城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲箕輪城169秋本太郎先生講演会20150919「発掘調査&出土品」

<<   作成日時 : 2015/09/21 07:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年秋、『そうだ!箕輪城をもっとよく知ろう』の第2弾:本当の
テーマは『北関東の要塞に城・箕輪城(発掘調査・遺構編)』である。
レジュメ+関係資料+パワーポイントのでの説明が非常に分かり
やすかった。●印は秋本先生が資料提示した資料:但し、私の
写真である。青字は従来の考え赤字は秋本先生の発掘から分
かったこと
、★箕輪初心:感想、生方の追加内容になる。
★秋本先生、ありがとうございました。
画像

このパンフレットは、秋本先生が作った物である。最高の
 作品である。編集のしかたが実に優れている。


@平成27年(2015)10月4日 きつねの嫁入り
画像


A平成27年(2015)10月25日 箕輪城祭り
画像

 ★私も井伊直政のおもちゃの甲冑ででるのだ。




箕輪初心●箕輪城シリーズ56「発掘調査&出土品」
http://53922401.at.webry.info/201011/article_37.html

箕輪初心●箕輪城119:秋本太郎先生講演会「よみがえる箕輪城城門」
20140315
http://53922401.at.webry.info/201403/article_18.html


T、発掘調査の成果
【1】堀の大きさ

●提示1:北条時代の小田原城の堀
幅30m・深さ約10m+7m=17m
画像

画像

●提示2:北条時代の箕輪城の堀
幅30m・最大幅40m・深さ約20m+?m=約30m
画像

中世の関東の城・・最大規模



【2】縄張りの変遷
1)従来の考え・・・縄張りは長野氏時代に完成した。
@福島氏・・・1929年
画像

画像


A近藤氏・・・1985年
画像



2)発掘調査の歴史
★箕輪初心:生方
▲第1次調査 1927年(昭和2年)8月17日〜昭和3年  
箕輪城の御前曲輪の陥没
→井戸の発見&発掘調査
箕輪城の研究に火が付いた。
※福島武雄先生などが、本格的な調査をした。

▲第2次調査  1987年(昭和52年)頃〜  
 山崎一氏の「群馬の古城塁史の研究」
山崎一氏・近藤義雄氏・唐沢定市氏・佐藤隆氏など・・・。

▲第3次調査 (昭和60年)〜 
  山崎一氏・近藤義雄氏・唐沢定市氏・佐藤孝夫氏など
   →昭和62年12月17日  国指定史跡
 ★・・・「これって、すごいことなのだ。」

▲第4次調査(平成10年〜平成19年)
  箕郷町教育委員会田口一郎先生・井田先生・秋本太郎先生
  などが調査した。平成18年、高崎と箕郷が合併。
  高崎市文化財保護課に編入した。

*1998年(平成10年)〜 発掘開始
箕郷町教育委員会
*1999年(平成11年)  
 @三の丸の石垣の調査・・・高さ3m+埋もれた部分1m
    (関東最大規模の石垣)                            
   ※秋本先生「排水溝の可能性?」(町教委の冊子より) 
   ※秋本先生「右が井伊の時代の石垣。」




【3】虎口の残りのよさ
1)昭和57年(1982) 山崎一氏は本丸&御前曲輪を一体化していた。


2)発掘調査

@北虎口の発掘・・・井伊時代の御前曲輪は郭馬出しの性格を持つ
   と判明した。

画像


●提示3:発掘の断面図
 深さ15m以上は関東ローム層:榛名の軽石層である。

●提示4:発掘時の航空写真

●提示5:発掘時の写真

■発掘の結果・・・3期の発見

●提示6:発掘3期の発見

●提示7:本丸の真ん中の発掘調査写真

●提示8:5ヶ所の虎口の場所

画像

1)第1期・・・長野・武田時代
本郭が現本丸北部2号堀&南部1号堀に囲まれていた時代


2)第2期・・・北条時代
@北部2号堀が少し埋められ、本丸堀3号堀が新たに掘られた。
  A本丸堀が掘られた。掘った土で南部1号堀を埋め、
   本丸を広げた。
   ※15mの地下から榛名軽石を含むピンクの
   土などで、南部1号堀付近に見られた。

3)第3期・・・井伊時代
@北条時代の本丸堀を行かし、2の丸&3の丸を仕切る
   堀を掘った。
   ★おそらく3の丸の土塁に土を使用したのであろう。
 A本丸が現本丸&御前曲輪の間の堀が掘られ、本丸堀3号堀を
  埋め、本丸を北に大きくした。
 B本丸堀から御前曲輪を巡る空堀を掘った。
 B本丸北東部〜東にかけても現在のように堀〜削平地を造った。


●提示9:集められた石
 @明治以降の工作により、曲輪内の建物は礎石が抜かれ、
  不明瞭であった。
A廃城時に虎口付近の石垣が崩され、虎口に集められ、
  虎口はパック・密閉状態になり、確実に420年間、
  保存された。
  中世の虎口の発掘全国でも珍しかった。



画像



●提示10:本丸西虎口
残りがよい。
画像


●提示11:本丸南虎口

●提示12:御前曲輪の西虎口
画像


●提示13:本丸北虎口

●提示14:本丸南虎口の3段の石垣
 @北条時代・・・石畳
 A井伊時代・・・土・・・1〜2cm上の硬い土
         土を盛り、門を造った。




★結果・・・山崎一先生監修の滝田一彦氏の想像図は間違いと判明した。
 なのに、未だに2の丸の看板が立っている。だから、間違ったCGも
 出回ってしまっている。多くの方が信じ込んでいる。
 小説もみな同じく、従来の考えで書いていることに
 なる。

画像




U、箕輪城の門跡と全国の門跡
【1】中世城郭と近世城郭
1)中世城郭・・・
●提示15:根城
画像

画像

@堀と土塁=土造りの城
 A建物・・・・掘っ立て柱の平屋・屋根は板葺き


2)近世城郭の始まり
●提示16:安土城
画像

画像

・天正4年(
@高石垣・・・4m以上
A礎石・・・・★寺院建築
B天守閣&瓦葺き・・★寺院建築
※豊織系の城・・・信長・信長の身内・重臣の城

3)近世城郭の発展
●提示17:姫路城
・慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い以降。
画像



【2】門の変遷
1)1層の薬医門
●提示18:弘前城の薬医門
 箕輪城に近い。
@大手口
画像

A搦め手口
画像

  (★秋本先生の展示した門)


2)2層の櫓門 

●提示19:姫路城の城門
画像

●提示20:姫路城の城門の前門
画像



【3】箕輪城の城門
●提示21:門の礎石(群馬県内)
・郭馬出しは高麗門
・本丸西虎口は高麗門
画像

平成27年(2015)5月24日 
 郭馬出の最後の発掘・・・復元門はこの上に建つので
 ある。

画像



●提示22:箕輪城城門&高崎城槻の木門
井伊直政の高崎城の槻の木門の4分の1の規模

画像
 

・井伊時代の櫓門・・・関東最大規模の2層の櫓門。瓦はない。
  過渡期の門ということになる。

画像

 

●提示23:県内の城門の大きさ・・
 箕輪城城門&高崎城槻の木門


●提示24:?





V、出土品
●提示25:美濃焼の出土の棒グラフ

●提示26:東日本の城の美濃焼の出土の表

●提示27:箕輪城の美濃焼の出土分布の円いグラフ
 かわらけ・・・酒のみ軍団?

●提示28:根城の漆の腕
画像


●提示29:箕輪城のかわらけ
画像

●提示30:箕輪城の内耳鍋・・・囲炉裏

●提示31:生活図



@中国製陶器は県内bP
A北条氏の【手づくねかわらけ】6破片
画像

B楽茶腕・・・・豊臣秀吉の家臣:千利休の作? 秀吉から拝領?
画像

画像


2003年の現地研修会の出土品
画像

画像

画像

画像




★明日は榛名町の歴史かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲箕輪城169秋本太郎先生講演会20150919「発掘調査&出土品」 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる