳賀信濃守・保科正直が降伏。(みさとの歴史)
B芳賀信濃守は逃亡し、保科正直が降伏。
   (近藤先生:箕輪町誌の松城通記)
C4月24日、塀和信濃守は北国勢に降伏。
   (近藤先生:箕輪町誌の「箕輪城と長野氏」)
D去弐四日書状今日弐九披見候箕輪城之儀羽賀信濃守追出
    保科居残城相渡候付て羽柴孫四郎・・・
 (近藤先生:箕輪町誌の4月29日の秀吉書状4月24日の
     真田の報告に答え、箕輪城で在城処理。
4月29日 秀吉から真田昌幸は、箕輪城の武具受領や百姓環住など
   の仕置きを指示。・・・人身売買の禁止など。  

●4月29日付 豊臣秀吉朱印状
「眞田安房守とのへ
 去廿四日書状、今日廿九、披見候、箕輪城之儀、羽賀信濃守
 追出、保科(正直)居残、城相渡二付て、羽柴孫四郎(前田
 利勝)同前二請取之由尤候、小田原之儀・・・(中略)・・・
 城ハ兵糧、鉄砲(難しい字で)玉薬其外
(★真田宝物館所蔵:真田家文書)
★これで、垪和信濃守(垪和伯耆守康忠の子)は追放され、
 保科正直が箕輪城に残って、前田利勝に受け取り 
   
・天正18年(1590)8月 井伊直政が箕輪城主になった。
しかし、裄V家は帰農した。
内藤昌明3男:昌直=信矩が井伊直政の家老になった。
彦根城の家老家には内藤内匠と記されている。

・江戸時代
 ・裄V弥右衛門家帰農・・・旧群馬町在住→旧箕郷町在住
 ・裄V弥左衛門家帰農・・・佐久の浅科の名主家
   市川五郎兵衛新田の開発のスポンサーとなった。
  高遠の新田開発

 裄V弥右衛門家・・・旧群馬町で名主となった。
・・・・
元群馬県議会議長:裄V本次先生
→「エスビック」社長・箕輪城まつり奉賛会会長:裄V佳雄先生
となる。

箕輪初心:生方▲【一条信長流裄V家】&内藤昌明&倉賀野秀景
http://53922401.at.webry.info/201607/article_8.html

箕輪初心:生方▲2016年7月の【長野旅行1泊2日:佐久・上田・千曲
・長野探訪】
http://53922401.at.webry.info/201607/article_7.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201607/article_7.html

箕輪初心:生方▲武田信玄家臣:柳沢弥右衛門→所左衛門→弥左衛門
&『伊那原新田用水』
http://53922401.at.webry.info/201605/article_16.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201605/article_16.html

箕輪初心:生方▲【武田氏の箕輪城領国支配C不在時代、
D内藤昌月〜E北条家臣:内藤昌明】
http://53922401.at.webry.info/201607/article_4.html

箕輪初心:生方▲【箕輪城まつり奉賛会と裄V家】
http://53922401.at.webry.info/201610/article_13.html


A斎藤家・・・齋藤公子さん
真ん中の女性は「箕輪城主:長野業正の叔父で
第1家老:藤井豊後守友忠の子孫:斎藤さん。
藤井豊後守友忠の子孫は旧群馬町菅谷の三ツ沢家に婿に
来た。孫が斎藤さん。・・・
何故か、真田幸綱に岩櫃城を乗っ取られた斎藤憲広の子孫に嫁に
来てしまった。
 (★斎藤さんの話)
ちなみに、武田家臣:大戸真楽斎=浦野宮内少輔は
長野業正に娘・斎藤憲広の娘を妻にしている。


B森田家・・・森田裕博氏:森田宗家支配人
 「NPO法人 にぎわいのまち吉岡」の理事長
 「吉岡町上野田町おこしの会 」の会長
「吉岡町野田宿を守る会」の事務局長
 ★名刺もいただいた。凄い方だった。
*戦国時代・・・おそらく森田家は大藪城(吉岡町)か漆原城
 と関わりを持っている。
 永禄3年(1560) ちなみに漆原城の漆原は上杉謙信の関東幕注文
で、長野業正の一族として、「檜扇」になっている。
 大藪城は関東幕注文「南氏」の居住の可能性もあるが、・・・・
 「南下」の地名が残っているので、・・・
 森田家は一族の可能性が高い。
 (★箕輪初心)
・江戸時代 森田家は名主だった。
 名主・組頭・百姓代の殆どは戦国武将が帰農した子孫である。
 何故って、大名・旗本は村に年貢をかけるので、
 名主・組頭・百姓代は年貢をまとめて払うシステムと
 なっている。大名・旗本はそのほうが税が取りやすかった。
 従って、多くの場合、有力武将の子孫でないと名主になれない
 ことが多かった。
(★高崎経済大学:西沢教授の大学院講義より)
 森田家は名主であり、佐渡奉行街道から分かれた水沢・伊香保
 街道で問屋兼本陣を経営している。
 従って、大藪城主または有力家臣の可能性が高いことになる。
・江戸初期に野田宿は宿場町として発足した。
 水沢・伊香保街道は、坂東三十三観音札所巡りや伊香保温泉入湯
 のため、旅人が往来した。
・幕末 高野長英が逗留した。
 (さらに、中之条で教え→旧六合村の湯本家に隠れ住んだのか?)
・明治時代 酒屋も経営していたが・・・  
・近年 商標を 柴崎酒造・・清酒「船尾瀧」に譲渡した。
 とのこと・・・

・最近、野田宿の建物のほとんどが新しくなった。
  しかし、昔の屋号を記した看板が設置された。
「吉岡町野田宿を守る会」の事務局長:森田裕博氏である。
●森田本家
「伊香保街道野田宿旧問屋人馬継立」の石柱
「野田宿 酒造業 森田本家」の屋号札
「大庄屋森田宗家邸宅及回遊式庭園 
  幕臣大久保家采地上州武州八ヶ村大庄屋旧役宅」の標柱
「高野長英が逗留」塀の案内板

(★写真は消滅している。今回も通ったが写真がない。)
*この日、裄V佳雄氏は「森田本陣」に呼ばれることになった。
 裄V佳雄氏は森田裕博氏の兄:森田宗家の方にも会ったから
 である。
 「エスビック」はブロックを造るのに、森田宗家の山から
 原料の榛名山の噴火物「軽石」を採石していた。
 裄V家と森田家は深い繋がりがあったのである。

・斎藤さんは花火職人・・・
画像


・滝沢古墳
画像

・魚とり
画像


・「式」のメンバーは本格的に戦いシーンを演ずるので
 大人気である。
画像

・「式」の出演
画像

・「式」のメンバーは箕輪城まつりのポスター
 になることも多かった。
画像

・今年のポスター
画像






★明日は「富原先生を訪ねて」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲箕輪城212『箕輪城まつり奉賛会がよしおかふるさと祭り出展』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる