テーマ:箕輪城

箕輪初心:生方▲箕輪城№263『2018年4月本丸土塁復元状況』&箕郷町の桜」

箕輪城では昨年11月頃から、本丸西虎口高麗門の復元作業が始ま った。それに伴い、門はまだであるが、本丸土塁復元工事が完了した。 4月初旬頃、高崎市でも桜の開花する。例年、小中高・大学は入学式の 頃となる。でも、今年は3月下旬~4月上旬の暖かさ?暑さにより 開花は約1週間早まって、3月30日には箕輪城の桜の花が満開に なっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№263『2018年3月本丸西虎口門の復元状況』

平成15年(2003)~平成16年(2004)年度、本丸西虎口の発掘調査 が行われた。礎石4個がすべて残っていることが確認された。 平成25(2013)年6月、高崎市は国指定史跡箕輪城跡の井伊直政時 代2つの城門を復元する事業に着手することになった。秋本太郎先 生の功績が大きい。総事業費には約2億5000万円を見込まれて いる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№262「旧下田邸は井伊直政作?堀部安兵衛作?」

★今日は私の誕生日?自分自身に旅行のプレゼントせねば・・・ 「旧下田邸書院」は長野業政の第2家老:下田大膳正勝か子孫の屋敷 にあった書院である。下田大膳正勝あるいは下田大膳の子孫が桃山 様式の茶室と庭園を造らせたとも考えられる。しかし、個人的には、 旧下田邸の数奇屋造り風の草庵茶室と堀部安兵衛が作庭したと伝わ る庭園は井伊直政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№260&井伊直政№178『2018雪の箕輪城』

長野氏→武田氏(家臣が城代:含真田幸綱)→織田氏(滝川一益) →北条氏(北条氏邦・猪俣邦憲・多米長定・垪和康忠など)→ (前田利家が豊臣秀吉の許可を得た。真田昌幸が戦後処理) →井伊直政8年と繋がっている。長野業政の孫とされる長野 業実も浜川1000貫で箕輪城に来た。現在の箕輪城址の遺 構は井伊直政時代の遺構である。 30c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№158『群馬県に残っている井伊直政関連の遺物』

群馬は戦国時代の印象が薄いと思われがちであるが、重要な戦略拠点 なので北条、上杉、武田の草刈り場になった。『関東の三国志』とし て見ると興味深い。長野業政や長野業政の同心:新陰流を開いた上 泉信綱、長野業政の長女の婿:小幡信貞、太田金山城の由良氏、玉村 宇津木氏久、真田昌幸などもいる。…天正10年(1582)前に長野業 政の孫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№153「箕輪から高崎に移った寺社』復刻版

「高崎志」よれば、「井伊直政は11の寺・末寺と5社箕輪から高崎に 移した。」と書いている。箕輪から高崎に移った11の寺は石上寺 ・正法寺・慈上寺・大雲寺・法華寺・恵徳寺・安国寺・大信寺・金 剛寺・龍広寺・延養寺である。5の神社は津波岐那神社・布留明神 ・八幡宮・上諏訪神社・下諏訪神社である。  (高崎市教委作製地図を加工し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№153『箕輪白銀町・鍛冶町→高崎鍛冶町』

※戦国時代、板鼻(安中市)や小幡(甘楽町)には甲冑集団がいた。 「上州鉢」という小星をあしらった兜が制作された。  (★出典:群馬県立博物館) ・長享2年(1488)上杉定昌(顕定の兄)死去に伴い、上杉憲房は  白井城を継いだ。 ・永正年間、関東管領:上杉顕定が明珍一族を平井(藤岡)や板鼻  (安中)に呼んだ。 ・永正~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№148『箕輪城下町推定絵図』&直虎・直政ブログ一覧

井伊直政時代の城下町の絵図が現存していない。しかも、城下町の武 士居住区・武家屋敷ついては発掘調査がされていない。しかし、井伊直 政時代の箕輪の町名が現存しているので町人居住区は確実である。 箕輪城の武家居住区は彦根城の城内1郭・2郭と城下町武家居住区 と町人居住区絵図→安藤時代・間部時代・大河内時代の高崎城絵図 →井伊時代の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政143『箕輪城時代の内政概要』

・天正18年(1590)  ・2月 井伊直政の長男:直継=直勝が駿河で誕生。 ・6月22日 井伊直政と松平康親の部隊は小田原城の笹曲輪  へ攻め入った。井伊直政は笹郭攻めでの功績を評価された。  小田原城落城のきっかけを作った。  篠(笹)郭を攻略した立役者は、井伊直政の家臣 :長野業実(なりざね)であった。 (★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直政№142『天正18年山中城攻撃~小田原城攻撃~箕輪城入城』

平成30年(2018)1月1日元旦、初日の出を箕輪城に見に行った。 ここ4年連続である。井伊直政・木俣守勝も見たであろう日の出 を箕輪城から眺めたのである。天正18年(1590)3月29日山中 城攻撃~3月30日井伊直政は単独で足柄山城を攻略した。6月 22日井伊直政と松平康親の部隊は小田原城の笹曲輪に攻め入った。 井伊直政は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№105直政略史と井伊家の墓

【0】井伊家出自 ・鎌倉時代    井伊氏を惣領家として多くの庶子家を分出している。  5代井伊盛直から井伊谷井伊氏(現浜松市井伊谷)・赤左井伊氏  (浜松市北区)・貫名井伊氏(袋井市)の3家に分かれた。 ①井伊谷7代(長野主膳作成系図では8代)井伊弥直の子からは   田中氏・伊平氏・ 谷津氏・石岡氏に分流した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№258&井伊直虎№104小和田哲男先生『箕輪城と講演会』

10月8日、「おんな城主直虎第40話」で、直虎ゆかりの地で 松下清景が住んだ【箕輪城の稲荷曲輪(松下)】と井伊家菩提寺 【竜門寺の松下3代の墓】が紹介された。 10月21日、小和田哲男先生が箕輪城を見学された。 メインは、①郭馬出西虎口の復元門、②木俣郭、③稲荷曲輪(松下) であられた。西原先生の依頼で私と岡田先生も案内させて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪初心:生方▲箕輪城№258&井伊直虎・直政№103『2017/10月箕輪城関係情報』

近年、箕輪城がブームになっている。百名城の本が発行され、 城巡りに行く方が増えたからである。平成28年、NHK大河ドラ マ『真田丸』で、天正10年(1582)本能寺の変で織田信長が亡くな った6月10日頃~、箕輪城に真田昌幸が来たことや滝川一益に 会ったシーン等から、ゆかりの地として放映された。また、11月 23日に箕輪城郭馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城257『2017第16回きつねの嫁入り』昼間の部写真集

高崎市箕郷町在住の岡本優子さんが「みのわきつねの嫁入り」を 創作したことに始まる。井伊直政の養父:松下源太郎清景は箕輪 城の稲荷曲輪(松下)に松下稲荷神社を浜松の頭陀寺城の稲荷神 社より勧請した。10月8日、おんな城主直虎で『箕輪城の稲荷 曲輪』と松下清景・松下一定(中野直之次男)・松下高冬の墓のあ る『竜門寺』が紹介される。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲『草津に歩みし100人』⑦「長野業尚:榛名鷹留城主」

長野業尚・長尾為景・大光宗猷禅師・が草津温泉に入った説は 2つある、※延徳2年(1490) 説と大永6年(1526)説である。 草津温泉の標柱には延徳2年(1490)長尾為景・長野業尚・ 曇英恵応(大光宗猷禅師)が草津温泉に来たとある。 文亀3年(1503) 長野業尚が亡くなっているので 個人的には延徳2年(1490) 説を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:初心▲箕輪城№255【水の手郭:第23回箕郷ホタルまつり】

高崎市箕郷町には、ホタルの見られる場所が4か所あるらしい。 昔は近くの小川に至るところ、ホタルが見られた。親から「隣同 士で2つ光ってるのはホタルではなくてヘビだから、気をつける んだよ。」と言われながら、淡い光が闇夜に乱舞する様子を見 に行ったものだ。「ほぉ、ほぉ、ほ〜たる来い・・・あっちの み~ずがあまいぞ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№240【箕輪城の桜とガイド】・『西光寺の桜と檜扇』

・平成29年(2017)3月下旬に3回程、榛名山の標高500m以上 に雪が降った。高崎市箕郷町の標高200m~350m付近の梅 の産地は気温が2℃~11℃の日が続き、梅は開花したままの状 態が続いた。①4月6日、高崎経済大学の西沢教授の依頼で、箕輪 城現地研修会のボランティアガイドを務めた。西沢教授の修士論 文を考慮しての説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№239『長野業政・井伊直政』&3碑&世界かんがい施設遺産『長野堰』

平成28年(2016)11月8日 長野堰が世界かんがい施設遺産に認定 された。『長野堰を語りつぐ会』会長:中嶋宏氏・副会長:西山氏・ 井田氏・清塚氏など『長野堰を語りつぐ会』・『土地改良区』の皆さん などの努力があった。高崎市のHpには「長野堰用水の開削が始まっ たのは約1000年前と言われています。」とあるが、完全に間違って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城238『長純寺・石上寺・東向八幡・字輪寺・信玄家臣:塚越伴七調査』

平成27年(2017) 1月1日、村の新年会終了後、箕輪城主長野氏に 関係する調査・研究に出かけた。①長野氏菩提寺:長純寺に新年の 挨拶、②長野氏祈願所:石上神社(石上寺)の石幢調査、③長野氏 祈願所:現東向八幡宮の石幢と由来調査、④長野氏の一族がいたと 思われる榛東村広馬場「宿」の『字輪寺』の宝篋印塔と由来調査、 ①かみつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№231久保田順一先生の新刊『長野業政と箕輪城』前編

★平成26年(2016)11月26日、榛名文化センターで、久保 田順一先生の講演会「(新田義貞の子ども)義顕・義興・義宗と 南朝」があった。12月8日が公式の発売日であるが、戎光祥 出版と榛名町の本屋「戸田書店」がコラボして先行発売された。 *シリーズ【実像に迫る】「長野業政と箕輪城」久保田順一著 戎光祥出版から1500円+税…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城230▲【20161123郭馬出の完成式典】

平成28年(2016)11月23日、国史跡「箕輪城跡」で「郭馬出西虎口 門」の完成式典が開かれた。栁澤本次先生・栁澤佳雄先生・ 箕輪城保存整備委員長:峰岸純夫先生・富岡高崎市長・副市長・ 飯野教育長・後閑市議会議長・岸県議・石川市議・青柳市議・岡田 先生・関口先生・県文化賞の西原さん、飯嶋校長、南雲校長なども 招待されていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城229【黒田基樹説を加えた「北条氏邦の鉢形領支配→箕輪城主への過程」

北条氏邦が鉢形領支配→箕輪城主になるまでの過程を今まで 「群馬県史:浅倉直美文責」や「北条五代:相川司」著など をベースに書いた年表に『鉢形城と戦国武将』:黒田基樹著を 加味して、新しく年表を書き足した。●印は黒田基樹先生の 部分である。石塚三夫館長先生、いい本を紹介してくださって ありがとうございます。 ●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№226【鉢形城歴史博物館館長:石塚先生の「箕輪城関連の話】

平成28年(2016)11月17日、高崎市委嘱「箕郷歴史文化調査 研究会」の事務局2人と3人で、鉢形城歴史博物館館長:石塚三 夫館長先生の話を聞きに、出かけた。鉢形城も見学もした。 (★鉢形城の石垣)  ★箕輪城の本丸の東虎口付近~本丸堀上・北の土塁    二の丸の大堀切よりの場所に同じような石積みが   ある。完全に北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№225「箕輪城のじじばば石」など箕郷の10伝説

箕輪城主:長野氏が本郭の築山に安山岩の夫婦岩を据えた。 ①長野家の城主に代々受け継がれてきたと~~~。 そして、武田 軍の箕輪城攻撃で落城寸戦の時、武田軍に火の玉攻撃をした。 ②井伊直政は箕輪城から高崎城に「じじばば石」を運び込もうと した。ところが、箕輪:青木の里で夜を過ごしているうちに、 勝手に城の本郭に戻っていた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№224『剣聖:上泉伊勢守信綱の生涯』大修正版3

★私の「剣聖」イメージ」は上泉信綱 ・塚原卜伝・柳生宗厳・伊藤 一刀斎 ・丸目蔵人・宮本武蔵 ・男谷信友・ 昭和の剣聖「持田誠 二」かな?ということは、箕輪城関係者には【上泉伊勢守信綱】 &新陰流の弟子:神後伊豆宗治&疋田文五郎&岸監物(昭和 の剣聖「持田誠二」の先祖)がいた。塚原卜伝も箕輪城に尋ねて きている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№223『上泉伊勢守秀綱』主演:村上弘明さんのロケ参加

平成28年(2016)11月12日、13日に『上泉伊勢守信綱(主演: 村上弘明)』の箕輪城でのロケがあった。10月30日の箕輪城ま つりで「エキストラとして参加してください。」と声がかかった。 私は武田の武将のエキストラとして、参加した。手作りの赤い甲冑 での戦闘シーン「武田VS上泉の戦い」は1日目は12:00~17:30 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城222【農林大学校第34回榛の木祭】と榛の木の話

★平成27年(2015)11月12日&13日、高崎市箕郷町で大イベン トがあった。1)【箕郷文化祭】に陶芸作品を作品を出品した。西原 氏は「箕輪城研究&井伊直虎特集」を掲示した。2) 箕輪城から 300m北の榛名山麓にある農林大学校の【榛の木祭】にも行った。 屋台のキノコ汁の店は最高だった。新鮮野菜がいっぱいあった。 3)『上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城221【箕郷文化祭】西原氏の「井伊直政」&焼き物展等

★平成27年(2015)11月12日&13日、高崎市箕郷町で大イベン トがあった。1)【箕郷文化祭】に陶芸作品を作品を出品した。西原 氏は「箕輪城研究&井伊直虎特集」を掲示した。2) 箕輪城から 300m北の榛名山麓にある農林大学校の【榛の木祭】にも行った。 屋台のキノコ汁の店は最高だった。新鮮野菜がいっぱいあった。 でも、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№220『戦国武将と味噌』&『高崎の糀屋:飯嶋一族の歴史&味噌造り』

高崎「糀屋主人:飯島藤平氏」から先祖の話をお聞きする機会を得た。 私は『高崎の糀屋の味噌・醤油は武田信玄の信州味噌をベー スにしながら、井伊直政の三河系井伊谷味噌を踏襲した。その後、 米の糀を開発したのはないか?』と勝手に思った。 ①栁澤佳雄氏の「糀屋:飯島家が長野業正の箕輪城で味噌・ 醤油を扱っていて、江戸時代に群馬で最初に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲箕輪城№219【2016山本隆志先生『堯恵&浜川木部氏』・『宗長&浜川長野氏』

平成28年(2016)11月5日、中嶋講二氏が山本隆志先生を紹介 してくださった。山本隆志先生は榛東生まれで、高校の先輩だ。 筑波大学名誉教授:山本隆志先生の特徴は ①国府を総社と考えていること。 ②板鼻→浜川→総社が交通の要所であったこと。 ③堯恵の『北国紀行』から浜川にも「木部館」があったこと。 ④宗長の『東路の津登』か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more