城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方★20151017山本隆志先生講演会『山名義範の子孫:山名時氏』

<<   作成日時 : 2015/11/09 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山名時氏は南北朝の動乱では源氏系新田庶流の山名義範の子孫
であるにもかかわらず、本家の南朝側:新田義貞につかず、北朝:
足利尊氏についた。足利幕府でも政府高官となった。高崎の山名
から山陰で勢力を伸ばした。孫は山名宗全である。『山名宗全』:
山本隆志著・「足利尊氏と直義」:峰岸純夫著・「上杉憲顕」:久保田
順一著を参考にまとめてみた。3人の先生は群馬出身である。

画像

画像

画像


箕輪初心:生方★2015高崎『山名義範』に関わる疑問点&
久保田順一先生・山本隆志先生の研究
http://53922401.at.webry.info/201510/article_21.html

箕輪初心:生方▲20151107久保田順一先生講演会
『上杉憲顕と南北朝の動乱』
http://53922401.at.webry.info/201511/article_8.html


・正安3年(1301)
8月 山名氏嫡系:山名俊行が、謀反の風聞によって召し捕られ、
   斬られた。
   山名氏の嫡系は断絶し、山名氏は山名重国の長男:朝家の系統
   から次男:重村の系統に移った。

 山名重村→山名義俊→山名政氏と続く。

○元徳元年(1329) 山名讃岐守が出雲国加賀荘・持田村を
 没収された。



〜〜〜上杉家〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●上杉重房の子ども
長男:上杉頼重
長女:????山名政氏の正室
  山名政氏子どもは山名時氏、山名兼義  
●山名時氏の子ども
   ・・・師義、義理、氏冬、氏清、時義、氏重、義数、高義。

次女(妹?):????→足利頼氏の側室
   足利家時は足利家の当主となった。
  以後、上杉氏は姻戚関係を通じて足利家で権勢を得るようになった。
  足利頼氏が公家で朝廷とのつながりがあった上杉氏を重要視した
  結果といわれる。

●上杉頼重の子ども
 長男:上杉憲房
 次男:上杉頼成
 長女:上杉清子→足利家時の子:足利貞氏に嫁して
         足利尊氏や足利直義を産んでいる。
次女:加賀局・・・上杉重能の母
3男:日静:題目宗の僧として京本圀寺や越後国三条本成寺(三条市)
 の住職となった・
3女?・・・・・高師直の正室+高師直の継室:二条道平の妹

〜〜〜足利尊氏〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・嘉元3年(1305) 7月27日 足利貞氏の次男として生まれた。
 父・・・鎌倉幕府の有力御家人:足利貞氏
 母・・・側室:上杉重房の子:上杉頼重の娘:上杉清子  
   
@正室の北条金沢顕時の娘:清子が産んだ足利高義がいる。
正安3年(1301) ?早死に・・・。
A側室:上杉重房の子:上杉頼重の娘:上杉清子
  との間にもうけた足利高氏(尊氏)をもうけた。
生誕地は、京都綾部説(有力説)、鎌倉大蔵説(峰岸純夫先生説)、
足利説があるが、不明である。
★上杉家は後に、関東管領家となった。
B足利貞氏の正室:金沢清子との間に足利直義を
   もうけた。
★この二人が骨肉の争いを誰が予想できたであろうか?

山名時氏の母は上杉重国の娘である。
足利尊氏の母は上杉頼重の娘である。
 →母同士が従兄弟である。
山名政氏の従兄弟の子どもであった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・元弘元年(1331) 元弘の乱
1)後醍醐天皇が1度目の倒幕を企図し、笠置で挙兵した。
 河内の楠木正成、播磨の赤松円心らが天皇に味方した。
 
 →鎌倉幕府は大仏貞直、金沢貞冬、足利高氏に派兵を命じた。
 結果・・元弘の乱は失敗。
  倒幕計画に関わった貴族・僧侶が多数逮捕され、死刑・配流
  などの厳罰に処された。
  後醍醐天皇も廃位され、持明院統の光厳天皇となった。

・元弘2年(1332)3月 後醍醐天皇は隠岐島に配流された。

2)後醍醐天皇が2度目の倒幕を企図し、笠置で挙兵した。
 河内の楠木正成、播磨の赤松円心らが天皇に味方した。


 8月5日 上洛。
 9月5日 足利高氏の父:足利貞氏が死去。

・元弘元年/元徳3年(1331) 9月5日
 足利高氏(尊氏)が足利氏第8代当主を継いだ。

9月27日 父:貞氏の喪中であることを理由に出兵を辞退した
  が許されなかった。(★『太平記』)
  ★足利高氏が幕府に反感を持つようになった?
 足利高氏は後醍醐天皇の笠置と楠木正成の下赤坂城の攻撃に参加
 した。

・正慶2年/元弘3年(1333) 後醍醐天皇の挙兵
 後醍醐天皇は隠岐を脱出して伯耆国船上山に籠城した。
 足利高氏は再び幕命を受けた。
 足利高氏は妻:登子&嫡男千寿王(義詮)を同行しようとしたが、
 鎌倉幕府は人質として鎌倉に残留させた。

3月27日 鎌倉発
総大将は名越高家であった。
4月16日 京都着

4月27日 山城の戦い
名越高家 VS 赤松円心・千種忠顕など
   名越高家が戦死。
 足利高氏は京都丹波篠山の篠村八幡宮で、後醍醐天皇方につく
 ことを決意した。

4月29日 所領の丹波国篠村八幡宮(京都府亀岡市)で反幕府
 の挙兵した。神前に旗を掲げた。
 諸国に多数の軍勢催促状を発した。
 播磨の赤松円心、近江の佐々木導誉らの反幕府勢力に呼びかけ
 入洛した。

5月7日 六波羅探題を滅亡させた。
●山名時氏が参加したか不明である。(★山本隆志説)


※関東では、〜〜〜〜〜〜〜

5月2日 千寿王(高氏の嫡男)が鎌倉から脱出した。
 紀五政綱の手引きによるものであった。
しかし、足利高氏の庶長子:竹若丸は伯父に連れ出され
 鎌倉を出たが、途中で北条の家臣に殺害された。
 
 御家人筆頭:足利高氏の義理の父、執権:赤橋守時は
 六波羅探題を攻め落とし、登子と甥千寿王丸(足利義詮)も鎌倉を
 脱した責任を取らされ、北条高時から謹慎を申し付けられた。

5月8日 新田義貞は上野国:新田の生品神社で挙兵した。

5月12日 千寿王は新田一族の世良田義政と第二次蜂起をした。
・・・合流した。

5月18日 赤橋守時は新田義貞率いる倒幕軍を迎え撃つ先鋒隊と
 して出撃した。鎌倉の巨福呂坂にで新田勢と激戦を繰り広げた。
 最期は洲崎(現鎌倉市深沢)で自刃した。

5月21日 北条鎌倉を制圧してた。
 北条高時は東勝寺で自刃した。
 新田義貞が幕府を滅亡に追い込んだ。

※足利高氏(尊氏)は新田義貞ともに、鎌倉幕府を倒した。


【2】山名時氏
1)南北朝争乱における新田義貞と足利尊氏の対立の時

・元弘3年(1333)8月 鎌倉幕府が滅亡。

山名時氏は鎌倉の将軍侍従であった。
 新田義貞が上洛すると、山名一族もそれに従った。

山名政氏と嫡男:時氏は惣領:新田義貞に従って行動した。

・元弘3年(1333) 建武の新政
  足利高氏は六波羅探題を滅ぼした。
  鎌倉幕府の滅亡後、足利高氏は後醍醐天皇から勲功第一と
  され、従四位下に叙し、鎮守府将軍・左兵衛督に任じられた。
  また、武蔵・上総など30箇所の所領を与えられた。
  さらに天皇の「尊治」から一字を賜り、「足利尊氏」と改名
  した。 足利尊氏は建武政権では、要職には就かなかった。
「尊氏なし」(★梅松論)
 しかし、足利家の執事:高師直、弟:師泰をはじめとする家臣を
 多数建武の政権に送り込んだ。


12月  足利尊氏は、成良親王を上野太守に擁立した。
 相模守となった弟:足利直義に鎌倉に成良親王を駐屯させた。
 ※足利幕府の小型版の形成・・・
  (★峰岸純夫先生)
恩賞について、足利尊氏か新田義貞か迷っていたが。
 鎌倉は足利の気運になっていった。
★すでに、足利 VS 新田 の芽が出始めていた。

・建武元年(1334) 後醍醐天皇の親政による建武の新政
●4月 山名時氏は伯耆守になった。 

 ところが、新政の施策は武士らの反発をかった。

・建武元年(1334) 父:後醍醐天皇の命令で護良親王は逮捕され、
   鎌倉の足利直義のもとで幽閉の身となった。


2)中先代の乱
・建武2年(1335)中先代の乱

7月14日 北条高時の遺児:北条時行を擁立した北条氏
  残党の反乱が信濃国で起こった。
足利直義(ただよし)は北条時行の軍に負けた。
足利直義は鎌倉を脱出する際に独断で護良を殺害している。
反足利勢力に護良親王を擁立されると困るからであった。
(★峰岸純夫先生)
7月25日 北条時行の軍勢は鎌倉を一時占拠した。
8月2日 足利尊氏は後醍醐天皇に征夷大将軍の官職を望んだが
     許されなかった。既に、成良親王が征夷大将軍だった
     からである。
  足利尊氏は後醍醐天皇の許可を得ないまま軍勢を率いて
    鎌倉に向かった。
●山名時氏も足利尊氏に従った。
●山名政氏は足利尊氏軍の大将になった。  
後醍醐天皇は後追いで征東将軍の号を与えた。

8月3日 台風
     足利尊氏は足利直義の軍勢と合流した。
8月9日〜各地で戦いが始まった。
  北条時行 VS 足利尊氏
  
    相模川の戦い
    北条時行を破った。

8月12日(9月7日)小夜中山合戦(掛川市)
  今川頼国は名越邦時が討ち取った。

山名政氏・時氏父子は新田義貞を離れて足利尊氏に味方して
  奮戦した。足利尊氏方の勝利に大きく貢献した。
 

8月19日 足利尊氏は鎌倉を回復した。
  足利尊氏・直義はそのまま鎌倉に本拠を置いた。
  乱を鎮圧すると鎌倉に居坐った。
  

  「鎌倉殿」として、独自に恩賞を与えはじめた。

   新田義貞の所領を分け与え始めた。
  京都からの上洛命令も拒んで、独自の武家政権創始の動きを
  見せはじめた。
新田義貞も足利領を分け与えた。

10月 建武の新政府では、
    新田義貞は足利尊氏は君側の奸である。
  足利尊氏は新田義貞を君側の奸である。
    後醍醐天皇に討伐を要請・・・・
白熱した議論になった。
・・・足利尊氏側が不利になった。

11月 足利尊氏は赦免を求め、隠居を宣言した。
鎌倉建長寺に入った。
足利直義が総大将にならざるを得なかった。

11月21日  後醍醐天皇は新田義貞に尊良親王をともなわせて
  「足利尊氏討伐」を命じた。
   奥州からは北畠顕家も南下を始めてきた。 

 三河:矢作川の戦い
 駿河・手越川原の戦い

  足利直義・高師直などの足利方が各地で劣勢となった。

   足利直義・高師直は一計を案じ、足利尊氏を戦の場に
   引き戻した。
   足利尊氏は後醍醐天皇に叛旗を翻すことを決意した。
   「直義が死ねば自分が生きていても無益である」と宣言し出馬する。

12月11日 箱根竹の下(御殿場市)の戦い
  新田義貞・足利直義(尊氏弟) VS  足利尊氏

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲静岡小川町『箱根竹ノ下の戦い』
(足利尊氏VS新田義貞)   
http://53922401.at.webry.info/201412/article_3.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

12月21日 箱根・竹ノ下の戦い
足利尊氏は新田軍を破り、京都へ進軍を始めた。

足利尊氏は持明院統の光厳上皇と連絡を取り、叛乱の正統性を
   得る工作をした。

  
後醍醐天皇は新田義貞を大将として足利尊氏討伐を命じた。


・建武3年(1336)
1月1日〜9日 足利尊氏は入京した。
山名時氏は建武の新政に叛旗を翻した足利尊氏に従って上洛した。
京都での市街戦・・・
    後醍醐天皇・新田義貞は比叡山へ退いた。
1月14日 奥州から上洛した北畠顕家は到着。
      北畠顕家:楠木正成・新田義貞の優勢勝ち。
1月30日 足利尊氏は篠村八幡宮に撤退して京都奪還を図る。
2月4日  九州の大友近江次郎(★上野国沼田一族)に出兵と
      上洛を命じた。
      (軍勢催促状:「筑後大友文書」)
2月11日 摂津豊島河原の戦い
      新田軍に大敗を喫した。

   足利尊氏は兵庫から播磨室津に退き、赤松円心の進言を
   容れて京都を放棄して九州に下った。

後醍醐天皇が京都入りを果たした。

   足利尊氏は九州への途中、
   長門国赤間関(下関市)で少弐頼尚を味方にした。
   筑前国宗像大社の宗像氏範の支援を受けた。

3月初旬 筑前多々良浜の戦い
足利尊氏は天皇方の肥後の菊池武敏らを破った。
足利尊氏は豊後の大友貞順(近江次郎)らの協力で
勢力を立て直した。
尊氏は、京に向かう途中の鞆で光厳上皇の院宣を獲得し、
西国の武士を急速に傘下に集めて再び東上した。
5月25日 湊川の戦い
  新田義貞・楠木正成の軍を破った。

楠木正成は戦死。・・・
 堀口貞満が総大将であった。
★新田義貞は後醍醐天皇のおそば付きの「こうとうの内待」
 に惚れ込んで、いちゃいちゃしていたのだ。
山名時氏は湊川の戦いに参加し、活躍した。

5月27日 後醍醐天皇&新田義貞は比叡山に退去した。
さらに、近江・京で合戦が続いた。

6月14日 足利尊氏は光厳上皇を奉じ、京都を再び制圧した。


8月17日 足利尊氏は「この世は夢であるから遁世したい。」
 という趣旨の願文を清水寺に納めている。
 
10月10日 足利直義は比叡山の後醍醐天皇に和議を申し入れ、
  後醍醐天皇は京都に戻った。

11月2日 後醍醐天皇は光厳上皇の弟:光明天皇に神器を譲
  った。

11月7日 建武式目17条を定めた。
★簡単にいうと、
 @ばさらの禁止 A飲む打つ買うの禁止 B強盗などの禁止 
 C家の差し押さえ禁止 D空き地はもとの地主へ
 E金融業の再開 F能力ある者の採用 G口入れ禁止
H職務専念義務 I賄賂禁止 J進物返却 K近習の厳選
 L礼節の尊重 M名誉の重視 N貧者の救済 O寺社の訴訟拒否
P御無沙汰の日時連絡
 ・・・・★新たな武家政権の成立を宣言した。
 ※室町幕府の発足とする。
 足利尊氏は権大納言に任じられた。

3)室町幕府成立した時・・・
山名郷は所領を温存された。
・建武3年(1336) 室町幕府成立
  遠く離れた西国の地で、山名八幡宮の維持管理。
  山名一族にとって、山名八幡宮は精神的なつながりの地。
山名時氏は、新田義貞ではなく、足利尊氏に追従した。


 足利尊氏が北畠顕家軍に敗れて九州に逃げた。
  山名一族従った。
  足利尊氏が九州で再起した。
山名時氏は足利尊氏の将として活躍した。
  湊川の合戦
  足利尊氏 VS 新田義貞・堀口
 結果・・・足利尊氏が京都を制圧。
  後醍醐天皇は吉野で南朝を
  足利尊氏は北朝を立てて
  足利幕府を開いた。

 ※南北朝の対立へと推移したのである。
   
・建武4年(1337)
足利尊氏は 山名時氏の軍功に対して、
   伯耆守護に補任した。
●→足利尊氏の信頼を得た山名時氏は、住んでいた山名
   郷を離れ、伯耆国の領主となった。
実際は(藤岡の)小林左京助が守護代を務めた。
 ※山名時氏は山名氏発展のきっかけを作った。  


 しかし、隣国出雲国は佐々木一族の塩冶高貞が守護をしていた。
  塩冶高貞は高師直に謀反の嫌疑をかけられて、京から逃亡した。
●山名時氏は塩冶高貞でした。
  功績をもって塩冶高貞の出雲国守護&隠岐国守護を兼務する
 ことになった。
  この2ヶ国は鎌倉時代からの佐々木一門の勢力下にあった。


5)南北朝の動乱
・建武4年(1337)
12月21日 後醍醐天皇は京を脱出して奈良の吉野へ逃れた。
  光明に譲った三種の神器は偽物である。
  南朝を樹立した。
京都朝廷(北朝)と吉野朝廷(南朝)が並立する南北朝時代が
 始まった。
 後醍醐天皇は、尊良親王や恒良親王らを新田義貞に奉じさせて北陸へ
 向かわせた。
 懐良親王を征西将軍に任じて九州へ、
 宗良親王を東国へ、
 義良親王を奥州へ、
 北朝方に対抗させようとした。


・暦応元年/延元3年(1338)
足利尊氏は光明天皇から征夷大将軍に任じられた。
 室町幕府が名実ともに成立した。
5月  南朝:北畠顕家が戦死。
7月  南朝・新田義貞が戦死。(越前藤島)
8月  後醍醐天皇は病死
   楠木正成の遺児正行などが次々に戦死した。

・延元4年 / 暦応2年(1339)
8月15日、吉野へ戻っていた義良親王(後村上天皇)に譲位した。
8月16日 吉野金輪王寺で朝敵討滅&京都奪回を遺言して崩御した。
   後村上天皇は、住吉大社の宮司:津守氏の荘厳浄土寺で後醍醐
   天皇の大法要を行った。

・暦応3年(1339)
足利尊氏は後醍醐天皇の慰霊のために天龍寺造営を開始した。


・康永2年(1343) 佐々木導誉に出雲国を取り返された。
   以後、山名時氏VS 佐々木導誉との確執が始まった。


・貞和元年(1345) 天竜寺での足利尊氏&直義と供養。
山名時氏は侍所の長官として先頭を行った。

・貞和4年/正平3年(1348)
 足利尊氏は吉野全山を焼き払った。




6)観応の擾乱=兄弟対決
足利幕府の組織
足利尊氏は軍事指揮権と侍大将・守護・恩賞権を握り武士の棟梁と
して君臨した。
足利直義に政務を任せた。侍所・恩賞方・政所・安堵方・など
足利直義の発給文書は92件にも及ぶとあった。
(★峰岸純夫先生説)
これは足利尊氏と足利直義との両頭政治で二元的な構造である。
しかし、二元化した権力は徐々に幕府内部の対立を呼び起こして
いった。


足利直義派 VS 反直義派:高師直ら。
観応の擾乱と呼ばれる内部抗争に発展した。
足利尊氏は当初、中立的立場を取っていた。

・貞和5年/正平4年(1349)
8月13日 足利直義が高師直を襲撃。
   高師直が察知しての反撃。
   足利直義は女装して足利尊氏邸に逃げ込んだ。
   高師直の兵が尊氏邸包囲し、・・・直義の引退を求めた。
首謀者:上杉重能・畠山直宗などの引き渡しも求めた。

8月15日 
   結果・・・足利直義は出家し政務を退くこととなった。

9月5日 高師直は、足利尊氏の嫡男:義詮を政務を担当させるため
   鎌倉から呼び戻した。
   足利尊氏は次男:足利基氏を鎌倉公方とした。

・観応元年/正平5年(1350) 足利尊氏は直義の引退後、尊氏庶子
  :直冬が九州で直義派として勢力を拡大していた。
6月 足利直冬討伐のために中国地方へ遠征した。

10月27日  足利直義は京都を脱出して南朝に降伏し、
   桃井直常、畠山国清ら直義派の武将たちもこれに従った。
   足利直義の勢力が強大になった。


4)建武の新政から南北朝の動乱へ
・観応2年/正平6年(1351)
1月 足利義あきらは京を脱出した。
 光明寺合戦
2月17日  打出浜の戦い
  足利尊氏は敗れた。
足利直義に丹後の山名時氏・越前の斯波高経、近江の佐々木
氏頼などが味方したからである
足利直義派の山名時氏が活躍したのだ。
足利尊氏は高師直・師泰兄弟の出家・配流を条件に
 足利直義と和睦を願い出た。、
尊氏は饗庭(あえば)氏直を代理人に立てたが、氏直には
 直義に「師直の殺害を許可する」旨を伝えるように命じた?
和議が成立した。
 足利尊氏は護送中に離れてあるいたという。
 高師直ら高一族は護送中に、上杉重憲を越前で殺したとして
 恨んでいた上杉能憲により武庫川鷲林寺前で殺害された。


*打出浜(兵庫県)決戦
足利尊氏は九州で兵を挙げた足利直義の養子:足利直冬を討つため、
高師直らを伴って出陣した。
 その頃、京都を脱出した足利直義は敵方の南朝に下り、足利尊氏
追討の詔勅を受け、足利尊氏のいる京都へ進撃した。
1月 足利直義派は京都に攻め込み、留守を預かる足利義詮を破った。
 足利尊氏は備後から兵を帰し、直義勢と戦いとなった。
 丹波,播磨と潰走した足利尊氏は、足利直義勢を難なく打ち破れる
と考えていたが、高師直に反感を持つ多くの武将が足利直義に従って
いたため苦戦に陥った。足利尊氏は播磨に兵を引き、高師泰らの軍勢
と合流し再起を図った。
 その間、足利尊氏勢の中から足利直義勢に寝返る武将が現れ始めた。
2月17日
 足利尊氏軍 VS 足利直義軍 
 参加人物
@足利尊氏勢・・・足利尊氏、足利義詮、高師直、高師泰、高師夏、高師世、
        仁木頼章、赤松範資
A足利直義勢・・・足利直義、細川顕氏、石塔頼房、桃井直常、畠山国清、
        上杉能憲
 摂津国打出浜(兵庫県芦屋市)で決戦した。
 御影浜から打出浜にかけて壮烈な戦いであった。
 あわや、足利尊氏が自害を覚悟させる場面もあったほど壮絶であった
 という。
 尊氏軍は数の上では優位であるが、戦意に勝る足利直義軍の前に
 戦意喪失し敵前逃亡をする者もいて、敗北した。

 足利尊氏は高師直・高師泰兄弟の出家を条件に足利直義と和儀が
 成立した。最後は高師直,師泰兄弟を引渡し、兄弟和睦した。
 足利尊氏は政権を維持することができた。
 高師直,師泰兄弟は剃髪の上帰順した。
 しかし、 2月26日(3月24日)摂津の武庫川(兵庫県伊丹市)
 で高師直兄弟は摂津から京都への護送中に、高師直に殺害された
 父:上杉重能の養子:上杉能憲が怒り狂って待ち受けていた。
 上杉能憲は高一族を殺害(謀殺)した。
(★太平記)
上杉憲顕が派遣した上杉能憲・憲将らが参陣した。(★久保田説)
謀殺された人←謀殺した人
高師直←三浦八郎左衞門
高師泰←吉江小四郎
高師景←小此木新左衞門(伊勢崎:新田系氏族)
高師幸←井野弥四郎(高崎?)
高師世←長尾彦四郎(景守?相模・群馬総社?)
高宗久←小田左衞門五郎
山口入道←小林又四郎(藤岡)
彦部七郎←小林掃部助(藤岡)
梶原孫六←佐々宇左衞門・阿佐美三郎左衞門(秩父)
山口新左衞門←高山又五郎(藤岡:世界遺産高山社創設者先祖)
鹿目平治左衞門←長尾三郎左衞門(相模・群馬総社?)
高師夏←西左衞門四郎が生け捕る。
★群馬県人が多くいた。
(『上杉憲顕』久保田順一著&久保田先生作成)
 
●結果・・足利直義派は高兄弟の排除に成功し、主導権を奪回した。
 尊氏派・直義派は一旦は和睦したものの対立は収まらなかった。
 両者は再び戦いを始めることになる。
 滅亡寸前にまで追い込まれていた南朝だったが、足利直義の
 南朝側への味方をきっかけに復活の兆しが見えてきた。
 以後も北朝方武将の降伏が続き、南北朝の動乱がさらに長引いた。
★しかし、足利尊氏は高一族を守れなかったことから
 足利直義にもっと敵意を抱くようになったと考えられる。


★しかし、足利尊氏は高一族を守れなかったことから
 足利直義にもっと敵意を抱くようになった。
 
 足利直義は、足利義詮の補佐として政務に復帰した。


 戦闘の勝者は直義であり敗者は尊氏であった。
 (★峰岸純夫先生説)
上杉能憲の処遇問題が浮上した。
 足利尊氏派は上杉能憲を死罪にするをと主張・・
 足利直義派は上杉能憲を流罪にすると主張・・  
  足利直義派の細川顕氏を太刀を抜いて脅したという。
 結果・・・上杉能憲を流罪に決定した。
 足利尊氏はこの件を譲歩したかわりに、他のことには
 譲歩しなかった。

足利直義派の武将:斉藤利泰が殺害されたり、桃井直常は襲撃された
りするなど事件が洛中で続発した。
足利尊氏&義詮は挟み撃ち作戦にでた。
足利尊氏・義詮は佐々木導誉や赤松則祐の謀反を名目として
近江・播磨へ出陣した・
本当のねらいは、足利直義&足利直冬の追討であった。
南朝方と和睦交渉を行なった。

8月1日 足利直義は政務から再び引退することを決意した。
足利直義は桃井・斯波・畠山・山名・吉良・上杉朝定を従えて
 退去した。
●山名時氏がいたのである。
8月12日 近江の姉川近くの八相山で戦った。
北陸の金ヶ崎城を経由して・・・
●足利直義党の山名時氏は別行動し、自分の本拠地:山陰に入った。

9月21日 足利直義は北陸道?東山道?・・・
 南朝側と講和し、鎌倉入りした。


10月24日 足利尊氏と南朝の和睦が成立した。
足利尊氏は足利直義を追って東海道を進んだ。
 
11月26日〜 駿河薩捶山(静岡市清水区)
尊氏派宇都宮氏綱 VS 足利直義軍


・観応3年/正平7年(1352)
1月1日 相模早川尻(神奈川県小田原市)の戦い
  足利尊氏軍は戦闘で撃ち破った。
  足利直義を捕らえて鎌倉に幽閉した

2月 足利直義は急死した。浄明寺であった。
   (★『太平記』足利尊氏による毒殺の疑い)。
 足利尊氏は直義の死後、病気がちになった。


◆関東方面では〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2月20日 足利尊氏が京不在の間に南朝方との和睦は破られた。

新田義貞の遺児:新田義興・新田義宗・従兄弟:脇屋義治らが
征夷大将軍に任じられた宗良親王と共に挙兵した。
新田義興は 関戸(東京府中市)に陣した。
武蔵野合戦開始〜〜〜
*人見原の合戦・・・
 足利尊氏が敗北
 宗良親王・新田義興・義宗・北条時行などの南朝方が足利
 尊氏を襲撃した。
  鎌倉を一時占拠した。
 足利尊氏は武蔵国へ退却した。
  しかしすぐ反撃し南朝勢力を制圧した。
 南朝方は足利尊氏の反撃にあって鎌倉を追われた。

*小手指原の戦い(入間市)・笛吹峠(檜原村)の戦い
 →新田義宗は信濃へ逃亡、上杉憲顕は越後へ
 
 新田義興は相模の河村城(神奈川県川北町)に籠城した。

山名時氏は出雲に勢力を築いた。
山名時氏は足利尊氏と協調路線をとった。

◆京都方面では〜〜〜〜
閏2月20日〜5月山城八幡宮の戦い。
京都の南朝方:楠木正儀・北畠顕能・千種が洛中に侵攻し、
和議を破り足利義詮へ攻撃を開始したのだ。
・七条大宮の戦い
 
不意を突かれた北朝方:足利義詮は苦戦に陥った。
細川頼春が戦死した。足利義詮は近江に逃れた。
南朝方は足利尊氏不在の隙を突き、足利義詮を破った。
結果・・・南朝方は南北朝分裂以降初めて京都を奪回した。
北朝の光厳上皇、光明上皇、崇光上皇、直仁親王は南朝方に捕われ、
賀名生へ移された。北朝が消滅した。
後村上天皇は行宮を賀名生→河内国東条(河南町)→摂津国住吉
(大阪市住吉区)→山城国男山八幡(石清水八幡宮)へ移した。

※一時的に京都・鎌倉の双方が南朝方の支配下となった。
足利政権の危機が発生した。

近江へ逃れた足利義詮は勢力回復を図った。
佐々木道誉、細川顕氏、土岐頼康らに加わった。
足利直義派だった斯波高経・山名時氏らも味方となった。
山名時氏は息子:山名師義を山城に送った。

佐々木導誉が後光厳天皇擁立に成功したし、北朝が復活した。

3月15日、足利尊氏は京へ戻り、足利義詮とともに京を奪還した。
 北朝方は京都を奪還し、さらに後村上天皇の仮御所のある
 男山八幡を包囲した。
 北朝方は男山八幡に対し、兵糧攻めを行った。
〜〜〜〜〜包囲戦は約2ヵ月に及んだ。
南朝方は飢えに苦しみ、熊野湯川荘司等、北朝方へ寝返る武将も
現れた。
5月11日 後村上天皇は側近とともに包囲を脱出し、
 男山八幡は陥落した。四条隆資が戦死した。

山名時氏の息子:山名師義は山陰に戻ってきてしまった。
結果・・・山名氏は幕藩体制から離脱してしまったのだ。

山名時氏は出雲の守護職をめぐって佐々木道誉と対立した。
●11月 山名師義は反幕府勢力と見なされた。
 (★実有書状)
 山名師義は伯耆・出雲・因幡・美作の4ヶ国を領していた。
 本拠地は伯耆国府(倉吉)であった。田内城・打吹城は
 山名時氏&山名師義が築城した。山名寺も創建した。

その後は山陰において、幕政の混乱にも乗じて影響力を拡大して播磨
 の赤松氏とも戦った。

●文和2年(1353)
 6月 山名時氏は幕府に対して挙兵して出雲へ進攻した。
 6月 南朝の楠木正儀らとともに足利義詮を追い京都を占領した。
 7月 京都奪還された。
  
●山名時氏は領国に撤退した。
  足利尊氏の庶子で一時は九州で影響力を持っていた足利直冬に
  接近した。

・文和3年(1354) /正平9年(1354)
  足利直冬を奉じた旧直義派は京への大攻勢をかけた。
山名時氏も出陣した。

・文和4年/正平10年(1355)
 足利尊氏は京を放棄した。
 結局、足利直冬を撃退した。

 最終的には東寺の足利直冬の本陣に足利尊氏の軍が突撃して
 足利直冬を敗走させたことで、決着がついた。

・延文3年/正平13年(1358)4月30日 合戦で受けた矢傷が
  もとで、京都二条万里小路第で死去した。享年54歳。
※足利尊氏の墓は京都の等持院と鎌倉の長寿寺。
足利尊氏の墓:等持院

 (★足利尊氏の墓:京都の等持院)

 足利尊氏邸跡・・・・京都市中京区高倉通御池上ル東側


新田義興は足利尊氏が亡くなったことを聞くと、
兵を挙げて鎌倉をめざした。
鎌倉公方の足利基氏と関東管領の畠山国清は阻止しようとした
江戸一族:竹沢右京亮は少将局という美女を義興に与えて謀殺
しようとしたが果せず、江戸遠江守とその甥下野守の協力を求
めた。竹沢右京亮と遠江守江戸高重により、新田義興と主従
13人は、多摩川の矢口渡で殺された。

12月
山名時氏は斯波高経や桃井直常らと再び京を占領したが、
  すぐに撤退した。

●正平15年(1360)
 11月1日 南朝:後村上天皇から
  伯耆・因幡・丹波・美作の守護職を与えられた。

  幕府と南朝との戦いも小康状態になると、大内氏や山名氏に対して
  帰順工作が行われた。
  
●貞治2年(1363)
9月 山名時氏は幕府方に方向転換した。
足利直冬の勢力が衰えたからであろう。
     (★山本隆志先生説)

山名時氏は領国の安堵を条件に足利直冬から離反した
のだ。

●貞治3年(1364)
3月16日 山名時氏は息子:師義・氏冬&守護代:小林民部丞(元藤岡)
を上京させた。大内弘世に続いて室町幕府に帰順した。

8月25日 山名時氏は上京し、元近衛家家人近藤為重の家を宿所
 とした。
画像


 引付頭になった。
   幕府では、足利義詮正室の渋川幸子や帰順した斯波義将、
   大内弘世らとともに反頼之派の武将であった。

●貞治5年(1366) 新見庄の裁判を行った。
  丹波守護職を回復した。
 因幡・伯耆・石見・丹後・美作の守護職を山名一族で確保した。

 山名時氏邸の奉公人には
 小林民部丞・大葦土州義信・成田大進坊・長鼻?・がなった。

●応安4年(1371) 山名時氏、73歳で死去。


●山名時氏の子ども
  師義、義理、氏冬、氏清、時義、氏重、義数、高義。






★参考文献
・「山名宗全」:山本隆志著
・「足利尊氏と直義」:峰岸純夫著
・「上杉憲顕」:久保田順一著
・新田義貞の本多数
・漫画「新田義貞」学研


★参考サイト
 ウキペディア等

〜〜〜足利初代〜8代:足利尊氏〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆【足利初代〜8代足利尊氏】&栃木:足利氏館3回目
http://53922401.at.webry.info/201312/article_6.html

箕輪初心★足利8代目:足利尊氏=室町幕府を開幕
http://53922401.at.webry.info/201312/article_7.html
★峰岸純夫先生の本をまとめた。

箕輪初心★埼玉【足利基氏館】&『足利基氏&上杉4代:憲顕』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_24.html

箕輪初心◆埼玉入間『入間川御陣=徳林寺』&足利基氏の生涯
http://53922401.at.webry.info/201407/article_8.html

+++新田義貞  VS 足利尊氏+++++++++++++
箕輪初心●新田義貞@「誕生〜楠木攻め」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_40.html

◆◆ 箕輪初心★新田義貞2「新田〜鎌倉進軍」  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201102/article_41.html

箕輪初心●新田義貞B「2度の鎌倉攻撃」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_42.html

箕輪初心★新田義貞「生品神社挙兵〜鎌倉進軍コース」
http://53922401.at.webry.info/201303/article_18.html

◆◆ 箕輪初心★新田義貞4「足利尊氏との対立」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201102/article_43.html

◆◆ 箕輪初心★新田義貞5「福井:金ヶ崎城」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201104/article_21.html

◆◆ 箕輪初心★新田義貞6「福井:そま山城」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201104/article_30.html

◆◆ 箕輪初心★新田義貞7「福井:新田義貞の最後」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201102/article_44.html

◆◆ 箕輪初心★新田一族「千利休」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_27.html

箕輪初心★新田岩松の歴史&男爵:新田俊純
http://53922401.at.webry.info/201311/article_9.html

箕輪初心★新田義貞の弟:脇屋義助&子孫の動向
http://53922401.at.webry.info/201303/article_22.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
箕輪初心▲静岡小川町『箱根竹ノ下の戦い』
(足利尊氏VS新田義貞)
http://53922401.at.webry.info/201412/article_3.html

箕輪初心▲畠山国清@【伊豆修善寺城】南北朝時代の築城
http://53922401.at.webry.info/201503/article_4.html

箕輪初心★畠山国清A【伊豆金山城=大仁城説】
http://53922401.at.webry.info/201503/article_5.html

箕輪初心▲畠山国清B【伊豆:国清寺】→畠山義深の生涯
http://53922401.at.webry.info/201503/article_6.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方★20151017山本隆志先生講演会『山名義範の子孫:山名時氏』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる