城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心★喜多方ラーメン&北塩原村『網取館』

<<   作成日時 : 2013/05/18 04:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

平成20年(2008)7月22日は会津西街道から最上街道の旅の
途中である。綱取の地名の由来は、「勾配が急なため、綱を使って
物や人間を引上げた。」ことに由来するという。喜多方でラーメン
を食べている時に、網取館&網取城・裏磐梯の城の存在を知った。
後で、調べてみたら、蘆名盛隆が由良国繁の太田金山城城や
武田信玄の城など、石垣のある城を研究させ、柏木城を築か
せたやり、網取城を改修させたりした可能性が高い。網取城に
は石垣があるらしい。・・行きゃあよかったなあと後悔もした。

画像


◆◆ 箕輪初心●福島『会津若松城1回目』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201304/article_22.html

◆◆ 箕輪初心●福島『会津若松城2回目』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201304/article_23.html

◆◆ 箕輪初心●福島『二本松城』=伊達政宗父の弔い合戦 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_8.html

◆◆ 箕輪初心●福島『桑折西山城』=伊達政宗の先祖の城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_9.html

◆◆ 箕輪初心●福島『大仏→福島城』=伊達政宗の先祖の城 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_10.html

◆◆ 箕輪初心●福島『大森城』=伊達政宗の会津平定の拠点 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_11.html


◆◆ 箕輪初心●福島『向羽黒山城』=蘆名盛氏の隠居城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_18.html


■訪問記・・・平成20年(2008)7月22日
【1】喜多方

@町並み散策
画像

画像


A田中家
画像

画像

画像

画像



Bラーメン屋
画像

・旧喜多方市は120軒のラーメン店があるそうだ。
 どこの店に入ったか忘れた。



【2】喜多方から北塩原村〜檜原湖に向かった。
★光明寺・・佐藤銀十郎の墓、中根米七の墓
 =小栗上野介の妻:道子の従者の墓参りはしなかった。
 群馬の旧倉渕村から来て、会津戊辰戦争でなくなったのだ。
画像





・通り越して、北塩原村に入った。

【3】網取館&網取城

●網取館
画像


●網取城=要害山
※蘆名氏の会津黒川城(若松城)&伊達氏の出羽国米沢の境目の
 城である。会津と米沢を結ぶ米沢街道を見下ろせる場所にある。
@網取城に行くつもりで、路上駐車し、長靴を履いて登り始めた。
A入り口表示の所で、地元の方6人が草刈り機を持って、下って
きた。「網取城へは、どのくらいかかりますか。」と聞いた。
「30分位かなあ。でも、何にもないよ。石垣がちょっとあるだけ
だよ。今、網取城の草刈りをしてきたんだ。」とおっしゃった。
画像

後悔した。北山の石垣の城・・・つまり、蘆名盛氏の倅:盛興
の養子:二階堂=蘆名盛隆は関東甲信越から学んだ石垣の
ある城を造って、伊達政宗から、守ろうとした。



◆◆ 網取城の歴史
・○○○○年 築城時期不明。
       蘆名氏家臣=四天宿老の一人:松本氏の居城。
・明応9年(1500)会津黒川城主:蘆名盛高は松本対馬の中野館を攻撃。
     
     松本対馬は弟:松本勘解由左衛門宗輔の居城:綱取城に籠城。
     蘆名盛高は包囲して落城。
      ・・松本対馬を討ち取り、松本勘解由は降参。

・永正2年(1505)蘆名盛高 VS 子:蘆名盛滋
     蘆名盛滋は松本源三・松本勘解由らと綱取城に籠城。
     →蘆名盛滋は伊達晴宗を頼って、出羽国長井庄に逃亡。
     ・・・綱取城は廃城か?

  でも、網取城は石垣があるそうだ。
★石垣の城は蘆名盛隆の時代である。
群馬の太田金山城&武田信玄の築城法を蘆名盛隆は家臣に
学ばせたそうである。ということは、
網取城は、伊達政宗対策の重要な石垣の城ということになる。

・天正8年(1580) 蘆名盛隆は安土城へ荒井万五郎を派遣し、織田信長
  に名馬などを献上。織田信長と親交を深めた。

  ※蘆名盛氏が死去。〜〜〜〜〜〜蘆名氏の衰退。    
  18代:蘆名盛隆実権を掌握。
  ★もし、蘆名盛氏が長命であったなら、伊達政宗の会津征服は
    あり得なかっただろう?
        

・天正9年(1581)  織田信長に名馬3頭・蝋燭1000挺を献上。
   越後で新発田重家が上杉景勝に反旗を翻した。
   伊達輝宗と蘆名盛隆は新発田重家を支援した。
   蘆名盛隆は実父:二階堂盛義と二階堂氏の勢力回復に務めた。
   蘆名盛隆に反感を抱く家臣の反乱がたびたび起こった。
   
   黒川城内で家臣:大庭三左衛門に襲われて死亡。享年23。

  家督は生後1ヶ月の息子:亀王丸が継いだ。
  亀王丸の母は隠居した兄:伊達輝宗に後見を依頼した。
  
※天正12年(1584) 伊達実元は嫡子:成実に大森城を譲った。


・天正13年(1585) 伊達政宗が18代の家督を継いだ。
 伊達輝宗の後を継いだ伊達政宗は同盟関係を破棄した。
   米沢の伊達政宗は会津の蘆名氏に挑んだ。
※伊達政宗は「檜原の金山」を手中にしたかったらしい?
     
  →葦名盛氏の家臣:穴沢俊光の奇襲により
   伊達政宗は敗北。死者173名?
     
   伊達政宗は葦名盛氏の配下の檜原の穴沢俊光を攻撃
    →巌山城が落城。
    伊達政宗は穴沢俊光一族を討った
    伊達政宗は小谷山城=檜原城を築城し、
    後藤孫兵衛を城番にした。
    本丸、二の丸、袖郭で構成され、空堀や堀切がある。

   伊達政宗は桧原峠を越え、裏磐梯へ進攻。
           
喜多方の関柴へも侵攻。(関柴合戦)
   蘆名氏を攻撃した。

   伊達政宗は蘆名氏は防御が強く、会津への攻撃は
   出来なかった。  
  

  伊達輝宗(政宗の父)の二本松城攻撃。
   畠山=二本松義継は伊達輝宗(伊達政宗の父)に降伏。
  二本松義継は伊達輝宗を拉致して二本松城へ連れ去ろうと
  した。
   
・天正14年(1586) 亀王丸が 疱瘡を患って3歳で病死。
  佐竹義重の子:佐竹義広を蘆名義広とし、蘆名家の当主にした。




    
★明日は福島:裏磐梯の城かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心●福島『裏磐梯檜原5城の話』=伊達政宗の執念
★7月1日、文化世界遺産登録の「富士山」の山開きがあった。 登山客が3〜4倍増えることを予想して便所も増やしたという。 富士山の文化的価値とは一体何なのだろうか?解らない。変だ。 ★会津西街道→米沢街道→最上街道の散策の一貫である。 会津若松城→大内宿→会津本郷・美里・喜多方に出て、網取館 を通り、檜原湖にやってきた。会津米沢街道檜原歴史館に入った。 檜原には5城あることが分かった。戸山城、巌山城、小谷山城、檜原城、 大塩の柏木城である。境目の城について少し理解できた。石田明... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/02 05:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心★喜多方ラーメン&北塩原村『網取館』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる