城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心★幕末偉人【岩瀬忠震】=日米修好通商条約に調印

<<   作成日時 : 2012/12/01 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

長篠城&長篠の戦いがメインの旅で設楽原歴史資料館で
岩瀬忠震(ただなり)に興味を持った。幕末の外交官=
阿部正弘時代の外国奉行として、アメリカ領事:ハリスと
日米修好通商条約に調印した。続いてオランダ・フランス
と安政の五ヶ国条約をすべての調印者となった。しかし、
井伊直弼の安政の大獄で免職させられた。岩瀬忠震が外交
官として活躍した時期はわずか5年であるが、日本にとっ
て外国の植民地支配を回避した最も大切な5年であった。
★う^ん、その後、井伊直弼は小栗上野介を登用したのか。
日米修好通商条約に批准にワシントンにbRとして行った
小栗のファンの私が「岩瀬忠震」に興味を持つのは、当然
だった。学芸員とも「岩瀬」について話した。「横浜の本覚
寺に岩瀬忠震のレリーフがある。」と言った言葉に反応した。
「北条重臣の多米氏の青木城があるところですね。神奈川宿
前の開港を止め、横浜開港にしたンでしたっけ。・・・」
もちろん冊子を買った。島崎藤村が「夜明け前」で、大絶賛
した人物だった。福地源一郎も賞賛した人物だ。

画像

画像
 



◆◆ 箕輪初心◆青木城=本覚寺の岩瀬とハリス ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201210/article_10.html

◆◆ 箕輪初心◆横浜開港物語 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201210/article_8.html

◆◆ 箕輪初心★『小栗上野介とボーハタン号』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_29.html

◆◆ 箕輪初心★『ボーハタン号&咸臨丸』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201108/article_17.html

◆◆ 箕輪初心★『小栗上野介の功績&提唱』 ◆◆
★大隈重信・大久保利通・東郷平八郎などは
「日本の近代化の父」と思っているようだ。
http://53922401.at.webry.info/201106/article_30.html





<<★★岩瀬忠震の年譜★★>>
・文政元年(1818) 設楽貞丈の3男として新城に生まれる
@父・・「設楽貞丈」設楽6ヶ村(現新城市東郷地区)
     の1400石の旗本。小普請組徒頭。
     歌道・本草学の長けていた。
  旗本設楽貞丈は伊達政宗の子孫説もある。
    
  A母・・大学頭をつとめる11代:林述齋の娘の「純」
母の叔父・・鳥居耀蔵・・南町奉行
     ★遠山の金さんは北町奉行
          林復斎・・・海外通だった。
  母の従兄弟・・・堀利煕


・天保11年(1840)23才 岩瀬市兵衛忠正の養嗣子。
養父・・・岩瀬市兵衛忠正は三河出身の旗本書院番
      800石
       岩瀬市兵衛忠正の長女と結婚
※先祖は奥州岩瀬城主→岩瀬氏俊が長篠の戦いで戦死。

・天保13年(1842)25才 江戸の昌平坂学問所に入門。
大試験乙科。
  同期・・・永井尚志・木村喜毅(咸臨丸館長)・  
堀利煕(義理の従兄弟)

・天保14年(1843) 26才 幕吏登用試験に合格。

・嘉永2年(1849) 甲府に赴き、徽典館の学頭

・嘉永4年(1851) 任期を終え、江戸で昌平黌の教授。

・嘉永6年(1853) ペリーが黒船で来航
世界最大のさすけはな号やボーハタン号(後に
小栗上野介は日米修好通商条約に批准のため乗船)
など4隻・
「蒸気船=上き煎 たった4杯で 夜も寝られず」
画像

画像

画像

画像

★黒船の来航により、日本は幕末という混乱の時代を
  迎えた。
画像

 一般的には「ペリーの黒船」=「開国」である。
 でも、ペリーは日本を開国させられなかったのである。

 ・小姓組番頭:白須甲斐守政x組の学問所出役から
  徒頭(二番組)に移動。
・嘉永6年(1853) アメリカ合衆国の国書を携えたペリー
 提督の艦隊が沖縄北谷付近
 →小笠原父島

 →浦賀に来航した。
 ペリーは脅迫するように幕府に開国を迫ったらしい。
 しかし、江戸幕府は回答を保留した。


・安政元年(1854) ペリーは再び来航して幕府に開港を
 迫った。
 日米和親条約は横浜開港資料館の中庭にある玉楠の木
 の下で行われた。

 日米和親条約で下田と函館の2港を開港したのだ。
 条約締結後、ペリーは伊豆半島の下田で、「下田条約」
 と呼ばれる日米和親条約の細則を取り決めた。
 吉田松陰がアメリカに渡ろうとして小舟で米軍艦に乗り
 付け、幕府の役人に捕らえられた。

画像


・嘉永7年(1854) 老中首座:阿部正弘が徒頭に任命。
日米和親条約・追加条約
日英和親条約

・安政元年(1854)  
  ※日露和親条約

 阿部正弘が4ヶ月後、
  岩瀬を目付→勝手掛・海防掛に任命。
  下田などで、対外交渉に当たらせた。
 ★岩瀬忠震は、外交官として第一線で活躍をし始めた。
  歴史の表舞台へと駆け上ったのだった。

そして、講武所・蕃書調所・長崎海軍伝習所の開設。
 

  →岩瀬忠震は、外国奉行に昇進。



・安政2年(1855) 1月18日、下田へ出張。
 37歳 ロシアのプチャーチンと全権の一人。
日露和親条約追加締結。

ロシア船「ディアナ号」は伊豆戸田(へた)村沖で沈没。
  →戸田村民がロシア人を助けた。
●岩瀬忠震は、新造船の建設に立ち会い、技術を習得。
 「君沢形」小型船など、洋式機帆船を10隻建造。

 ●岩瀬忠震は、品川の砲台の築造に尽力した。
江川太郎左衛門の登用


・ハリスが下田に着任。
★最も重要なアメリカとの修好通商条約の締結には
 多くの困難がつきまとった。

12月16日、岩瀬は従五位下伊賀守に叙任。


・安政3年(1856)下田が開港後、アメリカ合衆国総領事と
 してハリスが下田に着任した。日本で最初の領事館と
 なった。ハリスは下田の玉泉寺に暮らすことになった。
 日米和親条約は条約は貿易を承諾したものではなかった
 ので、ハリスは日米間の貿易開始の交渉の任を負ってい
 たのだ。

・安政4年(1857)
 ハリスはようやく将軍:徳川家定への拝
 謁が許された。ハリスは合衆国大統領の親書を手渡し、
 貿易交渉を開始した。
 しかし、江戸幕府は交渉の返答に困ってしまった。
 ハリスは下田で3年間過ごすことになった。

4月15日、長崎へ出張。
 岩瀬は次々に条約を締結した
 ●日蘭和親条約
 ●日米和親修正条約の交渉
 ●日蘭和親追加条約の調印
日露和親条約追加締結の調印

9月13日、老中に松平忠固が就任。
  岩瀬伊賀守から岩瀬肥後守に改名。


11月6日 長崎の帰路で
12月 下田奉行:井上清直と・・ハリスと交渉開始。
 「下田閉港・・横浜開港。」  
※治外法権&関税自主権がない。

・安政5年(1857)遣米使節団が出航した。

・安政5年(1588) 老中:堀田正睦の上洛に伴い、
   副役に勘定奉行:川路聖謨とともに選出。
5月1日 堀田正睦は勅許を得られなかった。
 5月16日 琉球使節江戸参府に伴い、御用取扱兼帯。

   井伊直弼は勅許を主張
  
  植民地化されるよりかは、多少の不平等はしかたない
  という腹積もりだったのである。
 
  →岩瀬・井上がボーハタン号に乗船。
画像
  
  
 アメリカの総領事タウンゼント・ハリス
  と交渉して条約締結に臨んだ。
6月19日
 @日米修好通商条約の調印。井上清直と共に署名。
  条約調印にこぎつけたことは岩瀬忠震を始めとする
  優れた幕府外交官の尽力によるものである。

 ★岩瀬忠震は開国に積極的な外交官であった。
  ハリスは、
  「井上、岩瀬の諸全権は綿密に逐条の是非を論究して
  余を閉口せしめることありき。・・・(中略)・・・
  懸かる全権を得たりしは日本の幸福なりき。彼の全権等
  は日本の為に偉功ある人々なりき」
  と、当時の交渉のことを書き残している。

  幕府は条約で決められた神奈川に代わり、対岸の横浜村
   に開港場を設けることとした。
  岩瀬忠震は条約の文言を重視して神奈川開港を主張した。
  ★私の理解していたこととは逆だった。

★日本が植民地化を免れたのは、土壇場で日米修好通
  商条約が成立したからとも言われている。

7月8日  目付から外国奉行に異動。
A日蘭修好通商条約の調印。
B日露修好通商条約の調印。
C日英修好通商条約の調印。
D日仏修好通商条約の調印。

★5ヶ国との条約のお陰で日本は世界の列強から植民地
  支配から護られたのである。
岩瀬忠震は米蘭露英仏の五ヶ国全ての条約調印にただ一人
 で参加。

 



画像

※2日後、13代将軍徳川家定の将軍継嗣問題
  一橋派・・・徳川慶喜(一橋徳川家当主)を支持。
松平慶永(福井藩主)
 ・阿部正弘(福山藩主)
 ・堀田正睦(佐倉藩主)
        岩瀬忠震も属す。


  南紀派・・・徳川家茂を推薦。
      大老となった井伊直弼+家老:長野主膳
間部間部詮勝(鯖江藩主)
譜代大名など

※井伊直弼は安政の大獄を断行。
   反対派や一橋派の排斥を行った。
 
9月5日  外国奉行から作事奉行に異動。
12月20日 宗門改を加役。
  →岩瀬忠震が作事奉行に左遷
 大老井伊直弼の怒りを買ったのだった。

・安政6年(1859) 井伊直弼の安政の大獄により免職蟄居
築地から移動。
   江戸向島岐雲園で書画の生活に専念した。
   幽居生活・・・


・安政6年(1859)陰暦6月2日(太陽暦暦7月1日)
日本とアメリカ合衆国の間に日米修交通商条約が締結された。
※条約は関税自主権がない不平等条約だった。
この条約によって下田、函館に加えて、兵庫(神戸)、新潟、
長崎、神奈川(横浜)の4港の開港が約束された。
画像

アメリカ総領事:ハリスは神奈川宿(現在の京急神奈川駅・
東神奈川駅付近)前の港の開港を想定して、神奈川宿の
本覚寺にアメリカ領事館(青木城=本覚寺)領事館を置いた。
画像

画像

 (★岩瀬のレリーフ)

普門寺には、フランス領事館があった。

江戸幕府は神奈川宿での外国人と日本人とのトラブルを恐れ、
当時小さな漁村であった横浜を「横浜も神奈川の一部である。」
として強引に推し通した。
当時の横浜の沖合は水深が深いので港に適していた。
横浜開港に当たって運上所(=現神奈川県庁)先の海岸
にふたつの石組み突堤が造られた。
東側突堤の名残が大桟橋の「象の鼻」である。
画像

横浜が開港した。
その後の横浜港は一大国際貿易港として発展してした。
横浜の街は国際都市として発展したのである。
現在も6月2日は横浜の開港記念日として祝われ、
横浜開港祭が盛大に実施されている。
★昔、大学吹奏楽部で、パレードのも参加したのだ。
画像


・文久元年(1861)年 44歳で病没
★失意のうちに病死したのであろう。



【2】岩瀬忠震の見学のポイント
@勝楽寺の「岩瀬忠震の顕彰の碑」

A設楽原歴史資料館
 岩瀬忠震の書画等が展示
 岩瀬忠震の生涯のパネル紹介
◆◆ 設楽原歴史資料館 ◆◆   0536-22-0673 
 http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/1,3106,118,662,html

B墓所・・・東京都豊島区の雑司ヶ谷霊園。

C横浜ほ本覚寺のレリーフ


【3】感想
明治政府は薩長史観にたち、自分たちが官軍であり、
江戸幕府が軟弱であったかを強調し歴史を曲げた。
この方が明治新体制確立のためには都合がよいのだ。
それ故、開国の歴史においては、アメリカの「ペリーと
ハリス」ばかり強調し、外国に対して「開国論者:岩瀬
忠震」「攘夷論者:小栗上野介」らが語られず、勝海舟や
坂本龍馬ばかりが歴史の立て役者であると強調されてい
る。日本人として歴史を幅広く捉えて行くことも必要で
あろう。


<参考資料・Hp>
@「岩瀬忠震」・・新城市設楽原歴史資料館発行 
A設楽原歴史資料館発行企画展
 『日本開国の立役者ー岩瀬忠震』
B「ペリー来航と横浜」・・・横浜開港資料館発行
イギリスで発見された日英修好通商条約の交渉の際
 の岩瀬の写真が2008年に横浜開港資料館に公開された。
Cウキペディア等
画像





★明日は愛知県の城・・岡崎城かな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心★小栗上野介M童門氏VS村上泰賢先生TV討論
★平成24年(2012)12月12日(水)の22:00〜23:00の BSーTBSの『ライバルの光芒』で、勝海舟=童門冬二 氏 VS 小栗上野介=村上泰賢先生の対談のTV放映が あった。司会:高橋英樹氏&アシスタント:加藤シルビア氏 であった。村上泰賢先生って、全国レベルだ。★凄えな。 私は小栗上野介ファンである。できれば、小栗上野介が 造った横須賀造船所が世界遺産になって欲しいと考えて いる一人である。なぜなら、日本の重工業の発展の元に なった場所だからである。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/12/18 07:52
箕輪初心◆群馬『水戸天狗党&下仁田戦争』
★平成25年(2013)年3月初旬、里見哲夫先生の御孫様には、大変 嫌な思い、御迷惑をおかけしてしまいました。改めてお詫び申し上 げます。知識不足の「下仁田戦争」を調べることにしました。 ★里見哲夫先生と御孫様、御先祖本当に大変だったのですね。 「元治元年(1864) 11月16日、高崎藩一番隊は里見治兵衛宅前 に陣を構え討つことにした。」(★「上州の明治維新」:中島明著) そして、「水戸天狗党と下仁田戦争150話」大塚政義著、 「水戸天狗党と下仁田戦争」群馬県立歴史博物館第... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/03/24 09:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心★幕末偉人【岩瀬忠震】=日米修好通商条約に調印 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる