城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲真田丸【24回「滅亡」】豊臣秀吉の天下統一

<<   作成日時 : 2016/06/20 09:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

@【真田丸】では、真田信繁が徳川家康・大谷吉継の命を受け、本
多正信の案内で小田原城へ侵入し、板部岡江雪斎の手引きで北条氏
政に降伏を促した。
>A【軍師官兵衛】では、黒田官兵衛が説得に当
たっている。
B史実は北条家は3か月の籠城の末、豊臣秀吉に「北
条氏直の上洛、武蔵・相模・伊豆を安堵」という和睦に近い条件
でで開城・降伏した。.しかし、北条氏政は甘かった。豊臣秀吉は
小田原開城後、秀吉は隠居:北条氏政に切腹を申し付けた。しかも、
父:北条氏政・叔父:北条氏照の介錯は当主:北条氏直であった。
当時の戦国武将の考えは名誉であったかもしれないが、現代的解釈
では不名誉・悲惨である。
さらに、高野山で謹慎を命じ、領土は全
て没収・・・北条氏滅亡となった。豊臣政権の最大の抵抗勢力であ
った北条氏が滅亡し、奥州の伊達政宗も豊臣秀吉に謁見し臣従を誓
った事で、名実ともに豊臣秀吉の天下統一は完成した。

画像

画像

画像


【1】雑談&史実〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中井均先生など最近の研究では、6月下旬〜7上旬には、豊臣秀吉
の意見で徳川家康に越後・山梨を除く関東が与えられ、井伊直政には、
旭姫の警護や小田原城笹郭へ攻撃などから箕輪城の入封は決まって
いた。

箕輪初心●『徳川家康の関東移封』&『徳川家臣の配置』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_22.html
★間違いがあった。忍城は井伊直政の娘婿:徳川忠吉であった。
箕輪初心◆『徳川家康の関東移封&家臣配置』復刻版2
http://53922401.at.webry.info/201410/article_36.html


真田信繁は松井田城攻め初陣→厩橋城→箕輪城受け取り・・なので、
小田原にいなかった。
3月14日 豊臣秀吉→真田昌幸宛の手紙と送った。
 「去7日、昨日13日・・・手紙を見たよ。
  ・・・松井田根小屋悉く焼き払い・・・
  景勝・利家と相談し・・・油断なきよう・・・」
真田安房守殿
同 源三郎殿
 (★上田市誌の歴史資料編2p45真田幸治氏蔵)
4月20日 松井田城(大導寺政繁+子直繁1500騎)落城
     →大導寺政繁は前田の道案内。
「真田丸」23話で4月20日に「降服させた城で酒を飲んだ」と
あったが、松枝城(松井田城)?箕輪城?とは言ってくれなかった。

4月24日 →大導寺政繁の道案内で前田・上杉・真田
   が箕輪城へ?。
     (鉢形城開城:鉢形城博物館)
 ・箕輪城を垪和信濃守(垪和康忠の子)が降伏開城。
  ・前田・上杉軍の前に4月24日、闘わずに降伏開城。
   真田昌幸が入城。
 @北条氏の垪和氏・保科氏が守備。
   (★新編高崎市史の資料)
 A北条氏の芳賀信濃守・保科正直が降伏。
   (★みさとの歴史:近藤義雄先生・山崎一氏・田口一郎氏監修)
 A芳賀信濃守は逃亡し、保科正直が降伏。
    (近藤先生:箕郷町誌の松城通記)
 C4月24日、垪和信濃守は北国勢に降伏。
   (★近藤義雄先生:箕輪町誌の「箕輪城と長野氏」)
 D城主:垪和信濃守は上野国の諸城が落ちていくのに
   動揺し、城内で勃発した反乱軍により城から追放さ
   れた。箕輪城は保科正直がほぼ無血で占領した。
実際には2年前に死んだ保渡田城主:箕輪城代の内藤昌月の
 兄:保科正直が箕輪城にいたとすれば、追放した可能性がある。
 しかし、高遠城主:保科正直は真田昌幸3000と同じグル
 ープにいた可能性も考えられる。保科正直の子:保科正光の妻は
 真田昌幸の娘であった。真田昌幸の娘の義父である。

箕輪初心:生方▲真田丸26【松井田愛宕山城】:真田幸繁の初陣説
http://53922401.at.webry.info/201601/article_31.html

箕輪初心:生方▲箕輪城183真田丸1【真田幸綱・昌幸・幸繁と箕輪城
との関わり】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_3.html

4月29日 豊臣秀吉→真田昌幸宛ての手紙
 「去弐四日書状今日弐九披見候箕輪城之儀羽賀信濃守追出
    保科居残城相渡候付て羽柴孫四郎・・・」
 (★近藤義雄先生:箕輪町誌の4月29日付の秀吉書状4月24日
    の真田の報告に答え、箕輪城で在城処理。)
★意味・・・「去る(4月)24日の書状を今日29日に見ました。
  箕輪城の儀は垪和信濃守(垪和伯耆守康忠の嫡男)を追放し、
  保科正光は箕輪城に居残って箕輪城を渡したくださったことに
  ついて、羽柴孫四郎・・・・箕輪城の戦後処理をしてください。」

4月30日〜
 真田昌幸・真田信幸・真田幸繁は、箕輪城の武具受領や百姓
 環住などの仕置きを指示。人身売買の禁止。

6月14日 鉢形城落城
 上杉勢が中心・真田・上杉・・・・・
なかなか攻略できなかったが、徳川勢+浅野長吉+本多忠勝
 の大砲で開城のきっかけとなった。
 北条氏邦は「城兵の命を助ける」という条件と引き換えに
 降伏した。
箕輪初心私見「真田は箕輪城に在城処理。」
 (根拠・・鉢形城博物館の発刊の本には真田の名前がない。
いなかった可能性がある。
    その後、忍城攻撃の応援に行った。)  
※北条氏邦は前田利家の能登七尾で1000石。

箕輪初心:生方▲埼玉鉢形城【第55回寄居北條まつり】
http://53922401.at.webry.info/201605/article_13.html

箕輪初心:生方●埼玉鉢形城【第54回寄居北條まつり】
http://53922401.at.webry.info/201505/article_15.html
箕輪初心●埼玉【第53回寄居北條まつり後編A攻防戦】&
『鉢形城の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_15.html

箕輪初心○埼玉【第53回寄居北條まつり前編@準備〜パレード】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_14.html

箕輪初心◆埼玉『第52回寄居北條まつり2013鉢形城』
http://53922401.at.webry.info/201305/article_14.html

箕輪初心●『鉢形城の歴史詳細』&47回寄居北條まつり2008
http://53922401.at.webry.info/201305/article_15.html

6月中旬・武州忍城の開始。水攻め失敗・・・・石田三成 
   →前田勢(大導寺政繁が前田利家の道案内役。
   北条家の領内の忍城を攻撃。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●埼玉『忍城』=城代:成田長親【のぼうの城】
http://53922401.at.webry.info/201211/article_6.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6月23日 八王子城(北条氏照)が落城。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲東京【八王子城】:北条氏照築城
http://53922401.at.webry.info/201411/article_4.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6月下旬 津久井城(旧武田家臣→北条家臣の内藤景豊
      :昌月の子)が落城。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●相模:津久井城=三増峠の戦いの地
http://53922401.at.webry.info/201411/article_17.html

6月下旬 真田昌幸・真田幸繁は忍城の応援に行った。 
 忍城が攻略できなかったので、真田幸繁達は応援にいったが、役に
 立っていなかった。


******************************
4月3日〜
箕輪初心●神奈川【石垣山一夜城】=秀吉の天下統一の城
http://53922401.at.webry.info/201106/article_18.html

箕輪初心▲神奈川【石垣山一夜城A】豊臣秀吉の天下統一への陣城 
http://53922401.at.webry.info/201411/article_29.html

箕輪初心★【黒田官兵衛孝高=黒田如水の生涯】後編
http://53922401.at.webry.info/201401/article_7.html

黒田如水の策略「お土産&褒め殺し作戦」
 小田原城に入って、北条氏政・氏直父子を説得し、
  無血開城させる功績を立てた。
※贈り物は「ホウボウの粕漬け」だった。
北条氏政はお返しに
 「鉛&火薬・・・徹底抗戦」
黒田官兵衛は一人で乗り込んだ。
「20万人も来ているのに・・・」
と、まず、褒めた。
・・・小田原城の開城 
(★歴史ヒストリアsp7問目)

箕輪初心▲神奈川【小田原城の歴史詳細】:大森氏→北条氏5代
http://53922401.at.webry.info/201411/article_26.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】写真集前編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_24.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】:写真集後編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_25.html
★北条時代の大堀切・・・


凄い歴史学者:黒田基樹・平山優氏・丸島和洋などが歴史考
証として歴史の流れはフィットしているが、ホームドラマ化し
すぎで、三谷幸喜のドラマ・・・なので、もう飽きた。
「真田丸」がつまらなくなってしまった。歴女、歴史好き
ファン・ドラマ好きの方々がこれを信じたら・・・と思うと、
いやになってきてしまった。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【2】真田丸24話のあらすじ

◆ナレーター
「豊臣秀吉は大連合軍で包囲した。北条氏政は徹底抗戦をするつもり
 でいた。真田は・・・」
信繁は沼田裁定で競り合った本多正信、板部岡江雪斎から頼まれ、
北条氏政の説得することになった。
本多正信、板部岡江雪斎は秀吉の「沼田裁定」の活躍に感じいって
「追い詰められた時は、しがらみのない者の言葉にこそ
人は心を動かす。ご隠居を説き伏せられるのは信繁をおいて
ほかにはいない。」
と・・・
幸繁「買いかぶりです。・・・」
しかし、信繁は大役を引き受けた。
信繁は佐助とともに小田原城に入った。

●小田原城内
信繁は小田原城に潜入した。
小田原城中で降伏に反対する侍数人に切りつけられた。
廊下を逃げる時に、信繁は一人の武士に腕をつかまれた。
信繁が、城内で思いがけず再会したのは、姉:松の夫の
小山田茂誠(しげまさ)だった。
小山田茂誠「真田源次郎信繁・・お久しぶりでござる。」
・・・
幸繁は「兄上は北条の家臣になられたのですか?・・」
・・・・・
茂誠「あの場所がはなれなくて・・でも、腹がすくんだなあ。
   3日目におりた。とりあえず、小田原に行ってみた。・・・
あの場所・・・琵琶湖のほとりであった。
 「真田丸」では松は出雲の阿国の踊り子であった。
 『加沢記』では、桑名の漁師・船頭の妻として2年間
 かくまわれていた。
小山田茂誠「小山田は北条家と縁があった。・・・
   北条に拾われたのです。」

幸繁「兄上にお伝えしなければならないことがございます。」

幸繁「江雪斎で様」
江雪斎「急いでこちらへ・・・・・
茂誠「気になるな。」

幸繁は茂誠に松が生きていたことを伝えようとしたが、北条氏政への
謁見があったため、話をすることができなかった。
幸繁「蔵の中で待っていてください。」
と言葉を言い残し、信繁は北条氏政の元へ進んだ。
信繁が利休の刻印に気づいた。・・・
千利休が切腹をされられることになる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆◆千利休=源氏系新田一族→里見系の一族の末裔
http://53922401.at.webry.info/201106/article_27.html

箕輪初心●群馬旧新田町「田中館=長慶寺」千利休先祖の館
http://53922401.at.webry.info/201303/article_17.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

信繁は北条氏政に会った。
江雪斎「殿、お話がございます。・・」
信繁「真田源次郎信繁です。はじめてお目にかかります。」
氏政「真田源次郎か?顔をしっかりみたい。・・近こう・・

信繁は氏政の画策により部下に取り囲まれた。
氏政「殺せ・・」
氏政は信繁を殺し、真田への長年の恨みを晴らそうとした。
信繁「お待ちください。」

胸ぐらをつかんだ。・・
氏政「北条がとれだけ、真田に苦しめられたか・・・」

幸繁「私は真田安房守の息子ですが、今日は豊臣の使いで
   参りました。
   どれだけ、兵の命が助けられるかが・・・
   せめて徳川様の書状を読んでくださいませ。・・・」

●牢屋
幸繁は降伏するように説くが、氏政は容易には受け入れない。

幸繁「徳川様は北条を助けようと奔走しています。」
氏政「わしは降服はせん。ここにいれば、負けはせぬ。」
氏政は、小田原城にいれば決して負けることはないと思っていた。
氏政「上杉謙信も武田信玄も小田原を落とせなかった。・・・」
画像


幸繁「・・・・でも、勝つことはできません。」
氏政「今、城の外で何が起こっておる・・・現状を話せ。」
幸繁「期待の伊達様も降服されました。
   最上様、相馬様も相次いで降伏しました。」
信繁は氏政に告げた。
氏政「・・・」
信繁「さらに、関東にある北条方の城はほとんどが落城しました。
  下田・三崎・・玉縄
 ・厩橋・館林・『箕輪』・・・
氏政「もうよい。」
幸繁「・・・沼田は真田が奪い返しました。
氏政「因縁の城もか?」
を愕然とした。
幸繁「徳川も上杉も真田もみな折り合いをつけて生き残ったの
   ですから、引き際を考えください。死ななくてもよい多く
  の者の命を救ってください。」
と手をついて頼んだ。

氏政「・・・東国の覇者にはなれなかった。・・・
   伊達・徳川と組んで 秀吉と大戦をやってみたかった。
   華々しく戦国の世に幕を引きたかった。
  秀吉が羨めしいぞ。・・・」

幸繁「頭をさげる時です。
   ・・・殿下は命を助けるといわれました。・・
氏政「・・生きとうない。」
   新しい道を・・・・」
しかし、氏政は容易に同意しようとはしない。
※信繁は真田の人間としてではなく、
@秀吉の命により来たこと、
A戦の勝敗は既に決着していること、
A北条の多くの兵の命を助けること、
・・・が出来るのは氏政次第だということ等を説明した。
必死の説得を続けた。
北条の家臣たちの命を救って欲しいと懇願する信繁の心情に心
打たれたのであろうか。
結果・・・明確な返事はなかったが、氏政も観念したようである。


雪斎「・・・生きて返すはずがない。」
幸繁「城を出る前に蔵に行きたいのですが、・・・」

そして、小田原城を出る途中、茂誠と会った。
幸繁「松が生きております、上田城にいます。・・・」
と生きていることを伝えた。
茂誠「生きているのか?」
・・・・・
・・・・・・
「息災でいるか?・・・」
幸繁は記憶をなくしていることを話そうとしたが話せなかった。

茂誠「鉛だよ。・・・」
蔵に千利休の刻印が入った鉛を確認した。
茂誠「これを溶かして鉄砲の弾を作るのです。」
でも、余ってしまった。」
信繁は、鉛を手にし、・・・
・・・・・
幸繁は松が松=待つ上田城に来るように言って、
小田原城を後にした。

千利休は・・・・
幸繁蔵を調べようとしたところ、鉛は無く、もぬけの殻
であった。調べに来るより先に利休が鉛を運び出してしまった。

◆ナレーター
「忍城から、・・・」


●忍城付近
昌幸「城が落ちていないのか?」

昌幸「つまらないはようじゃあ・・・」
出浦「氏政が羨ましゅうようじゃな。」
昌幸「あやつは・・・おのれのたけの戦をしておる」


◆ナレーター
「氏政は、とうとう降伏を決意した。」

●最後のぶっかけご飯を食った。
 真田丸1回目でこのシーンがでてきたのは面白かった。
 エピソードを知っていたからである。
★@「汁かけ飯」&A「二度汁」エピソード
@「汁かけ飯」エピソード
 北条氏政が飯→おかず→味噌汁の三角食いを出来なかった。
従って、ご飯に味噌汁をかけて食べていた。
A「二度汁」のエピソード
 北条氏政は汁を一度、飯にかけたが、汁が少なかったのでもう
 一度汁をかけ足した。
 父:北条氏康がこれを見て、
 「毎日食事をしておきながら、飯にかける汁の量も量れんとは
  ・・・北条家もわしの代で終わりか。」
  と嘆息したという。
  汁のかける飯の量も量れぬ者に、領国や家臣を推し量ることなど
 できる訳がない。
  結果・・北条氏康の予言通りになったが、・・・
     北条家の滅亡を回避できなかった。
 北条氏政は「自信過剰・分を知らぬお馬鹿」と評価された。

◆ナレーター
「7月5日、小田原城は開城した。・・・


秀吉「死んで貰おうか。・・・」
家康「約束が違うではありませんか?」
秀吉「うるさい。
これだけ待たせたのだろうから、氏政にこれくらいの
責任はとって貰わなくては、・・・・
   城の明け渡しがすんだら、大坂に帰ろう」

家康は八王子城攻めの陣から上杉景勝を、忍城攻めの陣から昌幸を
呼び寄せて氏政を説得しようと考えた。

◆ナレーター
「7月10日 髷をおとし、軍門にくだった。・・・」

やがて徳川家康、上杉景勝、真田昌幸が氏政の元を密か
に訪れた。

上杉景勝
真田昌幸
徳川家康
家康「ずんぶん・・・粘りましたな?

家康「助命を殿下にお願いする。・・・お救い申す。・・・」
氏政「だめじゃ?・・・」
家康「生き延びていただきたい。」

氏政「貴殿に災難がふりかかる。・・・」

徳川「どうする。」
「・・・」

景勝「われら一同、・・・髷をきる。
    ともに殿下のもとで・・・」
氏政「秀吉のためにいきるのですか?それでよろしいいのですか? 」
景勝・・・無言〜〜〜

昌幸「・・死にたければ、死にになされ。・・・
    生きる気がなければ、死ねばよい。
    まずそこからだ。
    しかし、・・・秀吉の天下がくるとはおもいません。
   もう、ひとあばれ、しませんか?」

氏政「・・・あの世でしかと、見物させていただこう。・・・」

家康「ここまででござるか?」
氏政「ここまでござる。」

上杉「北条殿。よき戦いあいてであった。」
氏政「その言葉、貴殿にもおかえし申す・・・」




幸繁「なぜ、徳川様は北条様をあれほどまでに助けようと
   するのですか?・・・」
本多正信「ああみえても、殿は優しい男です。・・・
      友がらのように思えるのです。

昌幸「がんこな男よ」
景勝「なにも約束しておらぬ。」

トンビ・・・ピ〜ピ〜・・・と輪をかいた。

◆ナレーター
「翌日、氏政は切腹した。首は聚楽第の端に晒されたという。
氏直は出家し、高野山に送られ、関東の名門 北条氏は滅亡した。」



◆ナレーター
「・・・」



◆ナレーター
「・・・忍城は降服していない。」

●忍城攻め
三成「やつらは頭がおかしい。」
  「討ち死にする覚悟か?」
石田三成が指揮する忍城は未だに落とすことができず、
最後まで北条に忠義を尽くし、全員討ち死にする覚悟だという
小田原城から忍城に戻った昌幸が知った。

昌幸「お待ちください。・・・ここは真田にお任せください。
   卑怯な手を使ってもよろしいでしょうか?・・・

三成「しかたない。・・・」

じゃじゃ〜ん・・・取り出したのは北条氏政の兜であった。
 
「・・・氏政が秀吉に命乞いをして己が生き残る道をえらんだ。・・・
  目にみえるものがあれが人は簡単に騙される・・・。」

出浦「城は2日で落ちます。」

◆ナレーター
「7月14日 忍城は忍城は犠牲者を出すことなしに開城した。・・

治部「貴殿のやり方は好かん・・・・
でも、世話になった。」
→   

昌幸「大坂城を攻めおとす。」
   「徳川は関東の田舎に・・・」
信幸「乱世なります。」
昌幸「なにが悪い。伊達にかける。」
出浦「・・・」

◆・・・
「北条攻めの最中、秀吉に降参した伊達政宗は所領を全て差し
出した。」

宇都宮城で酒宴。

箕輪初心●栃木【宇都宮城】&【多気山城】初詣
http://53922401.at.webry.info/201301/article_4.html

餅つき・・・
政宗「名物ずんだもちです。・・・
伊達「伊達流・・・」
片倉「天下餅でござる・・・」

信繁はしらじらしく見ている。・・
昌幸「何だ、あれは?」
家康「・・もう少し気骨のある男かと思った。」

信繁「片倉殿、・・・どうされますか?」・・
酒宴で秀吉の機嫌をとる政宗の姿に家康と昌幸は落胆した。
・・・・
真田幸繁の娘は片倉小十郎の妻になる



しかし、家康も同様に、
「三河、駿河等の領地を秀吉に差し出した。

江戸で・・・」
関東への領地替えをすることを受け入れた。
「・・・」
秀吉「江戸はどうであった。
家康「すすきのなびく荒れ地でありました。・・・・東国」
   「・・・すすき・・・」
さらに、秀吉は昌幸に上田の安堵に加え、沼田領を与えた。
そして、徳川の与力大名も解消された。

昌幸の笑顔がこぼれた。
「徳川を見はってくれ。」
真田に徳川を監視させようとの秀吉の狙いがあった。
 でも、6月末には、井伊直政箕輪城に入れて、
 上杉景勝・真田昌幸を見晴ることにしてあった。
 実際は逆であったかもしれない。
この場面は逆転の発想で面白かった。
家康もある意味、伊達・上杉・真田の押さえだったかも
しれない。
隣で家康はむっとした。

この時、宇都宮城の庭で、信繁と政宗が出会った。
「真田源次郎幸繁でございます。・・・」
政宗「お主の父は口をあけておった。」

政宗「座れ。いいから・・・」
信繁「はい。」
政宗「こっちにしてくれるか?」
左に座らせた。
政宗「殿下とワシは気があうことはわかっておった。」

政宗「もし、北条が先に降参していたら、わしの命がなかった?
   人生はおわりだった。
信繁「はい。・・・北条様が伊達様を待っていました。頼みの綱
   でした」
政宗「知らん。」

政宗「・・・何万の敵をけちらせたい。お主もそうおもわんか・・・」
信繁「・・・その器ではありません。」
政宗「・・・男なら、思ってあたりまえだ。」
信繁「・・・そうですか?」
政宗「もう、20年は早く。・・・京の近くに生まれておったら
   ・・・あそこにすわるのはわしであった。」
と刀をぬく。

「・・・」
鞘をもつ幸繁・・・・
政宗は
政宗「真田の小せがれ・・また、どこかであおう。」
同じ年なのにに・・・偉そうに。


◆ナレーター
後に大阪の陣で戦う二人が、運命的名的な出会いをした

秀吉「天下一統は・・・」


◆ナレーター
「関ヶ原まで、・・・あと、10年・・・・

●▲■ゆかりの地・・・
@小田原城
総構えは9km・・・信繁も参陣した

A石垣山城
 約80日で造られた。・・・・

B氏政・氏照の墓・・・


◎◎◎
◎◎◎



〜〜〜2016年【真田丸シリーズ】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●▲■【第1話】天正10年(1582)1月〜織田信長の信濃侵攻****
箕輪初心:生方▲箕輪城183真田丸1【真田幸綱・昌幸・幸繁
と箕輪城との関わり】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_3.html


●▲■【第2話】天正10年(1582)3月11日、武田氏滅亡*****
箕輪初心:生方▲真田丸15『真田丸第2話「決断」のあらすじ』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_19.html

箕輪初心●山梨【岩殿城】=武田勝頼を裏切った小山田氏の山城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_5.html


●▲■【第3話】天正10年(1582)3月中旬、信長:法華寺にて**
箕輪初心:生方▲真田丸22『第3話:「策謀」のあらすじ』
&登場人物の解説
http://53922401.at.webry.info/201601/article_25.html

箕輪初心生方▲真田丸71【諏訪上社前宮〜上社本宮&
「信長と光秀&真田信繁?因縁の法華寺」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_17.html

箕輪初心★織田信長F安土城から天下取り開始
http://53922401.at.webry.info/201206/article_11.html

箕輪初心●滋賀「安土城&ハ見寺&博物館」
http://53922401.at.webry.info/201101/article_12.html


箕輪初心:生方▲高遠城&五郎山に眠る仁科盛信の墓
:真田丸bR「策謀」追加
http://53922401.at.webry.info/201605/article_17.html




●▲■【第4話】天正10年(1582)6月2日、本能寺の変******
箕輪初心:生方▲真田丸29【TV第4話「真田昌幸VS徳川初対決
〜本能寺】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_1.html

箕輪初心:生方▲映画『信長協奏曲』面白過ぎのあらすじ
http://53922401.at.webry.info/201601/article_30.html


●▲■【第5話】天正10年(1582)6月中旬、昌幸と滝川一益***
箕輪初心:生方▲真田丸36:第5話【織田信長の死→窮地】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_9.html

箕輪初心●箕輪城シリーズR「第11代:滝川一益」
http://53922401.at.webry.info/201010/article_33.html


●▲■【第6話】天正10年(1582)6月9日、森長可の撤退******
箕輪初心:生方▲真田丸43:第6話【迷走】のあらすじ
&「森長可の撤退」
http://53922401.at.webry.info/201602/article_19.html



●▲■【第7話】天正10年(1582)6月20日、神流川の戦い〜小諸城**
箕輪初心:生方▲真田丸50第7話『滝川一益の逃亡』
箕輪城→小諸城へ
http://53922401.at.webry.info/201602/article_26.html

箕輪初心▲埼玉上里【金窪城】&『神流川の戦い』詳細
http://53922401.at.webry.info/201409/article_21.html

箕輪初心◆高崎【第16回新町神流川合戦:滝川一益】
http://53922401.at.webry.info/201211/article_3.html

箕輪初心:生方▲真田丸30【真田昌幸と滝川一益との腐れ縁:友情】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_2.html

箕輪初心●群馬【松井田城】=安中忠政→大導寺政繁の城
http://53922401.at.webry.info/201112/article_2.html

箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
http://53922401.at.webry.info/201603/article_10.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201603/article_10.html

箕輪初心:生方▲箕輪城175『第13回箕輪城祭り』写真集
3−@出陣式〜出陣
http://53922401.at.webry.info/201510/article_26.html

箕輪初心:生方▲箕輪城176『第13回箕輪城祭り』写真集
3−A出陣〜着到
http://53922401.at.webry.info/201510/article_27.html

箕輪初心:生方▲箕輪城177『第13回箕輪城祭り』写真集3−B
着到〜攻防戦
http://53922401.at.webry.info/201510/article_28.html


●▲■【第8話】天正10年(1582)7月13日真田昌幸が北条氏直に謁見
箕輪初心:生方▲真田丸 57「第8話『調略』のあらすじ&川中島
http://53922401.at.webry.info/201602/article_32.html
★天正壬午の乱の開始

箕輪初心●長野:海津城=松代城:川中島の戦いでの信玄の拠点
http://53922401.at.webry.info/201309/article_14.html

●▲■【第9話】天正10年(1582)8月、天正壬午の乱、
箕輪初心:生方▲真田丸63TV第 9話【天正壬午の乱】のあらすじ
&平山優説の違い
http://53922401.at.webry.info/201603/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸48【佐久:春日城】依田信蕃と真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201602/article_24.html
★依田信蕃が真田昌幸を徳川に引き入れた。


箕輪初心:生方▲山梨【若神子城】武田信玄の信濃攻略の拠点&
烽火集積地
http://53922401.at.webry.info/201504/article_29.html
★北条氏直の陣


箕輪初心:生方▲山梨【獅子吼城】:徳川家康VS北条氏政
http://53922401.at.webry.info/201505/article_1.html
★徳川家康は大導寺政繁のいる獅子吠城を服部半蔵を使って攻略。

箕輪初心:生方:▲山梨【谷戸城】甲斐源氏祖:逸見清光の居城
http://53922401.at.webry.info/201505/article_2.html
★徳川家康は旧武田遺臣を味方に付け、谷戸城を攻略。


●▲■【第10話】天正10年(1582)10月徳川&北条和睦*****
箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』
&曳間城(浜松城の前身)
http://53922401.at.webry.info/201603/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸31【真田幸隆の知恵:徳川家康を利用して
造った上田城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●井の国後編:「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html
★井伊直政は北条氏の大導寺政繁との交渉で徳川方の使者と
して政治的手腕を発揮。徳川&北条の和睦の立役者であった。
徳川家康が武田氏の旧領:信濃国・甲斐国を支配。
●井伊直政は武田氏の旧臣達約120人と家康の旗本の一部が配属された。
 →山県昌景の意志を尊重し、「井伊の赤備え」部隊の大将となった。
★関ヶ原の合戦後、井伊直政が真田信之に頼まれて、真田昌幸と
 真田信繁を命乞いを徳川家康にしたのに、井伊直政は真田丸に
 出てこない。後、真田幸繁の『真田丸』なんてなかったのに・・


●▲■【第11話】天正11年(1583)上田城完成祝いと室賀殺害***
箕輪初心:生方▲真田丸74【「加沢記」の室賀】
&TV 11話「祝言」のあらすじ
http://53922401.at.webry.info/201603/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸84【室賀城=原畑城+笹洞(ささぼら)城】
&室賀氏・屋代氏の歴史&真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201604/article_11.html



●▲■【第12話】天正13年(1585)6月頃************
箕輪初心:生方▲真田丸77:第12話「真田幸繁の上杉への人質」
&平山・丸島諸説
http://53922401.at.webry.info/201603/article_29.html


●▲■【第13話】天正13年(1585)閏8月2日、第一次上田合戦**
箕輪初心:生方▲真田丸80【第1次上田合戦】加沢記・平山説
&第13話「決戦」
http://53922401.at.webry.info/201604/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_4.html



●▲■【第14話】天正16年(1586)6月上杉景勝・真田幸繁上洛*

箕輪初心:生方▲真田丸86【昌幸の秀吉への臣従過程2説】
&第14話『上洛』
http://53922401.at.webry.info/201604/article_14.html


●▲■【15話】天正16年(1586)6月上杉景勝・真田幸繁上洛*
箕輪初心:生方▲真田丸87【 15話『謁見』のあらすじ】&平山優
http://53922401.at.webry.info/201604/article_22.html


●▲■【16話】天正14年(1586)1月〜6月
箕輪初心:生方▲真田丸90【真田幸繁の豊臣家臣へ】
の史実:丸島説・平山説&第16話『表裏』あらすじ
http://53922401.at.webry.info/201604/article_30.html


●▲■【17話】天正14年(1586)6月〜10月
箕輪初心:生方▲≪岡崎城≫&【加沢記】の『松』VS
【第17話「松との再会】&史実:丸島説&平山説
http://53922401.at.webry.info/201605/article_4.html


●▲■【18話】天正14年(1586)10月〜天正15年(1587)
箕輪初心:生方▲真田丸92【第18話「上洛」】
&「丸島説&平山説&加沢記」
http://53922401.at.webry.info/201605/article_11.html


●▲■【19話】天正15年(1587)〜天正16年(1588)
箕輪初心:生方▲真田丸93【第19話:恋路】@信繁&茶々
*A信幸&稲α九州平定
http://53922401.at.webry.info/201605/article_20.html

●▲■【20話】天正16年(1588)〜天正17年(1589)
箕輪初心:生方▲真田丸bX4【20話「前兆」】聚楽第の落首事件
http://53922401.at.webry.info/201605/article_33.html


●▲■【21話】天正17年(1589)
箕輪初心:生方▲真田丸bX5【21話「戦端」】真田VS北条
http://53922401.at.webry.info/201605/article_35.html

●▲■【22話】天正17年(1589)6月〜11月
箕輪初心:生方▲真田丸97【第22話『裁定』】&加沢記「名胡桃事件」
http://53922401.at.webry.info/201606/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸18【名胡桃事件への過程→秀吉の小田原攻撃】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_21.html

箕輪初心●群馬【名胡桃城@】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_21.html

箕輪初心●群馬【名胡桃城A】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_22.html

箕輪初心:生方▲スキーbP3『神楽』
&真田丸86【名胡桃城のガイダンス施設】
http://53922401.at.webry.info/201604/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸98『名胡桃城の復元』
http://53922401.at.webry.info/201606/article_7.html

箕輪初心●群馬旧高山村の城:中山城1回目&並木城
http://53922401.at.webry.info/201201/article_23.html

箕輪初心●岩櫃城探検隊第8弾【中山城2回目】
http://53922401.at.webry.info/201311/article_13.html
★名胡桃城代:鈴木主水が呼び出された城

★★箕輪初心●【横尾八幡城】
http://53922401.at.webry.info/201202/article_12.html
★真田昌幸が待機した城

箕輪初心:生方▲箕輪城173【後北条氏の西上州支配VS真田昌幸】
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html



●▲■【23話】天正17年(1589)12月〜天正18年(1590)3月
箕輪初心:生方▲真田丸99【23話:攻略】豊臣秀吉の小田原攻撃
&史実との相違
http://53922401.at.webry.info/201606/article_13.html

箕輪初心:生方●北条早雲&伊豆の城H「山中城」=緻密な山城
http://53922401.at.webry.info/201508/article_5.html

箕輪初心●静岡:山中城=堀障子の残る百名城
http://53922401.at.webry.info/201106/article_16.html
 ★山中城1回目・2回目を掲載


箕輪初心▲神奈川箱根【早雲寺】:後北条5代の墓
&連歌師:宗祇の碑
http://53922401.at.webry.info/201411/article_27.html

箕輪初心●神奈川【石垣山一夜城】=秀吉の天下統一の城 
http://53922401.at.webry.info/201106/article_18.html

箕輪初心▲神奈川【石垣山一夜城A】豊臣秀吉の天下統一への陣城
http://53922401.at.webry.info/201411/article_29.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城の歴史詳細】:大森氏→北条氏5代
http://53922401.at.webry.info/201411/article_26.html


箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】写真集前編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_24.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】:写真集後編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_25.html



★明日の真田系は鷹留城・箕輪城?かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲真田丸【24回「滅亡」】豊臣秀吉の天下統一 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる