城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心●栃木【壬生城】=小田原で滅亡した壬生5代の城 

<<   作成日時 : 2013/12/18 05:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

文明年間(1469〜1486)壬生氏第2代目:壬生綱重が築いた(伝)。
城郭には天主閣や櫓台は建てられず、質素な構造であった。
江戸初期には、本丸御殿が将軍の日光社参の宿舎となった。本丸・
・二の丸。東曲輪・下台曲輪・正念寺曲輪があり、郭は土塁と堀
で囲まれていた。
結構、心が安まる場所であった。
画像


  

箕輪初心●足利氏館跡:足利尊氏を輩出した城&100名城
http://53922401.at.webry.info/201311/article_5.html

箕輪初心◆【足利初代〜8代足利尊氏】&栃木:足利氏館3回目
http://53922401.at.webry.info/201312/article_6.html

箕輪初心★足利8代目:足利尊氏=室町幕府を開幕
http://53922401.at.webry.info/201312/article_7.html

箕輪初心●栃木【唐沢山城】佐野氏→上杉謙信→北条氏→佐野氏
http://53922401.at.webry.info/201312/article_8.html

箕輪初心●栃木【佐野城】&佐野厄除け大師&佐野信吉
http://53922401.at.webry.info/201312/article_9.html

箕輪初心◆栃木:【例幣使街道の宿場町&水運蔵の街:栃木】&レイテ島
http://53922401.at.webry.info/201312/article_16.html

箕輪初心◆下野:古代都市【@琵琶塚古墳・B国府跡・D国分尼寺等】
http://53922401.at.webry.info/201312/article_17.html

箕輪初心★栃木【祇園城=小山城】&小山一族の栄枯盛衰の歴史  
http://53922401.at.webry.info/201312/article_10.html
  
箕輪初心○栃木[小山氏城跡A]=【鷲城】&小山義政
http://53922401.at.webry.info/201312/article_11.html

箕輪初心●栃木小山【中久喜城】=鉄道で真っ二つの城
http://53922401.at.webry.info/201312/article_12.html

■訪問記・・・平成20年(2008)10月18日
小山で、@祇園城 A長福城 B鷲城 C網戸城 D塚田館 
E中久喜城を見学後、日光街道へ/・・下野の古墳や国分寺・
国分尼寺を見学。・・・日光街道:奥の細道コース:室の八幡
壬生の壬生城へ・・・の一日コースである。

●壬生の鳥居家の菩提寺に行った。
  墓を詣でた。
画像


●壬生町役場などのある施設に行った。
 今日はお祭りだった。

●南側入口に模擬建築の二の丸門から入った。
画像


●二の丸に行った。

●二の丸の南側部分を進む。
画像


●本丸堀になる。
画像

画像



●本丸内には土塁が残されている。
画像


●案内板
 ★改修前の方が雰囲気がある。
画像
  

■壬生歴史博物館
画像

画像


@縄文時代の遺跡〜〜〜
画像


A古墳時代の家型埴輪
画像


  
B壬生城の縄張り図〜〜〜
画像


C壬生城の模型
画像
 

◎学芸員との話・・・
「壬生城は、本丸、二ノ丸、三ノ丸、東郭、下台郭、正念寺郭の
6つの曲輪が輪郭式に配置されていて、各曲輪は土塁と堀によって
囲まれていたらしいです。六つの郭がありました。
天守閣、櫓はなかったそうです。」
 

▼公園にて
大学の後輩の壬生高校「奈良君」は今、何をしているだろうか?



◆◆ 壬生城の歴史 ◆◆
画像

・寛正3年(1462) 京都の公家末裔:壬生胤業が屋敷を建造。

・文明元年(1469) 壬生氏2代:壬生綱重によって築城。
         
・永正5年 (1509) 壬生綱房が宗長と歌会を催した。

・大永3年(1523)  宇都宮忠綱は鹿沼教清を滅ぼした。
          宿敵皆川宗成を討ったが敗戦。
          勝った壬生氏は鹿沼城を築城。
          壬生城は重臣の城となった。
  壬生綱雄(+小田原の北条氏康) 
     VS
  宇都宮広綱・芳賀高定(+常陸の佐竹氏)

・弘治元年(1555) 壬生綱房が没。

・永禄5年(1562) 壬生綱雄が鹿沼で暗殺された。

・天正18年(1590)  豊臣秀吉の小田原攻撃。
壬生義雄は小田原城で篭城後、自害?病死?
   5代130年間続いた壬生氏は滅亡。

   結城晴朝は豊臣秀吉の養子となっていた徳川家康
   の次男:秀康を養嫡子として迎えた。
   結城秀康が結城城に入城。壬生も支配地となった。
 
箕輪初心●茨城【結城城】:小山一族結城家→結城合戦→徳川秀康
http://53922401.at.webry.info/201312/article_13.html


・慶長7年(1602) 日根野吉明が1万石で入封。

・元和2年(1616) 日光東照宮が造営。
・元和3年(1617) 徳川家忠が日光の帰りに宿泊
(・・・7回)

・寛永12年(1635) 阿部忠秋が2万5,000石で入封。

・寛永16年(1639) 三浦正次が入封。
  
・元禄5年(1692) 松平輝貞が下野国:壬生に転封。
・元禄6年(1693) 松平輝貞が徳川綱吉の側用人となった。
・元禄8年(1695)5月10日 高崎に転封。
箕輪初心★高崎藩8代・10代松平輝貞&「右京の泣き堀」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_14.html


・ 元禄7年(1695) 加藤明英が入封。

・正徳2年(1712) 鳥居忠英が3万石で入封。
鳥居氏8代の居城として用いられた。

・明治維新まで
 戊辰戦争・・・西軍の宇都宮城攻略の拠点となった。
 廃藩置県・・・壬生城の建物は取り壊され、堀や土塁の多くも
        破壊された。

★参考文献
現地博物館資料
博物館作成の歴史年表
    


★栃木:上三川城かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心●栃木【壬生城】=小田原で滅亡した壬生5代の城  城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる