城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』&曳間城(浜松城の前身)

<<   作成日時 : 2016/03/14 09:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★「真田丸」が気に入らないのは、和睦交渉は井伊直政であったのに
全く登場しないことである。

8月 天正壬午の乱  北条氏直は若神子城(北杜市須玉町若神子)
に本陣を置き、徳川家康は新府城・能美城を本陣に置いた。
北条氏直と、徳川軍との対陣は80日間に及んだ。滝川一益敗退後、
北条に帰参していた真田昌幸や木曾義昌が離反し、依田信蕃・真田
昌幸が北条軍の碓氷峠(入山峠?)〜小諸で補給路を遮断した。
黒駒合戦で、別働隊の北条氏忠・北条氏勝が黒駒(笛吹市御坂町)
で徳川方の鳥居元忠らに敗退すると戦線は膠着した。その後、織田
信雄・信孝兄弟の調停もあり、10月27日、北条と徳川は和睦した。
上野は北条氏直、甲斐・信濃は徳川家康が領有し、徳川家康の娘が
北条氏直に嫁ぐことで同盟が成立した。そして、天正11年(1583)
8月15日、徳川家康の娘:督姫が北条氏直に嫁いだ。
 (★真田三代:平山優著)
画像

画像



・天正10年(1582)
北条氏直は「甲斐は祖父:武田信玄の旧領国」と領有を強く望んだ。
10月27日、徳川と北条の和睦により、甲斐・信濃・上野の覇権を
賭けた両氏の争いは一旦おさまった。やや、北条にとっては、不利な
条件であった。
◆徳川家康の憂い:史実〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)上野の沼田領は真田昌幸は徳川家康と手を組む条件として、徳川
家康が真田昌幸に安堵した地であった。・・・
「真田が簡単に沼田領を手放すとは思えない。・・・」

2)羽柴秀吉である。羽柴秀吉は、織田信長の葬儀で、自分が喪主で
あるかのようにふるまっていた。跡継ぎに吉法師をさせることに成功
もしているのだ。織田氏の首座に君臨するのは明白であった。
羽柴秀吉は必ず、そのうち何か仕掛けてくるであろう。

〜〜〜真田三代:平山優著〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・天正11年(1583)
1月    真田昌幸は馬場信春の娘婿:丸子(依田)三左衛門を
攻めた。・・・丸子氏は真田昌幸の家臣になった。
室賀正武以外の小県を地を平定した。
2月22日 岩尾城の戦い  依田信蕃の討ち死に
14歳の嫡子を松平康国と名乗らせ、家督を継がせた。

3月    上杉景勝は牧之島城主:芋川親正に警戒を厳重にせよ
と通達した。
徳川家康は甲斐に出陣した。
3月10日 徳川家康は「佐久・小県の反抗勢力を取り除くため
      に出向く。」と真田昌幸に手紙を送った。
徳川家康は諏訪頼忠を臣従させた。
徳川家康は上杉景勝の北信濃攻略も企んでいた。
上杉方の屋代秀正に内応の手紙を出していた。
現千曲市、屋代城&荒砥城主であった。
密偵?隠し球となって海津城にいた。

     上杉景勝は「家康の狙いは虚空蔵山城。」と警戒した。

3月15日 徳川方の真田信伊は長沼城代:島津忠直に手紙を
送り、徳川方にした。

3月21日 徳川家康は真田昌幸に不意に虚空蔵山城を攻撃させた。
上杉方の駒沢主税が戦死した。
上杉軍は真田軍をなんとか撃退した。

3月?日 甲府の徳川家康の元に、真田昌幸・小笠原貞慶・諏訪
頼忠・保科正直が出仕し、臣従の礼をとった。

4月2日 上杉景勝は飯山城代:岩井信能に虚空蔵山城の救援を
命じ自ら出馬しようとした。

しかし、北陸で佐々成政と上杉景勝の衝突となった

4月?日 真田昌幸は海土淵に(上田城)を造り始めた。
★小泉氏の城を大改修した。危険な工事であった。

平山優氏は「上田城は徳川軍が築いた後、真田昌幸に
  下賜された」という史料が見つかった。

5月?日 上杉景勝は虚空蔵山城に終結させた。
しかし、上杉景勝は上田城を攻めず、麻積城・青柳城
を攻めた。小笠原貞慶を衝突した。
上杉景勝は勝利したが、全軍を引き上げさせた。

真田VS上杉の上田城の戦いは回避された。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



●真田屋敷
室賀がいきり立つ。
「お主はなめられているのだ。」

昌幸「ようわからん。」
・出浦「・・ほっとけ、・・・」

信繁「・・事情があったのでは?」


●浜松城
徳川家康にとっては、つかの間の安らぎであった。
くつろいでいた。・・
徳川家康はようやく落ち着いたが、先ず「沼田問題・・」


家康の家臣:本田正信
「「殿、昌幸は今はまだ雑魚に過ぎないかもしれませぬが、手なずけ
 ておかないと。やがて脅威になるかもしれませぬ。」
と家康に忠告した。
昌幸は猛毒を持っております。」
「そうなのか?・・しかたないのう。」


そこで、徳川家康は真田昌幸を浜松城に呼び寄せようと考えた。



●真田屋敷
真田昌幸は
「乗ってみるのも一興か?」

真田信幸・信繁・信尹を浜松城に送りこむことにした。


●浜松城
浜松城に来たのは、信幸・信尹・信繁だった。
「父が病気故・・・名代で・・・・」
家康は昌幸が来なかったことを不満思いながらも、北条との戦いで
真田が尽力したことに対する感謝した。
「・・感謝する。      」
信幸
「ありがたきお言葉・・
それにしても、まさかその北条と手を結ばれるとは思いませな
 んだ。・・・とは、父の言葉でございます。」

徳川家康はむっとした。
「そうもうすな。・・・」
信幸は気にもしないふりをして、


「虚空蔵山城をご存じですか?」
「上杉の・・・知っておる。・・・」
「上杉方と徳川方の境目にある虚空蔵山城を足がかりに、上杉が
 信濃の支配を狙っているようです。」
と進言した。
「そうか?      」
信幸
「虚空蔵山城のほぼ正面に当たる海士淵(あまがふち尼ヶ淵=上田城)
に新しい城を築き、上杉の侵攻に備えるべきです。」
と提案した。
家康「城を?」
信幸「さよう。いざという時に、徳川方の軍勢が入れるだけの
   城を、この海士淵に・・・」
と、・・・・
家康「城を築いたとして、守るのは誰だ?」
信幸「我ら真田が謹んでお守りつかまつる。」
・・・・
信繁・・くくく。
信繁・・・我慢。

家康「真田の為に、わしに城を築けと申すのか?」
正信
「いい加減にしろ・・・」
信幸「我らにはかような城を造る力までござらぬゆえ。」
上杉・・・

家康「う〜ん。」・・・只今、思案中、・・・
難色を示す家康だった。

本多正信
「・・・確かに上杉の抑えになる。
・・・」
の一言で、家康はこれを承諾した。
「造って進ぜよう。」

信繁はすかさず、
「これをご覧ください。」

図面を広げた。
家康「それはよい。・・・」
  「人手や材木の手配を担おう。」
と約束した。

★しかし、家康がただで築城を引き受けるはずもない。
  交換条件を出してきた。

家康「その代わりといってはなんだか、
   こちらもひとつだけ頼みがある。沼田をもらい受けたい」

信伊「しかしながら、・・・・」
これが北条に渡ってはたまらない。
真田信尹は激しく反発する。
家康はすっとぼけ、話は平行線をたどった。

◆過去編:回想シーン

家康は北条との和睦の際、沼田領を北条に譲ると約束してしまって
いたシーン・・・。
沼田領は、真田が先の戦いで北条を退けたら、という条件で信尹が
安堵を取り付けた地であった。
信尹「しかしながら、徳川様は沼田城と岩櫃城の安堵をお約束して
   下さいました。」
家康「はて?そうであったか?」
信幸「約束でござる。・・・」
信伊「じゃがでは、ござらん。」

本多忠勝(仮面ライダー)は
「何を申す?・・」
と刀の抜いた。
信繁も刀を抜き、押さえた。
小刀を畳に置いた
家康「まあ、待て・・・」



◆ナレーター&地図


「このけんは・・」
信尹は、
「いったん持ち帰って昌幸と相談しまする。」
と言い、結論は持ち越しとなった。


●浜松城の真田の部屋
真田信幸は徳川家康との交渉の気疲れでぐったり・・・。
真田信幸は本多忠勝の威圧感にびびっていた。
「わしは家康の横にいる男は苦手じゃ?」
※後年、真田信幸は本多忠勝の娘:小松姫を妻として迎えるのだが、
この時の信幸はまさかそうなるとは知る由もなかった。
「いずれ、・・」

「わしは・・・」

●浜松城主郭
家康「真田には困った。」
家康の側室:阿茶局は、昌幸の母親:とりがいるという事を知り
家康に伝えた。
「徳川が集めた人質のなかにふてぶてしい態大きい方がいら
っさいます。真田安房守の祖母と言っております」

ばばは野菜を運んできた。
家康は
「そなたは真田安房守の祖母か?」
「いかにも・・」
「何をしておった?」
「・・・収穫しておった。」

・・・・・

「徳川三河の守様でございます。」

木曽義昌の元に人質として残ったとりは、木曽が徳川に降伏した事で
徳川の人質となっていた。
◆史実では、確か10月27日だっけか?

その晩、徳川家康は宴の席を設けた。

家康「とっておきの趣向がござって・・・・」

家康
「信幸殿、今や徳川と真田は堅い絆で結ばれておりもうす。
 ・・・」
信幸「なんと・・・」

真田信幸・信繁の祖母:とりがいた。
「婆様・・・」
信幸・信繁はびっくりしたと同時に喜んだ。
まさかとりが徳川の人質になっていたとは思っていなかった
真田3人はとりの無事を喜んだ。
家康「真田殿にお返しする。」
を真田に返す事を約束した。

とり
「そこにいるのは信伊か?」
「はい。」
「肩くらいもまんか?」

★徳川家康の真田たちの忠誠心を上げるため、また、沼田領の件を
優位に進めるための策だった。

家康「沼田の件、よしなに」

●真田屋敷
3人は真田屋敷に戻った。
真田信幸は、さっそく浜松城であったの話を昌幸に報告した。

昌幸は、家康が海士淵に城をつくると約束したことで、沼田領を
譲る決心をした。
「しかし、叔父上が何というか?」

◆ナレーター
沼田城を含む上野を任されていたのは矢沢綱頼だった。

●小田原城
氏政「真田め、裏切りおった。
 またしても・・・」
氏直「真田の沼田城を攻めましょう。」


●沼田城
真田昌幸の叔父:矢沢頼綱が頑として受け入れない。

頼綱「北条に渡すくらいなら、わしはこの城に火をつけて腹を
   切る。」
信幸「とりあえず一時の話でございます。今は家康の顔を立てて
  北条に渡しましょう。いずれは我らのもとへ・・・」
頼綱「いやじゃ・・・」
矢沢綱頼は頑固だった。

●小田原城
氏政「・・・・」


●沼田城
 矢沢頼綱はなんと明け渡しを要求してきた北条の使者を切り殺して
 しまった。

●真田屋敷
「血の気の多い御仁だからのう。
・・・。」
★真田昌幸はなえがしろにできるような人物であった。凄すぎる
 叔父だったのである。

●小田原城
これに怒った北条はすぐに攻め込んできたが、
「口実ができた。」

◆ナレーター
「・・・・・」

●沼田城
矢沢頼綱軍の必死の反撃で沼田城には近づけない。


●真田屋敷
昌幸は叔父を助けたいが、今は家康についている身である。
「援軍を送るわけにはいかない。」
頼綱に援軍を送れば、間接的に家康に逆らったことになってしま
うことになる。

上田城の築城が進行中・・・・・
「ここは・・・」
と高梨内記と将棋・・・負けそうであった。
昌幸は刀の先は当たったふりして、駒をぐちゃぐちゃにした。

そこで、真田昌幸は
「上杉の力を借りることにする。」

しかし1ヶ月前、昌幸が上杉氏を裏切ったばかりであった。
真田氏に力を貸すとは到底思えない。
昌幸「もう一度上杉と結ぶ。」
信繁「上杉がうんと言うでしょうか?」
昌幸「いわんだろう。あれだけ、はっきりと・・・裏切って
しまったからな。・・・よって、策を用いる。
信繁「どのような?」
昌幸「知恵を働かせよ。・・・お前に任せた。」
信繁「はい。」
とわくわくしながら、引く受けた。



●作兵衛宅
信繁「父から大事な役を引き受けた。」
「それはよかったですね。」
・・・・・・・・
「もったいないお言葉です。」
・・・・
梅は驚くことを信繁に伝えた。
「おなかに、ややっこが・・・」
「ややっこが」
梅、妊娠!?
なんと梅のお腹の中には、信繁の子が宿っているという。

信繁は、梅の肩を抱き寄せると、
「なんとしてもこの大仕事を成し遂げなくてはならん。」
と・・・・

◆ナレーター
「上杉景勝が

●春日山城
信繁は景勝のいる春日城を訪れた。
「殺されるかも・・・」

直江「どのつらさげて・・・」
信繁「父の名代できました。」
景勝「お主の父は真田信伊ではないのか?」
信繁「私は真田安房守の次男:源二郎信繁です。
   春日信達を調略するために、信尹の息子と名乗ってい
   ました。申し分けございません。」
と詫びた。

直江兼続は上杉を裏切ったことに怒り心頭:頭にきのこ・・・
直江は刀で、即刻切り捨てようとする。
「源二郎信繁・・・」
景勝「兼続、待て。」
家臣が信繁の首に刀を向けながら・・・切っ先で囲んだ。

まずは話を聞くことになった。
信繁「今、徳川が上田平の城を築いていることをご存じでしょうか?」
景勝「知っておる。」
信繁「城が完成したら、そこには真田が入ります。」
直江「その城を拠点に虚空蔵山城を攻めるつもりであろう?」
信繁「逆に、徳川に備えるための城です。
   その城を拠点に上杉氏の虚空蔵山城を攻めると
  家康には話してあります。
  が、それは表向きの理由です。
景勝「ほう、・・・」
信繁「真田家は徳川に仕える気など毛頭ありません。」
  ときっぱり言い放った。
景勝「・・・」
信繁「真田は、信濃の小県に加え、上野の沼田を領地としております。
   正々堂々と戦で勝ち取った土地にござる。」

信繁「その真田の領地を、北条と徳川は勝手に分けてしまいました。」
景勝「それで?」、
信繁「その真田の領地を、北条と徳川は勝手に分けてしまいました。
  到底受け入れられるものではありませぬ。
  ・・・真田には真田の意地があります。武士としての誇りを守り
  たいと存じます。」

景勝「武士の誇りを大事にする?・・。」
義を重んじる景勝はこれには心を動かされた。

信繁「そのためには、上杉と武田で戦芝居をして欲しいのです。」
  
景勝「戦、芝居??」

◆ナレーター
 「上杉に援軍を出してもらうのではなく、戦芝居を演じてほしい
   と頼んだのだった。」

信繁「真田が(虚空蔵山城を)攻めます故、上杉様には見事撃退して
   いただきとうございます。」
景勝「それでどうなる?」
信繁「『上杉方は勢いに乗って、次は上野の北条軍を攻めるらしい。』
   と噂を流します。それを耳にした北条は沼田城どころではなく
   なり撤退するはず。そのための戦芝居です。

景勝は右手で、内側から外に胸の前で手を払った。
信繁の首を取り囲んでいた刀がなくなった。

景勝「面白い。・・・殺されるかもしれるのにわしのところにやって
   来た。お主の勇気に免じて、この話乗ることにしよう。」
信繁「ありがとうぞんじます。」

戦芝居作戦の話、大成功!・・・
信繁が天守を出た。
「此度もだめされるなら・・・わしはそれまでの男なのだ。」
と兼続に聞こえるような?独り言を言った。

真田軍を虚空蔵山で上杉軍が撃退する。


●沼田城
矢沢綱頼・・・


● 虚空蔵山城近く
虚空蔵山城で、真田軍と上杉軍の戦芝居がおこなわれた。
「・・・」
しばらくして、真田軍はほら貝や銅鑼を派手に響かせて、虚空蔵山
城近くに攻め入ってきた。上杉軍も負けじ、鳴り物で応戦する。
鳴り物合戦が繰り広げられる。

城門の前で真田信繁と直江兼続の目があった。
信繁はゆっくり頷いた。信繁と直江兼続が目配せした
「やめ??」
の合図に、真田軍が武器を納めて引き返した。
★なんと音だけだった。
上杉軍は勝ちどきを上げた。

全ては、芝居だった。

●沼田城近くの城・・
★たぶん、長井坂城にいたはずなので、本当は城下町はない。
 箕輪城の想定したのであろう。

百姓風の男「上杉軍は上野を攻めるらしい。」
★実は佐助が噂を流してした。


◆ナレーター
「真田軍が上杉の虚空蔵山城を攻め、返り討ちにあったという噂は
 すぐに各地に広まった。」
徳川家康や北条氏政の耳にも届いた。

●たぶん箕輪城?・・・北条氏邦が鉢形城&箕輪城の兼任城主
 2万の兵を駐屯させるのに適した場所なのだ。
北条氏政&氏直・・・
氏政「上杉にそんな力があったかのう?」
氏直「猿芝居じゃ・・・」
そして北条は、沼田城からいったん兵を退くことを決断した。

●真田屋敷
昌幸「これで、北条もしばやくは動かんだろう。」

●浜松城
家康「海士淵の城の完成を急がせよ。」
本多正信「真田は・・・何か、企んでおるのか?」

◆ナレーター
「信繁の策は見事に当たり、一人の死者も出さずに北条を撤退させる
 ことに成功したのだった。」

●作兵衛宅
信繁は意気揚々と作兵衛宅に向かった。

信繁「梅、・・・そなたはなくてはならない人だ。」
梅「うれしゅうございます。」
信繁「妻になってくれまいか?」
梅「そのお言葉、お待ち申しておりました。」
★信繁のプロポーズだった。できちゃった婚であった。


●浜松城
徳川家康のもとに北条から手紙が届いた。
手紙には、「沼田領について真田を説得してほしい。」
と書かれていた。
しかし、家康は、西の羽柴秀吉のことでの頭がいっぱいだった。
「もし秀吉が攻めてきた時、誰が味方になり誰が敵となるか。」
を思案していたのだ。

正信「西に集中するためにも、先に東の憂いを取り除いておき
   ましょう」

正信「真田安房守、そろそろ死んでいただきましょう。」
   正信は、真田昌幸の暗殺を企てていたのだった。


◆真田ゆかりの地案内

1)浜松城
画像

・徳川家康がいたのは、浜松城の前身:曳間城だった。
浜松城の前身・・・
画像

画像

画像

画像



2)三方ヶ原 
画像


箕輪初心★小幡一族&熊井土一族&三方原の戦
http://53922401.at.webry.info/201304/article_10.html



◎◎◎
◎◎◎
◆◆ 真田3代のブログ一覧 ◆◆


〜〜〜2016年【真田丸シリーズ】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲箕輪城183真田丸1【真田幸綱・昌幸・幸繁
と箕輪城との関わり】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_3.html

箕輪初心:生方★【真田丸2】:実田の出自→真田幸綱(幸隆)の生涯
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸3【真田本城】新名所:堺&長沢の腰掛け椅子
http://53922401.at.webry.info/201601/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田丸4【真田氏館&真田氏歴史館】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸5【真田長谷寺】真田幸綱・正妻:河原隆正妹
・真田昌幸の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田丸6【生島足島神社】武田信玄の起請文
・真田信之の起請文
http://53922401.at.webry.info/201601/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田丸8『産経新聞記事』:大河「真田丸」群馬の歴史発信
http://53922401.at.webry.info/201601/article_10.html

箕輪初心:生方★真田丸9【真田幸綱(幸隆)の3人の妻】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_12.html

箕輪初心:生方★真田丸10【真田昌幸の生涯4−@:誕生〜19歳:
父と上野吾妻侵攻】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_13.html

箕輪初心:生方★真田丸11【真田昌幸4−A17歳?箕輪城攻撃
〜27歳父:幸隆死亡】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_14.html

箕輪初心:生方▲真田丸12【第12弾:戦国真田の岩櫃城跡探検隊】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸13【真田幸隆の旧中之条侵攻】と沢渡温泉
&和光庵&つむじ
http://53922401.at.webry.info/201601/article_16.html

箕輪初心▲真田丸14【真田道→三国街道】2016スキー@新潟『神楽』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸15『真田丸第2話「決断」のあらすじ』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_19.html

箕輪初心:生方▲真田丸17【真田昌幸:名胡桃城:沼田城攻略までの過程】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_20.html

箕輪初心:生方▲真田丸18【名胡桃事件への過程→秀吉の小田原攻撃】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_21.html

箕輪初心:生方▲真田丸19『2016大河ドラマ用整備後の名胡桃城景観』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸20【関越自動車道付近の城】&
スキー2新潟:神立スキー場
http://53922401.at.webry.info/201601/article_23.html

箕輪初心:生方▲真田丸21沼田城:初詣【真田氏と沼田城】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_24.html

箕輪初心:生方▲真田丸22『第3話:「策謀」のあらすじ』
&登場人物の解説
http://53922401.at.webry.info/201601/article_25.html

箕輪初心:生方▲真田丸23【沼田正覚寺】信之の妻:小松姫の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_26.html

箕輪初心:生方▲真田丸24【高崎→18号→上信越道の城】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_27.html

箕輪初心:生方▲真田丸25【坂本城2回目&虚空蔵山烽火台】
:武田信玄の築城?
http://53922401.at.webry.info/201601/article_29.html

箕輪初心:生方▲映画『信長協奏曲』面白過ぎのあらすじ
http://53922401.at.webry.info/201601/article_30.html

箕輪初心:生方▲真田丸26【松井田愛宕山城】:真田幸繁の初陣説
http://53922401.at.webry.info/201601/article_31.html

箕輪初心:生方▲真田丸27【倉渕鑰掛(かぎかけ)城】:真田昌幸
の狼煙台?
http://53922401.at.webry.info/201601/article_32.html

箕輪初心:生方▲真田丸28【榛名:鷹留城】真田昌幸の侵攻
http://53922401.at.webry.info/201601/article_33.html

箕輪初心:生方▲真田丸29【TV第4話「真田昌幸VS徳川初対決
〜本能寺】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_1.html

箕輪初心:生方▲真田丸30【真田昌幸と滝川一益との腐れ縁:友情】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_2.html

箕輪初心:生方▲真田丸31【真田幸隆の知恵:徳川家康を利用して
造った上田城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_3.html

箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_4.html

箕輪初心:生方▲真田丸33【真田ゆかりの地:上野国編詳細16市町村】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_5.html

箕輪初心:生方◆真田丸34「沼田街道」&2016スキーbT&bU
【岩鞍スキー】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸35【松尾古城】角間館の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸36:第5話【織田信長の死→窮地】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田丸37【真田天白城】真田昌幸長男
:真田信綱の築城?
http://53922401.at.webry.info/201602/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸38【矢沢城】&真田昌幸の叔父:矢沢頼綱の生涯
http://53922401.at.webry.info/201602/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田丸39【真田:洗馬(せば)城】:横尾氏の詰め城
→真田氏の城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田丸40【真田根小屋城】:真田氏の支城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_14.html

箕輪初心:生方▲真田丸41【米山城・戸石城・本城・枡形城】
真田幸隆乗取&真田兄弟対決
http://53922401.at.webry.info/201602/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸42真田の里【真田氏館&真田本城
&支城群一覧】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸43:第6話【迷走】のあらすじ
&「森長可の撤退」
http://53922401.at.webry.info/201602/article_19.html

箕輪初心:生方▲真田●44【佐久内山城】真田幸隆&大井貞清
http://53922401.at.webry.info/201602/article_20.html

箕輪初心:生方▲真田○45:【諏訪の上原城】&板垣信方と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201602/article_21.html

箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
http://53922401.at.webry.info/201602/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸47【芦田城】芦田氏と真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_23.html

箕輪初心:生方▲真田丸48【佐久:春日城】依田信蕃と真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201602/article_24.html

箕輪初心:生方▲真田丸49【望月城】望月氏&真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_25.html

箕輪初心:生方▲真田丸50第7話『滝川一益の逃亡』
箕輪城→小諸城へ
http://53922401.at.webry.info/201602/article_26.html

箕輪初心:生方▲真田丸51【海ノ口城】武田信玄初陣
&184「箕輪城」武田勝頼&真田幸繁の初陣
http://53922401.at.webry.info/201602/article_27.html

箕輪初心:生方▲真田●52『伴野氏館=野沢城』&伴野氏の歴史前編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_28.html

箕輪初心:生方▲真田●53『前山城』&伴野氏の歴史後編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_29.html

箕輪初心:生方▲真田●54【佐久稲荷山城:勝間城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_30.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心:生方▲真田丸 57「第8話『調略』のあらすじ&川中島
http://53922401.at.webry.info/201602/article_32.html

箕輪初心:生方▲源頼朝44【平賀義信】&『佐久平賀城』
http://53922401.at.webry.info/201603/article_1.html

箕輪初心:生方▲真田●58【大井城】&「大井一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_3.html

箕輪初心:生方▲真田●59【志賀城】:笠原清繁&高田憲頼
/大虐殺&人身売買
http://53922401.at.webry.info/201603/article_4.html

箕輪初心:生方▲真田●60【佐久平根白岩城:平尾氏館】&真田の本
http://53922401.at.webry.info/201603/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田●61【佐久平尾城】&スキー11「佐久PARADA」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田●62【小田井城】:約20haの巨大な城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田丸63TV第 9話【天正壬午の乱】のあらすじ
&平山優説の違い
http://53922401.at.webry.info/201603/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田●64「真田幸綱(幸隆)の武田晴信への臣従諸説」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
http://53922401.at.webry.info/201603/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田●66【布引観音&布引城】:望月源三郎と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201603/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田丸67【禰津下の城】:禰津一族&真田一族
http://53922401.at.webry.info/201603/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田●68【上田原の戦い】&4つ小説
http://53922401.at.webry.info/201603/article_13.html
箕輪初心生方▲真田●68【林城】:小笠原長時の生涯詳細版
http://53922401.at.webry.info/201603/article_14.html

〜〜〜★真田3代〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●「滋野一族→海野一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_25.html

箕輪初心●真田3代@「実田→真田幸隆の出自」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_26.html

箕輪初心●真田3代A幸隆の箕輪城居候1541〜旧領奪回1551
http://53922401.at.webry.info/201111/article_27.html

箕輪初心●真田3代B『川中島の戦い&真田の上野国進出』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_28.html

箕輪初心●真田3代C『真田信綱→真田昌幸の時代』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_29.html

箕輪初心●真田3代D『5回主家を変えた真田昌幸』
http://53922401.at.webry.info/201111/article_30.html

箕輪初心●真田3代E『小田原攻撃〜第2次上田戦争
〜大阪の陣』
http://53922401.at.webry.info/201112/article_1.html




〜〜〜真田&信濃国(長野県)〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心■長野:第21回海野宿ふれあい祭&グルメ
http://53922401.at.webry.info/201111/article_24.html

箕輪初心;生方▲2015信濃【真田の里:上田巡り1回目】
http://53922401.at.webry.info/201511/article_18.html

箕輪初心:生方▲2015真田の里:上田巡り2回目
http://53922401.at.webry.info/201511/article_19.html

箕輪初心●長野:海津城=松代城:川中島の戦いでの信玄の拠点
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_14.html
 
箕輪初心◆長野:松代藩真田家藩士の家巡り ●● 
http://53922401.at.webry.info/201309/article_13.html

箕輪初心▲長野:松代▲大室城前→奇妙山砦&尼飾山城ハイキング
http://53922401.at.webry.info/201412/article_17.html







★明日は、茅野?諏訪・岡谷の城か砥石崩れか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』&曳間城(浜松城の前身) 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる