テーマ:陶芸&音楽

箕輪初心:生方◆2018年「第20回高崎市民文化フェスティバル」陶芸作品出品

平成30年(2018)2月1日~6日まで高崎シティギャラリーで 第20回高崎市民文化フェスティバルが催されている。主催は 高崎文化協会である。私が『現代の名工』の青木昇先生につい て陶芸を40年習っているが故に、今年もW友野氏から展示の 依頼がきた。高崎市文化協会の舞台・展示部門による芸術の発 表の場に陶芸作品を出品することに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方●2017年『箕郷文化祭作品展』MY陶芸作品&山口薫作品

平成29年(2017)11月11日・12日の箕郷文化祭の「陶芸作品」 を出品した。工芸部門・書道部門・絵画部門・華道部門などがあった。 今年は「山口薫研究会」の作品が出品された。山口薫先生の作品 って、いくら位するのだろうか? 【1】陶芸部門 1、My作品 9月の自性寺焼青木昇門下刀陶朋会作品とほぼ同じである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2017『第36回自性寺焼青木昇門下陶芸展』②「仲間の作品」

『第36回自性寺焼青木昇門下陶芸展』が平成29年(2017)9月 21日(木)~月24日(日)までの4日間、安中の秋間で催 される。仲間21人の作品は素晴らしいのもたくさんあるので、 近くにお越しの節は、気軽にお立ち寄りください。見学後は別棟 で青木先生の作品の鑑賞・購入するものよいでしょう・・そして、 抹茶かコーヒーで休憩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2017『第36回自性寺焼青木昇門下陶芸展』①「My 作品」

『第36回自性寺焼青木昇門下陶芸展』が平成29年(2017)9月 21日(木)~月24日(日)までの4日間、安中の秋間で催 される。今回は私の作品を紹介する。といっても、作品数は少 ない。何となく、忙しかったのである。仲間21人の作品は素 晴らしいのもたくさんあるので、近くにお越しの節は、気軽に お立ち寄りください。見学後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2017高崎【天田敏彦作陶展】無双窯at カルチャー喫茶

戦国時代、天田一族は和田城主(高崎):和田業繁→信業の同心 として高崎に城を持ち、和田氏を盛り上げた。慶長5年(1600)、 関ヶ原の戦いの戦功により、井伊直政から金子を賜ったという。 天田敏彦作陶展が平成28年(2016)5月19日(金)~22日(月) まで、高崎市(旧群馬町)現保渡田町町1698番地の古風なア トリエで行わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲富山№3【越中瀬戸焼:陶農館】&加藤先生・北村先生・釈長先生

平成29年(2017)4月15日、自性寺焼里秋窯旅行で【越中瀬戸焼】 を見に行った。研修旅行なので、「焼き物の里」がメインである。 文禄3年(1594)4月、加賀藩主の前田利長が尾張国瀬戸より陶工: 彦右衛門を招いて越中焼かせたのが始まりといわれている。7月、 前田利家が一向宗(浄土真宗)の活動を許可した。最盛期には120 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方◆富山編№1『富山旅行14回:山6回と城19登城等』

富山の人間と言えば、①友達の白山君、③先輩の山河さん、③同僚の 中嶋妙ちゃんを思い出す。富山の食べ物といえば、①鱒寿司、②氷見 寒ブリ、③ホタルイカ、④白エビ、名勝名物と言えば、①トロッコ電車、 ②蜃気楼、③春の立山、城と言えば、①魚津城、②松倉城、③富山 城、④高岡城、・・・反魂丹(ハンゴンタン)の越中富山の薬売りが で有名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲【平成29年度高崎経済大学入学式】&「群馬交響楽団演奏」&高崎城の桜

平成29年(2017)4月6日(木)10:00 から高崎経済大学入学式が 群馬音楽センターであった。昨年、高崎経済大学の聴講生の私が 2月の試験で、「社会人枠」で合格し、入学金を振り込んだので、 年金生活者の私が大学院生になっちゃった。正式には高崎経済大 学大学院地域政策学科研究科に入っちまったのである。群馬交響 楽団の弦楽合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲映画『ドクター・ストレンジ』不思議な特撮、見ればあ。。

平成29年(2017)1月27日、『ドクター・ストレンジ』が劇場公開 された。2月6日、高崎イオンの映画館で見た。魔術を操るのヒ ーロー、「Dr.ストレンジ」は『ドラゴンボール』・『ゲーム:戦国 大戦』などのパクリと思ってしまった。面白かったけどね。特撮 で「時と空間」魔法世界を描く画像が迫力満点で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№234群馬県立近代美術館「山口薫と箕輪城・箕輪武士のコラボは無理か?」

群馬県立近代美術館の山口薫先生のコーナーも楽しめた。凄い絵ば かりであった。山口薫の生家は旧箕郷町金敷平にある。小中高と 学校に行くときは、絵に描いた榛名白川側の箕輪城の崖と丸斗張 (北条時代の馬出)角を通ったのだ。山口薫宅と箕輪城は1km 程しか離れていない。箕輪城・箕輪武士・弓矢・槍に戦国時代へ の悠久の思いを馳せて表現す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№233「2016群馬県展:桑原秀栄先生の作品」&「群馬」の馬と名前の由来

「平成28年(2016)12月3日、栁澤佳雄先生に彫刻家:桑原 秀栄先生(前橋市文京町)を紹介していただいた。2008年5月 10日、前橋市上泉町の自治会館内に建立した「剣聖・上泉伊 勢守秀綱(銅像部は2,15m.台座まで全高3,75m)の作者である。 2016年日展新友会の会員になっておられた。従って、群馬県展 の彫刻部門の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』③「動画」&「群馬TV取材」&「お気に入り作品」

『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』が平成27年(2015)9月 22日(水)~月25日(火)までの4日間、安中の秋間で催 される。安中での展覧会は特別企画は「暗闇でのランプシェー ド展」の企画もある。9月22日(水)、初日は「群馬TV」の 取材も来た。青木師匠は「現代の名工」・「黄綬褒章」の受 賞者、群馬伝統工芸師会の会長で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』②「仲間の作品」

『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』が平成27年(2015)9月 22日(水)~月25日(火)までの4日間、安中の秋間で催 される。安中での展覧会は特別企画は「暗闇でのどっきりランプ 展」の企画もある。青木師匠の素晴らしさである。また、明るい 場所での展示にも青木師匠の秘められた技・工夫がある。工房も 見られる。そして、最大イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』①「My 作品」

『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』が平成27年(2015)9月 22日(水)~月25日(火)までの4日間、安中の秋間で催 される。安中での展覧会は特別企画は「暗闇でのどっきりランプ 展」の企画もある。青木師匠の素晴らしさである。また、明るい 場所での展示にも青木師匠の秘められた技・工夫がある。工房も 見られる。そして、最大イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲『青空エール』&『仰げば尊し』&【My①吹奏楽史・②楽器Tp・③楽器陶芸作品】

「青空エール」見た。●ある日、杉村先生は小野に「一人で吹い てみて。」と言う。◆ 『宝島』の練習シーン で難しいパ ッセージを吹く。でも、音はカスカスである。 ★あれ、Cの音は第1ピストンと第3ピストンを押すが、  小野つばさ役:土屋太鳳が左の薬指で第3トリガーを使っている。  1cm位ではまだピッチが高めに入ってしまうが・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲映画『青空エール』のあらすじ詳細編

★私が『青空エール』を見ようと思ったのは、私が25年間トランペ ットを吹いていたからである。映画での興味は、①演奏曲目は何か? ①演奏レベルは?役者のトランペット・指揮者がどの程度か?③ 『青空エール』のあらすじはどうなのだろうか? 高校1年春~3年夏ま でを描いた青春物語だった。あらすじの概略は主人公達は吹奏 楽と野球の名門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2016高崎【陶芸家:天田敏彦作陶展】無双窯in zenzi

戦国時代、天田一族は和田城主(高崎):和田業繁→信業の同心 として高崎に城を持ち、和田氏を盛り上げた。天田俊彦作陶展が 平成28年(2016)5月6日(金)~8日(日)高崎市箕郷町善地のアト リエ工房で行われた。★天田敏彦氏は安中自性寺焼の青木昇先 生の門下生から独立して 陶芸家プロ転向12年目に入った。 天田先生は手先が器用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方△萩焼【三輪休雪・吉賀将夫】&『萩焼の歴史』

★私が焼き物に興味を持ったのは小学2年生の時、父が庭の山芋を 掘っていたら、縄文土器が出てきた時からである。35年前、現代 の名工・黄綬褒章受章の自性寺焼:青木昇師匠の元に通い始めた。 昭和63年に、萩焼の大鵬窯の湯飲み茶碗を購入した。平成27年 の旅行では、古萩焼の三輪休雪や橋村の友人:吉賀将夫(はたお) 先生の作品が見た。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心★【2014高橋貞春Cla.演奏会in倉渕】&はまゆう山荘泊

★平成25年10月18日(土)は、高崎の倉渕のまゆう山荘で、私 の高校時代の音楽師匠の無料演奏会があった。もちろん、今年も 行った。5年連続である。高橋貞春先生は幼少時代は高崎市箕郷 町富岡→高崎市群馬町に住んでいた。演奏会の後は「はまゆう 山荘」に泊まった。高橋先生・糸賀さん姉弟さん・友達・先輩7人と 10名で話した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心★2014陶芸④【天田敏彦:陶芸展10周年記念」

★天田敏彦氏は空手や少林寺拳法の達人で、後輩の指 導当たっていた。ところが、自性寺焼の青木昇先生の門 下生になった。天田敏彦氏は10年前に陶芸家としての 道を選んだ。手先が器用で繊細な作品や素朴で味わい のある作品を登り窯で作っている。今回は200点と上毛 新聞に載っていた。天田先生、頑張ってください。 箕輪初心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心◆2014陶芸③『群馬安中自性寺焼のMy作品』

★平成26年(2014)4月19日~20日(日)の1泊2日の 青木昇門下陶朋会「九谷焼探訪」の旅行は楽しかった。 今回は2月~5月の作品を紹介しようと思う。相変わらずの 魚シリーズである。粘りけと腰のない伊万里の土を使っ ているので、成形には困難を要した。厚めに作って削る しかないないが、削っている途中で欠けてしまう。非常 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心◆青木ツアー②2014石川『九谷焼の博物館』&金沢城

★平成26年(2014)4月19日&20日、「九谷焼の歴史」と 「九谷焼の絵付け体験」をメインとした自性寺焼:青木昇門 下陶朋会の石川県の研修旅行が催行された。青木先生の 作品を恒例のゲームで3等賞だった。青木先生、幹事さん、 参加された方々、お世話になりました。 *************************…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心★茨城筑西市旧下館【陶芸家:板谷破山の生涯】=濱田庄司師匠

★板谷波山は東京美術学校で彫刻科の授業を受けた。 板谷波山は石川県工業学校で教鞭を執りながらも、ア ール・ヌーボーの研究をした。東京工業大学では、濱田 庄司の師匠であった。極貧の生活を耐え、自分の美意 識を追求していった。陶芸家として初めて文化勲章授賞 した人物である。でも、人間国宝を辞退した不思議な陶 芸家でもある。今度、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箕輪初心◆2014陶芸②「1月~2月の作陶」&青木門下新年会

★東京都知事に桝添氏が当選した。どう変わるのかな? ★陶歴は31年になる。師匠は安中自性寺焼の青木昇先生 である。平成25年(2013)12月15日「留さんのニッポン焼き 物紀行」『群馬:自性寺焼』のロケがあり、平成26年(2014) 1月26日(日)15:00~15:55のBS朝日で放送された。凄いな。 しかし、私は相変わら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心◆2014陶芸1【留さんのニッポン焼き物紀行:群馬:自性寺焼】

★ソチ・オリンピックでの日本人の活躍が素晴らしい。 ★平成26年(2014)2月8日(日)【留さんのニッポン焼き 物紀行:群馬:自性寺焼】を見た。青木昇先生&奧様が出演さ れているのだ。 自性寺焼の歴史・古い作品や益子に行った須藤勇次郎の作品 ・自性寺焼の土作り~薪~青木先生&留さんの作陶風景・穴 窯・できあがった作品&展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心★栃木【人間国宝:益子焼の濱田庄司】

「京都で道をみつけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った。」 と濱田庄司は書き残した。濱田庄司は益子焼で民芸運動を推進 した陶芸家である。昭和2年(1927) 濱田庄司によって花器・茶 器などの民芸品が作られるようになり、日本全国に知られた。 益子焼は芸術品としての価値が引き上げられたのだ。昭和 30年(1955)には第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心★群馬「自性寺焼」から移った栃木【益子焼:須藤窯&末裔田上家「日向ギャラリー」】

★青木先生、自性寺焼の末裔:田上先生にお会いでき た。私の益子焼の一番の興味は、群馬の自性寺焼の陶工 「須藤勇次郎」が栃木の益子焼に移住したことである。 自性寺焼の技術がどんな形で伝承されているのか? 結果・・私の力では見分けることが無理であった。 ・明治初期、上野国の安中自性寺焼の陶工:須藤勇次郎が 移住した。私は、昨年1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

箕輪初心★栃木【益子焼】=笠間焼+安中自性寺焼「須藤」→濱田庄司・島岡達三などへ

・嘉永年間(1848~1854 )常陸国笠間藩(現笠間市)で修行した大塚 啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まった(伝)。当初は水がめ・ 火鉢・壺などの日用品が主に製作されていた。明治初期には上野国 の安中自性寺焼の陶工「須藤一族」などが移住した。私の興味は、 ここである。昭和2年(1927)濱田庄司によって花器・茶器などの民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心★親友:橋村の日展入選4回目&千利休の愛用品等

★平成25年(2013)11月5日、高知県の橋村より手紙が送ら れてきた。悲しい知らせもあった。しかし、朗報もあった。 それは「次女の樽入れ」&「2013年も日展入選」であった。 確か日展入選4回目。凄げえなあ。特別招待券も入っていた。 是非行かなくちゃ、と思った。平成25年(2013)11月30日、 東京国立博物館の「京都-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心♯音楽:高崎出身【2013高橋貞春Cla.演奏会in倉渕】

★平成25年10月26日(土)は、高崎の倉渕のまゆう山荘で、私 の高校時代の音楽師匠の無料演奏会があった。もちろん、今年も 行った。幼少時代は高崎市箕郷町富岡→高崎市群馬町に住んでい た。私の父のバイオリンは高橋家に譲渡されている。高橋先生の お姉様の山口先生も私の恩師でもある。今春、ウィーンにCla.の 演奏会で呼ばれていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more