城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲山形『左沢(あてらざわ)楯山城』

<<   作成日時 : 2015/07/05 09:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成27年(2015)6月27日〜28日は雨の中の▲月山登山だった。
温泉&食事は寒河江の「ゆーチェリー」だった。1時間半の自由時
間である。温泉に浸かりながら、「左沢楯山城」をふと思い出した。
5月に月山山スキー&山形の城めぐりの計画のことを・・・「山形牛
のステーキを食べてもあと30分ある。タクシーで「左沢楯山城」で
行っちゃえ。」と妖しい欲望が盛り上がってきた。旅行会社に許可を
いただいた。14回目の山形旅行ではじめて「左沢楯山城」に行けた
のである。タクシー代は5100円だったげど・・・。
画像

画像




12:30 寒河江の「ゆーチェリー」
画像

画像

1)3種類の温泉


2)食事・・・山形牛ステーキ2000円
画像

画像


13:35
3)タクシー
・「ゆーチェリー」から西T路を左折した。

・信号
「先に見える建物は「朝日少年自然の家」です。その右が公園です。」
画像


・最上川を渡った。
・公園入り口を右折した。
・寺があった。
画像

・剣道で有名な左沢高校か?
 TVで女子剣道部の番組を見た。・・・
 左沢楯山城の武将の末裔もいるのかな?

・「朝日少年自然の家」をめざした。

・「朝日少年自然の家」
 ★あれ、ここ城の一部かもしれない。
 写真の準備ができない。

・朝日少年自然の家から北に行く道がを行くと、3の郭と
 主郭の間は谷になっていた。

・自然の家のすぐ先が楯山公園となっている。
 

◎タクシーが止まった。楯山公園である。
画像

画像



・案内板
画像

画像

ここが左沢楯山城三の丸跡だった。
・楯山公園の案内板には「蛇沢」と書かれている。
「縄張りは楯山山頂部に本丸を置き、南側のJR線のトンネル上辺り
 に二の丸、本丸から谷を隔てて「朝日少年自然の家」の敷地から
 楯山公園の駐車場辺りまで東西に伸びた支尾根に三の丸がある。
★ここが3の郭か。3の郭跡の東には千畳敷という郭(2の郭?)
 がある。
 主郭は3の郭の北にある山頂=八幡座である。
 左沢城は、最上川と左沢の市街地を一望できる楯山山頂と支尾根
 に大小の郭群を設け、楯山全山を城砦化とした城だ。
画像
  
・石柱
画像


・段になった郭=駐車場から主郭を見た。
 工事中である。
画像


・3の郭=楯山公園
画像

・石碑
画像

・正面の東屋
画像

・東
画像

・眼下に流れる最上川・・・。
画像
  
★最上川の絶景だ。
3の郭から最上川の雄大な流れが見える。
  これだけでも行く価値がある。

・ちらっと2の郭方面を見た。段郭が見えた。
画像

画像

・城の郭のほとんどが森林:雑木に覆われている。
・私は
 「時間がない。2の郭は無理だ。サンダルだし・・・。」
画像

▼戻った。
画像

 
・公園となっている3の郭は土塁の遺構確認はしやすかった。
画像

画像

・大手口
画像

・私は
 「もう時間がない。撤退だ。」


13:50▼戻った。
タクシーに乗った。
画像


・朝日少年自然の家
画像

 
・タクシーの運転手さんが
「左沢(あてらざわ)は最上川の流れに臨み、五百川(いもかわ)渓谷を
 経て置賜地方と村山地方を結ぶ軍事上の要地でした。
 米沢&酒田のちょうど中間地で交通の要所でした。船着き場も
 ありました。・・・」
 ★地方の国人領主の城にしては規模が大きすぎることに
 やっと納得した。
・タクシーの運転手さんが違う道を通ってくださった。
・千畳敷と呼ばれる広い郭地区を通った。
・3の郭が見えた。
画像

画像

・最上川の左岸を進んだ。

タクシー代は5100円だったげど・・・。
 14回目の山形旅行で「左沢楯山城」に行けたのである。
 大満足であった。


14:00 ◎「ユーちぇりー」
画像


・寒河江さくらんぼ祭りに行った。
画像



●家に帰って
「縄張り図」の写真や「山城サミット」を調べた。
「山城サミット」のP30に載っていた
「藤井戦国史」などのHpを見てしらべた。
「藤井戦国史」・・・周辺住民の逃げ込み城とあった。


左沢楯山城は規模の大きい城であった。
★山形県内の山城では最大級の規模かもしれない。
タクシードライバーの
「米沢&酒田の最上川の水運の交通の要所でした。」
という話を思い出した。
楯山公園は3の郭だけにすぎないことが分かった。
蛇沢を挟んで、北側エリア&南側エリアに分かれている
@3の郭エリアには「朝日少年自然の家」&畑→楯山公園
 駐車場&楯山公園がある。
 3の郭は独立峰になっている。
 駐車場になっている場所も段曲輪の一つであったろう。

A3の郭から蛇沢を挟んで北側に「八幡座」=本郭&「寺屋敷」がある。
最高所の八幡座に主郭を置いたのであろう。
  北、南東、西の三方に袖郭・段郭を幾重にも配置している。
 段曲輪は家臣の居住地区だったのであろう。
 八幡座のさらに北には「檜木沢」がある。  
 3の郭から見て、北西には、「北外郭」と呼ばれる広い郭もある。

B3の郭から蛇沢を挟んで東の稜線を辿ると2の郭がある。
 段郭が続いていてその先には南東側に「千畳敷」がある。
 最上川に最も近い。
谷間も含めて削平地は全て当時の郭跡だったようである。

★規模が大きく、今回見て回ったのはほんの一部にも満たない
 ことがわかった。
 





◆◆ 左沢楯山城の歴史 ◆◆
・平安時代末期
源頼朝の重臣:大江広元が祖である。

・鎌倉時代
・承久元年(1221) 承久の乱 
  大江広元の長男:大江親広は後鳥羽上皇方に加担した。
  承久の変後、鎌倉幕府の目を逃れて所領の一つ寒河江荘に落ち延
  びて潜居し、寒河江氏の祖となった。

富沢楯(大江匡朝築城)&伏熊楯(中山忠義築城:長崎中山氏の祖)
  が築かれた。

  

・南北朝時代
・正平年間(1346〜1370)初期
 寒河江大江氏7代:寒河江城主大江(寒河江)大江時茂の3男:
 大江元時によって築城された(伝)。 大江時茂の次男説もある。
 左沢時茂が南北朝の争乱に備えて白岩・柴橋・寒河江・溝延などに
 一族の子弟を配して守りを固めた。   
  大江時茂の3男:寒河江元時は左沢を分知され配置された。
 左沢元時を称した。
 左沢元時が寒河江の楯山に左沢楯山城が築き入った。

・正平22年(1367)  左沢元時は、南朝方に加わった。 
  漆川の合戦で一族とともに出陣した。

・応安元年/正平23年(1368)漆川の戦い
鎌倉公方:足利氏満の家臣で羽州探題:斯波兼頼&奥州管領:大崎
 直持(斯波兼頼の兄)が左沢に攻め寄せた。
 総大将:大江茂信(溝延城主)はじめ一族は
 北朝方:斯波頼兼に敗れ、左沢氏は61名と共に自害した。自刃した。 
 
寒河江時氏は寒河江(現寒河江市丸内)に移り寒河江氏を称し、
 溝延茂信の遺児:家広に宗家を継がせた。
  (★ウィキペディアでは)
 その後、左沢氏は一族とともに北朝方に降り、国人領主として
 勢力を保った。
 子孫は代々左沢楯山城を守った。


・永正11年(1514)
 米沢の伊達稙宗が最上氏を攻撃。      
        天童頼長は最上側に加勢した。
   伊達氏との抗争で左沢氏が戦死した。

・大永元年(1521) 最上氏 VS 伊達稙宗・蘆名盛滋
     伊達勢が天童城を占拠した。

 しかし、最上義光の頃になると、天童氏との関係が悪くなって
 いった。天童氏は主家:最上氏に匹敵する勢力を持っていた。
次第に最上氏と対立していった。

▲最上義光は妹:義姫を伊達輝宗に嫁がせた。
  生まれた子が伊達政宗であった。

・元亀元年(1570)
最上義守 VS 嫡男:最上義光
 最上義守が次男:中野義時に家督を譲ろうとした。
 最上義守の女:義姫の夫:伊達輝宗が最上義守方についた。
 
 結果・・・和解して、最上義光は家督を継いで山形城主となった。
 最上義光は周辺の国人や豪族に強硬な姿勢で臨んだ。
 反発した国人衆は、隠居していた最上義守を担ぎ出した。

・天正2年(1574) 天正最上の乱
最上義守が伊達輝宗に援軍を求める書状を送ると、伊達輝宗は
  米沢から軍を最上領に派遣した。
  伊達輝宗&最上義守 VS  最上義光
@最上義守
中野氏
高擶氏
上山満兼(天童氏庶流上山城主)
最上八楯 天童頼貞(天童城主)
延沢満延(野辺沢城主)
長瀞守兼
六田氏
白岩氏(寒河江氏庶流白岩城主)
溝延氏(寒河江氏庶流溝延城主)
左沢氏(寒河江氏庶流左沢楯山城主)
長崎中山氏(寒河江氏譜代中山城主)
白鳥長久(谷地城主)
蔵増頼真(蔵増城主)
戸沢氏
細川直元(小国城主)
大宝寺義氏(大宝寺氏)
伊達輝宗(伊達氏)
(★ウィキペディアより)

A最上義光
楯岡光直
大崎義隆
里見民部
寒河江兼広(寒河江城主)

 最上氏庶流の清和源氏里見氏流の天童頼貞・蔵増頼真、姻戚の白鳥長久
 や寒河江氏一族の白岩氏・溝延氏・左沢氏が伊達勢に同調し、
 最上義光側の寒河江城主:寒河江兼広を攻めた。
 寒河江兼広は降伏した。


・天正5年(1577)〜最上義光は独立・・侵攻開始した。  
  ▲最上義光の天童城攻撃→    
  天童城主:天童頼貞は「最上八楯」からの援軍を要請した。
   野辺沢(延沢)能登守満延・東根頼景・楯岡満英ら最上八楯が
   天童頼貞に味方した。
  ▲最上軍が撃退された。

  ▲最上義光は天童頼貞の娘を側室に迎えることで和睦した。
  そして、娘:松尾姫を野辺沢(延沢)満延の嫡子:又五郎康満に
  嫁がせて傘下に入れようと図った。

・天正6年(1578) 東根頼景の家臣:里見源左衛門景佐の離反。
    ▲最上義光の家臣:里見武蔵守・民部父子が
     上山城:上山満兼は山形城主を暗殺した。
     →最上義光が領有。
     上山城代は里見民部。→坂光秀→
     

・天正8年(1580) ▲最上義光は東根城を攻撃。
   東根頼景は討ち死に
   楯岡城・成生館・飯田館・六田館の館主達も
   最上義光に降りた。
   天童頼貞・頼久父子は孤立状態になった。

・天正10年(1582) 最上義光に嫁いだ10代:天童頼貞の娘が死去。
    天童頼貞・頼久 VS 最上義光
・・・衝突のきっかけになっていった。

・天正12年(1584) ▲最上義光に「最上八楯」の延沢満延などが内応。
10月、▲最上義光は5500の軍勢で攻撃。        
     天童城は落城。
     南北朝期以来、天童を支配していた天童頼久は、逃亡し、
     母の実家:国分氏を頼った。
     天童頼久は伊達政宗に配下になった。
  →▲最上義清家臣:氏家光氏は天童城主となった。

・天正12年(1584)  
  左沢氏から出羽吉川氏宗家に養子として入った吉川政周が
山形城主:最上義光によって滅ぼされた。
寒河江(吉川)隆広は自害した。吉川隆広の子:良光は蘆名氏を
 頼って会津へ落ち延び出家した。 
 左沢氏も寒河江本家とともに滅亡した。
 左沢城は最上義光の城になった。
 左沢城は最上氏城代が置かれた。


 最上義光は大江氏、白鳥氏、天童氏を破り、最上地方を北進して
 制圧。最上八楯や上山氏らは滅ぼされた。
 現山形県の村山、最上地方を制圧した。
  置賜地方は血縁関係:伊達氏の支配下にあったので、庄内地方
 の制圧を目指した。庄内は武藤氏庶流の大宝寺氏が代々支配して
 いたが大宝寺義興は越後の本庄繁長を頼った。 

・天正18年(1590) 慶長出羽合戦
 上杉景勝(西軍) VS 最上義光・伊達政宗(東軍)の戦い

 左沢城は直江兼続の配下の分隊による攻撃を受けたようである。
  (★『伊達家治家記録』『最上合戦記』)

・慶長7年(1600) 長谷堂城の戦い:もう一つの関ヶ原
  氏家光氏は長谷堂城に籠城した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆ 箕輪初心●山形【長谷堂城】&直江兼続VS最上義光 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_9.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  ▲最上氏は75万石・・

・江戸時代 
・元和8年(1622) 最上氏が改易となった。
左沢藩主:酒井直次に引き継がれた。

・寛永年間(1624〜1645)
小漆川(大江町左沢小漆川)に新城を築かれるまで機能を果たした。
  酒井直次が左沢に入封した。
 酒井直次は不便な山城の左沢楯山城を廃城とした。
  酒井直次は、新たに小漆川城を築き、左沢藩の藩庁とした。

・平成19年(2007)
戦国の山城「山城サミット」に掲載された。

・平成20年(2008) 10月 全国山城サミットが左沢で開催された。
  
・平成21年(2009)
左沢楯山城跡は国の指定史跡になった。

◆◆ 箕輪初心◆山形旅行12回の概要 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●山形【米沢城】&米沢の秘湯 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_4.html

◆箕輪初心●山形【米沢城】&上杉家廟所・林泉寺・照陽寺 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_5.html

◆◆ 箕輪初心●山形【上山城】&武家屋敷 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_6.html

▲箕輪初心▲百名山bQ【蔵王4回】&サクランボ大将錦&佐藤錦 ▲
http://53922401.at.webry.info/201307/article_7.html

◆◆ 箕輪初心●【山形城】&山形博物館&最上義光歴史館 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_8.html

◆ 箕輪初心●山形【長谷堂城】&直江兼続VS最上義光 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_9.html

◆◆ 箕輪初心●山形【天童城】&芭蕉立石寺&セミの話 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_10.html

◆ 箕輪初心●山形【延沢城】&松尾芭蕉の尾花沢・佐々木監督 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_11.html

◆ 箕輪初心●山形【新庄城】&松尾芭蕉最上川&My川下り一覧 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_12.html


◆◆ 箕輪初心●山形【鶴岡城】&藤沢周平&高山樗牛 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_15.html

◆◆ 箕輪初心●山形【大山城】&加茂ダイビング&水族館 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_17.html

◆ 箕輪初心●山形:東禅寺城→亀ヶ崎城=酒田城&「山居倉庫」 ◆
http://53922401.at.webry.info/201307/article_18.html

箕輪初心●山形『松山城=松嶺城』&山形の海水浴場
http://53922401.at.webry.info/201307/article_21.html


▲▲ 箕輪初心▲羽黒山の記憶&松尾芭蕉の出羽三山 ▲▲
http://53922401.at.webry.info/201307/article_13.html
 
▲箕輪初心▲松尾芭蕉の出羽三山@「羽黒山神社3回目」
http://53922401.at.webry.info/201407/article_27.html


◆◆ 箕輪初心★松尾芭蕉25『奧の細道』M
  【最上川下り〜▲羽黒山・月山・湯殿山】 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201208/article_9.html

◆◆ 箕輪初心★松尾芭蕉26『奧の細道15』【鶴岡・酒田】&
 ●3城&▲鳥海山 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201208/article_10.html


箕輪初心▲『月山』=ヒナザクラ&アサギマダラの話
http://53922401.at.webry.info/201307/article_14.html

箕輪初心▲松尾芭蕉の出羽三山A「月山2回目」
http://53922401.at.webry.info/201408/article_1.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201408/article_1.html

■3回目・・・★平成27年(2015)6月27日・28日
箕輪初心:生方▲『月山3回目』3−1リフト〜姥ヶ岳
http://53922401.at.webry.info/201507/article_2.html

箕輪初心:生方▲『月山3回目』3−2牛首〜月山山頂
http://53922401.at.webry.info/201507/article_3.html

箕輪初心:生方▲『月山3回目』3−3:月山山頂&寒河江
「ゆーチェリー」
http://53922401.at.webry.info/201507/article_4.html

▲箕輪初心▲百名山bQ【蔵王4回】&サクランボ大将錦&佐藤錦 ▲
http://53922401.at.webry.info/201307/article_7.html




★明日は、静岡か山梨か100名山か未定・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲山形『左沢(あてらざわ)楯山城』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる