城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲栃木「なす風土記の丘&那須国造碑&侍塚古墳」:かみつけの里旅行

<<   作成日時 : 2015/06/04 05:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成27年(2015)5月30日(土) かみつけの里の旅行で、@那須風土記
の丘「栃木県立なす風土記の丘資料館」→A笠石神社=那須国造碑→
B「大田原市なす風土記の丘湯津上資料館」→C下侍塚古墳→D昼食
:黒羽の「花月」に行った。館長さんをはじめ、事務局Sさん、友の会
会長:Kさんなど、かみつけの里関係の方々には大変お世話になり
ました。講師の前澤先生とたくさん話せてよかった。箕輪城語り部の
会の副会長:UさんやNさん、Kさんもいらっしゃったので、心強かった
です。ありがとうございました。実は那須は4回目の訪問なのだ。
画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆【東山道C】栃木編
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201103/article_18.html

◆◆ 箕輪初心★松尾芭蕉P奧の細道E【那須〜芦野】 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201208/article_1.html

箕輪初心★松尾芭蕉Q奧の細道F【須賀川】&▲磐梯山&西吾妻山
http://53922401.at.webry.info/201208/article_2.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




◆訪問日・・・平成27年(2015)5月30日(土)

【0】はじめに
07:30 かみつけの里発
バスの中で
・司会・・志村氏:昔、お世話になった方である。
・館長挨拶
・会長挨拶
・事務局日程
・ガイド「・・・・」


●平成27年(2015)5月21日

【1】なす風土記の丘「栃木県立なす風土記の丘資料館」
・平成27年(2015)4月1日より栃木県立なす風土記の丘資料館は
那珂川町に移管され、「那珂川町なす風土記の丘資料館」となった。
●案内図
画像



●入り口  
画像


●案内板
画像


●「からむし」の栽培
画像

麻の代わりに繊維をを採って、貫頭衣を作った。
 上杉謙信は布を京都に販売して、大儲けしたのだ。
 「からむし」を使った蕎麦もある。
 へえ、古代に那須でも使ったのか・・・


◆学芸員の解説
画像

「那珂川の上流、那須盆地には縄文時代以来の遺跡が数多く残ってい
ます。古墳時代には栃木県のなかでも先進的な地域としていち早く古
墳が造られました。また、奈良時代には那須郡を治めるための「郡衙
(ぐんが=郡役所)」が設けられています。」
●ジオラマ・・・
画像

◆学芸員の解説
「初期古墳は那須、中期古墳が宇都宮、後期古墳が那須の横穴式の
  衆墳墓です。・・・」

●復元竪穴住居                   

●黒曜石
◆学芸員の解説
「那須で黒曜石が採れた。純度が低いのですが、・・・・。」
画像

長野の男女倉遺跡の黒曜石&日高の黒曜石&イースター
 島の使われなかった黒曜石は知っていた。しかし、栃木で
 採掘されていたとはビックリであった。
 

◆「黒曜石の矢尻に、接着剤として秋田のアスファルトを使用した。」
画像

何ですと、・・・秋田との交流があった。凄い。


●画文帯四獣鏡(駒形大塚古墳)  
画像


 
●石室の中の複製


●お買い物
画像



〜〜〜外へ「あれ、来たことあるぞ。」〜〜〜〜〜〜〜
●那須官衙(かんが)遺跡・・・2回目
★館長さんは時間通りにバスに戻って来ていた。
 流石、ルーダー・・・・
 「館長さん、那須官衙(かんが)遺跡に夜のですか?」
 「寄らないと思います。」

●おまけ
画像





【2】那須国造碑
◆前澤先生のバスの中での説明
@『とても貴重な石碑です。どのように貴重かは「日本三古碑」
「国宝」の文字だけでも理解できると思います。
「那須国造碑」読み方は「なすのくにのみやつこのひ」です。
石碑は那須の国を治めていた父を偲び息子等が建てました。』
A『日本三古碑は多胡碑&那須国造碑&多胡碑です。
特別史跡・国宝の違いは何でしようか?・・・
本当は特別史跡の方が???・・・なのです。』
★前澤先生の言葉をはっきり書かない方がいいでしょう。
B『万葉集の100年前、日本最古の歴史書である。「古事記」(712年)
 よりちょっと古い700年建立です。』
★すご過jぎる

C「石碑は笠石神社の御神体となっています。ですので、勝手に写真は
 撮らないでください。」

D「神社は水戸黄門様、水戸藩主徳川光圀ご老公が建てました。この時代
 は水戸藩の領地でした。神社の名前の「笠石」は石碑の形から来ていま
 す。

★一般は500円の拝観料を払うとのこと・・

◆幹事:志村氏
 「まずは説明を聞きます。」

●那須国造碑の説明版
画像

◆宮司さんの話15分
画像

 「那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)は大田原市(旧那須郡
湯津上村)にある飛鳥時代の古碑です。国宝に指定されています。書
道史の上から多賀城碑、多胡碑と並ぶ日本3大古碑の1つです。石碑と
笠石は花崗岩です。
「永昌元年(689年)、那須国造で評督に任ぜられた那須直葦提の事
績を息子の意志麻呂らが顕彰するために、700年に建立されたもの
です。「永昌」という元号は唐のものですが、日本の元号は686年
に天武天皇の崩御により701年の大宝まで停止されていたため、
唐の元号を使用したと考えられています。
「評」の字が重要な漢字です。長岡京で発見された木簡には、
「評」が使われています。・・・688年・689年です。690年には
「郡」になっています。

「延宝4年(1676年)、僧:円順により発見されました。大金さんは
その報を領主:徳川光圀公に報告しました。佐々宗淳=佐々木助三郎
=助さんに命じて、笠石神社を創建し碑の保護を命じました。さらに
碑文に記された那須直葦提、意志麻呂父子の墓と推定した上侍塚古墳
と下侍塚古墳の発掘調査と史跡整備を家臣の佐々宗淳に命じました。
碑は表面を下にして埋もれていたため、碑文が保存されたと推定され
ています。

「現在、笠石神社の神体として祀られています。」
「19字×8行=152字の碑文が刻まれています。」
銘文は

永昌元年己丑四月飛鳥浄御原宮那須国造
追大壹那須直韋提評督被賜歳次庚子年正月
二壬子日辰節殄故意斯麻呂等立碑銘偲云尓
仰惟殞公廣氏尊胤国家棟梁一世之中重被貳
照一命之期連見再甦砕骨挑髄豈報前恩是以
曾子之家无有嬌子仲尼之門无有罵者行孝之
子不改其語銘夏尭心澄神照乾六月童子意香
助坤作徒之大合言喩字故無翼長飛无根更固

約文は
永昌元年己丑四月、飛鳥浄御原大宮に、那須国造で追大壹の那須直
韋提は、評督を賜はれり。
歳は庚子に次る年の正月二壬子の日辰節に殄れり。
故に意斯麻呂ら、碑銘を立て、偲びて尓か云ふ。
仰ぎ惟るに殞公は、廣氏の尊胤にして、国家の棟梁なり。
一世之中に重ねて貳照せられ一命之期に連ねて再甦せらる。
砕骨挑髄するも、豈に前恩に報いん。
是を以て曾子の家に嬌子有ること无く、仲尼の門に罵者有ること无し。
行孝の子は其の語を改めず、銘夏尭心、澄神照乾。
六月童子、意香助坤。
作徒之大、合言喩字。
故に、翼無くして長飛し、根无くして更に固まんと。

意味
【碑文の訳】
永昌元年己丑((689年)の4月に、飛鳥浄御原の大宮から、那須国造
の追大壹でありました那須の直葦提(あたいいで)は、「評督」(郡の
監督)の官職に任じられました。そして、庚子の歳の正月二日壬子の日
の辰の節に、おなくなりになりました。死んじゃいました。そこで遺嗣
子の意志麻呂(いしまろ)を喪主として、碑銘を立て遺徳を頒し、故人を
偲び祀りました。
仰ぎ奉りかえりますと、長逝しました殞公は、広氏の尊い後胤で、那須
国一族の嫡承継主=那須の柱、朝廷の重鎮片腕とも言うべき方でありま
した。
一世之中に重ねて貳照せられ一命之期に連ねて再甦せらる。・・・・
その一生は、浄御原の大宮より追大壱にあげられ、さらに評督職(郡=
こおりの監督を下賜されて、二度にわたっての光栄にあづかり、光輝の
ある命脈を高めました。
このような一族の中興の英主の恩に、どうやっても報いたい。
そこで儒教の教えに従って、父親への孝心をあらわすべく、
また仏神の御教えも受けて、ここに一文を草す。故人の遺志が長く
広く、地に根付かんことを・・・・。


●宮司さんが解説しながら、御神体を見せてくださった。
画像



★「評」の字は桃井の木簡も「評」が使われていますよね。」
 前澤先生「長岡京で690年のものですね。」

解説員:前澤先生・・私のこと、覚えているかな?
 上野国国分寺の発掘時に10回以上、説明を聞いた。
 横浜市立博物館にいた時も博物館を訪ねた。
 「覚えています。・・」
 と言ってくださった時は、本当にうれしかった。
 勝手に発掘された遺構を何度も撮影した。
 個人的にも国分寺行っているので、20回以上、
 国分寺に行っているのだ。
 前澤大先生が私を覚えてくれたのだ。
 群馬県の奈良時代の第一人者が私を覚えてくれたのだ。
 



【3】「大田原市なす風土記の丘湯津上資料館」
・平成24年(2012)4月1日から「栃木県立なす風土記の丘資料館
湯津上館」は、大田原市の施設となり、「大田原市なす風土記の
丘湯津上資料館」に変わった。 
画像

◆学芸員の話
「大田原市なす風土記の丘湯津上資料館」は国宝:那須国造碑の建立
と発見をテーマに展示をしている資料館です。
 那須国造碑が建立された時代背景や江戸時代の徳川光圀による侍塚
古墳発掘の業績、さらに、周辺の遺跡や出土品も紹介しています。
 資料館の前には、国指定史跡の下侍塚古墳があります。 

「湯津上地区は古墳群の宝庫です。20基を超えています。
上侍塚古墳は西暦400年ごろの築造と推測されます。全長114mで、
栃木県内の前方後方墳(前も後ろも四角形の墓)の中で二番目の大きさ
です。」
画像

●展示会・催し物
平成27年4月11日(土)〜6月28日(日)
「那須国造碑をめぐる人々 大金重貞」
画像

・佐々宗惇の書簡

●歴史館・・・真田の鎧があった。何故?
画像


画像







【4】侍塚古墳
●栃木県立なす風土記の丘資料館の前にある。
画像

画像

画像


◆学芸員の話
「元禄5年(1692)、徳川光圀の命により、日本最初の学術発掘調査が
下侍塚古墳発掘と同時に行われたことで知られています。
那須国造碑に刻銘された人物「直韋提(あたいいで)」を求めての発掘
でしたが、被葬者のわかる墓誌は発掘できませんでした。出土した遺物
は画工による図化の上、再び埋納されました。日本での本格的な初めて
の発掘調査でした。この下侍塚古墳は全長84mの前方後方墳で後方部
墳頂には、発掘時の痕跡が今も残っています。」
といって、連れて行って山頂に連れて行ってくれた。
画像


「凹んだ部分が発掘したときの痕跡です。」
「徳川光圀は墳丘の盛土が崩れるのを防ぐため松を植え、その姿を後世
に伝えています。当時、松を植えるのが流行っていたのも理由かもしれま
せん。調査後の古墳に対する埋め戻し保存対策は、現在の文化財保護対策
の手本です。」
画像



【5】昼食:黒羽の「花月」
画像



*****那須一族関係*********************************

箕輪初心★那須一族の歴史=〜2代:那須与一宗隆〜31代
http://53922401.at.webry.info/201401/article_19.html

箕輪初心★栃木:【那須与一伝承館】&与一の信憑性
http://53922401.at.webry.info/201401/article_15.html

箕輪初心●栃木【那須神田城】:那須氏初代〜4代の館跡
http://53922401.at.webry.info/201401/article_16.html

箕輪初心●栃木【高館城】=那須与一宗隆も在城?
http://53922401.at.webry.info/201401/article_23.html

箕輪初心●栃木【稻積城】:那須烏山城の支城?
http://53922401.at.webry.info/201401/article_17.html

箕輪初心●栃木【那須烏山城】:下那須氏の居城
http://53922401.at.webry.info/201401/article_18.html

箕輪初心●栃木【大田原城】&知略の大田原一族の戦国時代
http://53922401.at.webry.info/201401/article_20.html

箕輪初心●栃木【白旗城と大関氏】&松尾芭蕉の余瀬滞在
http://53922401.at.webry.info/201212/article_18.html

箕輪初心●栃木【黒羽城】★大関高増&大関増裕
http://53922401.at.webry.info/201401/article_22.html


*******益子焼*****************************

箕輪初心★栃木【人間国宝:益子焼の濱田庄司】
http://53922401.at.webry.info/201401/article_14.html

箕輪初心★群馬「自性寺焼」から移った栃木【益子焼:須藤窯&
末裔田上家「日向ギャラリー」】
http://53922401.at.webry.info/201401/article_13.html

箕輪初心★栃木【益子焼】=笠間焼+安中自性寺焼「須藤」
→濱田庄司・島岡達三などへ
http://53922401.at.webry.info/201312/article_26.html

箕輪初心●栃木県【益子城】&益子そば祭り
http://53922401.at.webry.info/201401/article_9.html

〜〜〜栃木県の城シリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心●栃木:『宇都宮一族の歴史』&【宇都宮城&多気山城】
http://53922401.at.webry.info/201312/article_23.html

箕輪初心●栃木【壬生城】=小田原で滅亡した壬生5代の城 
http://53922401.at.webry.info/201312/article_18.html

箕輪初心●栃木【児山城】=宇都宮氏の南を守る城
http://53922401.at.webry.info/201312/article_19.html

箕輪初心●栃木【上三川城】=近世城郭のような中世古城
http://53922401.at.webry.info/201312/article_20.html

箕輪初心●栃木【飛山城】=宇都宮一族の芳賀氏築城
http://53922401.at.webry.info/201312/article_22.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●栃木【益子城】&益子そば祭り
http://53922401.at.webry.info/201401/article_9.html

箕輪初心●栃木『板東20番:西明寺』&【西明寺城】=益子氏の詰め城 
http://53922401.at.webry.info/201401/article_10.html

箕輪初心●栃木【真岡城=芳賀城】=後北条氏と戦った芳賀氏の城
http://53922401.at.webry.info/201312/article_21.html

箕輪初心●栃木【茂木城】=佐竹についた宇都宮一族
http://53922401.at.webry.info/201401/article_11.html

〜〜〜〜以上が宇都宮一族系〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心●栃木【中村城】:伊達政宗の先祖が築いた城
http://53922401.at.webry.info/201312/article_25.html

箕輪初心●足利氏館跡:足利尊氏を輩出した城&100名城
http://53922401.at.webry.info/201311/article_5.html

箕輪初心◆【足利初代〜8代足利尊氏】&栃木:足利氏館3回目
http://53922401.at.webry.info/201312/article_6.html

箕輪初心★足利8代目:足利尊氏=室町幕府を開幕
http://53922401.at.webry.info/201312/article_7.html

箕輪初心●栃木【唐沢山城】佐野氏→上杉謙信→北条氏→佐野氏
http://53922401.at.webry.info/201312/article_8.html

箕輪初心●栃木【佐野城】&佐野厄除け大師&佐野信吉
http://53922401.at.webry.info/201312/article_9.html

箕輪初心◆栃木:【例幣使街道の宿場町&水運蔵の街:栃木】&レイテ島
http://53922401.at.webry.info/201312/article_16.html

箕輪初心◆下野:古代都市【@琵琶塚古墳・B国府跡・D国分尼寺等】
http://53922401.at.webry.info/201312/article_17.html

箕輪初心★栃木【祇園城=小山城】&小山一族の栄枯盛衰の歴史  
http://53922401.at.webry.info/201312/article_10.html
  
箕輪初心○栃木[小山氏城跡A]=【鷲城】&小山義政
http://53922401.at.webry.info/201312/article_11.html

箕輪初心●栃木小山【中久喜城】=鉄道で真っ二つの城
http://53922401.at.webry.info/201312/article_12.html

箕輪初心●栃木【川崎城】宇都宮氏分流:塩谷→群馬中之条の塩谷
http://53922401.at.webry.info/201401/article_12.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



★明日は

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲栃木「なす風土記の丘&那須国造碑&侍塚古墳」:かみつけの里旅行 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる