城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲「私の熱中症対策&梅シロップ(梅濃縮ジュース)の作り方」

<<   作成日時 : 2016/08/05 08:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の畑仕事の熱中症対策は、梅シロップ&梅干水など塩分入りの水分を
2L前後を飲むことである。特に夏場は梅が持つクエン酸などの効果
で夏バテ防止や疲労回復にもぴったりである。梅は酸性だが、体内に
入るとクエン酸がアルカリ性に変わり、人の体を中性にしてくれる。
40分仕事をして、休憩しながら少し飲む。草刈り機も休ませエンジ
ンを冷やす。また仕事して、少し飲むを繰り返す。飲み始めが遅くて、
熱中症でふらふらになることが多いけどね。基本は冷やした飲み物だ。
@梅ジュースの水割りかソーダ割り500ml〜(登山にも最適)
A水&梅干5〜6個分を入れた梅塩水500ml〜(登山にも最適)
B塩の入ったスイカジュースなど500ml、
Cコーラなど糖分補給500ml
Dレモン塩飴など
そして、帰ってきて温い風呂に入り、25℃の水シャワーを浴びる。
それから、25℃のクーラーの部屋で水分補給をしながら過ごす。
画像




●梅シロップ(梅濃縮ジュース)・梅干の健康効果
 梅に含まれるクエン酸により、疲労回復効果、肥満防止効果、美容
 効果などがあるといわれている。
 
◆◆梅シロップ(梅ジュース濃縮)の作り方
生の梅(青梅)は5月〜6月にしか手に入らない。
梅シロップを作る時期は5〜6月頃であるが、冷凍しておけば
7〜8月でも作れる。


1)材料を用意する
◆材料{標準量:出来上がり量の目安・・約800ml〜1000ml(1L)}
画像

@青梅 1kg
 大きい傷のあるもの、傷んだものがあれば取り除いておく。
(※私の場合、少し熟した白加賀・梅郷などを使用)
A氷砂糖 1kg (上白糖・グラニュー糖でもOK)800g〜1kg。
  砂糖の浸透圧で梅からエキスが出るので、砂糖は最低でも800g
  は入れる。でも、少ないと、酸味が強い。当たり前である。
  溶けやすいグラニュー糖を使うと、失敗が殆どない。

C果実酒用の容器4リットルビン 1個
 (ホームセンターなどで購入・・・
   4Lビン・・438円だった
   8Lビン・・800円位)。
 竹串 2〜3本 (青梅のヘタを取るのに使用・金属製×)
消毒用ホワイトリカー 少量(★なくてもよい。)
D計量はかり






2)ビンを熱湯消毒する。
 @ガラスはいきなり熱湯を入れると割れることがある。
  ぬるま湯で十分に温めてから熱湯を入れるとよい。
  ビンに熱湯を少し注いで傾け、全体に行き渡るように回す。
   (やけど注意!)
  同時にフタの消毒もする。
 ※消毒用ホワイトリカー(焼酎)少量を入れる場合も、
   容器を振って全体に行き渡るようにまわし、中に残った
   焼酎は捨てる。
 Aきれいなフキンで水気をふき取る。
 Bビンの口を下にして、完全に乾燥させる。
  ※水気が残っているとカビが生えやすくなる。

3)青梅を丁寧に洗う。
 流水で洗う。
 ※洗剤は使ってはいけない。
 洗い終わったあとはザルなどにあけて水気を切る。
 

4)青梅の水に漬けて2時間〜4時間、アク抜きをする
  @青く硬い果実は2時間〜4時間。
A少し熟している果実1時間〜2時間・・・長いと発酵する。
B熟して黄色くなった完熟梅や冷凍した梅を使う場合は、
  水に漬けると傷むので水にはつけない。


5)水気をきれいなタオル・キッチンペーパーでふき取る。
ザルに入れ、しばらく乾燥させる。


6)青梅のヘタを竹串で取る。
  ヘタを取らずに漬けるとエグ味がでるので、きれいに取る。
  梅シロップ(梅濃縮ジュース)を美味しく作るにはしっかり
  ヘタを取ることである。


7)青梅をビニール袋に入れて冷凍庫で冷凍する。
  ヘタを取った状態で梅を冷凍しておくと、いつでも梅シロップ
  (濃縮ジュース)を作ることができる。
青梅を冷凍庫に入れると、繊維が破壊されるので梅のエキスが
  出やすくなる。

  ※冷凍しない場合は、竹串で果実部に穴を5〜10個、開ける
  と梅エキスが出やすくなる。

8)青梅を冷凍庫で一晩以上寝かせる。   
画像



9)青梅と氷砂糖をビンに交互に入れる。
 基本は先に梅を入れ、その上に砂糖を乗せる。梅と氷砂糖を
 交互に容器の中へ入れていき、一番上には砂糖が置くように
 する。青梅→氷砂糖→青梅→氷砂糖と積んでいく。。

@青梅と氷砂糖をそれぞれ半分に分ける。
 青梅1kg・・半分に分けて2回分にする。
画像

A青梅約500gをビンの底に入れる。
※私の場合はピンク〜茶色〜紫にするため、シソをを入れている。
画像

B氷砂糖を約400g〜500g入れる。上に平均的に乗せる。
画像

C残りの青梅約500gを入れる。
D残りの氷砂糖約約400g〜500gを入れる。

※青梅2kg以上の場合は分ける量が500g4回分となる。
画像

4Lビンは梅シロップ(梅濃縮ジュース)2本
8Lビンには梅酒とした。


10)しっかりとフタを閉め、冷暗所で保存する。
  毎日ビンをゆすって砂糖が溶けやすくするほうがよい。
砂糖が溶けるまでできれば1日に3〜5回程、容器を逆さに
  したり、振ったりして砂糖を溶かし、溶けた砂糖が梅にしっかり
  かかるようにする。

11)梅シロップが出来るのを待つ。
  1週間から10日で出来上がる。
揺すらないと1ヶ月位かかる。
  下に砂糖が溶けずにたまるので、それから、逆さにしてもよい。
早く飲みたいのなら、毎日揺するのがよい。

  10日目頃までには、生の梅は腐ってくるので、シロップから
  梅の実を取り除く。
 ★私は取り除かない。
6月1日頃
画像

保存料、添加物なしの梅シロップである。
取り除かなくても大丈夫だが、・・・

 ※多量に発酵してしまった場合のみ火を通す。
  発酵(白い泡)してしまった場合、少量であれば、問題ない。
  万一、発酵がしすぎた場合はシロップのみをこし、鍋にうつし、
  10分〜15分ほど弱火にかけながらアクを取る。
  そして、ビンに戻す。

12)殺菌処理をしたほうがよい。
  梅シロップ(濃縮ジュース)から目の細かい布・ガーゼでこして、
  弱火で10〜15分、火にかけ、アクをすくう。
  残った砂糖がある場合も溶けてしまう。

  ※注意1・・・ホーローなどの鍋を使う。梅は酸が強いので。
  ※注意2・・・沸騰しないように気をつける。

 加熱殺菌しておけば冷蔵保存で3ヶ月〜1年は保存ができる。


13)火を止めて冷まし、保存する。
  梅シロップ(濃縮ジュース)の保存場所は冷蔵庫がベストである。
  暗冷所・・・直射日光のあたらない湿気の少ない場所で
  保存する。必ず密封する。
砂糖が溶けたら完成である。
  保存料も添加物もなしの梅シロップの出来上がりだ♪

14)水で薄めて飲む。
   水や炭酸水(ソーダ)で3〜4倍で割ると爽やかな梅の香り
   を楽しむことができる。牛乳でもよい。お好みでよい。

15)賞味期限に注意する。
梅シロップを火を通したものでしたら、密封しての保存で1年位
 といわれている。
 でも、私の家は火を通さず、2〜3年前の梅シロップを飲んでいる。

★8月5日現在
@梅シロップ
画像

A梅酒
画像


★飲んでいるのは昨年の梅シロップ
画像


◆◆ 箕輪初心◆【2011梅の出荷】&『梅の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201106/article_25.html

箕輪初心◇【電子レンジで2時間でできる梅ジュース&梅サワー】
http://53922401.at.webry.info/201106/article_25.html

箕輪初心◆群馬の三大梅の生産地「箕郷・榛名・秋間」
http://53922401.at.webry.info/201103/article_32.html

◆◆ 箕輪初心◆【梅干しの作り方】&『梅酒の作り方』
★母は、町の品評会で金賞を獲ったこともあるのだ。
http://53922401.at.webry.info/201106/article_26.html

箕輪初心◆『夏を乗り切れ、ピンク色の梅ジュース』
http://53922401.at.webry.info/201306/article_11.html

◆◆ 箕輪初心◆【2013梅の出荷】&『梅の歴史』
★こっち方が写真が今一歩である。
http://53922401.at.webry.info/201306/article_10.html

箕輪初心◆【梅の出荷】→JA→市場・和歌山ウメッシュ・愛媛果汁
http://53922401.at.webry.info/201306/article_10.html

箕輪初心:生方▲高崎【零細農家の梅出荷までの攻防戦奮闘記】
http://53922401.at.webry.info/201505/article_25.html

箕輪初心:生方▲高崎2016『箕郷の梅生産&趣味の園芸』
http://53922401.at.webry.info/201606/article_5.html

【2】TVでの「血管年齢を下げる方法」
結論・・・・海・プールで首以下を水につけておく。
画像

画像

画像

画像

★僕も2kgのおもりをつけると15m位まで
 フィン付で潜れるよ。
画像

画像

画像

画像

※プールでも首より下を水につけている。
画像




★ついでに趣味でも書くかな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲「私の熱中症対策&梅シロップ(梅濃縮ジュース)の作り方」 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる