テーマ:歴史

箕輪初心:生方「沼田・川場・白沢・昭和・片品・水上の城一覧16/60城

★山崎一著『群馬県の古城塁祉の研究』で、取り上げ られている旧沼田・片品・みなかみの城を書き出してみた。 群馬県のこの地域にはは53城あった。しかし、私は15城 しか行っていない。 みなかみ教育委員会は山崎先生より、 5城多い。重要だと思われる城砦にについて紹介したい。 ・登城した城は「●」 ・場所確認遠望は「△」 ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲群馬県昭和村『阿岨城』:金子美濃守泰清

スキー・登山の為、数百回も遠くから見ている城である。 いつもスキー仲間がいるため、通過してしまうポイントなのだ。 平成30年4月??日に、川場スキーの帰りに阿岨城に寄った。 阿岨城跡は、沼田城下を一望できる橡久保原の崖端に位置し ている。昭和村糸井字安岨岩で、崖の上にある。 ●堀1 ●郭 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲群馬県昭和村『森下城』:加藤丹波守の居城?

平成30年(2018)3月16日に、川場スキーの帰りに森下城に寄っ た。スキーの度に数百回も前を通っている城である。 森下城は、群馬県利根郡昭和村栃窪にある。関越自動車道昭和イン ターをおりてもよい。県道65号で西へ・・・県道255号に突き 当たったら右へ一端下り北上すると、600m程の地点にある。 看板はないが、県道がカーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲沼田『沼須城』&「流浪の武将:藤田信吉」

2018年、今シーズン川場スキー場に6回行った。必ず、子持城・ 長井坂城、阿曽城・森下城、川場天神城を遠くに見ながら行く。 平成30年3月16日、5回目のスキーの帰りに川場天神城・ 沼須城によった。沼須城が沼田市上沼須町にある。遺構の残存 度は著しく良くない。藤田信吉は関東管領:山内上杉憲政の家臣 :藤田康邦の一族として生まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲群馬:『川場天神城』と沼田万鬼斎顕泰

★エロ動画の乗っ取られた。2回目である。ヤマダ電機の友達は 「ごみのようなもので、乗っ取られた部分は手のほどこしようがない。」 とのことだった。ゴミを消していただいたのに、また入ってしまった。 2018年、今シーズン川場スキー場に6回行った。行き帰りに必ず、 天神城を見ながら行く。看板が出ているので、気にはなっていた。 5回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2018韓国ドラマ『師任堂(サイムダン)色の日記』1話~6話

平成30年(2018)7月20日から東京TVで「師任堂、色の日記」は 始まった。師任堂(サイムダン)はシン・ミョンファの次女として、 江陵で育ち、師任堂(サイムダン)は宣儀君(ウイ・ソングン=イ・ ギョム)と絵を通じて、初恋の相手となり、結婚話が進んでいた。 現在では、ソ:ジユンとハン・サンヒョン「本物は詩とは比翼鳥の はんこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方◆韓国歴史と2018韓国ドラマ「青い海」「トッケビ」「師任堂」等

私はニュースとNHK大河ドラマと韓国ドラマ、時々、歴史番組・ スポーツ番組位しか見ない。NHK受信料は月約2600円も払っ てるけどね。韓国ドラマでは「六龍が飛ぶ」・「トンイ」などである。 韓国の歴史ドラマの方が面白いが、・・・でも、相変わらず、陰 険な部分も凄い。 過去・現在が往き来する韓国ドラマは「青い海」・「トッケ ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」後編のあらすじ

ドラマでは「高麗時代末期~朝鮮王朝初期の時代」である。 韓国では50回分、東京テレビでは65回分である。 日本では、室町3代将軍:足利義満によって南北朝統一が達成 された時代である。高麗時代末期、混乱の中、武将:李成桂 (イ・ソンゲ)が1392年、高麗王朝を倒して自ら即位し、朝 鮮王朝 (1392~1910)を樹立した。私は気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」前編:高麗の歴史とあらすじ

ドラマでは「高麗時代末期~朝鮮王朝初期の時代」である。 日本では、室町3代将軍:足利義満によって南北朝統一が達成 された時代である。高麗時代末期、混乱の中、武将:李成桂 (イ・ソンゲ)が1392年、高麗王朝を倒して自ら即位し、朝 鮮王朝 (1392~1910)を樹立した。 【1】高麗王朝⇒朝鮮王朝 918年 高麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲2018年7月20日~22日『高崎:長野堰』at高崎シティギャラリー

★長野堰を語りつぐ会の皆さん、開催、おめでとうございます。 長野堰を語りつぐ会の活動がベースで2016年11月「長野堰」は 「世界かんがい遺産」に登録された。1年目は「長野業政・井伊直 政と長野堰」。2回目は「高崎の水田開発と長野堰の歴史」、3回 目は「含江戸時代・明治以降の長野堰⇒「世界かんがい遺産」登 録。4回目「長野堰か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー28『龍馬ブーツ像⇒亀山社中⇒龍馬像』

平成30年(2018)6月2日、私の嫌いな坂本龍馬に思いをはせ、散策した。 土佐で生まれ、江戸や京、長崎等を舞台に32年間の怒涛の人生を駆け 抜けた坂本龍馬。最も希望を抱かせた地が長崎である。日本の歴史は 明治以降、薩長史観が教育の中に浸透していて、個人的には過大評価 された人物という先入観があり、勝海舟・坂本龍馬は好きになれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目ー26世界遺産『端島炭坑=軍艦島(含動画)』

平成30年(2018)の大学の吹奏楽部の同窓会第5段は『世界遺産: 端島炭坑=軍艦島』であった。長崎のS君が予約した。『軍艦島』 戦艦「土佐」に島影が似ていることから「軍艦島」と呼ばれるよ うになったそうである。長崎港から約19kmの海上にある小さ な半人工島である。かつては炭鉱の町として栄え、隣接する高島 炭鉱とともに日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30-25「三菱」後編『歴史秘話ヒストリア:岩崎彌太郎』

・平成30年(2018)6月1日、軍艦島に向かう船の中で、世界遺産№ 19「明治日本の産業革命遺産」の施設を見ながら、解説を聞いた。 ・平成30年(2018)6月20日、『歴史秘話ヒストリア「三菱をつく った男 岩崎彌太郎 海の明治維新」』というTVを見た。Hp解説には 『激動の幕末・明治維新。たった一代で、巨大企業グループ「三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー23『出島』後編「出島建設の過程と出島の歴史」

平成30年(2018)6月1日、出島に行った。現在の出島は残念 ながらの周囲を埋め立てられてしまっていて、「島」といった感 じはない。意識的にイメージしないと扇型も島であったことも分 からない。でも、ガイドさんによると、「近い将来、島になる。」 とのことであった。「出島建設の過程と出島の歴史」について、 まとめてみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30-⑮南島原市『日野江城』と島原の乱

平成30年(2018)5月31日(木)長崎市⇒⑪諫早市「諫早城」 ⇒島原市⑫「百名城▲島原城」⇒南島原市⑬「二百名城:原城」 と車を走らせた。原城本丸⇒原城温泉真砂でランチ⇒原城三の丸 から日野江城が見えた。原城を出た時は15:00近くになっていた。 日野江城に行くことにした。日野江城跡は南島原市北有馬町戊 谷川名にある。日之…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー『原城』後編⇒⑬「原城温泉ランチ」⇒『原城』

平成30年(2018) 5月31日(木)南島原市⑬「二百名城:原城」 に行った。「原城」は島原の乱の舞台にもなった城跡である。キリ シタンが立て籠もった城で、2018年『長崎と天草地方の潜伏キリ シタン関連遺産』として、世界遺産登録になるかもしれない。「原 城温泉:真砂」のレストランで「原城ランチ」というのを食べた。 温泉には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー⑫『城№905原城』悲劇の200名城・世界遺産候補

①ANAの畿内に「南島原市」の冊子があり、お城巡りファンとして は「原城:島原の乱の舞台にもなった城跡」と「有馬氏の本城:日野 江城」には行かずば、まるまいと考えていた。「有馬キリシタン遺産 記念館(旧原城文化センター)」・「北村西望の生家」を候補に考えてい た。②島原市⑫「百名城▲島原城」で、原城関係の史料を見た。「お 腹空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー⑫『島原城2回目』後編:展示と北村西望の作品

平成30年(2018) 5月31日(木)、2回目の「島原城」に行った。 長崎の島原半島は熊本県の天草諸島とともに南蛮文化とキリシタン 受難の歴史に彩られた地域である。各階の展示は島原半島の歴史を 物語るように工夫されていた。巽櫓内の「北村西望」の作品が凄かっ た。高崎市庁舎前に北村西望の「子どもの像」があったのを思い出し、 館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目ー⑫島原市『島原城』前編:可愛い武将隊&キリシタン史料

平成30年(2018) 5月31日(木)、2回目の「島原城」に行った。 女性のおもてなし武将?娘?隊が最高に可愛かった。島原城は 築城名手といわれた松倉重政により築かれた連郭式の大城郭 である。松倉重政の圧政は島原の乱を引き起こした。長崎の島 原半島は熊本県の天草諸島とともに南蛮文化とキリシタン受難 の歴史に彩られた地域である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー⑪諫早市『城№904諫早城』後編

平成30年(2018)5月31日、「諫早城に行った。「諫早城」は「高 城」・「亀城」・「伊佐早城」とも呼ばれる城である。本明川の南岸 に面した丘陵に築かれた丘城・平山城で、標高は50m、比高は 40m程の城である。麓に諫早陣屋が築かれた。 ●①桜馬場 ・銅像 ・眼鏡橋ミニチュア ・桜馬場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー⑪諫早市『城№904諫早城』前編

平成30年(2018)5月31日、長崎は今日はどしゃ降りだった。 それでも、7時に長崎ワシントンホテルを出た。今日は島原半島 の城巡りがメインである。先ず、「諫早城」だ。「諫早城」は「高 城」・「亀城」・「伊佐早城」とも呼ばれる城である。本明川の南岸 に面した丘陵に築かれた丘城・平山城で、標高は50m、比高は 40m程の城であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー9『グラバー園3回目は入れなかった』

平成30年(2018)5月30日、長崎空港⇒レンタカーで大村市の 歴史散策⇒佐世保市の『ハウステンボス』⇒「川棚の城山」⇒ 「東そのぎ」から高速に乗って、長崎市内に入った。急に、 『大浦天守堂とグラバー邸』の道路標識が見えてしまった。 18:00、『大浦天守堂』と『グラバー邸』は既に閉まっていた。 ○1回目 大学吹奏楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー8『大浦天守堂に入れなかった』

平成30年(2018)5月30日、長崎空港⇒レンタカーで大村市の 歴史散策⇒佐世保市の『ハウステンボス』⇒「川棚の城山」⇒ 「東そのぎ」から高速に乗って、長崎市内に入った。急に、 『大浦天守堂とグラバー邸』の道路標識が見えてしまった。 18:00、『大浦天守堂』は既に閉まっていた。 ●大浦海岸通り~駐車場 ●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー6佐世保市『ハウステンボス』前編

平成30年(2018)5月30日、11:30長崎空港に着いた。レンタカーを 2日分で11800円で借りた。話のタネに3時間程、散歩をしてみようと 思った。ハウステンボスはオランダ語で「森の家」という意味だそうで ある。オランダの風車やレンガ造りの建物、運河がなどがあった。ヨー ロッパの国のにいるような場所ではあるが、10数カ国旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30-5『長崎街道:松原宿』と著名人往来

・慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は豊臣氏の蔵入地 :長崎を収公した。徳川家康は、長崎を天領(直轄領)と定め、海外 貿易の拠点とした。平戸に通じる唐津街道に代わり、長崎街道を整備 させた。長崎街道は、江戸時代に整備された脇街道で、豊前国小倉 (福岡県北九州市小倉北区)の常盤橋を始点として、肥前国長崎(長 崎県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲5回目30-4『城№903三城(さんじょう)城』と大村純忠の生涯

今回、長崎空港⇒「天正少年使節団」⇒『玖島城』⇒「城下町」⇒『三 城城』に行くことにした。三城城は、永禄7年(1564) 日本初のキリシ タン大名として有名な大村純忠が築き、三城城に移った。息子:大村 喜前が玖島城に居城を移すまで大村氏の居城であった。★行かずば、 なるまい。大村市の中心部から、JR大村線の北の山にある。東の多 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30-3大村市『玖島城下町の武家屋敷』

●長崎空港⇒タイムズレンタカーで大村市の散策を開始した。 ①天正遺欧少年使節顕彰之像⇒②玖島城(くしまじょう)⇒ ③玖島城下町散策となった。慶長4年(1599) 大村善前が玖島城 を築いて、居城:三城城の城下町を移し、玖島城下に住まわせた。 城下町には五つの小路:本小路・外浦小路(ほかうらこうじ) ・小姓小路・上小路(うわこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方長崎5回目30-2大村「城№902玖島城(大村城)」

長崎空港への着陸寸前、空から玖島城を眺めた。玖島城は大村湾 に面した丘陵に築かれていた。レンタカーで玖島城に向かった。 玖島城の花菖蒲は綺麗だった。 平日なのに観光客が多かった。 ・慶長4年(1599年)大村喜前は三城城(みじょうじょう)より居城を 玖島城移した。大村氏は藤原純友の後裔を称し、藤原純友の孫:直 澄が肥前国藤津郡…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー1大村市『天正遣欧少年使節団の像』

大学吹奏楽部同窓会が6年ぶりに長崎で5月31日(木)~6月2日 (土)に開催されることになった。親の面倒は妹が見てくれると言っ てくれたから。私は5月30日に羽田空港から長崎空港に降りた。 レンタカーを借り、先ず、『天正遣欧少年節団』の像を見に行った。 天正10年(1582) イエズス会員アレッサンドロ・ヴァリニャーノ神 父は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕輪初心:生方▲草津100-89『石川達三S10』小説家

草津の湯畑の標柱に、「石川達三 昭和10年(1935)来草」とあった。 草津観光協会のHpには「石川達三:小説を通じて、諸問題を追求し た、社会派の作家。」とあった。『蒼氓』により、芥川賞受賞者第1 号となった。 ] ◆石川 達三*********************** ・明治38年(1905) 秋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more