箕輪初心:生方▲城№1004赤城『津久田城跡』:一時、真田の城

令和2年(2020)5月13日、新型コロナ・ウィルス対策のため、渋川市 のスパゲッティ屋『ポポラーレ』でLunch、白井城・津久田城・猫城 (入れず)・宮田不動尊(封鎖)・不動山城に行った。津久田城は赤城 北中の南に隣接している。北は沼尾川、西は利根川に臨む急崖上にあ り、東西約300m、南北約130~140mの並郭式の崖端城で、北西隅に 本丸、その南に二の丸、東(北中の方に)三の丸、四の丸、外郭と続 く縄張りの要害である。「丸」という書き方が時代的にあり得ないが ◆津久田城 ・赤城北中・・・渋川高校同級生に狩野姓が2人・後輩に角田M・・・ ・隣が津久田城 ・四の丸 ・ハウス・・・堀跡(2の丸・3の丸の間) ・ 「ビニールハウスの場所は空堀であった。」と持ち主の奥様から お話をいただいた。 ・某Hpを開いた。 ・本丸北部 ・二の丸 ・本丸・・・かつてが家がなく、畑奥に案内版があった。 ・左は本丸・右は二の丸・・・奥は3の丸・4の丸・  5の丸 ・腰郭 ・楼台跡 ・道が外堀跡 ・津久田砦遠望・・・関越の橋の左手前 ◆津久田城の歴史******************************** ・築城年代は不明 ・永禄元年(1558)から永禄11年(1568)頃、築城と考えられている。   津久田地衆によって築かれたともいわれている。 ・天正6年(1578)以降、…

続きを読む