城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心■静岡【龍潭寺】=井伊家の菩提寺

<<   作成日時 : 2012/12/06 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現静岡県浜松市北区引佐町井伊谷は井伊氏発祥の地で
ある。居城:井伊谷城の南4〜300m程の所には、龍潭
寺がある。天正5年(733)に行基によって開創されたと伝
わっているそうだ。井伊氏は、平安時代に、藤原鎌足の子
孫藤原共資が遠江守となって下向したのに始まる。子の藤
原共保が井伊谷に住み、井伊に改姓した。南北朝の時代に
は井伊氏は南朝の宗良親王と北朝の足利尊氏の家臣と戦っ
て負けた。室町時代末期、20代:井伊直平が黙宗瑞淵和
尚を迎え、臨済宗妙心寺派となった。22代:井伊直盛の
法名から「龍譚寺」と名前を変えた。24代目は井伊直政
である。井伊氏の建てた寺は、井伊谷の龍譚寺→浜松龍
譚寺→箕輪龍門寺→高崎龍広寺→彦根龍譚寺と続く。全て
「龍」の字がついている。尚、井伊家所領の世田谷の豪
徳寺には、25代目以降の供養塔がある。
画像



◆◆ 箕輪初心◆静岡【井伊谷城】=井伊氏540年 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_5.html

◆◆ 箕輪初心★井伊家の歴史:井の国千年物語前編 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_3.html

◆◆ 箕輪初心★井伊家の歴史:井の国千年物語後編 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html

◆◆ 箕輪初心●箕輪城シリーズ54「井伊直政&豪徳寺」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201011/article_25.html




■訪問日・・・平成24年(2012)10月24日
@お寺の前の駐車場に車を止めた。
画像

画像

画像

A参道・・・階段・・山門
画像



B本瓦葺き四脚門
明暦2年(1656)七世喝厳和尚建立の門である。
画像


C庭
画像


D庫裡

E寺の入り口・・・料金所・・・人がいない。

F本堂・・・お金を払った。
画像

 廊下は鴬張りの音が響く。
画像

 前庭
画像


G宝物・・宗良親王の位牌と十一面観音様。

H開山堂・・左甚五郎作の木彫りの龍。

I御霊屋・・井伊家代々の位牌。
画像

画像

 (★パンフレットより)


J稲荷堂

K龍潭寺庭園・・・小堀遠州作の裏庭
画像

中央に守護石、左右に仁王石、手前正面に礼拝石がある。
池の形が心字池
画像

画像



○戻った。鶯張りの廊下
画像


○御朱印
★武藤全裕氏の本を買わなかったのを後悔した。

L書院
○井伊家御当主様が座られた席。
画像


○書院奥・・・宝物の展示=井伊家ゆかりの品。
画像




○境内を散策


N近藤秀用の墓
画像

画像


O鈴木景時の墓
画像


P奥山氏の墓
画像


Q井伊家歴代の墓
画像

 元祖:井伊共保公〜24代直政公までの墓地。
 礼拝・・・「安らかに? 安らかじゃなかっただろうな。」

画像


画像


画像



○隣の井伊谷宮に行くことができる。
でも、井伊谷城に行かなくてならない。
今日は群馬に帰るのだ。

○井伊谷→引佐IC→第二東名・・御殿場IC・・
富士道路→中央高速→魔の笹子トンネル・・八王子JC
・・圏央道・・前橋IC・・高崎の家まで、
4時間30分かかった。意外と早かった。
武藤全裕氏の本を買わなかったのを後悔した。  



★明日は、岡崎城にしようかな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心■静岡【龍潭寺】=井伊家の菩提寺 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる