城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲伊那『春日城』:伊那武(部)氏の城

<<   作成日時 : 2016/06/08 13:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

春日城は長野県伊那市にあった城である。春日城跡は、現在は春日
公園として整備されている。伊那市街を見下ろす天竜川西岸の河岸
段丘にある。西が台地に続いている。残る3方は谷という地形で
ある。南はうぐいす洞、東は河岸段丘、北は切岸、堀切である。
3の郭の西に存在していたという堀は失われているが、全体的に
遺構は良く残っている。
画像


◆◆平成28年(2016)5月13日
○高遠町の「竹松旅館」に泊まり、朝6:00仁科盛清の墓
 →6:40 原新田用水・・・狐島・・・踏切を渡った。
画像


7:00春日城に行った。
●縄張り@「信州の山城」
画像


●縄張りA「東国の城」
画像

本郭を囲むようにL字?「つ字」になっている。


●春日公園の入口。
堀跡・・右は春日神社
画像

画像


●3の郭&2の郭(中郭)の間の空堀。
画像

  立派な空堀。素晴らしい。
  三の丸橋が正面に見える。

●2の郭
画像

桜の名所・・・・。
高遠城の桜もいいけど、春日城の桜もいいかもしれない。

・伊那の勘太郎の碑(架空の人物)
画像

 水戸天狗党は勘太郎の手助けで辛うじて検閲を通過した。
という大映映画・・・勘太郎月夜ってえのがあったっけ。
メロディーが浮かばない。
 「北風〜〜小僧の寒太郎〜〜〜〜〜」
 全く違う。


・眺望がいい。・・・今朝来たのはあっちか?
画像

画像

画像

●本丸橋
画像

画像


●本郭
・石碑・・・春日城本丸址の碑。
  本丸跡の端にある。目立つところに設置すればいいのに、
  と思ってしまった。写真を撮ったり、歴史を読んだりしなくちゃ
だから、
画像

・石柱
画像



・眺望・・・伊那市街を一望できる展望スペースがある。
  朝の景色をゆったりと楽しんだ。でも、腹が減ってきた。
画像

画像

・腰郭
画像

画像


●三の丸橋・・・三の丸跡と二の丸跡をつないでいる。
画像

画像

・橋の上から見た空堀。
画像

深く大きいです。見事な遺構である。

●3の郭
 子供用の公園・・・
画像


画像

画像


▼戻った。



◆ 春日城の歴史 ◆
・平安末期〜鎌倉時代 
信濃国小県郡の滋野氏系根津氏の支族である春日氏が築城
  したといわれている。

・南北朝時代
〜小笠原貞宗〜
鎌倉幕府が滅亡。
室町幕府の征夷大将軍:足利尊氏は信濃守護:小笠原貞宗
を任命した。

・中先代の乱
小笠原貞宗は北条得宗家の残党の一掃に乗り出し、上伊那地方に
 侵攻した。
  諏訪大社と諏訪地方・上伊那地方も攻略した。
 戦功ににより、小笠原貞宗の嫡男:小笠原政長が伊那春近領を
 領有した。


・天文3年(1534) 平氏の末流:粟田口民部重吉の16代後裔が
 この地に来て築城した。
  (そして、本姓は春日であったが、)在名を氏として伊那部
 (伊奈部)大和(大和守)重慶と称した。
  伊那部重慶は初めは300貫文を領し10騎の将として住ん
 だ。
 (次第に大きくなり伊那地方の重鎮となった。)
 其の子:(伊那部)但馬守重成が嗣ぎ、さらにその長子:
 (伊那部)左衛門尉重親が相続した。
 次子の(伊那部)重国は殿島に分家して、家名を興した。
 (★殿島城を築城した。)
 (★『伊那武鑑根元記』:「信州の山城」飯塚政美文責)

・天文11年(1542) 武田晴信の伊那侵攻

・天文13年(1544)
11月 武田晴信は上伊那荒神山の砦を攻撃した。


・天文14年(1545)
4月11日 武田晴信は杖突峠から高遠に入った。
4月17日 高遠頼継は戦わず、高遠城から逃亡した。
   (★『伊那箕輪町史』)
   高遠城も落城し、高遠頼継は武田晴信に降伏した。
   高遠頼継は甲府へ出仕した。
      (『高白斎記』)
「さて、武田より板垣信形を塩尻嶺の押えに差しおかれ、箕輪・福与
 の城攻める為に、上伊那荒神山の砦に御陣取りなされ、先手は三日
 町上棚といふ所に陣取りなり、
 諏訪甲州人数 五百余騎ばかり、雑兵共に三千五百の人数にて、
 福与の城を取り巻き攻めるなり、城に籠る武士には
・松島・大出・長岡・小河内・福島・木下、是は大身の士なり、
 此外、野口・手良・八手・平出・高木・辰野・宮木・神戸・赤羽
 ・樋口・有賀・漆戸・柴の者ども、都合百余騎、雑兵千五百
 籠城なり。
 箕輪殿の中にも 藤沢織部・大泉上総とて 強弓の射手あり、城の
 大手にこの者どもの箭(や)先に中(あた)り、寄手、大勢 手
 負い・死人此れあるなり、・・・」
(★『小平物語』) 

4月20日 正午には箕輪に侵攻した。
    藤沢頼親の福与城(箕輪城と呼ぶ説)
    を攻めた。
※藤沢頼親の箕輪城説もある。
★従って、『箕輪町史』も福与城か箕輪城か不明である。
 「伊那衆の内、箕輪と申す所6千貫、箕輪殿領知なり。福与の城に
 在城の処に、諏訪頼重、晴信の先手を仕り、3月上旬に福与の城へ
 とり懸くる。60日計り取り巻き責め申し候
 福与の城に籠り候武士、箕輪頼親侍衆、松島・大出・長岡・
 小河内・福島・木下、此衆箕輪殿家中にて大身の武士なり。
 其外、野口野や澤々に者百余騎、雑兵千五百籠り居る。右の衆、
 城際にて日夜、取り合い申し候。その時、箕輪殿内に、藤沢織部
 ・大泉上総とて強弓の射手有り。福与の城大手にて、此者共矢先
 に中り、晴信の者、多く死す。弐人の武士、後箕輪殿供仕り、
 中東の城に籠り申し候」

 藤沢氏に同心した伊那の春近衆など諸豪族が籠城していた。
●「福与城に籠もりし、武士箕輪頼親侍衆、松島・大出・長岡・
 小河内・福島・木下、此衆箕輪殿家中にて大身の武士なり。」
(★『仁木寿斎記』:箕輪町史)
★箕輪頼親=藤沢頼親

「伊那衆、残らず悉く後詰め仕りる。箕輪、福与の近辺三田丁と
 申す所に陣を取り、天竜川を隔て、足軽軍御座候。長時公も後詰
 めに上伊那の内、龍が崎と申す所を御本陣成さる。先手は北大手
 に陣を取り申し候。」

「下伊那の内、小笠原信貞より多科惣蔵を使者として、龍が崎へ
 参り候趣は、御馬を福与の城根古屋へ寄せられ、是非一軍仕るべ
 く由申し来る。伊那衆に対して御憤り思し召すことあるによりて、
 御馬を寄せられざること、御一代の御分別違いなり。それに就き
 て伊那衆、引き取り申し付け、箕輪殿城無事になりる。権次郎と
 申す弟を晴信へ人質に出し、箕輪殿牢人なり」
(★『仁木寿斎記』:箕輪町史&余湖さんHp)

●木下惣蔵(多科惣蔵)が府中小笠原長時に応援依頼の手紙
  を届けた。 
※多科惣蔵=木下惣蔵は木下城=箕輪城主であろう。
(★『箕輪町史』 )

 守備は固く、武田方の攻撃も手をこまねいていた。
   武田の部将の鎌田長門守が討死した。

@府中小笠原長時(藤沢頼親の妻の兄)が辰野竜ケ崎城に
A松尾小笠原信定(小笠原長時の弟)が伊那に入った。
「小笠原舎弟小笠原信定、下伊那衆・中伊那衆を将(い)て、
  鋳鍋(伊那部★春日城)に本陣を取り、右後詰として、
 長時公(兄)の一左右(いっそう=一報)、相待たれ候也。
 此旗本には下条・赤須・宮田・片桐・飯島・知久・座光寺
 ・保科弾正・溝口・平瀬・大島、此外小身衆、合わせて
  二千余人の人数なり。」
(★『小平物語』:信州の山城)

 膠着状態が続いた。

6月1日 武田軍の板垣信方は竜ケ崎城を攻略した。

6月10日 藤沢頼親は援護がなくなり、
武田一門衆の穴山信友、小山田信有、勝沼信友らの勧告を
  受けいれ、和議に応じた。

6月11日 藤沢頼親は弟:藤沢権次郎を人質に出して、
      降伏した。
藤沢頼親は起請文を提出し、穴山信友の傘下になった。

 @藤沢頼親が開城したと同時に武田晴信は箕輪城へ火を放っ
 たという説もある。
 箕輪城を焼かれた頼親は、実質上、敗北を喫して武田晴信
 に降った。
 A福与城主:藤沢頼親を追放した説もある。
B藤沢頼親は武田との関係は穴山氏を通じており、
    穴山信友を通じて武田晴信に降伏した。
(★『箕輪町史』)



●松島貞実が高遠城内で木曽義康家臣:千村内匠に謀殺された。
高遠城は木曽義康の勢力下にあり、千村内匠が城代であった。
@小笠原信貞の言として、
 「信貞被仰候は大手廃陣候へば、対陣に不及とて、伊那へ御引
 被成候」
 と保科弾正と松島貞実が武田晴信に通じている。
 (★『仁木寿斎記』:箕輪町史)
  
 A「松島対馬守貞実こそ、武田が語らいに応じて逆心の工首を刎ねて
  諸士の見懲しと成るべしと千村の下知せらる。・・・
  ・・・後略・・・・ 」
(★『高遠記集成』:箕輪町史)

  府中:小笠原長時:松岡城:小笠原信定も箕輪城の開城により
  一戦も交えず兵を引き揚げた。

●木下氏が下伊那に移った後、福与城主藤沢頼親の養子:箕輪重時
 が箕輪城に在城した。

6月?日 高遠城は武田晴信により改修され、信濃支配における
   拠点となる。
縄張りは山本勘助と馬場信房と云われている。

・天文16年(1547)
●松島満清(清満)は諏訪上社に役料減免を願い出たが、
断られた。
★福与城落城後のことで、収穫もままならなかったと
 考えられる。


・弘治2年(1556) 伊那部重親は武田信玄に叛き捕囚となり狐島
  (伊那市狐島にて)殺戮され家名を失った。
(★『伊那武鑑根元記』:「信州の山城」飯塚政美文責)
武田晴信に味方した伊那部昌吉は春日氏を名乗った。

・・天正9年(1581)
 春日城主:春日河内守昌吉は高遠城主:仁科盛信の麾下
  の将となった

・天正10年(1582) 織田信忠の大軍の伊那侵攻
2月 春日昌吉は、部下を引き連れ高遠城に参じ、高遠城の
   仁科盛信に従って高遠城に籠城し、虎口を死守した。
   春日昌吉は討死し、仁科盛信と運命を共にした。

  高遠城落城後、春日城は火を放たれ落城、炎上した。
  以来、春日城は再興されることもなく廃城となった。
「天正十年 (1582)織田信長公、甲州へ御馬入れたる一乱に焼失せし
 むるものなり。」
 (★『小平物語』)

6月2日 織田信長が本能寺の変で亡くなった。
  徳川家康は三河国と隣接する伊那を勢力下においた。

・江戸時代
  徳川家康の天下となると保科正直が高遠城に居城し、高遠藩と
  して統治した。
  上伊那地方は高遠藩となり、
  下伊那は飯田藩、諏訪は高島藩の領となった。


・現在 春日(城址)公園として整備され、桜の名所となっている。


◆参考資料
・「信州の山城」信濃史学会編(信毎書籍出版センター刊)
・「東国の城」:中世城郭研究会
・「現地石碑・春日城の沿革」
*****************************
◎◎◎
◎◎◎
箕輪初心■長野:第21回海野宿ふれあい祭&グルメ
http://53922401.at.webry.info/201111/article_24.html

箕輪初心:生方★【真田丸2】:実田の出自→真田幸綱(幸隆)の生涯
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html

箕輪初心●「滋野一族→海野一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_25.html

箕輪初心●真田3代@「実田→真田幸隆の出自」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_26.html


〜〜〜真田氏と甲斐〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲20150412武田躑躅ヶ崎(現武田神社)前編
http://53922401.at.webry.info/201504/article_13.html

箕輪初心:生方▲山梨【武田氏館=躑躅ヶ崎館】後編
http://53922401.at.webry.info/201504/article_23.html

箕輪初心:生方▲【武田の騎馬行列】&箕輪城161
「箕輪城関係の武将」
http://53922401.at.webry.info/201504/article_14.html
★真田幸隆は箕輪城代になったこともある。

箕輪初心:生方▲甲府【武田の騎馬行列写真集】&
「小竹のほうとう」
http://53922401.at.webry.info/201504/article_15.html

***************************
【1】武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻に沿った時代順の城や戦い


箕輪初心:生方▲真田○45:【諏訪の上原城】&板垣信方と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201602/article_21.html

箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
http://53922401.at.webry.info/201602/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸47【芦田城】芦田氏と真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_23.html

箕輪初心:生方▲真田丸49【望月城】望月氏&真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_25.html

箕輪初心:生方▲真田丸51【海ノ口城】武田信玄初陣
&184「箕輪城」武田勝頼&真田幸繁の初陣
http://53922401.at.webry.info/201602/article_27.html

箕輪初心:生方▲真田●52『伴野氏館=野沢城』&伴野氏の歴史前編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_28.html

箕輪初心:生方▲真田●53『前山城』&伴野氏の歴史後編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_29.html

箕輪初心:生方▲真田●54【佐久稲荷山城:勝間城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_30.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心:生方▲源頼朝44【平賀義信】&『佐久平賀城』
http://53922401.at.webry.info/201603/article_1.html

箕輪初心:生方▲真田●58【大井城】&「大井一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_3.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲武田信玄家臣:柳沢弥右衛門→所左衛門
→弥左衛門&『伊那原新田用水』
http://53922401.at.webry.info/201605/article_16.html

箕輪初心●【南牧村の城20城一覧】&▲黒滝山登山
http://53922401.at.webry.info/201204/article_21.html
余地峠の里:郷土研究会(会長:須賀健治)+郷土博物館
城砦11+烽火台9=20城である。

箕輪初心生方▲武田晴信の南牧侵攻&武田家臣編:市川五郎兵衛@
http://53922401.at.webry.info/201605/article_14.html

箕輪初心生方▲佐久『五郎兵衛用水』:市川五郎兵衛真親と柳沢所左衛門
http://53922401.at.webry.info/201605/article_15.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心:生方▲真田●59【志賀城】:笠原清繁&高田憲頼
/大虐殺&人身売買
http://53922401.at.webry.info/201603/article_4.html

箕輪初心:生方▲真田●44【佐久内山城】真田幸隆&大井貞清
http://53922401.at.webry.info/201602/article_20.html

箕輪初心:生方▲真田●60【佐久平根白岩城:平尾氏館】&真田の本
http://53922401.at.webry.info/201603/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田●61【佐久平尾城】&スキー11「佐久PARADA」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田●62【小田井城】:約20haの巨大な城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田●64「真田幸綱(幸隆)の武田晴信への臣従諸説」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
http://53922401.at.webry.info/201603/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田●66【布引観音&布引城】:望月源三郎と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201603/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田丸67【禰津下の城】:禰津一族&真田一族
http://53922401.at.webry.info/201603/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田●68【上田原の戦い】&4つ小説
http://53922401.at.webry.info/201603/article_13.html

箕輪初心生方▲真田●69【林城】:小笠原長時の生涯詳細版
http://53922401.at.webry.info/201603/article_14.html

箕輪初心:初心▲岡谷【花岡城】&武田晴信の諏訪西方衆の反乱
http://53922401.at.webry.info/201603/article_16.html

箕輪初心生方▲真田丸71【諏訪上社前宮〜上社本宮&
「信長と光秀&真田信繁?因縁の法華寺」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_17.html

箕輪初心:生方▲諏訪:有賀城:鎌倉街道を守る城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸72【高島城】日根野高吉→諏訪頼水
&真田昌幸&松平忠輝&吉良義周
http://53922401.at.webry.info/201603/article_19.html

箕輪初心:生方▲『諏訪大熊城』:千野氏の城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_20.html

箕輪初心:生方▲【諏訪:桑原城】:諏訪頼重*滅亡の舞台】
http://53922401.at.webry.info/201603/article_21.html

箕輪初心:生方▲茅野の城7分の4【上原城&千沢城&粟沢城&鬼場城】
http://53922401.at.webry.info/201603/article_23.html

箕輪初心:生方▲武田信玄痛恨の「砥石崩れ」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_24.html


***真田の城********************
箕輪初心:生方▲真田丸41【米山城・戸石城・本城・枡形城】
真田幸隆乗取&真田兄弟対決
http://53922401.at.webry.info/201602/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸42真田の里【真田氏館&真田本城
&支城群一覧】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸3【真田本城】新名所:堺&長沢の腰掛け椅子
http://53922401.at.webry.info/201601/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田丸4【真田氏館&真田氏歴史館】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸35【松尾古城】角間館の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸37【真田天白城】真田昌幸長男
:真田信綱の築城?
http://53922401.at.webry.info/201602/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸38【矢沢城】&真田昌幸の叔父:矢沢頼綱の生涯
http://53922401.at.webry.info/201602/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田●75【真田横尾城=尾引城】
:横尾氏→真田信綱の居城?
http://53922401.at.webry.info/201603/article_26.html

箕輪初心:生方▲真田丸39【真田:洗馬(せば)城】:横尾氏の詰め城
→真田氏の城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田丸40【真田根小屋城】:真田氏の支城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_14.html

箕輪初心:生方▲真田丸5【真田長谷寺】真田幸綱・正妻:河原隆正妹
・真田昌幸の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_7.html


***南信濃*********************
・天文14年(1545)
4月 高遠城主:高遠頼継を滅ぼした。
8月 福与城主:藤沢頼親を追放した。
箕輪初心:生方▲【高遠城】:天文14年(1545)武田晴信の
高遠城侵攻と高遠頼継
http://53922401.at.webry.info/201605/article_21.html

箕輪初心:生方▲保科正俊→保科正直→保科正光→保科正之
【高遠の建福寺の墓】
http://53922401.at.webry.info/201605/article_22.html

箕輪初心:生方▲伊那市高遠町6回の思い出
http://53922401.at.webry.info/201605/article_23.html

箕輪初心:生方▲【伊那蟻塚城】天文21年(1552)高遠城西を守る城?
http://53922401.at.webry.info/201605/article_24.html

箕輪初心:生方▲伊那:手良【内城&堀之内城付近】
http://53922401.at.webry.info/201605/article_25.html

箕輪初心:生方▲福与城(上伊那箕輪町):藤沢頼親&武田信玄&保科正直
http://53922401.at.webry.info/201605/article_26.html

箕輪初心:生方▲伊那箕輪【松島城】藤沢頼親家臣:松島氏
http://53922401.at.webry.info/201605/article_28.html

箕輪初心:生方▲【箕輪城】藤沢頼親家臣の木下氏→箕輪氏の城
http://53922401.at.webry.info/201605/article_30.html




★伊那「殿島城」かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲伊那『春日城』:伊那武(部)氏の城 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる