城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆三国街道A【中山宿〜須川宿〜猿ヶ京〜永井宿〜▲三国峠】

<<   作成日時 : 2013/11/17 05:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三国街道の最初の難関:中山峠を越えると、旧高山村の中山宿に
入る。再び、峠を越えると、猪俣邦憲が名胡桃城を攻略し、豊臣秀吉
の小田原攻撃に繋がった道を進むと旧新治村の下新田宿に入る。
布施3宿を越えると、須川宿=現匠の里になる。旅人は湯宿温泉に
立ち寄った人もいた。相俣宿を越えると猿ヶ京に入る。元々はなかっ
た宿場で、幕末後栄えたのである。若山牧水や与謝野晶子などが
逗留している。その先は、吹路宿〜永井宿である。時には法師温泉
に入った旅人いるであろう。難所の三国峠に向かう。上杉謙信も何
回か通った道である。




箕輪初心◆三国街道1:高崎〜金古〜渋川〜金井〜北牧〜横堀
http://53922401.at.webry.info/201311/article_16.html

【7】中山宿(群馬県吾妻郡高山村)

○Yの字の分岐・・・右が旧道である。
○原町
画像

○中山宿本宿
画像

旧本陣跡・・・街道に面した立派な門構など昔をしのぶ

   本陣の面影が残っている。
画像

※鍵の手に曲がっていく。・・本来は直進した。

○中山新田宿・・・・新田という名から、あとからできた。
 2本陣。1つは郵便局となり・・・結構いい感じ。
○新田本陣:平形家
 本陣は大名の宿泊場所として使われていた。
画像

画像

・案内板
「三国街道と中山宿
中山道高崎宿から分かれ、金古、渋川、北牧、中山、下新田、永井を
経て、三国峠をこえ、越後、佐渡に至る街道である。別に五料から
玉村を経て金古に合う道も地方的に三国街道といっている。表裏日
本を結ぶ最短路で、北越長岡、新発田など五大名と佐渡奉行の通路
で、宿人馬は25人25疋(ひき)であった。」
・文政年間に消失。長岡藩主はじめ三国街道筋の荷主飛脚問屋など
 の寄進によって、新田宿本陣の長屋門・伝統的な二階建て木造建
 築として復興した。
・明治6年 旅籠の一部を改造し中山郵便局として開局し
 昭和41年まで使用された。
○大欅・・
画像


※炭焼きの窯2つある。

箕輪初心★中山城
箕輪初心●岩櫃城探検隊第8弾【中山城2回目】
http://53922401.at.webry.info/201311/article_13.html

箕輪初心●群馬旧高山村の城:中山城1回目&並木城
http://53922401.at.webry.info/201201/article_23.html

○一里塚・・・・湧き水
画像


○馬繋ぎの松・・・塩原太助は「あお」を繋いだ松・・
別れを惜しんだ。
画像


※今は、峠は変わっている。
 トンネルの手前100mを左折する。
▲ 金比羅峠・・・熊出没注意 

▲榛名山峠&榛名山城・・・
 ★名胡桃事件の時、猪俣邦憲が名胡桃城を攻略。



【8】塚原宿(群馬県利根郡みなかみ町)
・塚原宿・・古墳が多いことから平安時代には、すでに塚原と
  いう名が記録に残っている。
・馬が多く飼われていた。
※名胡桃リンゴ(群馬県月夜野町特産品)の生産が有名。
画像


●名胡桃城・・・
箕輪初心●群馬【名胡桃城@】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_21.html

箕輪初心●群馬【名胡桃城A】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_22.html

・赤谷川を渡る。 ・・・川留めもあった。


【9】下新田宿(群馬県利根郡みなかみ町)
○羽場分間
○高札場
○塩原太助の生家・・銀座で財ををなし、社会事業に尽力・貢献。
画像

画像

◆◆ 箕輪初心★塩原太助 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_13.html 
 

○諏訪の木城
画像



【10】今宿(群馬県利根郡みなかみ町)
画像



【11】布施宿(群馬県利根郡みなかみ町)
※下新田宿・今宿・布施宿の3つの宿を合わせて一宿だった。
画像

画像

●箱田城・・・支所の隣
◆◆ 箕輪初心●新治「箱崎城」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201204/article_11.html



【12】須川宿(群馬県利根郡みなかみ町)
※現在の国道17号線の対岸の台地にある。
「匠の里」として有名で、観光客で賑わっている。



○須川宿・慶長6年(1601)に設立。
*江戸時代「火之用心村定之事」と厳しい掟を設けて、長い間宿を
  火災から守って来た。
*昔は雑草が生い茂る原っぱの中の淋しい宿場だったようだ。
 旅人も湯宿に行ってしまうので、飯盛女を置いて対抗したそうな。 
*明治以後、三国街道は湯宿経由となり、須川は農村地帯となった。
*現在は「匠の里」として復活(農家を改造した伝統的なもの造りの家並。)
・○○神社・・・1668(慶応4)年、須川神社に「世直し大明神」が現れ、
  一揆へと発展。
  この「世直し一揆」は上州博徒に煽動されたものであった。
・旧庄屋宅:河合家(★県史)  
画像

画像

・泰寧寺・・・★訪問は2回。
画像



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○湯宿・・・須川宿の北、赤谷川沿いに湯宿温泉。
 「湯宿温泉は、法師が岩穴でお経を読んでいる時に湧き出した」
  そうだ。            
*須川宿に来た旅人も湯宿温泉に来たそうである。
※「太陽館」「常磐屋」等の温泉宿が8軒、共同風呂が4軒・
・「太陽館」・・・・500円?だっけで入湯。
画像

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


※今は道が北にあるが、かつては南側を街道は通っていたようである。
・元宿・・・・・赤谷湖(相俣ダム)の底に沈んだ。


【13】相俣宿(群馬県利根郡みなかみ町)
○猿が京の入口相俣地区の日枝神社。

○謙信の逆さ櫻
画像

○赤谷湖
画像

 (★湖城閣=宮野城の遠望)


【14】猿ヶ京宿(群馬県利根郡みなかみ町)
※新しい宿である。

○猿ヶ京関所
・寛永8年 徳川家光の代に設置され、明治の関所廃止令まで。
  中山道の碓氷関所とともに江戸の町を守る重要な関所。
  現在は、温泉地として繁栄している猿ヶ京。繁栄は昭和・・・・。
画像

画像



猿ヶ京温泉・・・・10回位は入っているだろうか?
箕輪初心★若山牧水Hみなかみ紀行「猿ヶ京温泉〜湯宿温泉」
http://53922401.at.webry.info/201301/article_31.html

・永禄3年(1560) 上杉謙信が関東への出兵の際、名付けた
猿ヶ京・・・。宮野城にて
箕輪初心●群馬:みなかみ【宮野城】=ホテル湖城閣
http://53922401.at.webry.info/201202/article_19.html
★湖城閣のあるところがかつては城だった。
 長尾景虎=上杉謙信が永禄3年(1560)に宿泊した。
 長尾景虎は申年生まれで、「申ヶ京」→「猿ヶ京」の地名の
 もとになったらしい。翌年には、関東管領の上杉姓を鎌倉
 八幡宮で貰って、上杉輝虎になった。
画像

画像




・関門と役宅・・・・(ホテル関所) と 役宅は4軒の世襲制
・道標・・・神明神社入り口の鳥居と庚申塔と神明宮
・庚申塔・・・幾度か火災に見舞われた猿が京を守るために建設。

※いちます屋・・・新潟の酒が安い。



【15】吹路宿(群馬県利根郡みなかみ町)
吹路宿・・猿ヶ京関所の維持運営に貢献した。
 往来する諸大名一行を宿泊させた。
画像


●吹路宿・・・若山牧水
※吹路の急坂にかゝつた時であつた。十二三から廿歳までの間
の若い女たちが、三人五人と組を作つて登つて來るのに出會つ
た。眞先の一人だけが眼明で、あとはみな盲目である。そして
各自に大きな紺の風呂敷包を背負つてゐる。訊けばこれが有名
な越後の瞽女ごぜである相だ。收穫前の一寸した農閑期を狙つ
て稼ぎに出て來て、雪の來る少し前に斯うして歸つてゆくのだ
といふ。
「法師泊りでせうから、これが昨夜だつたら三味や唄が聞かれ
たのでしたがね。」
とM―君が笑つた。それを聞きながら私はフツと或る事を思ひつ
いたが、ひそかに苦笑して默つてしまつた。宿屋で聞かうよりこ
のまゝこの山路で呼びとめて彼等に唄はせて見たかつた。然し、
さういふ事をするには二人の同伴者が餘りに善良な青年である事
にも氣がついたのだ。驚いた事にはその三々五々の組が二三町の
間も續いた。すべてゞ三十人はゐたであらう。落葉の上に彼等を
坐らせ、その一人二人に三味を掻き鳴らさせたならば、蓋し忘れ
難い記憶になつたであらうものをと、そゞろに殘り惜しくも振返
へられた。這ふ樣にして登つてゐる彼等の姿は、一町二町の間を
おいて落葉した山の日向に續いて見えた。


【16】永井宿(群馬県利根郡みなかみ町)
旧三国街道が越後との国境の手前、三国峠下の上州最後の宿。
「陸の船着場」と呼ばれ、元禄時代から、幕府直轄領の米を金に換金。
 永井宿は約200年間、大いに賑わった。
画像


・本陣跡・・・今は建物もなく案内板と石碑。
画像


・与謝野晶子の句碑
・若山牧水の句碑
・20数戸の民家・・・旅館は江戸時代末期の建築で140年

・永井宿資料館・・・・・元小学校
※米市場が立った。
画像



○会津藩の少年兵町野久吉(白虎隊)の墓・・・
※18号線のトイレ休憩場所の西にある。
   慶応4年西軍陣地へ突入し戦死
 「戊辰戦争の時は、西軍の指揮官は旅籠に泊まったが、兵は野営。」
 戊辰戦争での逸話、武勇伝が伝えられている。
画像

画像



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○法師温泉・・
画像


  法師温泉の歴史は1200年前、弘法大師が発見?
   胃腸、火傷、動脈硬化などに効能があり、多くの文人墨客が来訪。
   与謝野晶子・若山牧水など・・・・
※日帰り客は13:30までに入れば1000円?で入れる。
 ★2回入湯・・・
画像
         
箕輪初心★若山牧水Gロマンチック「法師温泉へ」
http://53922401.at.webry.info/201301/article_30.html

○大般若塚・・・★ビデオで見ただけ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲山道・・・・・・・現在は猿が出没、猪・熊も多い。
画像

画像

○三坂茶屋

○「田村一族の墓」

・石畳

※三国トンネル手前
画像


▲三国峠・・・・・三国街道最大の難所。
・三国権現・・・・「あちやと だんべの 国さかい」。
・石碑・・・・・・・坂上田村麿などの昔からの著名人の峠越え者の刻印



▲三国山・・・ニッコウキスゲは群馬県で3番目にきれいだと思う。
       コシアブラもある。平標山から縦走して、三国トンネルの
       脇に降りたのだった。
  ★でも、写真はない。 



★明日は三国街道B:浅貝〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆三国街道A【中山宿〜須川宿〜猿ヶ京〜永井宿〜▲三国峠】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる