城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心●佐賀【名護屋城】=豊臣秀吉朝鮮出兵の城

<<   作成日時 : 2011/12/15 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

Q「名護屋城が百名城たる理由は何であろうか?」
A、豊臣秀吉は大陸への進攻の前線基地として大規模な築城を
行った。名護屋城は波戸岬の約90mを中心に170000平方m
築かれた平山城の陣城である。五重天守や御殿&120ヵ所程の
陣屋が築城された。一時は、もの凄い数の武将が集まったのだ。

画像

(★名護屋城博物館の本表紙)
0)伊達陣屋の信号から近かった。駐車場に車を止め、城の入
り口に行った。「4:30に閉まるから博物館の方がいい。」
と、佐賀県職員が教えてくれた。


1)名護屋城博物館・・・??円
入り口に20代スタッフがいる。美人だった。
入館のもぎりの女性3人はAKB48より遙かに美人である。
でも、いくつかの質問で、この女性たちは名護屋城の説明が
あまりできなかった。なまじっか説明できる女性では困るのかな。
つまり、素人で歴史を知っている人は必ず、自分勝手な歴史観
を説明したがる。自分が箕輪城ボランティアをしていてすぐに
自分の考えを述べたくなる。『素人は黙ってろ』・・・勝手な解釈は、
権威・信用の失落のもとなのであるという考えなのだろうか。
おお、・・・それ故、名護屋城に関する知識より他の知的素養&
容姿が採用理由なのかもしれないと変な妄想をいだいた。
・・・という訳での観覧となった。

「カメラ禁止マーク以外はフラッシュなしでOK。」
画像

画像

@日本列島と朝鮮半島との交流史
A名護屋城以前
B歴史の中の名護屋城
C名護屋城以後
D特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」
E名護屋城の名品等
画像

○焼き物・・・日本への朝鮮からの陶工

★雑誌・資料の購入
@秀吉の城・・・2005年の企画展 1000円
画像

A名護屋城博物館 1000円
画像


2)名護屋城
B名護屋城と陣屋(★佐賀市)     500円
画像

 (★県と市の作成した本で内容が違う。)

画像

画像

○大手門
画像

画像

画像

○東出丸
画像

○山里丸を眼下に

○三の丸
画像

画像

画像

○三の丸の井戸
○三の丸楼台
画像

★向こうに本丸入り口が見える
画像

画像

○馬場
画像

画像

○馬場の片方は本丸の石垣
画像

○馬場の石垣
画像

○弾正丸
画像

○弾正丸→搦め手口
画像

○二の丸・・・100m×100m以上
画像

○舟手丸
画像

○遊撃丸
画像

○水の手郭
画像

○本丸天守台・・・・・・野鳥観察の方と話こんだ。
画像

画像

○本丸
画像

画像

画像

▼下山・・・とにかく、でかい。


名護屋城の歴史
中世には松浦党の交易拠点であったらしい。松浦党旗頭は
波多一族であり、家臣:名護屋氏の居城:垣添城であった。
加藤清正、寺沢広高が普請奉行となった。九州の諸大名を中
心に動員し、突貫工事で8か月後の文禄元年(1592年)3月
に完成した。規模は当時の城郭では大坂城に次ぐ広壮なもの
であった。本丸・二の丸・三の丸・山里曲輪などを配し、本
丸北西隅に5重7階の天守が築かれた。城跡からは金箔を施
した瓦が出土しており、天守に葺かれていたものと考えられ
ている。城郭の周辺には各大名の陣屋が配置された。
画像

西国衆を中心に総勢15万8000の兵が9軍に編成され、4月1
日(5月12日)に小西行長・宗義智率いる第一陣が朝鮮半島
へ出兵したのを皮切りに、名護屋を出発した諸隊は壱岐・対馬
を経て朝鮮に渡っていった。
画像


豊臣秀吉は京都聚楽第を3月26日(5月7日)に出発し
4月25日(6月5日)に当地に到着している。
以後大政所の危篤時を除いてこの地が本営となる。

文禄の役では最終的に20万以上の兵が名護屋から朝鮮に渡った。
画像

当地には西国衆の渡海後も東国衆と秀吉旗本衆約10万の兵が
駐屯している。多くの人員を養うには水源が足りなかったよう
で、水不足が原因の喧嘩が絶えなかったという。

朝鮮半島で戦線が膠着すると、翌文禄2年(1593年)4月には講
和交渉が開始されるが、交渉が破談すると秀吉は、再び慶長2年
(1597年)2月から14万人を朝鮮半島へと上陸させた。
画像


この慶長の役でも、補給・連絡の中継地として名護屋は重要な役
割を果たした。
慶長3年8月18日(1598年9月18日)、秀吉が没したために全軍撤収し
名護屋城もその役割を終えた。
出兵の期間中、秀吉が当城に滞在したのは延べ1年2か月であった。
画像


出兵の終わった後、この地は寺沢広高の治めるところとなった。
関ヶ原の戦いの後、慶長7年(1602年)、広高は唐津城の築城を
開始した。この際に名護屋城を解体しその遺材を使用した。また、
この際に二度と城が利用できないように要となる石垣の四隅を切
り崩すなどの作業を行われたようだが、本格的に城が破壊された
のは、島原の乱以降のことである。島原の乱で徳川幕府が謀反の
際名護屋城が利用されること恐れたためと、名護屋城を破壊する
ことで幕府が明国や朝鮮と関係を改善する意思表示をしたと見ら
れている。
(★名護屋城博物館総合案内より編集)

★次は『唐津城』である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心★伊達政宗の生涯= 戦国の「風雲児」「異端児」「問題児」
★伊達政宗をどう受け止めたらいいのであろうか?伊達政宗の生 きた時代は織田信長や豊臣秀吉が天下統一へ向けて活躍してい た時代だ。従って、伊達政宗は生まれてくるのが遅かった感もある。 奥州制覇・天下統一の素質も持っていた戦国の「風雲児」「異端児」 「問題児」。・・・伊達政宗という人は不思議な人格で、波乱に満ちた 人生だったと思う。そこで、伊達政宗という人を振り返ってみようと思う。 「独眼竜政宗」という呼ばれ方もされている。どこが竜なのだろう。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2013/07/27 11:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
佐賀名護屋城は一度行ってみたい城です。ところで藪レンジャ−さんから12/23日にまた上州で城廻をしたいとの連絡がありました。都合よければ一緒にどうぞ。
詳しい連絡はまだです。
富岡武蔵
2011/12/15 18:26
是非、参加したいせす。でも、翌日は3:30起きで、フィリピンにダイビングに出かけますので、途中までです。
力が湧いてきます。後日、ご連絡下さい。
富岡武蔵さんへ
2011/12/15 20:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心●佐賀【名護屋城】=豊臣秀吉朝鮮出兵の城 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる