箕輪初心:生方▲伊香保№104佐藤緑葉「哀楽の揺監として」吾妻出身の小説家・翻訳家

佐藤緑葉は若山牧水に中之条で会っているので、中之条出身かと 思ったら、群馬県吾妻郡東村(現東吾妻町)生まれであった。 本名:佐藤利吉は中之条高校から早稲田大学に進み、北原白秋 ・前田夕暮・三木露風・土岐善麿・若山牧水等と共に文学活動 をした。 ◆佐藤緑葉*********************** ・明治19年(1886) 7月1日 群馬県吾妻郡東村生まれ。 佐藤利吉(さとう りきち)。 中之条農学校(現・群馬県立中之条高等学校) ・明治37年(1904) 早稲田大学文学部英文学科に進学。 同級に若山牧水・土岐善麿、安成貞雄がいた。  早大在学中若山牧水らとまじわる。 北原白秋は早稲田大学英文予科に入学。   早稲田には相馬御風、人見東明、野口雨情、三木露風、加糖介春  らのいずれ劣らぬ綺羅星がいて早稲田詩社が結成されていた。 ・明治42年(1909) 早大卒業 万朝報に入社、英文欄を担当。 ・大正3年(1914)「近代思想」にラムスズスの反戦文学 『人間屠殺(とさつ)所』を翻訳・・・連載。 ・大正4年(1915) 3月19日、佐藤緑葉が若山牧水の妻喜志子   の病気療養のため、かつて住んでいたことのある   神奈川県三浦郡長沢808番地、斎藤松蔵方(屋号 かわ   ばた)を紹介した。   若山牧水は東京から移り住んだ。 ・大正9年(1920)佐藤緑葉は…

続きを読む