テーマ:旅行:中部地方

箕輪初心:生方▲2018スキー№17【渋峠・横手山】&草津「ランチ:飛龍」・「温泉:益成屋」

・平成30年(2018)1月23日、本白根山が噴火した。殺生河原から のゴンドラ運航は中止となった。4月20日(金)AM10:00、国道R292 志賀草津高原ルートが、開通した。4月21日、榛名湖岸・草津経 由で渋峠・横手山(志賀)にスキーに行った。目的はスキーで暇 つぶしと草津湯畑付近でランチすること、温泉に入ること、草津に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心◆2018スキー№11【新潟:神立スキー場】&『群馬温泉:やすらぎの湯』

平成30年(2018)3月25日(日)、新潟:神立スキー場に中ちゃん もっちゃんと行くことになった。神立スキー場はめちゃ込みで、駐 車場は下の方であった。08:40に4100円の食事付きチケットを買 った。天候は快晴、気温-1℃。川場スキー場15℃⇒気温・水温 ともに30℃のフィリピンにダイビングに行った。09:00には滑り …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲『井伊直虎・直政ブログ一覧』②平成29年~30年

・天正18年(1590)3月29日山中城攻撃~ 3月30日井伊直政は単独で足柄山城を攻略した。 6月22日井伊直政と松平康親の部隊は小田原城の笹曲輪に攻め入った。 井伊直政は豊臣秀吉より箕輪城に入るように言われた。 長野業実は備前三郎国宗之御刀、従直政様被下置、…太閤秀吉公 最上栗毛之御馬、木下半助(吉隆)を以拝領、・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政シリーズブログ一覧:①平成21年~平成28年 ・天正18年(1590)3月29日山中城攻撃~ 3月30日井伊直政は単独で足柄山城を攻略した。 6月22日井伊直政と松平康親の部隊は小田原城の笹曲輪に攻め入った。 井伊直政は豊臣秀吉より箕輪城に入るように言われた。 長野業実は備前三郎国宗之御刀、従直政様被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№173&彦根22『井伊直政の生涯』復刻版

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。当時、彦根城博物館学芸員:野田浩子先生の 講演「井伊直政の歴史について」講演を拝聴した。そこで、『野田 先生の講演』・『井伊谷400年記念の「井伊直政」:武藤全裕著』 や『井伊軍志:井伊達夫著』・『彦根城ボランティアガイド宮嶋 さんにいただい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№172彦根22『長野業実』と縁者開山の寺

長野業実は①『系図纂要』・『長野十郎左衛門家系図(侍中由緒帳)』 では、箕輪城主:長野業政(正)の孫となっている。②『新編高崎 市史』では庶流としている。別系図では鷹留長野業氏の孫としている。 箕輪・高崎から彦根に移った寺は、開山には長野業実の親戚縁者・ 関係者が関わっている。彦根の大信寺・大雲寺・宗安寺(←安国 寺)・長純寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№171&彦根21『木俣守勝と木俣守安』

弘治元年(1555) 松平家臣:木俣守時の子として三州岡崎で生まれた。 木俣家は三河譜代の家柄であった。19歳の時、徳川家康の元から 出奔したと言われている。明智光秀の家臣となったというが、足利 義昭・織田信長の情報を徳川家康が知りたいために潜りこませたと も考えられる。本能寺の前年、徳川家康の織田信長への願いで、帰 参できた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲彦根⑳3郭『埋木舎』&「池田太右衛門家」・「鈴木権十郎家」

彦根城の中堀外側に面した3郭一帯は100石~300石の中級武家屋敷 が広がっていた。尾末町には、「埋木舎」や「旧池田家長屋門」があ る。現キャッスルホテルの近くに「鈴木権十郎家長屋門」がある。 【埋木舎】(「尾末町御屋敷」・「北の御屋敷」) ・宝暦9年(1759)頃創建と伝えられる。 井伊家の14男:井伊直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲彦根⑱『彦根城二の丸=2郭の井伊家家老』

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。2郭=内曲輪内の家老・中老・侍大将クラス の家や300石以上の屋敷跡をめぐった。  (★彦根城築城当初)  (★慶長19年以降)  里見内蔵丞邸・松下志摩邸・小野源造邸がない。  弘道館がある。 寛政11 年(1799)城下第二郭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2018年スキー№4『佐久PARADA』

平成30年(2018)2月7日、佐久パラダスキー場に行くことにした。 本当は北向き斜面の雪が5cm程が百姓にとって、梅の剪定は非 常に寒くて辛く、危険なのである。スキーの方が暖かく、安全 なのである。佐久パラダスキー場は人工雪の上、緩斜面なので、 滑ったのは6~7回しかない。前回はスキー場の峠部分から登る 平尾城訪問が目的であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№170「直政の家臣団形成と彦根藩の家臣団」

井伊直政の徳川家康への出仕から家臣団形成の過程を2年 掛かりで書いているレポートの一部である。井伊直政の徳川 家康への出仕に関する史料は『藩翰譜』・『井伊家伝記』、 『井伊年譜』、『花筵記』、『寛政重修諸家譜:井伊家』、『直政 公御一代記』、『徳川実紀』、『井伊氏系図』・『侍中由緒帳』 ・『貞享異譜』などを参考にまとめていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲彦根⑰『箕輪安国寺→高崎安国寺→彦根宗安寺』

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。『箕輪安国寺庇護し、廃寺→高崎安国寺移転、 分寺→彦根宗安寺』となった。佐和山城の移築門と木村重成の 墓が有名である。慶長20年(1615)1大坂夏の陣で、井伊家の 家臣・安藤重勝に討たれ、木村重成の首は安藤氏・長野氏の 菩提寺:宗安寺に埋葬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№169彦根⑮『善利(せり)足軽長屋』と高崎から移った足軽

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市に調 査に出かけた。善利組足軽組屋敷、城下の南部、外堀(現昭和新 道)と芹川とに挟まれた地区にある。言わば、4郭に相当する。 城下町の一番外側に住居を置き、城下を守る役割を果たしていた。  『彦根城内の平山城部分本丸1郭』・『二の丸2郭』・『外堀内の城 下町の居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲彦根⑭箕輪→高崎→彦根に移った『紺屋町・鍛冶屋町・蓮着町?』

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。★本町から芹川までの間には町人が住み、芹川 堤下には足軽屋敷を置いて二重三重に城下町を包囲していた。 古い町名には、紺屋町、桶屋町、魚屋町、鍛冶屋町、油屋町、 瓦焼町など職種別に住まわせた町名が残る。町名として伝馬町、 伊賀町、鷹匠町、餌差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№167&彦根⑩『長純寺』姉:高瀬姫の墓

今日は雪の中、人間ドック。キャタピラー付き運搬車に木材の 除雪機を改造→雪掻き。郵便局・JAのなくした通帳・カードの 再発行申請。村の写真展の展示、凄え、忙しい。昨日は高崎 市民フェスティバル地域展示に陶芸作品を展示。酷え事態。 平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。慶長8年(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2018スキー№3【軽井沢スキー:1月の2回目の休日】

★軽井沢スキー場は道に雪がなければ、自宅から1時間~1時間5分 で行けるスキー場である。私にとっては、斜面がなだらか過ぎて、 すぐに飽きてしまうスキー場である。基本的には暇つぶしである。 軽井沢スキー場は、3年前は平日4時間券で3000円だった。2年 前は3300円。中国・朝鮮・台湾の方が増えたので、採算が採れる と踏んだので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№166&彦根⑦『箕輪城・高崎城・彦根城の類似性』復刻版

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。彦根城は箕輪城・高崎城の長所を継承した城 である。箕輪城は基本的には井伊直政が破城にしたので、井伊 直政時代の遺構である。高崎城は井伊直政が築城させた城で ある。井伊直政時代の原型はその後の大名に武家居住区、町人 居住区の町割りが継承されたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲彦根⑥『彦根龍潭寺と彦根井伊神社』

平成28年(2016)2月25日(金)、滋賀県彦根市に調査に出か けた。佐和山城に登るので、彦根龍潭寺を通った。『彦根龍潭寺』 は井伊直政が開基となり、井伊谷龍潭寺5世:昊天は開山した。 (龍潭寺のから佐和山城跡登城口がある。数日前、佐和山城を紹 介したので、飛ばして、)帰りに、『井伊神社』の入り口までいった。 その後、朝飯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲彦根⑤『井伊直弼腹心:長野主膳義言の話→夕食』

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。『天寧寺』には井伊直弼供養塔や長野主膳義言 (よしとき)がある。長野主膳は伊勢の安濃津の長野氏の末裔であ ると思われる。上野国の箕輪城長野氏の末裔ではないと思われる。 また長野業政の孫:彦根藩第③家老:長野業美の子孫でもないと 思われる★長野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№165&彦根④『直政が住んだ愛宕→佐和山城大手口→鳥居本宿』

★昨日、きついレポート書きの仕事が一段落した。今日は 仲間と妙高スキー合宿に行きたかったが、急に参加では迷惑がかか る。今日・明日は暇つぶし休憩をしよう。つまんねえなあ。 平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市に調 査に出かけた。佐和山では井伊直政は愛宕山米蔵付属曲輪に 住んだ。木俣守勝は二の丸、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№163『清涼寺:上野国の愚明正察開山』直政公の御位牌・墓で礼拝

平成28年(2016)2月25日(金)~27日(日)、滋賀県彦根市 に調査に出かけた。清涼寺を訪ねた。寛永8年(1631) 彦根藩 2代藩主井伊直孝が父:井伊直政の墓所として建立した。旧領: 上野国から愚明正察(ぐみょうしょうさつ)禅師を招いて開山し た。しかし、愚明正察の安中の長源寺時代なのか、箕輪の長純寺 時代なのか、白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№160『彦根城に入れなかった井伊直政』後編

慶長7年(1602) 井伊直政は、関ヶ原合戦で受けた鉄砲傷が悪化し て死去した。木俣守勝は徳川家康に相談し、金亀山に彦根城を造る ことにした。標高136m、比高46m連郭式平山城で総郭型→総郭内 町外町型の城下町一体型の城である。彦根城は箕輪城と高崎城のいい とこ取りをした城であった。天下普請とはいえ、箕輪城の改修工事・ 高崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№160『彦根城に入れなかった井伊直政』前編

慶長7年(1602) 井伊直政は、関ヶ原合戦で受けた鉄砲傷が悪化し て死去した。木俣守勝は徳川家康に相談し、金亀山に彦根城を造る ことにした。標高136m、比高46m連郭式平山城で総郭型→総郭内 町外町型の城下町一体型の城である。彦根城は箕輪城と高崎城のいい とこ取りをした城であった。天下普請とはいえ、箕輪城の改修工事・ 高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№159『雪の佐和山城』

彦根の5回目の旅行で初めて、佐和山城に登った。雪の降った後の 佐和山城の本丸で石田三成と井伊直政を想像した。でも寒くて鼻・ 耳がもげそうだった。彦根駅前からの佐和山城愛宕山=井伊直政 が住んだ方面が見えた。   ■彦根訪問5回 【5】平成26年(2016)2月23日・24日・25日 2月23日  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№156『直政の外交と決戦:関ヶ原』

慶長3年(1598) 8月18日 豊臣秀吉が死去すると、五大老・五 奉行は朝鮮からの撤退を決めた。結果的に徳川家康は兵力・財力 などの温存に成功した。徳川家康と石田三成の対立が表面化した。 徳川家康は井伊直政・本多忠勝らに豊臣恩顧の大名を味方にする こと命じた。井伊直政は浅野長政・幸長父子、黒田如水・長政父子 らを味方にした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2018スキー№①シーズン初『苗場』&酒・リンゴ購入

平成29年(2017)12月30日、スキー仲間が苗場スキー場に行く というので、朝、行くことにした。中ちゃんを誘った。太田・桐生組 は4人だった。午前中の女子リーゼンの新雪40cmは面白かった。 午後2本はめちゃごみで、第2ゴンドラ待ちは30分程~~~。 途中、第一ゴンドラが動いたので、待ちがだいぶ解消された。圧 雪状態なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:井伊直政№140『本能寺の変~天正壬午の乱~小牧長久手の戦い』

天正10年(1582)6月2日「本能寺の変」で織田信長が死んだ。徳川家康 や徳川家臣:井伊万千代など35人は堺にいた。徳川家康は織田家臣:長 谷川秀一・西尾吉次・穴山信君と堺を出た。長谷川秀一の伊賀越え案を採 用し、長谷川の取次で河内国~山城国~近江国・小山・甲賀経て、岡崎に 無事戻った。8月までには井伊万千代は「兵部少輔」と改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№139【第50話『石を継ぐ者』直虎の死】&直虎の墓

第49話『本能寺が変』・第50話『石を継ぐ者』と小見出し最高。 ①起…家康は甲斐・信濃に出陣する口実を作った。豆狸ぶり? ②承…家康は甲斐に出陣した。万千代も加わった。 ③転…8月28日。直虎が死んだ。万千代は法事に行けなかった。 ④結…10月 井伊万千代は徳川・北条を和議を成功させた。 ※天正10年(1582)井伊谷を所領と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心・生方井伊直虎・直政№137【48話「信長、浜松に来たいってよ】&浜松城初期

①起…信長は駿河・遠江を見たいと言ってきた。万千代は信長をもて    なすことになった。 ②承… 信長はもてなしの礼として、家康を上方へ招待したいというが、。 ③転…井伊谷では井戸端で謎の捨て子があった直虎は子を保護した。 直虎は氏真から捨て子は明智光秀の子どもであることを知らされた。   氏真は明智から信長の饗応が罠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№136『47話:決戦は高天神』&高天神城

①起…家康は万千代のアドバイスで家臣に本音を伝えた。 ②承…高天神城攻めが始まった。万千代が策を打ち出す。 ③転…中野・奥山が井伊谷の材木伐りで武田の間者を探しだした。 ④結…直虎と万千代が仲直りをし、中野も奥山も万千代の家臣に。 ◆ゆかりの地…高天神城・中村砦・・・・9月 箕輪初心:生方▲遠江【高天神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more