城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲【諏訪:桑原城】:諏訪頼重*滅亡の舞台】

<<   作成日時 : 2016/03/20 09:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

桑原城には、2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」の一環と
して訪問した。桑原城は諏訪氏の拠点として桑原氏が築いた。
天文11年(1542)、武田晴信に攻められた諏訪頼重は
上原城を焼き、桑原城に籠城した。籠城兵の戦意が次第に
乏しくなり、逃亡者が続出した、武田晴信の軍門に降り、
7月22日、諏訪頼重は東光寺で自刃した。
桑原城は遺溝は良好であるが、戦国期の城にしては、縄張
りが未熟である。武田系の人々は本当住んだのであろうか?



◆◆諏訪の城一覧 ◆◆


【1】桑原城・・・諏訪市四賀桑原
・鎌倉時代 諏訪一族桑原氏が築いたともいわれる。
築城年代不明
諏訪氏の滅亡の舞台と言われている。

◆訪問日・・・平成19年(2007)5月4日
●桑原城遠望
画像

●桑原城登山口
画像


●案内板


●竪堀
画像



●主郭虎口

●主郭
画像

◎案内番
桑原城は高鳥屋城ともいい、諏訪惣領家の本拠上原城の支城と
して要害をほこった山城である。甲州街道から約200m北に位
置し、本丸は空濠より高さ6m、東西33m、南北25m、
面積はおよそ????ある、空濠をへだてて西の二の丸に続く。

●案内板
画像

◎案内板
武田信玄の諏訪攻めと桑原城
桑原城は、戦国時代の山城であり、諏訪惣領家の本拠である上原城
(茅野市)の支城の役割を担った重要な場所でした。
・天文4年(1535)には惣領家の諏訪頼満と甲斐国守護の武田信虎
が諏訪社の宝鈴を鳴らして和睦、信虎の娘禰々が頼満の孫頼重に
輿入れし、諏訪・武田両家は同盟関係を結んでいました。
その関係が崩れたのは、惣領を継いだ諏訪頼重が天文10年
(1541)に関東管領上杉憲政と単独で講和を結んだことに対する
報復か、翌11年(1542)、父信虎を追放した武田晴信(のちの
信玄)が諏訪に攻め入ったことによります。
上社神長の記録「守矢頼真書留」によれば、そのころ諏訪では
災害や飢饉、対小笠原氏や佐久方面での戦が続き、民衆が疲れ果
てていたため、高遠頼継らと結んだ武田勢を迎え撃つ勢力には差
が歴然としていたといいますが、頼重は奇襲策を嫌い、正々堂々と
戦おうとしていました。
7月2日夜、劣勢のまま居城である上原に火をかけれ桑原城へ退
却、3日夕方には、戦闘に備えるために検分をしようと「つるね」
(足長神社へ続く尾根)を下った頼重を見た家臣が、頼重が城を
捨てたと思い逃げていってしまったため、20人ほどで夜を明かし、
4日、甲州勢の使者を受け入れ城を明け渡すことにしました。
その後、頼重は甲府へ連行され、東光寺で自刃しました。
このように桑原城は、諏訪惣領家最後の舞台となりました。
(★案内板)



主郭には松の古木が茂り、その先にはきらめく諏訪湖がある。
禰久・諏訪御料人を思わずにはいられなかった。
画像

諏訪市史は桑原城が本城である可能性が高いという説を述べて
いるが、行ってみて分かる風光明媚で哀愁を感じさせる城なのだ。
つまり、私は禰久・諏訪御料人が桑原城で過ごしてのではないか
と思ったのだ。
杖突峠から見ると、同じ山系で、茅野に上原城&諏訪に桑原城
がある。当時は諏訪市と茅野市の区別はなかった。
永明寺の北が桑原城、南は上原城であった。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜「禰津御寮人」&「諏訪御寮人」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・正室:扇谷上杉朝興の娘
・継室:三条の方
・側室:諏訪御料人
・側室:禰津御寮人
・側室:油川夫人
・ほか・・・・・?
 
説@:「禰津御寮人」=「諏訪御寮人」同人物説:猪坂直一説
諏訪頼重の娘(諏訪御寮人)→禰津元直の養女(禰津御寮人)→

説A「禰津御寮人」は「諏訪御寮人」別人物説・・通説
 ・天文11年(1543)禰津元直  武田晴信の家臣となる。
 12月15日 禰津元直の娘が武田信虎の嫡男:武田晴信(信玄)
 の側室として「禰津より御前様」が輿入れした=嫁いだ。
 「禰津御寮人」と呼ばれた。
  (★『高白斎記』)


埋もれた湖城さんのHpを参考に禰久・諏訪御料人をまとめて
みた。

◆埋もれた古城:H氏
http://umoretakojo.jp/Shiro/TokaiKoshin/Nagano/Kuwabara/index.htm
★新潟県出身のH氏はロマンチストであった。

 

1)禰久御料人
*天文9年(1540)11月29日
 武田信虎は3女:禰々を政略結婚により諏訪頼重に嫁がせた。
   (★『神使御頭之日記』)
 ★数え13歳であった。

・天文11年(1542)
4月4日 諏訪頼重は禰々御料人との間に男子が誕生した。
      寅王である。
7月5日  諏訪頼重&大祝頼高 ・禰々&寅王丸は甲府へ
連れてこられた。
★禰々は安心していた。
7月21日 
武田晴信は約束を反故にして、諏訪頼重と実弟:大祝頼高
を切腹させた。
禰々御寮人は
信頼しきっていた兄に裏切られ・・・★殺さない約束が。
愛する夫を殺され
諏訪を奪われ・・・。
・・後、武田晴信は、禰々&諏訪頼重の遺児(寅王丸=千代宮丸)を
高遠攻めの際、諏訪氏後継者として担ぎ出し、諏訪諸勢力の結集に
利用した。
・天文12(1543) 1月19日、禰々御寮人がなくなった、享年16。
兄晴信を恨みつつ、失意の内にわずか16年の短い人生を終えた。
残された千代宮丸:寅王の処遇は不明である。
(★埋もれた古城:H氏の原文修正)


2)諏訪御料人
@諏訪頼重の娘説
A祢津元直の娘→諏訪頼重養女説
B諏訪頼重の娘(諏訪御料人)→禰津元直の養女(禰津御寮人)


●「武田信玄」新田次郎著:湖衣姫・・
禰津御寮人:里美様であった。
●「風林火山:井上靖著」
・天文11年(1542)
7月21日 
武田晴信は約束を反故にして、諏訪頼重と実弟:大祝頼高
を切腹させた。
由布姫は
愛する父:諏訪頼重を殺され・・・★殺さない約束が。
諏訪を奪われ・・・。

板垣信方は板垣信方は、家中の反対する中、山本勘助を
武田晴信に推挙した。山本勘助は諏訪の姫:由布姫の説得
に当たった。
★井上靖は湯布院で小説を書いていたので「由布姫ゆうひめ」
にし、岡谷の小坂城にいることになっている。


武田晴信は諏訪領を制圧した。ついでに、諏訪頼重の娘
:由布姫も側室にした。
武田晴信は由布姫の美しさに心奪われた。
板垣信方や甘利虎泰らの重臣はこれをを諌めた。
★ここで説が分かれる
@諏訪頼重の娘説
  武田晴信は禰々御寮人の子の叔父として、旧諏訪氏
  家臣団を支配するより、自分と諏訪の娘との間に
  できた子を使う方が支配しやすいと考えた。
  事実、諏訪四郎と名付けた。
  ★しかし、武田晴信は美人好きだった。
   新田次郎や井上靖は・・・
 諏訪頼重と武田信虎の娘:禰々御料人の子:千代宮丸を擁立
 したが、やがて、自らが頼重の娘を側室に迎え、生まれた男子に
 諏訪惣領家を継承させる路線を選択した。
(★平山優説)
A祢津元直の娘→諏訪頼重養女説
★両方との諏訪神社の関係で親戚であった。
  諏訪頼重が養女にしていた説である。
B諏訪頼重の娘(諏訪御料人)→禰津元直の養女(禰津御寮人)
★板垣・甘利は「一端は、禰津の娘とした方いい。」と
進言した説である
猪坂直一説・小林計一郎説
 天文10年(1541)海野平の戦いで、祢津元直は諏訪頼重・武田
 信虎の小県侵攻に破れた。しかし、同じ神氏の諏訪頼重を
 通じて知行を安堵された。
 猪坂直一氏は諏訪頼重の娘(諏訪御料人)が禰津元直の養女
 となり、武田晴信の側室となった。
 禰津元直が真田幸隆を推挙したと推測した。
 従って、真田幸綱の武田氏臣従は天文12年説であると提唱した。
 真田幸綱は武田氏に臣従した後は、信濃先方衆として軍役を務
 め、村上方の望月源三郎の調略などを開始した。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山本勘助が重臣の説得に当たった。
 (★風林火山)
 
諏訪頼重の娘:諏訪御料人を迎えることには武田家中に反対論が
あり、山本勘助が家中を説得した。
  (★『甲陽軍鑑』)

・天文14年(1545)諏訪の姫が輿入れした。
   (★『甲陽軍鑑』)

・天文15年(1546) 武田勝頼が生まれた。
やがて由布姫は身ごもり、父の仇:晴信との間に子を設けた。
諏訪四郎(後、武田勝頼)であった。




【2】茶臼山高島城(長野県指定史跡)・・・諏訪市四賀

               

【3】金子城・・・諏訪市中洲地(現在下金子区)
 ・天正12年(1584) 諏訪頼忠が築城した。
  諏訪市で初めての平城だった。
  重臣:「千野氏」が居住した。
 ・文禄年間、高島城の築城のための石垣などを運び出した(伝)。

【4】有賀城(諏訪市市史跡)・・・諏訪市豊田有賀
 諏訪大社大祝一族の「有賀氏」が築城した。
 武田信玄との戦に破れた有賀氏の後には、千野氏が住んだ。

【5】北真志野(まじの)城・・・諏訪市湖南北真志野
  真志野氏(胡桃沢氏)が築城した。
 
【6】南真志野城・・・諏訪市湖南南真志野
  矢嶋氏が築城した。

【7】荒(あら)城・・・諏訪市大熊
  諏訪大社上社:大祝諏訪継満が築城した。

【8】大熊(おおぐま)城・・・諏訪市湖南大熊
  諏訪大社上社:大祝諏訪継満が築城した。
  上社勢力の重要拠点となった。千野氏在住。

【9】武居城・・・諏訪市中洲神宮寺
 ・鎌倉時代・・・諏方五郎時重が築城した。

【10】高島城・・・諏訪市高島1丁目


◆参考資料・文献
・諏訪市文化財ガイドブック  
 
【11】天神山城・・・湯の脇2丁目
 諏訪湖畔の職業訓練学校付近にあった。
 高島城築城の為の土取りで尾根ごと削り取られて消滅した。

【12】大和城 ・・・諏訪市大和

◆◆ 諏訪頼重の最後  ◆◆        
*天文9年(1540)11月29日
 武田信虎は3女:禰々を政略結婚により諏訪頼重に嫁がせた。
   (★『神使御頭之日記』)

*天文10年(1541) 5月 海野平合戦
 勢力拡大をもくろむ村上義清は甲斐の武田信虎と
   諏訪頼重と同盟。
@武田信虎・諏訪頼重・村上義清らの攻撃・・・有力説。多数説。

A甲斐の武田信虎(信玄父)+北信濃の村上義清
VS
中信濃の諏訪頼重+海野平滋野諸族(海野・望月・禰津・矢沢)
→滋野諸族の敗退。
   (★「真田三代」:清水昇著)


結果・・・
@禰津氏は武田信虎に降伏。・・・
  禰津(地元では:ねつ)元直は禰津政直の妹を武田信玄
  の妾として差し出した。
  娘:禰津姫が信玄の妾2号説もある。
諏訪頼重の娘(諏訪御料人)→禰津元直の養女:禰津御寮人説
あり。・・・

  後に、武田信玄家臣
A望月氏は諏訪氏に降伏。
B海野氏(海野棟綱・真田幸綱)は、村上義清らに挟み撃ち
   にされ、敗北。

 ●海野幸義(棟綱の子)の墓・・・上田市蒼久保
海野棟綱、真田幸綱父子?は上野国吾妻郡羽尾に逃亡。
 真田信綱は5歳だった。
 →上野の吾妻:羽根尾に逃亡。信濃海野氏は没落。
 海野棟綱(幸隆の父説・幸隆妻の父説・幸隆の養父説)
 ・真田幸隆は村上義清・武田信虎に追われ羽根尾城へ  
       (★「真田三代」:清水昇著)
   
*村上義清は海野平を支配下。
C矢沢氏(幸隆弟頼綱)は村上義清の家臣へ・・
   侍大将で100人の家来がいた。(後、砥石城の間者)
・武田晴信が父:信虎が追放
      →武田氏と村上氏の同盟関係は終焉。
・村上義清は信虎追放事件に乗じて佐久方面への侵攻を
  目論んだ。
・武田の信濃の佐久侵攻
・村上義清は信濃東部へ進出した甲斐の武田信玄と敵対。


6月14日 武田信虎の嫡男:武田晴信(信玄)が父:信虎
の駿河国追放した。
 (★妙法寺記・「武田信玄」:新田次郎著)
 板垣信方は武田信虎の追放には、武田晴信の苦渋を理解し、
 中心的に活動した。
武田晴信が家督を継承した。

 武田晴信が家督を継ぐと、板垣信方と甘利虎泰は武田家最高職の
 「両職」に任じられた。
  (★『甲斐国志』)
軍政・民政の中枢を担った。

関東管領:上杉憲政が海野棟綱&真田幸綱(幸隆)の要請を利き、
信濃佐久郡・小県郡へ侵攻した。

@黒田基樹説では、大将は長野業正で、海野棟綱&真田幸綱(幸隆)も
同行したと思われるとしている。
諏訪頼重は独断で山内上杉憲政と和睦を結び、芦田郷を支配地と
して割譲した。
A平山優説では、大将は不明だが、・・・


★諏訪頼重が上杉憲政&長野業正との和睦で芦田城・長窪城を
 支配地とした。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上杉憲政の意向で佐久は武田の支配が弱まった。
再び、大井一族が勢力を盛り返した。

この間隙をぬって、佐久の岩村田大井城にいた大井貞隆は本拠地:
長窪城を奪い返した。
芦田(依田)守信(信守)芦田信守&芦田(依田)系の相木昌朝は
大井貞隆に帰参した。

  
・天文11年(1542)
3月 瀬沢の戦い
諏訪頼重・小笠原長時・村上義清・木曽義康は武田晴信が
 武田氏の家督交代をみてとった。政権交代で軍備も手薄で
あると領土拡大を目論んだ。
 小笠原長時、村上義清、諏訪頼重、木曽義康の武田晴信を
 叩こうと、甲信国境に1万6000の兵を出した。
そして、茅野まで来た。

武田晴信は甲府躑躅ヶ崎→「中の棒道」→若神子(現北杜市)
 →(長坂町)→大井ヶ森→小淵沢→葛窪(現長野県富士見町)
 しかし、武田晴信が兵8000で連合軍を打ち破って撃退した。
※甲陽軍鑑の時代があわないとして疑問視されている。
 (★ウィキペディア)

 武田・諏訪両家の関係は悪化した。
 武田晴信は惣領諏訪頼重に不満を抱く諏訪庶流の高遠頼継、
 諏訪下社の金刺昌春らを調略により味方に付けた。

諏訪郡・北佐久郡を攻略の準備に取りかかった。

まずが、諏訪頼重が武田信虎・村上義清と勝手に和睦した
したことを盟約違反として打つことにした。

6月24日 武田晴信は諏訪頼重を攻撃するために甲府躑躅ヶ崎館
 を出立した。

  (★「武田信玄」:新田次郎著では700騎:3000の兵)

 武田晴信は甲府躑躅ヶ崎→「中の棒道」→若神子(現北杜市)
 →(長坂町)→大井ヶ森→小淵沢→葛窪(現長野県富士見町)

6月?日 諏訪頼重は武田晴信の侵攻の情報を信じなかった。
     偵察を出した。

6月28日 諏訪頼重は上原城に軍を召集した。
(★「武田信玄」:新田次郎著では350騎:800の兵
     ・・千野伊豆入道が用意した兵であった。)
(★ウィキペディア:諏訪軍の兵力は150騎、歩兵
   700〜800人。)

6月29日 諏訪郡に侵攻し、御射山(現富士見町)に布陣した。


7月1日  諏訪頼重が出撃した。
   矢崎原(茅野市)で武田軍と対峙した。


 『千野伊豆入道が兵を率いて、御射山に向かった。
  しかし、小笠原長時は塩尻峠で固まっていた。
  高遠頼継は「ご安心くだされ、応援に出陣し申す。」
  と頼重に書状を送った。・・・』
(★「武田信玄」:新田次郎著)


 武田軍と対峙した。

7月2日 高遠城主:高遠頼継が武田晴信に呼応に応じて杖突峠から
     諏訪に侵攻して安国寺附近に放火した。
(★「武田信玄」:新田次郎著では、兵2000)

諏訪頼重は高遠頼継が裏切ったのを初めて知った。
(★「武田信玄」:新田次郎著)
諏訪頼重は千野入道に高遠頼継を討つように命じた。
夜、千野入道は夜襲をかけた。しかし、戦死した。
武田晴信は「惜しい男をなくしたな。」・・・・。
(★「武田信玄」:新田次郎著)
その後、神長官:守矢頼真や有賀城:千野靱負尉
   (ゆきえのじょう)は武田晴信の家臣になっている。

   諏訪頼重は挟み撃ちを恐れて上原城を焼き払った。
★武田晴信や高遠頼継に上原城を使われないように
 するためである。
   
   夜、諏訪頼重は桑原城に移った。
       そして、桑原城に立て籠もった。
   
  
7月3日 武田晴信は桑原城下に兵を進めた。
高遠頼継も桑原城下に兵を進めた。
   3方から桑原城を包囲し攻撃した。
    
  しかし、追い詰められた諏訪軍は激しく抗戦した。
  折からの雨で、城攻めを中止した。
  武田晴信は包囲を解いて後退した。
★武田晴信の作戦であった。思った通り、
   諏訪兵の逃亡が始まった。・・・・・
「これで、兵が減れば、・・・桑原城は落ちる。」


 夕方、諏訪頼重は城の警備を検分をしに出かけた
     諏訪頼重を見た家臣が頼重が城を捨てたと思い込み
     逃げて始めた。
夜、諏訪頼重が陣に戻ってみると、大部分の兵は逃亡していた。
    
     桑原城で諏訪頼重と一緒に夜を過ごしたのは僅か20名
     程だった。
 (★NHK大河ドラマ「風林火山」などでは・・・)
桑原城に残ったのは諏訪一門とわずかな城兵だけとなった

★7月3日の夜、諏訪頼重&武田晴信は何を想ったのだろうか?
 頼重「武田晴信の妹は我が妻・・・降伏して命乞いをしようか?」
晴信「明日になれば、兵も食料ないので、降伏するだろう。
    禰々もいるので、攻撃したくはない。・・・
   それに、無駄に配下を死なせたくはない。・・」

7月4日 武田晴信は和睦の申し入れをした。
 板垣信方は降伏を勧めに行った。
(★「武田信玄」:新田次郎著)


  諏訪頼重は武田晴信の妹婿である縁を利用して、晴信に和睦を
  申し入れた。晴信はこれを受け入れた。
和睦の条件として諏訪頼重の生命は保障されていた。

(★ウィキペディアの説)
7月5日 桑原城を開城した。
諏訪頼重・弟:大祝頼高を甲府へ連行した。
しかし、2人は甲府の東光寺に幽閉された。
★騙されたと思ったが、後の祭りであった。
7月21日 武田晴信は約束を反故にして、諏訪頼重と実弟:
  大祝頼高を切腹させた。
 諏訪惣領家は事実上滅亡した。

◆案内板〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
天文11年(1542)7月4日、諏訪頼重は武田信玄に攻められて
上原城からのがれ、ここ(桑原城)で敗れた。
頼重は甲府に送られた。

「 おのずから 枯れ果てにけり 草の葉の
 主あらばこそ またもむすばめ 」

の時世を残して割腹し、諏訪惣領家は一旦滅亡したという
悲史を伝えている。
  今、東光寺に、頼重と弟の大祝頼高(おおほうり)を祀る
小さな五輪塔二基が建っており、また志賀神戸の頼重院
(らいじょういん)には頼重を祀る供養塔がある。
(★桑原城案内板:昭和58年)
★頼重院にも行ったが、写真が消滅している。

9月 諏訪家惣領職を望む高遠頼継が武田晴信に対して挙兵した。
高遠頼継は藤沢頼親と結んで諏訪郡へ侵攻して上原城を落した。
 
 武田晴信は寅王を諏訪総領家をして宣言し、諏訪一族を結束
 させた。 
 武田晴信は板垣信方を先陣とする救援の軍を送った。
 ※安国寺の戦い
  板垣信方は高遠頼継を撃破して諏訪領を掌握した。

・天文12年(1543)
4月 板垣信方を「諏訪郡代(上原城代)」に任じた。
5月  板垣信方は上原城を整備した。 
  ・上原城城将:板垣信方を諏訪郡代「諏方郡司」とした。
  ・桑原城に城将を置いた。  
     (★『高白斎記』)
***桑原城**********************
◎◎◎
◎◎◎
◆◆ 真田3代のブログ一覧 ◆◆


〜〜〜2016年【真田丸シリーズ】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲箕輪城183真田丸1【真田幸綱・昌幸・幸繁
と箕輪城との関わり】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_3.html

箕輪初心:生方★【真田丸2】:実田の出自→真田幸綱(幸隆)の生涯
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸3【真田本城】新名所:堺&長沢の腰掛け椅子
http://53922401.at.webry.info/201601/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田丸4【真田氏館&真田氏歴史館】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸5【真田長谷寺】真田幸綱・正妻:河原隆正妹
・真田昌幸の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田丸6【生島足島神社】武田信玄の起請文
・真田信之の起請文
http://53922401.at.webry.info/201601/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田丸8『産経新聞記事』:大河「真田丸」群馬の歴史発信
http://53922401.at.webry.info/201601/article_10.html

箕輪初心:生方★真田丸9【真田幸綱(幸隆)の3人の妻】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_12.html

箕輪初心:生方★真田丸10【真田昌幸の生涯4−@:誕生〜19歳:
父と上野吾妻侵攻】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_13.html

箕輪初心:生方★真田丸11【真田昌幸4−A17歳?箕輪城攻撃
〜27歳父:幸隆死亡】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_14.html

箕輪初心:生方▲真田丸12【第12弾:戦国真田の岩櫃城跡探検隊】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸13【真田幸隆の旧中之条侵攻】と沢渡温泉
&和光庵&つむじ
http://53922401.at.webry.info/201601/article_16.html

箕輪初心▲真田丸14【真田道→三国街道】2016スキー@新潟『神楽』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸15『真田丸第2話「決断」のあらすじ』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_19.html

箕輪初心:生方▲真田丸17【真田昌幸:名胡桃城:沼田城攻略までの過程】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_20.html

箕輪初心:生方▲真田丸18【名胡桃事件への過程→秀吉の小田原攻撃】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_21.html

箕輪初心:生方▲真田丸19『2016大河ドラマ用整備後の名胡桃城景観』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸20【関越自動車道付近の城】&
スキー2新潟:神立スキー場
http://53922401.at.webry.info/201601/article_23.html

箕輪初心:生方▲真田丸21沼田城:初詣【真田氏と沼田城】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_24.html

箕輪初心:生方▲真田丸22『第3話:「策謀」のあらすじ』
&登場人物の解説
http://53922401.at.webry.info/201601/article_25.html

箕輪初心:生方▲真田丸23【沼田正覚寺】信之の妻:小松姫の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_26.html

箕輪初心:生方▲真田丸24【高崎→18号→上信越道の城】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_27.html

箕輪初心:生方▲真田丸25【坂本城2回目&虚空蔵山烽火台】
:武田信玄の築城?
http://53922401.at.webry.info/201601/article_29.html

箕輪初心:生方▲映画『信長協奏曲』面白過ぎのあらすじ
http://53922401.at.webry.info/201601/article_30.html

箕輪初心:生方▲真田丸26【松井田愛宕山城】:真田幸繁の初陣説
http://53922401.at.webry.info/201601/article_31.html

箕輪初心:生方▲真田丸27【倉渕鑰掛(かぎかけ)城】:真田昌幸
の狼煙台?
http://53922401.at.webry.info/201601/article_32.html

箕輪初心:生方▲真田丸28【榛名:鷹留城】真田昌幸の侵攻
http://53922401.at.webry.info/201601/article_33.html

箕輪初心:生方▲真田丸29【TV第4話「真田昌幸VS徳川初対決
〜本能寺】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_1.html

箕輪初心:生方▲真田丸30【真田昌幸と滝川一益との腐れ縁:友情】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_2.html

箕輪初心:生方▲真田丸31【真田幸隆の知恵:徳川家康を利用して
造った上田城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_3.html

箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_4.html

箕輪初心:生方▲真田丸33【真田ゆかりの地:上野国編詳細16市町村】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_5.html

箕輪初心:生方◆真田丸34「沼田街道」&2016スキーbT&bU
【岩鞍スキー】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸35【松尾古城】角間館の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸36:第5話【織田信長の死→窮地】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田丸37【真田天白城】真田昌幸長男
:真田信綱の築城?
http://53922401.at.webry.info/201602/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸38【矢沢城】&真田昌幸の叔父:矢沢頼綱の生涯
http://53922401.at.webry.info/201602/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田丸39【真田:洗馬(せば)城】:横尾氏の詰め城
→真田氏の城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田丸40【真田根小屋城】:真田氏の支城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_14.html

箕輪初心:生方▲真田丸41【米山城・戸石城・本城・枡形城】
真田幸隆乗取&真田兄弟対決
http://53922401.at.webry.info/201602/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸42真田の里【真田氏館&真田本城
&支城群一覧】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸43:第6話【迷走】のあらすじ
&「森長可の撤退」
http://53922401.at.webry.info/201602/article_19.html

箕輪初心:生方▲真田●44【佐久内山城】真田幸隆&大井貞清
http://53922401.at.webry.info/201602/article_20.html

箕輪初心:生方▲真田○45:【諏訪の上原城】&板垣信方と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201602/article_21.html

箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
http://53922401.at.webry.info/201602/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸47【芦田城】芦田氏と真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_23.html

箕輪初心:生方▲真田丸48【佐久:春日城】依田信蕃と真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201602/article_24.html

箕輪初心:生方▲真田丸49【望月城】望月氏&真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_25.html

箕輪初心:生方▲真田丸50第7話『滝川一益の逃亡』
箕輪城→小諸城へ
http://53922401.at.webry.info/201602/article_26.html

箕輪初心:生方▲真田丸51【海ノ口城】武田信玄初陣
&184「箕輪城」武田勝頼&真田幸繁の初陣
http://53922401.at.webry.info/201602/article_27.html

箕輪初心:生方▲真田●52『伴野氏館=野沢城』&伴野氏の歴史前編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_28.html

箕輪初心:生方▲真田●53『前山城』&伴野氏の歴史後編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_29.html

箕輪初心:生方▲真田●54【佐久稲荷山城:勝間城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_30.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心:生方▲真田丸 57「第8話『調略』のあらすじ&川中島
http://53922401.at.webry.info/201602/article_32.html

箕輪初心:生方▲源頼朝44【平賀義信】&『佐久平賀城』
http://53922401.at.webry.info/201603/article_1.html

箕輪初心:生方▲真田●58【大井城】&「大井一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_3.html

箕輪初心:生方▲真田●59【志賀城】:笠原清繁&高田憲頼
/大虐殺&人身売買
http://53922401.at.webry.info/201603/article_4.html

箕輪初心:生方▲真田●60【佐久平根白岩城:平尾氏館】&真田の本
http://53922401.at.webry.info/201603/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田●61【佐久平尾城】&スキー11「佐久PARADA」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田●62【小田井城】:約20haの巨大な城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田丸63TV第 9話【天正壬午の乱】のあらすじ
&平山優説の違い
http://53922401.at.webry.info/201603/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田●64「真田幸綱(幸隆)の武田晴信への臣従諸説」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
http://53922401.at.webry.info/201603/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田●66【布引観音&布引城】:望月源三郎と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201603/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田丸67【禰津下の城】:禰津一族&真田一族
http://53922401.at.webry.info/201603/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田●68【上田原の戦い】&4つ小説
http://53922401.at.webry.info/201603/article_13.html
箕輪初心生方▲真田●69【林城】:小笠原長時の生涯詳細版
http://53922401.at.webry.info/201603/article_14.html

箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』
&曳間城(浜松城の前身)
http://53922401.at.webry.info/201603/article_15.html

箕輪初心:初心▲岡谷【花岡城】&武田晴信の諏訪西方衆の反乱
http://53922401.at.webry.info/201603/article_16.html

箕輪初心生方▲真田丸71【諏訪上社前宮〜上社本宮&
「信長と光秀&真田信繁?因縁の法華寺」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_17.html

箕輪初心:生方▲諏訪:有賀城:鎌倉街道を守る城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸72【高島城】日根野高吉→諏訪頼水
&真田昌幸&松平忠輝&吉良義周
http://53922401.at.webry.info/201603/article_19.html

箕輪初心:生方▲『諏訪大熊城』:千野氏の城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_20.html

〜〜〜★真田3代〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●「滋野一族→海野一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_25.html

箕輪初心●真田3代@「実田→真田幸隆の出自」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_26.html

箕輪初心●真田3代A幸隆の箕輪城居候1541〜旧領奪回1551
http://53922401.at.webry.info/201111/article_27.html

箕輪初心●真田3代B『川中島の戦い&真田の上野国進出』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_28.html

箕輪初心●真田3代C『真田信綱→真田昌幸の時代』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_29.html

箕輪初心●真田3代D『5回主家を変えた真田昌幸』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_30.html

箕輪初心●真田3代E『小田原攻撃〜第2次上田戦争
〜大阪の陣』
http://53922401.at.webry.info/201112/article_1.html




〜〜〜真田&信濃国(長野県)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心■長野:第21回海野宿ふれあい祭&グルメ
http://53922401.at.webry.info/201111/article_24.html

箕輪初心;生方▲2015信濃【真田の里:上田巡り1回目】
http://53922401.at.webry.info/201511/article_18.html

箕輪初心:生方▲2015真田の里:上田巡り2回目
http://53922401.at.webry.info/201511/article_19.html

箕輪初心●長野:海津城=松代城:川中島の戦いでの信玄の拠点
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_14.html
 
箕輪初心◆長野:松代藩真田家藩士の家巡り ●● 
http://53922401.at.webry.info/201309/article_13.html

箕輪初心▲長野:松代▲大室城前→奇妙山砦&尼飾山城ハイキング
http://53922401.at.webry.info/201412/article_17.html


★明日は茅野市の城かな?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲【諏訪:桑原城】:諏訪頼重*滅亡の舞台】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる