箕輪初心:生方▲20200520「イオンモール高崎」新型コロナがなくなったような賑わい

群馬では、新型コロナ・ウィルス感染者が連続4日間「0」である。 新型コロナ・ウィルスは収束したと錯覚するような状況である。 みんな勘違いする程?錯覚してしまう程、群馬は安心なのかも。 ところで、皆さんマスクだけで平気なの?私は外出時はアルコー ル消毒液・除菌液をもって、出動している。ボクなんか、入り口の 消毒液、みんなが触るんで触れないんだもんね。人の触ったドア ノブはティッシュで回す。でも、処理ができないのは買い物駕籠。 今度はマイバック持って行こうっと・・・ 令和2年(2020)5月16日( 土)イオンモールの大型商業施設「イオン モール高崎」が2増床開業!となった。モール内の店舗も営業再開! した。5月18日、本家のめいちゃんのイオンのバイト先もレストラ ンも再開となった。5月20日、私は眼鏡の予備を作ること、めいち ゃんのバイト先で飯を食うこと、スーパーで酒のつまみを買うこと を目的に「イオンモール高崎」に行ってみた。前橋~富岡線(西毛 広域幹線道路)が何故か、「イオンモール高崎」の横を通っている。 群馬県土整備部道路整備課が立案して、議員の議決で決まったか、 議員の圧力変更になって道路が決まったか不明である。政治家・財 界のなんらかの取引があるのかもしれないと思ってもみたりする。 群馬県の発展のためなのかどうかは分からないけれど、議員さんは メリットはあるように語る。西毛広域幹線道路の周辺住民にとって、 道ができたとしても、イオンに行くだけの道でし…

続きを読む

箕輪初心:生方▲2020【梅農家の悲哀:反映されない生産者希望価格雑感】

令和2年(2020) 、今年の我が家の梅の実の付き方は昨年の50%~ 70%であると思われる。それに加えて、4月21日と4月27日、 高崎の私の地区のみに雹が降った。小規模農家の私の畑では、多い 場所は50%~70%の被害、少ない場所でも10%~30%と思 われる。去年同様、今年も全く楽しみのない出荷の重労働が始まる。 昨年、10月半ばから、12月まで2~3時間の剪定 3月1日~23日、最低2時間、8時間~12時間の剪定 3月24日・25日、1回目の草刈り。暑さと手の豆に耐えて、 3月26日・27日、1回目の消毒、暑くて2回に分け計10時間。 4月9日、2回目の消毒。9時間。熱中症になりそうだった。 4月15日、4回目の消毒。9時間。熱中症になりそうだった。 ▲4月21日、1回目の降雹 ▲4月27日、2回目の降雹 4月29~5月1日、計12時間、暑い中2回目の草刈り4回に分けて 5月3日、梅の4回目の消毒?  暑い中、10時間。嫌じゃあ。 5月17日、18日、小梅出荷ボランティア。苦労が報われない現実。 5月23日、24日、3回目の草刈り(23日にはブユに2つさされ、 すぐに氷で冷やし、医者から貰った抗生物質の薬をぶったが、径5cm ×7cm腫れ上がった。でも、医者に行かずにすんでよかった。車で ヤマカカシ(蛇)を踏んだ報いか?かゆいよう~~~。 5月27日頃~6月20日頃まで梅の出荷をするが、不安じゃあ。 小規模農家は10時間~14時間、労働となるであろ…

続きを読む