城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心☆【群馬における韓国&韓国語2−@古墳文化】

<<   作成日時 : 2012/09/08 09:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

元もとの群馬県人は古墳時代(3C〜7C)に縄文人
&弥生人&(蝦夷?)+百済人&新羅人&高句麗人と
の混血で生まれていったと考えられる。韓国の束草で
韓国人を見て思ったのだ。DNAが最も近く、群馬県人
は特に、韓国人の血が流れているかもしれない。

8月6日、箕輪城語り部の会会長:岡田氏が「高崎
高校の同級生の豊泉清氏が『赤城山・榛名山なども韓
国語である。と、上毛新聞に書いていたよ。』
と教えて下さった。

そこで、群馬県における韓国&韓国語を調べた。
「韓国の言葉が群馬にある。」と述べている方々がいた。
日本民俗経済学会理事長:菅野英機氏、群馬県立女子
大学:熊倉靖氏、群馬県議員:須藤和臣氏、高崎の医
師:豊泉清氏などである。

もちろん、多胡碑の研究者や群馬古代の古墳研究者
などは群馬に韓国文化・韓国語が日本語化=上毛野
語になった言葉はあると思っているに違いないが。
しかし、古代韓国語が群馬に定着した語句として、体
系的・学術的にまとめた学者は群馬にはまだいない。
言語学上からも難題であろう。
画像

 (★群馬高崎下芝の谷ッ古墳の飾履&方墳)


例えば、寿司・刺身・酒 ・着物・芸者・柔道・すもう
(すまふ)などの世界で使われている日本語がある。
これらは外国に文化がないため、訳せなかったので、そ
のまま外国では外来語として使われている。
韓国渡来人:百済や新羅の人が群馬に新しい文化・知識
を伝えた。具体的には、古墳のなどの土木技術や米作り
など農業技術・養蚕技術・織物技術・焼き物技術・かまど
文化&食事の仕方などの新しい知識。そして、宗教や信
仰などを伝えた。新しい知識が入ってきても群馬にない
日本語であるから、新しい語句や地名や名前なども韓国
語で表したのであろう。従って、群馬県人は韓国語を発
音をそのままインポート・トランスポートせざるを得な
かった言葉があるはずである。




【1】渡来人の古墳文化と群馬の古墳文化
韓国の百済の武寧王陵&慶州の天馬塚古墳など
4C初期  高句麗・馬韓が楽浪・帯方郡を滅ぼした。
       高句麗 Vs 百済
371年 百済の近肖古王は平壌城を攻略。 
高句麗の墓制が積石木槨墳という墓制伝播。 
4C半ば  百済の武寧王陵
  広州にある武寧王陵。
画像

画像

  広州山城
画像

  扶余にある古墳から獣帯鏡、銀杯、銅椀、飾履などが出土
画像

画像

  扶余の弥勒菩薩像   
  ★京都の広隆寺の半跏思惟像そっくりじゃないか?
画像

  扶蘇山城
画像
 
4C末〜5世紀前半代
 高句麗の勢力は強大     
清州市の「赤城山」に築城伝説?
 高句麗軍は慶州・伽耶の地にまで侵入。 
     漢江上流域→忠州。
5C半ば 慶州天馬塚の巨大な木槨墳
     積石木槨墳墓=高句麗の積石+楽浪の木槨が
     一体化した形式である。
画像

画像
 
画像
 
  (★『韓国の古代遺跡1新羅編』東潮・田中俊明編著)


※ヤマト政権=大和朝廷を越えた広域の連合王国
2C〜   卑弥呼の邪馬台国
239   「親魏倭王」
240   魏からの使者・・・銅鏡100枚持参
(★高崎柴崎の矢中中北・・蟹沢古墳出土)
3C〜7C ヤマト政権
  かつて、「大和朝廷」→と呼んでいたが、いつしか
  【ヤマト政権の時代】と呼ぶようになった。

古墳時代に、奈良などの近畿地方から本州・四国・
 九州に勢力を拡大した。
 中心地は近畿だが、九州北部・岡山県吉備・群馬
 の上毛野も巨大勢力でヤマト政権の有力メンバー
 であった。(★高崎千年物語:若狭徹著)
 今までの北限は福島県の会津盆地までで、日本海側は
 能登半島まであった。

■平成24年(2012)9月6日
【新潟県胎内市の「城の山古墳」から、
@舟形木棺、A完璧な矢を射れる靫(ゆぎ)、刀剣・
銅鏡・翡翠玉が発見された。】
新潟県胎内市大怩フ「城の山古墳」(全長41mの楕円墳)
4C初期(316~330頃)の古墳・・・
城の山古墳から畿内型出土品が発見された。
@1.4m×1.6mの舟形木棺&
  赤色顔料(水銀朱+ベンガラ)
A9cmの小型銅鏡
B翡翠(ひすい)の勾玉・ガラス玉
C刀剣
D矢をいれる靫(ゆぎ)などが出土、

画像

日本海側の北限が能登から新潟の下越になった。
→ヤマト政権の北の勢力範囲が能登からの変更になった?
北は、新潟県に変更になった。
画像

(★産経新聞 平成24年9月6日)


しかし、この古墳時代の東日本の中心は上毛野
(群馬県)である。


 

●群馬高崎地区の古墳に見られる韓国について・・
@将軍塚古墳・・・水田の開始?
(群馬の森の近く)

A浅間山古墳・・・奈良の佐紀陵山古墳の同じ型
(高崎市倉賀野)

B本郷大恁テ墳・・銅鏡出土=最古の文字を獲得
(高崎市旧榛名町)

C蟹沢古墳・・・・・銅鏡出土
  (高崎柴崎の矢中中北)

D八幡塚古墳・・
(高崎市八幡町)
画像

 烏川対岸の乗附から50tの石を運搬・・韓国技術
聖徳太子・・607年遣隋使
 「承台付き銅碗」・・裴世清からの贈り物が群馬に?
画像


E平塚古墳・・・
(高崎市八幡町)

F稲荷山古墳・・・榛名山噴火後の復興

保渡田古墳群&三ツ寺遺跡
G二子山古墳
画像

  この手前は、母の実家の畑なのだ。
  母「子供の頃は、うっそうとして、怖かった」と言う。
  実家から150mの所だ。
 (★発掘時・・・若狭徹氏が発掘)
画像

 純金で飾った木製器・金メッキの飾履
金メッキの矢入れ=ゆぎ
金メッキの馬具・銅の馬具
銀の太刀
鉄の矛など・・・
須恵器などの窯業
 水田開発
※韓国の加耶・新羅・馬韓の工芸品である

H八幡塚古墳・・・埴輪・石棺
画像

鶏・相撲(すまふ)力士(ちからびと)・猪


I薬師塚古墳
 石棺・・・20km離れた乗附から運んだ。
画像


谷ツ古墳・・・百済人の墓
(★高崎市箕郷町下芝カインズホーム箕郷町店の東隣)
  出土品:飾履・・・上記。
画像



■前橋市金管塚古墳の出土品・・・
   金銅冠と清州博物館所蔵の金銅冠に類似。

★和田山遺跡・・・田口一郎氏が発掘
 (高崎市箕郷町和田山)
   金銅冠と清州博物館所蔵の金銅冠に類似。


L長瀞遺跡・・・積石塚=高句麗系の墓らしい?
中国の広開土王の古墳と似ている
 (高崎市剣崎)


M綿貫観音山古墳・・・金の鈴・耳飾り
  (★県立博物館そば)


N山名伊勢塚古墳・・金井沢の碑&山名の碑の建立者
 (高崎市山名)

O多胡碑
 (★若狭徹氏の「高崎千年物語」を参考に編集)


★古代東国文化は渡来系文化の影響を受け継いでいる。
群馬県は、特に百済王朝とのゆかりが特に深かったのだ。





◆◆ 箕輪初心●群馬:保渡田古墳群 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201103/article_24.html

http://53922401.at.webry.info/201110/article_24.html


◆◆ 箕輪初心●群馬高崎の用水路@&農耕文化 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201103/article_34.html




【2】織物文化=養蚕文化&朝鮮語
★「秦氏が機織の技術を伝えた。」と教えてくれた
先生がいた。
@秦さんと高麗さん・・・韓国語の姓
秦さん=韓国姓
★ヤクルトスワローズにいた秦真司選手を思い出す。
 秦→神奈川県の秦野市・・
★ 「波多野さん」も、韓国語の変化系ではなかろうか?  
  友達がいるのだ。
★ 「服部さん」も韓国語の変化系ではないだろうか?

京都:太秦の蚕の社は秦氏と関係がある。
京都嵐山は秦氏の勢力圏であった。
秦氏は京都の松尾大社や月読神社を創建した。
渡月橋・葵祭=秦氏と関係がある賀茂神社の祭りらしい。

滋賀県大津市の園城寺=三井寺の鎮守神は新羅明神で、
渡来人の秦氏と関係があるらしい。
三井寺にある「尊星王像」には三本足の烏が描かれている。
三本足の烏と言えば、「八咫烏(やたがらす)」であるが、
八咫烏を祀る下鴨神社も秦氏と関係があると言われている。
八咫烏、八幡神社、八坂神社、弥栄の読みは似ている。
※ヤタガラスは元来は八田(八旗、八幡)のことである。
八田は八幡宮を創建し、同系列の神社を全国各地に建てて
いった秦氏の代表的な姓である。
「秦氏の名前と天皇(大王家)を裏からあやつる烏のイメージ
を掛け合わせたもの」とし、神話伝承の類似性から賀茂氏と
高句麗王族を結びつけ、秦氏は高句麗王族の血を引くとし、
これらの高句麗系渡来人と高句麗の建国神話に登場する
三足烏との関連や渡来氏族と深いつながりがあると推測
する説もある。
   (★ウキペディアより)
・絹の里博物館
・高崎染料博物館

秦氏に関する遺跡が秩父から群馬県に多い。
群馬甘楽郡の白倉神社・・・「八咫烏」
★2年前の3月にフィリピンで行き会った女性の卒論は
「八咫烏と地方伝播?」だった。
当時は、難しい研究もあったかと思った。

群馬県太田市の世良田東照宮
東毛には、「祇園祭」が多い。
祇園祭の山鉾にはエジプトのピラミッドが描かれた。
世良田の明王院・・・ピラミッド。
新田義貞生誕伝説も残る。
  (★峰岸純夫先生が断言された。)

画像
 


A高麗さん=韓国姓
  元同僚の妻が高麗(こま)さんだった。
美人だった。関係ないのだ。 
埼玉県の高麗神社・・・高句麗国の建国に関わる神話に、
太陽の中に棲む三本足の鳥が登場する。
「八咫烏=ヤタガラス」と同じものである。
※高句麗=魔人の支配する高い所=朝鮮式山城の意味
だそうである。
★10月27日、かみつけの里博物館で、「高麗神社」に
行くが、仕事で行けない。残念。




【3】 鉄文化&焼き物文化と韓国語
@勢多「セタ」=韓国語の「鉄の場所」
「鉄」を意味する「スェ」+「場所」を意味する「タ」
 =「鉄の場所」の意味を表すのだそうである。
 韓国出身の製鉄技術者が勢多に住み着いたと考えら
 れる。
群馬県の勢多
★赤城の西や南地区に古代溶鉱炉があるのだ。

A多々良=平らに延ばすこと
 多々良沼(群馬県館林市)

A須恵器「スエキ」・・鉄のような音がする土器の意
味である。韓国語が日本語化した言葉だと考えられる。
愛知県の瀬戸・岡山県の瀬戸など。
※須恵器→陶(すえ)
山口県の大内一族の分家・家老?に陶一族がいる。
ダイビングで茨城県の陶さんに会ったこともある。
※群馬の「山口薫」画伯の一族に、系図を調べた某大先
生が「山口家は、山口県の大内の末裔であり、高崎市
箕郷町金敷平に住んで、山口氏を名乗った。先祖は李
王朝の末裔である。」と系図に表した方もいるという。
 (★山口薫先生の一族の話)
★山口一族の住む「金敷平」という地名は鉄器文明
を表すので、興味深い。多々良と砂金伝説も金敷平に
残る。




【4】 白村江の戦い&上毛野国(群馬県)
663年、白村江の戦いがあった。
新羅と唐の連合軍が百済を滅ぼした。
倭国=日本国は、百済を救済しようと軍を結成した。
計2万7千人もの大軍隊であったと言われている。
百済救済・復興の中心的人物は、上毛野君稚子
(かみつけのきみわかこ)である。

当時、上野毛国:群馬は大和政権は蝦夷地を抑える要衝
=軍事拠点であった。政治経済の中心でもあった。東日
本の古墳BIG10の中に8つ入っている。
上野毛国:群馬は、馬が生産され、人々も武術に優れてい
た。百済の復興軍の中心となった人物が、上野毛国:群馬
出身であったことは、相当な勢力を持っていたことを意味
する。
しかし、日本からの援軍は航海中に亡くなった者
や戦いで死んだ者など2万7千人が全滅した。
白村江の戦いは、大敗した。

白村江の戦い以降、倭国=日本は、新羅に攻め込まれる
という危機感を持ち続けることになった。
福岡・太宰府の警備を強化する必要に迫られた。
水城&九州や瀬戸内海各地には、山城を築き、
新羅に対しての防衛を固める。

しかし、韓国出兵のため、九州近隣には、兵士は
いなくなってしまったいたのである。

そこで、ヤマト政権はなんと、上毛野国の【防人】の
供給を上毛野国:上毛野君稚子?または、その後継者
に依頼したのである。(★私見)


★【防人】は、九州の防備と高校の歴史まで、教わって
きたが、実際に、大野城&水城&筑紫山地=佐賀基い城
を眺めたら、警備したのではなく、警備するための城や
防護壁を作っていたのだと分かった。(★私見)

画像

画像


と、思ったら、群馬県文化財パトロールの小林氏が
「旧群馬町の胸形神社は、福岡の宗像神社の末社では
ないだろうか。」とおっしゃった。
span style=color:#e00>おもしろい。
(★今の所、この考えは、右島・若狭・大工原氏など
群馬県古代史のTopの先生方が言ってない説だろう。
上毛野国:上毛野君稚子は群馬県の出身。
しかも、ヤマト政権内の東国Topの可能性がある。
国分寺建立前に群馬の安寧を願う胸形神社が造られた
のではないだろうかと思うのである。根拠はない。



※倭国は日本という国へと変わっていった。
今日の日本の原型である国家の体制が整えられたのだ。








◆◆ 参考文献や参考Hp  ◆◆
@上州風2004年・・韓国と群馬の内容

A「最も古い外来語」「上州人の先祖」
群馬県高崎市上中居の医師:豊泉清氏著

B須藤和臣氏(群馬県議会議員)
http://www.kaz-map.jp/report2012/report4.php

C「朝鮮半島と日本のつながり」に関するレポート
http://mayonokuni.web.fc2.com/kankoku.pdf
mayonokuni.web.fc2.com/kankoku.pdf


D熊倉靖氏・・・多胡郡設立1300年と渡来人
http://www.pwpa-j.net/opinion/newparadigm08_sugano.html
1300 Years since Establishment of Tago-gun and Ancient Immigrants


E菅野英機(日本民俗経済学会理事長)
Hideki Sugano


F高崎千年物語・・若狭徹著





★明日は、後編だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心☆群馬における韓国&韓国語A『多胡碑&上毛3山』
★8月6日、箕輪城語り部の会会長:岡田氏が「高崎高校 の同級生の豊泉清氏が『赤城山・榛名山なども韓 国語である。と、上毛新聞に書いていたよ。』 と教えて下さった。 ★そこで、群馬県における韓国&韓国語を調べた。 「韓国の言葉が群馬にある。」と述べている方々がいた。 日本民俗経済学会理事長:菅野英機氏、群馬県立女子 大学:熊倉靖氏、群馬県議員:須藤和臣氏、高崎の医 師:豊泉清氏などである。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/09/09 09:15
箕輪初心■富岡製糸場5−D「上毛カルタなどに見られる群馬の養蚕の歴史」
絹・生糸・製糸の起源は中国四川省から始まった。 今回は、群馬県における養蚕・絹の起源は古墳時代から だと考えられる。シルクカントリー:群馬の『上毛カル タ』には、9つの関連札があるのだ。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/09/28 06:19
箕輪初心◆群馬『2012年:第8回かみつけの里古墳祭り』
★今年度は、「かみつけの里古墳祭り」と「古代東国文化 サミット(毛の国古墳サミット)」を県と共同開催した。 大沢県知事が正月に打ち出した方針によるもである。 群馬県が天神山古墳や浅間山古墳など東日本最大の古墳 を持つ県であり、古代東国文化の中心地であったことを 群馬県内外の多くの方々に再認識していただくことを目 的としてしている。この地域は「保渡田古墳群」&「王 の館:三ツ寺T遺跡」&「百済の技術者の墓:谷ッ古墳」 等がある。今年は5〜6000人の来客があったようだ。 ... ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2012/10/31 06:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心☆【群馬における韓国&韓国語2−@古墳文化】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる