城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心●福島『猪苗代城』=伊達政宗の無血開城

<<   作成日時 : 2013/05/12 06:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

▲磐梯山&▲西吾妻山&▲燧ヶ岳の登山の途中で立ち寄った城だ。
亀ヶ城=猪苗代城は猪苗代町の中心部の小高い丘にある平山城で
である。本城:鶴ヶ城=会津若松城と対をなす城として重要視され
ていた。伊達政宗が会津黒川城の蘆名義広を攻略するために調略
した。江戸時代には、一国一城令の後も、例外として存続した。
戊辰戦争では、会津藩の重要な役割を果たした。

画像



◆◆ 箕輪初心●福島『会津若松城1回目』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201304/article_22.html

◆◆ 箕輪初心●福島『会津若松城2回目』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201304/article_23.html

◆◆ 箕輪初心●福島『二本松城』=伊達政宗父の弔い合戦 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_8.html

◆◆ 箕輪初心●福島『桑折西山城』=伊達政宗の先祖の城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_9.html

◆◆ 箕輪初心●福島『大仏城→福島城』=伊達政宗の先祖の城 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_10.html


◆◆ 箕輪初心●福島『大森城』=伊達政宗の会津平定の拠点 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_11.html





■訪問日・・・平成22年(2010)7月30日
磐梯山&西吾妻山&燧ヶ岳の登山の途中に立ち寄った。
猪苗代ICで降りて、車で15分程、行った。

【1】bT40猪苗代城・・・磐梯山南麓に築かれた平山城。
猪苗代城は、街の中心部の小高い丘に築かれている。
※南北250m、東西200m、比高30mの規模である。
 現在は亀ヶ城公園として整備されている。
駐車場は20台程か?


@案内板
画像

「三浦氏の一族である佐原義連は「奥州征伐」の軍功により、頼朝か
ら会津四郡を与えられました。その子盛連には六男があり、長男であ
る大炊介経連が猪苗代を領して猪苗代氏を称しました。経連は、磐梯
山南麓の弦峯の地に建久二年(1191)亀ヶ城を築いたと伝えられ
ています。 以後、十四代盛胤まで猪苗代氏代々の居城でしたが、天正
十七年(1589)「摺上原の戦い」で芦名方が伊達勢に敗退したこと
により、盛胤も湖南横沢に引退し、猪苗代城主はここに終わりを告げま
した。 しかし亀ヶ城は、江戸初期に出された一国一城令にも破却され
ず、近世を通じて城代が置かれ、幕末の戊辰戦争によって焼失するまで
会津藩東の要として残された名城です。現在でも石垣や郭、虎口の形
状、土塁などの遺構がよく残っていて平成10年に猪苗代町指定史跡に
指定されています。」

○縄張り図
画像


○野口英世・・・幼少時代に城跡で遊んでいた。
画像


A野面積石垣・・・
  猪苗代城は石垣を多用した城である。
★蒲生氏郷の時代の穴太衆(あのうしゅう)の石垣か?
画像


B野面積みの中の笑い積み・・・
画像


C冠木門枡形跡・・・正面入口。石垣が使われている。
画像


D鐘楼跡
画像


E本丸への坂道
画像


E南郭・・・本丸より一段低くなっている。
   ここには土蔵があった?。
画像
 

・さらに登ると、かなりの幅の門跡が見える。
画像


F櫓門跡
画像

・南郭を抜けて本丸に至る門。
画像


G黒門跡=南郭より二の郭へ至る門である。
画像


H二の郭
画像

・野口英世の胸像・・・米国アラメダ海軍航空隊基地協会より
       日米友好の証として寄贈
画像


I井戸跡・・・井戸門跡近くに残る。


J井戸門跡・・・二ノ丸からへ本丸ねへの門である。
 本郭通路=入口
画像


K本郭跡・・・土塁で囲まれているのが分かる。
  ★本郭土塁跡・・・高さ約1m?
画像


・本郭より二の郭を望む。.・・本丸西側。

・本郭北側の武者走り=帯郭を望む。
  段差がはっきり分かる。
画像


L東門跡

▼車に乗って、一周した。


L三ノ郭付近は猪苗代小学校になっていた。
画像


箕輪初心感想・・・本丸・二の郭・帯郭・石垣・土塁・空堀が
 残り、保存状態がよい。

 

【2】猪苗代歴史ふるさと館
画像

 スタッフの方が説明して下さった。
 ありがとうございました。
画像

 ★俺って、結構メジャーな城では、度々親切な方に出会っている。
  ラッキーな男なのであろう。私がずうずしいからとも言えるが。       
画像


 ★磐梯山の爆発の説明も興味深かった。



【3】百名山bV4会津磐梯山・・初トライ
●八方台登山口・・中ノ湯・・・分岐・・・山頂1819m
    登り標高差700mで、山頂ま2時間を1時間30分            
●山頂下山→小屋:バッジ購入→お花畑→中ノ湯→八方台登山口
 下山コース1時間40分を1時間10分
C五色沼  
D檜原湖 
E白布峠(岩崎ちひろ記念碑)
●白布温泉・・・天元台スキー場
と続く。



◆◆ 猪苗代城の歴史 
・平安時代末期 「奥州征伐」
 三浦氏の一族である佐原義連は「奥州征伐」の軍功により、頼朝か
 ら会津四郡を与えられた。その子:佐原盛連には六男がいた。
 長男:佐原大炊介経連が猪苗代を領して猪苗代氏を称した。
地頭として一帯を治めていた。
・建久2年(1191) ・佐原義連の孫:佐原経連が亀ヶ城を築城?
  ※宝治2年(1248)説もある。真偽は不明。
  以後、十四代盛胤まで猪苗代氏代々の居城であった。

●猪苗代氏と蘆名氏は同族である。
※猪苗代氏は耶麻郡(猪苗代)一帯を治めていた。
※蘆名氏も佐原義連の血統で、会津盆地を治めていた。
 
・応永27年(1420)〜天文16年(1547)
猪苗代氏 VS 蘆名氏

・天文20年(1551) 蘆名盛氏が猪苗代平太郎に偏諱を与え、猪苗代盛国
と名乗らせた。=猪苗代氏は蘆名氏の家臣になった。


・天正13年(1585) 伊達政宗の父:輝宗が二本松を攻撃。
    二本松城主:畠山義継は降伏。
    畠山義継は伊達輝宗を拉致した。

・天正14年(1586) 伊達政宗は大森城から出陣。
高田原の悲劇・・
    伊達政宗は畠山義継&父:伊達輝宗を射殺してしまった。   
    伊達稙宗・実元が二本松城:畠山氏を攻略した。
    
    伊達政宗は軍功により、伊達成実に二本松を与えた。
    →伊達政宗の重臣:片倉小十郎景綱が大森城に入城した。

矛先は、会津黒川城の蘆名盛氏になった。

・天正17年(1589) 猪苗代盛国は伊達政宗の誘いを受けた。
          伊達政宗に内応して、家臣になった。
  倅の猪苗代盛胤(=猪苗代盛国の嫡男)が黒川城へ出向いている
  隙に猪苗代城を奪取した。
伊達政宗は猪苗代城に無血入城したのだ。

画像

 (★平成24年トランベール8月号)
 
 6月5日「摺上原の戦い」
蘆名盛氏が伊達政宗に敗退。
→伊達政宗は会津地方全域を手中に収めた。
  

 伊達政宗は猪苗代盛国に猪苗代に5百貫文の
  領地を加増した。伊達政宗の一家に準じられた。

  猪苗代城主:猪苗代盛胤は湖南横沢に隠居した。

・天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原攻撃
伊達政宗の遅刻
      豊臣秀吉の奥羽仕置
      伊達政宗は会津を没収された。
      伊達政宗&猪苗代盛国は猪苗代の地を去った。
※約400年にも及ぶ猪苗代氏の支配が終焉した。


   →蒲生氏郷が会津の地を与えられ、転封。
   猪苗代城には町野左近が2万8,000石で城代を務めた。

その後、会津領主は蒲生氏郷→上杉景勝→蒲生秀行→蒲生忠郷
   →加藤嘉明→加藤明成と続く。

・慶長20年(1615) 江戸幕府が一国一城令発布。
   東北では、会津藩の猪苗代城、仙台藩の白石城が例外になった。
会津領の重要拠点として有力家臣が城代が置かれた。

・寛永20年(1643) 保科正之が会津に転封。
         猪苗代城には城代が置かれた。
     保科正之の墓所=土津神社の守護という役目もあった。


・慶応4年・明治元年(1868) 会津戊辰戦争
「母成峠の戦い」
  西軍(薩摩藩・長州藩など)が東軍(会津藩・新選組など)を
  破って、会津領へ侵入。
  突破した西軍が会津に接近。
  猪苗代城代:高橋権太夫は城を焼き払って会津若松城に撤退した。
  →戊辰戦争後、猪苗代城は廃城。
  
※猪苗代城は荒廃したままだった。

・明治38年(1905) 日露戦争の戦勝記念の桜を植樹。

・平成13年(2001) 福島県指定史跡に指定。

※参考文献
 ・現地案内板・猪苗代歴史ふるさと館の資料や説明等。
 


★明日は、福島:向羽黒山城かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心★『土方歳三の35年の生涯』
★幕末期の幕臣:新選組副長。新選組時代には、「鬼の副長」と呼ばれ、 隊士たちから畏敬の念〜恐怖された。戊辰戦争では旧幕府軍の新選組 指揮官のとして活動した。旧幕府軍の弱腰の姿勢と統率力のなさの中 で、伏見→淀→大坂城と撤退し、会津で過ごした。北海道では「蝦夷 共和国」の軍事参謀に任ぜられた。明治2年5月11日、箱館五稜郭の 防衛戦で戦死した。享年35歳。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/05/22 06:42
箕輪初心●福島『白河小峰城』=戊辰戦争最大の死者
★平成25年(2013)6月9日、NHK大河ドラマ「八重の桜」では、 西軍=新政府軍が白河城に迫った。西郷頼母が守将であった。 ★平成20年(2007)4月7日、町○氏・福ちゃん・まーちゃんの4 人組で福島の桜と城散策に来た。東北自動車道の白河ICで降りた。 白河小峰城の見所は石垣&復元天守閣だ。200円を払った。 春の桜・夏の薔薇がいいらしい。しかし、白河小峰城の桜はまだ だった。平成23年(2011)3月11日の東日本大地震で石垣損傷 で登城禁止になっていると、戊辰戦争で... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/12 04:22
箕輪初心▲『磐梯山&白布温泉』の再版
★平成22年(2010)夏、▲会津磐梯山に登った。 「会津磐梯山は〜 宝〜の〜や〜ま〜よ〜〜〜〜。」と歌われて いるが、何が宝かは分からなかった。猪苗代城→猪苗代歴史ふる さと館→磐梯山→白布温泉と続いた。この企画は、百名山を登る 旅であった。▲bV4磐梯山&▲bV5西吾妻山&▲平が岳2回 目が目的であった。米沢城・上杉家の墓所にも寄ったのである。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/15 06:17
箕輪初心◆白布温泉〜▲西吾妻山〜◆銀山温泉
★高崎の梅が3Lクラスが20s7200円→1000円になってしまった。 今日は、梅酒用の白加賀&小梅:織姫を出荷する。もしかしたら、梅 2t分を出荷しないかもしれない。 ★平成22年(2010)夏、1日目は、猪苗代城→猪苗代歴史ふるさと館 →▲磐梯山→白布温泉・そして、米沢城・上杉家の墓所にも寄ったの である。旅行の2日目は、西吾妻登山→新高湯温泉→・・・南会津の 奥只見:銀山平温泉に宿泊した。この企画は、福島県の百名山を登る 旅である。▲bV4磐梯山&▲bV5西吾妻山&▲平... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/16 05:17
箕輪初心▲百名山54平ヶ岳=楽ちんコースで2回登頂
★平ヶ岳登頂は2回ある。いずれも楽ちんショートカットコースである。 奥只見銀山平で泊まって、マイクロバスで中の岐新道の奧の駐車場ま で送迎していただく。銀山平など57軒の共同所有の道なのである。 「平ヶ岳=楽ちんショートカット軟弱ルート」は歩行時間5時間半の 皇太子:浩宮様様ルートなのである。正規のルートは、銀山平から奥 只見湖を只見川沿いに鷹ノ巣まで車で1時間半。鷹ノ巣ルートで平ヶ 岳に入ると、歩行時間約10〜11時間はかかる「深田久弥」ルート である。深田久弥信奉者は「邪... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/17 06:07
箕輪初心●福島伊南町『久川城』=奥会津の名城
▲会津駒ヶ岳&▲燧ヶ岳」の登山のおまけの歴史散策である。 「会津駒ヶ岳」登頂後、檜枝岐村の民宿に泊まることになった。 夕飯までに2時間程、時間があった。隣の伊南町「久川城」に 行った。堀・土塁跡は実によく残っていて整備されていた。 久川城は奥会津の名城であった。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/06/19 06:53
箕輪初心▲百名山19 【飯豊山2泊3日】
※6月30日【八重の桜】は会津藩士の会津若松籠城が始まった。 飯豊(いいで)連峰は磐梯朝日国立公園内にあり、福島県・山形県・ 新潟県の3県にまたがる。飯豊連峰は、最高峰大日岳2128m・飯豊山 2105mを中心に御西岳2013m:北股岳2025mなど、標高2000m前後 の峰が並んでいる。 飯豊連峰は冬には偏西風によって多量の雪が降 る。東側は積もった雪により浸食され、急峻な地形となっている。 飯豊連峰には雪田を10m滑って軽い捻挫と腕に擦り傷を負った思い 出とアプローチが長... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/01 06:15
箕輪初心★伊達政宗の生涯= 戦国の「風雲児」「異端児」「問題児」
★伊達政宗をどう受け止めたらいいのであろうか?伊達政宗の生 きた時代は織田信長や豊臣秀吉が天下統一へ向けて活躍してい た時代だ。従って、伊達政宗は生まれてくるのが遅かった感もある。 奥州制覇・天下統一の素質も持っていた戦国の「風雲児」「異端児」 「問題児」。・・・伊達政宗という人は不思議な人格で、波乱に満ちた 人生だったと思う。そこで、伊達政宗という人を振り返ってみようと思う。 「独眼竜政宗」という呼ばれ方もされている。どこが竜なのだろう。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/27 11:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心●福島『猪苗代城』=伊達政宗の無血開城 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる