箕輪初心:生方▲長澤まさみ美脚伝説『都市伝説の女』第5話~9話&小栗ブログ一覧

長澤 まさみが 1987年6月3日生まれの32歳ってことは 、2012年4月
13日~6月8日放映だから、24~5歳ってことか。若くて、ボーイ
ッシュで足が綺麗。おいらが長澤まさみファンになったは2018年の映
画の『コンフィデンスマン』からである。それまでは知らんかった。
長澤まさみと橋本まなみの区別ができるようになったのは1年後。
私は『都市伝説』なんぞには全く興味はない。興味は長澤まさみの美脚。
ごちそうさまでした。パンティの見えそうな超miniスカートで股を手で
隠す仕草・ホットパンツ・キュロットスカート等、長澤まさみのファッ
ションも面白ろうございました。
5話山口紗耶香の足は?でも演技は上
手だから、まあいいか?4話、5話が面白かった。9話で小栗上野介の
子孫役で宇津井健が出ていた。歴史を知っていれば、小栗の赤城山への
徳川埋蔵金伝説が嘘であることが分かる。慶長3年10月の大政奉還、
慶長4年、1月15日の罷免から、徳川の金を赤城に隠す暇がなかった。
勝海舟は西郷隆盛に「小栗が隠したかもしれん。」という言葉から、薩摩
藩が「小栗が埋蔵金をもっている。」と噂を流し、上州ヤクザに小栗を
襲わせた。前橋生まれの糸井しげさとが「埋蔵金話」をしたこともあり、
現在でもあると思っている人がいるとか?~~~美脚も飽きちゃった。
『都市伝説の女』は伝説オタクの女刑事:音無月子(長澤まさみ)が、
ミニスカ・ホットパンツの足だし美脚と美貌とボーイッシュな髪型、
マニアックな都市伝説通を武器に都市伝説絡みの事件を解決する。
音無に一目惚れした鑑識・勝浦を上手く利用して、奇抜な推理と珍妙な捜
査で難事件を解決していくのも特徴である。普段は「鬼の丹内」と言われ
ている昔気質の刑事丹内(竹中直人)に毎回、怒られているが全然、気に
していない。何故か、副総監(伊武雅刀)を「武ちゃん」と呼ぶ。宇津井
健は謎の『都市伝説』老人になっている。
『相棒』は知能で解決・『楯岡』は心理学で解決、『コンフィデンスマン』
は大どんでん返し・・・・でも 『都市伝説の女』「これって、都市伝説。
きた~~。」と事件の謎解き自体は単純で・・・あまり謎めいていない。
が刑事ミステリー&コメディタッチのバカバカしいストーリーになっとる。

nagasawa002.jpg
 (無料画像)

美脚と言えば、ミスインターナショナル・ファッションモデル・
ガールスユニットは当たり前の足だしスタイルだげど、モデル・歌の
ユニゾン(単旋律)系のガールスユニットは全然興味ないので全く分
からん。でも、女優の美脚といえば~~~~だ~れかなあ?
『ドクターX』米倉涼子が最高かなあ。昔は江角マキ子が脚立持って美
脚を出していた。其他、年寄りだけど藤原紀香、再放送でクロケットを
やってきた観月ありさ、「月に代わってお仕置きよ」セーラームーンの
北川景子・・・、ドクターX秘書の河北麻友子、チアダンの中条あやみ
、結婚したけど佐々木希、ドレス美人の石原さとみ、「あの人だれだっ
け」CMの菜々緒が頭に浮かんだ・・・Suitsの新木優子ってえのもいた
なあ。といっても、私が女優で顔と名前が一致するのは、この程度・・・
橋本まなみは足太いし、・・・
 
でも、高崎市内にも制服を着た可愛い足だし娘・化粧美人がいることがある。
5月7日、某会社に行って、娘Kの先祖解説・大学の専攻の話をした。
マスク娘Kと盛りあがり「綺麗だね。目。」・・・12日には、某販
売店で1時間くらい趣味の話や旅行の話・仕事での楽しみの話をした
Sに平気で「Sさん、可愛いね。」なんて、言っちゃってる。気があ
って話したので「ありがとうございます。」って喜んでいた。それなり
に可愛い女性って?廻りの男性・女性の目を意識していると分かった。
5月20日、イオン高崎の食品売り場で全身黒でコーディネートした
めちゃ鼻筋が通っていて、黒ニットシャツの胸、美尻・美脚のGパン?
ボトム姿の黒木メイサ似の女性がエサ選びをしていた。私はあまりにも
格好いいのいで思わず、お尻見ながら、30m程ついていっちゃった。俺
ってストーカー?「後ろ姿、女優みたいに綺麗」とか「足、綺麗ですね。」
と声をかけたくなっちゃったけど、いきなりじゃ、エロ爺と思われるので、
止めた。群馬にもいるんだあ。あんな格好いいGパン姿の女性。「あれっ、
俺って、もしかしてお尻フェチのエロ爺?・・・
yjimage223.jpg
(無料画像)ロングブーツ、かっけえ。
 俺もはいてるぜ、週4~4回は・・・
 先に危険防止用の鉄が入っているのもあるぜ。
yonekura01.jpg
(無料画像)オシャレ~~&歩く姿がかっけえ。



◆長澤まさみシリーズ*********************
箕輪初心:生方▲長澤まさみ美脚伝説『都市伝説の女』第1話~4話
簡略あらすじ 2012年~2013年
https://53922401.at.webry.info/202005/article_38.html

箕輪初心:生方▲2017映画『銀魂』のあらすじ
https://53922401.at.webry.info/201708/article_36.html
長澤まさみ 28歳の作品かあ?

箕輪初心:生方▲TV『コンフィデンスマンJP』第3話「美術商編」
https://53922401.at.webry.info/202005/article_36.html
長澤まさみ 29~30歳の作品かあ?

箕輪初心:生方▲2019年『コンフィデンスマンJP』騙しのネタバレ、
見ない方がいい。
https://ubu3blog.at.webry.info/201905/article_36.html

箕輪初心:生方▲2019映画『マスカレード(仮面)・ホテル』の簡略あらすじ
https://ubu3blog.at.webry.info/201901/article_38.html



【第5話】「国会の伝説…ミニスカ議員は殺人犯!?」山口紗弥加は上手い。
●国会議事堂・・・
国会議事堂内で殺人事件が発生。
バックミュージックはチャイコフスキー「花のワルツ」
大胆な曲~~~~何でだろう???曲がマッチしない。

●捜査一課
音無は月子(長澤まさみ)半袖胸フリル付きベージュ絹?のシャツ
  に黄色ミニスカ・・・・
音無は消しゴミおまじないをブス岩田に教える。
「誰かに使われると効力が失われる」
男刑事「加藤春樹ってだれだ?・・・」
「教えない。」
丹内「誰か消しゴム、持ってるか?」
丹内は無理矢理撮ろうとする。
音無は泣いて、消しゴムを話さない。
そこへ、副総監の武重治(伊武雅刀)は来る。
「何、しているんだ。」
音無「武ちゃん、」

武「男性議員が殺された。場所が国会議事堂8階だ。
音無月子「それって、国会伝説がある場所ですね。」
丹内「音無、副総監の前で、・・・」
「そうなんだよ。月子ちゃん。」
「中央塔内部の8階ホールはかつてダンスホールとして使われて
 いたそうです。」
バックミュージックはチャイコフスキー「花のワルツ」
 ★なるほど、・・・
「8階から飛び降り自殺があり、開かずの間として、現在に至っ
 ているという噂が、・・・。」
月子(長澤まさみ)は、都市伝説が絡んだ事件だと浮足立つ。

「容疑者もそう言っている・」
「自分が殺した」と連絡してきたのは参議院議員の大楠さくら
 だ。」
丹内「あのミニスカ議員の・・・」

音無「あたしもあの討論、みました。」
△回想・・・『朝まで生討論』~~~~~~~~~~~~~~
大楠さくら(山口紗弥加)は・・・
「私はキャバクラ時代を含め、仕事に誇りを持っています。」
年寄り女議員華岡秋代(銀粉蝶)「それはそうと、そのminiスカ
  ートは国民の前に立つ服装ではありません。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音無「あのスカートが可愛くて、朝まで見てしまいました。」
「ピアスも可愛かったなあ。」

大楠さくら(山口紗弥加)が、「ドレスを着た女の霊のせい。
 ドレスを着た女のせい。」と主張していた。
「特命とということで、2日、48時間で解決、・・・」
「条件があります。・・・都市伝説があったと公表してください。」
「分かった。」
月子は霊の存在を実証するべく捜査する。
~~~ミュージック~~~~~~~~~~~~~~~~

●国会議事堂
 死体検証・・・

勝浦だけ、「花のワルツ」は聞こえる。
郷原班の下に丹内班が編入された。

●大楠さくら(山口紗弥加)が籠もる部屋
 さくらが籠もっている。
 音無は「結界を持ってきました。」
 (★うらめし、ユースケか犬夜叉か?)
 丹内は
 大楠「信じてくれるんだ。」
と立ち上がる。
 大楠は濃紺に赤い花柄のミニスカート、黒のシャツにハーフジャ
 ケット・・着こなし上手。かっけえ。
山口紗弥加が格好いい・・清純役・エロ役の演技が上手。
①『女城主 直虎』2017年 なつ役・・・
  奥山朝利の娘で、しのの妹。思慮深く控えめで聡明な性質。
  小野玄蕃の妻で長篠の戦い後、密かに義理の兄を慕う清純役
子が小野亥之助→家康より「小野万福」の名を与えられ
→兄:小野政次の磔・・・
天正18年小野朝之は井伊直政の年寄(家老)として箕輪城に
  来る。慶長19年、安中藩家老。
②『さすらい温泉♨遠藤憲一第二湯』2019年 艶口さやか役
栃木の温泉でエロい口に遠藤天狗の鼻が差し込まれ、官能小説が書
  ける話・・・遠藤が超エロかった。
 
③『モトカレマニア』2019年 丸の内さくら 役
小説家・・・若い男と同棲する少女漫画家で主人公に尊敬される役


大楠は真相を音無に話し始める。
 大楠の説明~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 会議が終えたのは2時すぎ、 肩をたたかれ、・・・
 天井にアイマスクの女が見え、・・・
 ワルツが聞こえてきて(「花のワルツ」)
どこをどう登ったかわからず、・・・
 8階にいた。
 目の前に死人がいた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
丹内「あなたの指紋は凶器にはついていなかった。ふきとったん
  ですか?」
「分かりません。」
 丹内「凶器は?」
 「分かりません。」
音無「・・・何故、さくらさんをを選んだかが問題・・・」

●さくらの部屋(事務所)
 翌朝
 字幕・・・AM9:00 あと32時間
 紺のTシャツ・紺地の赤のキュロットスカート、クレーの
 ブレザー、金色の靴・・・★かっけえ。
 丹内「また、そんなminiスカートできて、・・」
音無「捜査は足で稼げっていいましもんね。」

音無は「捜査一課の音無です。これは部下の丹内です。」
丹内はムカッ・・・・
 音無は大楠さくらの自叙伝を見つけ、・・・
 「土浦出身、・・・元ヤンキー・・キャバ嬢を経て・・・夜間大学・・・
   土浦から出馬・・・すご~い。・・・1冊いただいても
  いいですか?」

事務所「第一秘書の野本です。」
野本「大楠が何か?」
音無「・・・8階の伝説ご存じですか?」
「議員になる者なら、誰でも知っています。」

そこに女性古だぬき議員:華岡がくる。
  「また、ミニスカの刑事さん?」
音無「・・・8階の伝説ご存じですか?」
「うん、なんとなく、・・・」
秘書「迷って入った議員の体に呪文(梵字)が浮き上がって・・」
「誓いの呪いで、・・・落選した者もいた。」
丹内「信じるんですか?」
古だぬき議員:華岡「生きている人間の方が恐ろしいわ?」

音無「・・・たくさん話があるんですね。
 秘書:「噂ですけどね。」
「ところで、国会議事堂が地下で繋がっているっていう
 噂が・・・」
図説・・・8方位
「第2次世界大戦中に掘られた。・・・
  「本当なんですね。」

 ミニスカポリス現る。
 「疫病女・・・あんたのおかげで、勝浦君が怪我を、・・・」

●病院
 勝浦「検証中に、・・・」
 音無「それってまさか」
 勝浦「8階で・・・ワルツが聞こえ。」
音無「お守りあげる。それから、さくらさんの本も、・・・」
勝浦「被害者は古い布を握ってた。終戦直後の、・・・」
「きた~~~」

●捜査一課
 「何千人も入っている。」
郷原「丹内さんは関係ないでしょ?」

●桜田門前
 元丹内部下「直前に、貴者と大楠が言い争ったそうです。
  まるでヤンキーだったそうです。」
 大楠「ふざけるなよ。・・・過去をさぐてるんじゃないよ」

●取り調べ室
 音無「秘書の野本さんが探して増したよ。」
大楠「信用できないんだよね。私のこときらいなんですよね。」
「読みましたよ。元ヤンでキャバ嬢で国会議員・・」
大楠は過去を語り始める。
「養子だって知ったのは、中学の時、・・・実の母親を知
らずに育ち、養母と折り合いが悪く、学生時代は荒れていた。」

 ※カメラが2人のミニスカを写す。
山口沙耶はいまいち、今40歳だから、32歳のときかあ?

「夜間学校の学費もキャバクラで稼いだんですよね。」
 ★某TV番組で、「キャバクラ嬢、月収950万円」を思い出した。
  これだもん、新型コロナ・ウィルスでもキャバ嬢は休憩
  できるよな。きっとこんなキャバ嬢ばかりじゃないけど、

「見返したくて、・・・」
「ところで、8階に本間さんがこれを握っていました。」
 (リボン)
大楠は黙り込む。
「知っているんですか?」
 丹内がきて「隠蔽工作だろう。本間と言い争ったという
  証言があった。幽霊話をする奴は大嫌いなんだ。」
大楠は窓際に移動する。
 音無「どうして、勝手なことをしないでください。」
「人に聞かれます。」

●音無の家
 音無は紺のTシャツに白いホットパンツ、・・・
 音無は丹内に「8階の幽霊にあってきてくれたんですか?」
「できるかソンなばかばかしい話」
「動機はわかんない。」
「大楠が殺したんなら、動機を隠している。
  大楠が誰かをかばっているなら、理由があるはずだ。」
  幽霊のしわざ、っていうことなんかあるはずない。」

●病院
 夜、勝浦はネット中・・・
ワルツが聞こえてくる。・・・
「聞こえない。聞こえない。」
大楠の本を開くと、聞こえなくなった。
★おかるとぺえ・・・くだらねえ。

●道路
 翌朝
 字幕 8:30 あと8時間半
 音無は黒のTシャツ、赤いホットパンツ、赤いシャツ・ブレザー

 車いすの勝浦がパソコンを持って・・・
「このリボン、まさか?」
本の中の「夜間大学卒業記念のリボンと同じ物、間違いありま
 せん。」

女議員華岡秋代(銀粉蝶)のリボンと女議員大楠の夜間大学
 卒業記念のリボンと同じ物だった。
「きたあ~~~」

●華岡議員の部屋
 音無「これに見覚えありますか?終戦直後に老舗で作られた
  珍しいリボンだそうです。」
 秘書「衣装をたくさんもってますから、」
丹内はアリバイを聞く。
 「あの日、琴を披露していました。」

丹内「アリバイが成立した。リボンはにていただけか?」
音無「いいえ、アリバイは確定していません」

字幕・・PM1:00 あと4時間
●車の中
 丹内・・・音無のリュックを抱え小さくなる。
 音無・・・「武ちゃん、」長い足を抱え体育座り状態
 武・・・・ゆったり構え

「地下・・・が繋がっていますよね。」
「まだ、残っているのも、・・・」
「首相官邸まで役400m・・・華岡大臣の」

●地下通路
 丹内・「すっぱくせえ、・・・・」
 ドアをい開けるちお、トンネルが出現、・・・・
 カンテラ持って、
 軍服・・・鍋島藩の屋敷跡・・・・
 骸骨・・・
 226事件の足音・・・ばかばかしい。
 音無「都市伝説、きた~~。」
丹内 「こわいよう。・・・」 逃げた。

 野本が死んでいた。
 
 丹内は議事堂の庭に出る。
 
●8階
 ミニスカ音無&丹内は警備員姿・・・・
 華岡議員&秘書
 武ちゃん&ミニスカ議員大楠さくら(山口紗弥加)

音無&丹内の謎解きが始まる。
音無は大楠に「同じリボンを持っていますよね。」
「えっ?」
結末・・・「華岡議員と大楠さくら議員は実の親子だった。」
証拠は産まれた赤ん坊に同じリボンを渡した。
    小作り大臣が少子高齢化大臣は子どもを捨てていた
    では、おおきなネタになりますからね。・・・

△回想・・・肩をたたいたのは本間さん~~~~~~~~~~~
  「実の母親に会いたくありませんか?」
  「は?」
「同じリボンを持った母親、・・・」
「会いたくない。」
「知ってたんですか?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 音無「さくらさんは実のお母さんが殺したと思って、自分が
   殺したと連絡した。」
丹内「でも、違っていたんです。」

△回想・・・本間は秘書を脅していた。
  秘書はが殺していた。

 「先ほど、野本さんの遺体を発見した。」
秘書「遺体をトンネルに隠しました。」
秘書は「30年前、先生とさくらさんを引き離したので、
   申し訳ありませんでした。」 と土下座する。
 華岡はびっくり、・・・・
 
 音無「分からいことが一つ、・・・何故、庇ったんですか?」
大楠「20歳の時、養母かた実の母親の名前を聞いた。
   ずうっと恨んでた。あの討論が終わるまでは、・・・」

△回想・・・一年生議員が何故、・・・
「気にしなくて、いいわ。・・・私も若い頃、大臣にかみついた。
 私の若い頃に似てるわ。頑張りましょう。敵同士、」
と華岡はさくらに手をさしのべた。

 大楠「憎いと思っていた気持ちがなくなった。」

華岡「池添の責任は私の責任。議員を辞めます。」
大楠「止めてください。私はあんたにいたから議員になった。
  戻って来てください。」

大楠が華岡に近づき、握手を求める。
 華岡はめいっぱい大楠を抱きしめる。
 お互いに泣く。・・・
 
 ミニスカ音無 VS ミニスカ大楠
結果・・・大楠の勝ち。
 ミニスカ音無「2度と都市伝説を悪用しないでください。」

新聞報道はささやかだった。




【第6話】「東京タワー&スカイツリーの伝説! テレビ局殺人」***
●TV局
 某男はふらふらでモニター室に入る。
 試験電波を流す。
0:00 東京タワーの電気が消え、・・・
スカイツリーはそのまま、・・・
後頭部を触ると血・・・死んだ。
●お堀端
雨の朝、音無月のがお堀の端で「胡瓜の食いかけ」を発見した。
●捜査一課
「これ、何が食べたんだと思います?」
「猫かなあ?」
岩田「カッパだとでも」
音無「私と気が合う。」
「あってない。」
音無は電話が来るのを感じる。
柴山が一番に取った。
「え、殺人事件?」
真夜中のテレビ局で男性が殺害された。

●TV局
須貝修一(神保悟志)が殺された。

音無は現場のモニターで東京タワーとスカイツリーを見た。
「東京スカイツリーへの試験 電波発射中、東京タワーの明かりが
 消灯するのと同時刻に死亡しました。」
「東京タワーが墓地のあった場所に建てられていました。」
「東京タワーとスカイツリーの都市伝説が事件に関係しています。」
月子は、勝浦(溝端淳平)と共に捜査を開始する。
①須貝修一(神保悟志)・・・・殺害された
japan tvバラエティ制作部から送信技術部に異動した局員と判明。
 「真夜中0:00に東京タワーとみると恋人になれる」と女を
 好け込ますエロ男

②須貝佐代子(遠藤久美子)修一の妻。
 japan tv局に勤め、修一と結婚後、局を辞めた。
 津村香との交際、太宰みゆきとのH関係等も知っていた。
 女性問題が原因で夫に離婚を迫るが全く同意してもらえず、
 口論に発展していた。

③須貝博幸(長谷川朝晴)修一の弟。
 japan tv報道部局員。 
 日曜ドキュメンタリー番組「真実は1つだ!」を制作し、2008年から
 4年連続で報道スクープ大賞を受賞している。
初回は郷原刑事が情報提供していた。

④津村香(遊井亮子)修一と過去に交際
 japan tv局アナウンサー。
「真実は1つだ!」メインキャスター。

⑤太宰みゆき(松岡璃奈子)修一不倫相手
 情報番組派遣AD。



犯人は誰だ?
 ②妻、③弟、④元交際アナ、⑤不倫AD、⑥芸能人

アラフォー津村香 VS 派遣社員太宰みゆき

⑥木村カエラ(本人)
  japan tv局内で偶然、音無と出会った。

●TV局屋上
 ②妻 と 弟 はあっていた。
 2人とも東京タワーの点灯が消えるのを見たことがなかった。
 音無「今日は消えないのよ。」

結末(謎解き)
 津村アナは離婚しない修一とデート・・・弟②が見ていた。
 津村アナは見られ、戻った。
 ①兄 VS 弟②
口論・・・
トロフィーで殴った。
②妻は③弟が自分のことを好きだとは分かっていなかった。
犯人はずうっと兄嫁②しか見ていなかった弟②だった。




【第7話】「座敷わらしは見た!? 離婚夫婦の密室殺人」****
 ある夜、月子(長澤まさみ)の部屋に座敷童子らしき女の子が出現
した。座敷わらし(岡部珠奈)はおかっぱ頭に茶色の着物だった。
その直後、「キャー」と近所からの悲鳴が聞こえる。
月子の家の通り沿いの家からだった。
3人で暮らす女性の家だった。
月子は家に入った。
家に侵入した男に瓶で頭部を殴られる事件が発生した。

丹内班・・・・

●石橋家
・石橋文江ばあちゃん
・石橋祥子家出した夫の嫁
・高校生:石橋凛(未来穂香)・・・めちゃ可愛い顔
川口春奈より目が大きく可愛いから、川口よりウンが悪かった
のだろう。
・娘の友達(藤田美夏)ストーカー追われ中・・・まあ、可愛いか
※愛人と逃げ家族を捨てた石橋学(ルー大柴)・・太ったあ。」
現場には、皿の上に赤飯=強飯のお供えがあった。
月子「家を守る座敷童子へのお供えでしょう。」
 「そうです。」
 「きた~。出身はどちらですか?」
月子は座敷童子が家から去ってしまったために事件が起きたと考える。

●捜査一課
 柴山は座敷わらしを見た。

●捜査一香
柴山は座敷わらしを2回目を見た。

~~~(略)~~~~~~~~~~~~~~~~~~
郷原は3連続殺人で音無の情報を得たがっているが、・・・

勝浦の感・・・「酒の位置が変わっていて、・・・」
★私が旅行先から日本酒を3~6本買ってきたときと同じ、
 私は6本を高い順かラベルの色合いで順を決めている。
 1列に並べる癖がある。並び順が決まっている。
この場面は納得する。

宇津井健とおばあさん・・・・・
「原敬の泊まった宿の話、・・・」

おばあさんは音無に「6歳でなくなった妹かもしれない。」

ルウー大柴逮捕

柴山刑事と音無だけが座敷わらしがみえている。
★ばかばかしい。・・・どうでもよくなった。

結末・・・凜ちゃんが自殺を図ろうとしていた。
 月子はナイフを奪い取る。    
 月子「座敷わらしがあたしを呼んだ。」
 月子「凜ちゃんは嘘をつけなかった。」



【第8話】「満月の夜は事件が!! 占い師連続殺人」**********
占い師が3連続で襲われる事件が起きていた。
面白くなかった。


【第9話】最終回「さよなら月子…徳川埋蔵金殺人!!」******
 3人の占い師が殺され、・・・・
音無月子(長澤まさみ)は全ての事件が満月の夜に起きていることから、
”オオカミ男”の仕業だと推測した。
音無は自分の名前にもある”月”について、月子は調べ始める。
さらに、唯一命を取り留めた4人目の被害者・美人占い師の千尋の元
を訪れる。月子(長澤まさみ)は、占い師から「1週間後に死ぬ。」
と言われた。
 しかし、月子は気にせずいつも通りの生活を送っていた。
そんな中、男性の撲殺死体が発見され、ダイイングメッセージを見た。
月子は、徳川埋蔵金に絡んだ事件とにらむ。
その後、月子は被害者が埋蔵金探しをしていたという情報をつかむ。
※「小栗上野介忠順は江戸時代末期の勘定奉行で徳川幕府を再興するため、
多額の貴金属を何処かに隠したとされる説があります。」

小栗(宇津井健)と警察庁総監は知人だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※徳川埋蔵金伝説「赤城山」を信じている人が歴史を研究していない
 金の亡者かミステリー好きな方である。もうどうでもよくなった。


・慶応3年(1867)10月14日(11月9日)、15代将軍:徳川慶喜が
 朝廷に大政奉還した。
 10月14日 ※大政奉還
       勘定奉行・海軍奉行・陸軍奉行に兼任。
※西郷隆盛は江戸の放火を命令
        相良総三など500人が放火・強盗をした。 
 12月25日 ●小栗は薩摩藩邸への焼き討ちを決行
→鳥羽伏見の戦いの火種に発展
(さらに、薩摩の恨みを買った。)

・慶応 4年 (1868) 42歳
 1月3日 ※鳥羽伏見の戦い・・・旧幕府軍が敗退。
 1月12日  ※徳川慶喜が京都から海路で横浜入り。
 1月15日  異国との抗戦論&薩長根への主戦論を主張→罷免。
※小栗上野介&榎本武揚は主戦論
●小栗の秘
策・・「薩長軍を箱根峠で待ち伏せ、
洋式軍隊で攻撃。後続部隊を駿河湾から
新鋭艦8隻で攻撃・・・。」
※勝海舟は薩長に恭順の考え→徳川慶喜も恭順の意    
●徳川慶喜の袖をつかんで説得した小栗だが→罷免。
※大村益次郎「実行されていたら、我らの首はなかった。」

※勝海舟と西郷隆盛が、江戸の洗足池の勝邸で密談
 西郷「幕府の金はどげんしたのか?」
     勝「わからない。小栗が隠したかもしれん。」
★★→勝海舟の安易な回答が、埋蔵金騒ぎに繋がった。
(東京都大田区洗足池の勝海舟の別宅)

※江戸城の無血開城・・・

12月25日 ●小栗は薩摩藩邸への焼き討ちを決行
→鳥羽伏見の戦いの火種に発展
★さらに、薩摩の恨みを買った。→倉渕で斬首へ発展。
 ※新田官軍(太田市の平安時代末期の新田一族)の動き
  ・大将・・・・・岩松俊純
  ・副大将・・・大館謙三郎
   新田官軍総帥達は相良総三と懇意で、幕府側:小栗の薩摩藩邸
   襲撃で、山形に敗走。
★新田官軍・相良総三の逃げ延び先は清河八郎の家かもしれない。
★勝海舟は相良総三の相棒:益満休之助と昵懇であった。

・慶応 4年 (1868) 42歳
 1月3日 ※鳥羽伏見の戦い・・・旧幕府軍が敗退。
 1月12日  ※徳川慶喜が京都から海路で横浜入り。
 1月14日  小栗上野介は 徳川慶喜に攘夷を訴えた。 
        異国との抗戦論&薩長根への主戦論を主張
      ※小栗上野介&榎本武揚は主戦論
 小栗の秘策・・「薩長軍を箱根峠で待ち伏せ、洋式軍隊で攻撃。
   後続部隊を駿河湾から新鋭艦8隻で攻撃・・・。」
  徳川慶喜の袖をつかんで説得した小栗だが
  ※勝海舟は薩長に恭順の考え→徳川慶喜も恭順の意

 1月15日 登城 →罷免。
※大村益次郎「実行されていたら、我らの首はなかった。」

※勝海舟と西郷隆盛が、江戸の洗足池の勝邸で密談
 西郷「幕府の金はどげんしたのか?」
     勝「わからない。小栗が隠したかもしれん。」
★発信先は勝海舟の曖昧な西郷隆盛への答え方とも言われて
 いる。
※「幕府の公金、数十万両を勘定奉行であった小栗上野介が
 持ち出した。」という噂が流れた。

★★→勝海舟の安易な回答が、埋蔵金騒ぎに繋がった。
※江戸城の無血開城

1月28日●小栗・・幕府に、土着願い提出

2月 ●上野彰義隊の渋沢喜作(渋沢栄一従姉妹の訪問
小栗は官軍との交戦依頼を断った。
「大義名文はもたない。もうし群雄割拠なら、・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
箕輪初心★【渋沢栄一の生涯】:「日本資本主義の父」
http://53922401.at.webry.info/201409/article_14.html

箕輪初心★埼玉深谷【尾高惇忠】初代富岡製糸場長:富岡製糸場6-⑦
http://53922401.at.webry.info/201409/article_15.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月22日 徳川慶喜は上野寛永寺に居を移し謹慎の意を
   表した。これを機に関東の諸藩は一気に官軍へなびいた。

知行所上野国権田村に移住
   ①初代:小栗??・・系図では、徳川家康の祖父の弟?。
   「安詳譜代」・・古くからの譜代で徳川の特権階級
領地・・2500石+200石=2700石 
      上総の稲葉村
下総の五反田村・堀内村・大川村・田辺村
下野の高橋村・大沼田村
上野の倉渕村375石・下斉田村・与六部村
◆東善寺・・5代:小栗政信が現在の地に建立

2月28日 奉行を罷免された小栗上野介は、住み慣れた駿河台の屋敷
 を出て、上州の権田村(現群馬県高崎市倉渕町権田)へ向かった。
  小栗上野介は江戸幕府から帰農許可を得ており、野に下る
  ことを決意していたのである。
 小栗上野介は旗本という身分をあっさりと捨て、帰農を選んだ。 
 ★このときの彼の心境をどの理解したらよいのか難しい。
  小栗の人間性を理解する鍵があるのであろうが理解は難しい。

江戸出発・・桶川泊・・・深谷泊・・高崎泊
(旧暦のままのため) 
  江戸から権田村に同道したのは、妻の道子、母の邦子、 
  養子の又一(またいち)、養女の鉞子(よきこ)の4人と、
  用人や従者、人足たちであった。
※総勢・・家族5人+家臣8人+(権田足軽16人)

3月 1日  権田村に土着。東善寺を仮住まいとして居住。

3月 2日  三ノ倉に暴徒が集結し、騒ぎを起こしているとの通報
    があった。
    隣村である暴徒の大将は長州の浪人・金井壮助といい、
   「世直し」を掲げて近隣の農民を巻き込み気勢をあげていた。
    集まった暴徒の数は2000人に達し、権田村に入った小栗
   を征伐すると息巻いていた。
 
  打ち壊し暴徒博徒:鬼定・鬼権が江戸から追従。
  箕輪・金古・引間・有馬・渋川・などを襲撃。
★「徳川の持参金・埋蔵金めあて」だったらしい。
 つまり、煽ったのは薩摩藩であろうという説が有力である。

家臣:大井は「500両は預かった。」と鬼定に伝えた。
さて、暴徒を諌めるために小栗上野介は、権田村生まれの
 家臣・大井磯十郎を三ノ倉に行かせた。話し合いでことを
 納めようと50両を差し出したが、暴徒たちは納得せず、
 交渉は決裂した。

3月 4日  暴徒7000人来襲(★群馬郡誌のみ)
     暴徒2000人来襲(★ほとんどの資料)
  →小栗上野介は洋式の鉄砲・軍隊で約20人+村人で撃退。
 ※一説には、小栗は、フランス式訓練を受けた歩兵10数名
  と村の若者100人ばかりで東善寺の周辺を固めた。そして、
  小栗は養子の又一と部下の歩兵20余名を率いて、暴徒の
  本陣椿名神社に先制攻撃を仕掛けた。訓練を受けた歩兵の
  力は絶大で、数十名で暴徒2000余りをあっさりと蹴散らし、
  倒した20人の首を東善寺の石段に並べた。この戦況に仰天
  した三ノ倉など近隣村の名主らが、この夜に詫び状を持参
  し、捕虜となったものたちを引き取りに来た。用人たちに
  歩兵訓練を受けさせていたことで、小栗は難を乗り越える
  ことができた。
  しかし、暴徒による襲撃は、薩長軍が仕組んだ巧妙な罠で
  あることに小栗は気付かずにいた。
     
  塚越家から避難していた妻:道子達が帰って来た。  
 ※先導者:金井荘助・・・西郷隆盛の雇われ大将説あり。
 ※勝海舟・・・・熊谷まで出向いて、東山道総督:岩倉に面会
    「関東には官軍に従わない不心得な旗本がいる。」
   と、わざわざ告げ口に行った。その後、板垣は近藤勇の
  甲陽鎮撫隊を撃破した。→江戸に向かった。
 勝海舟の情報提供による可能性が高い。・・・
 ★勝海舟はわざわざ、板倉退助に「官軍の敵は、小栗上野介
 &近藤勇である。」と知らせたのでは?   
   
  小栗上野介は暴徒の反乱を鎮圧した。~~~
  それから2か月余りを権田村で生活する。
  倉渕に永住を決めた小栗上野介は、観音山に住居の建設を始
  めた。また、山頂を開墾し、畑と水田を開く作業も開始した。
  母屋が完成すれば、家臣たちの住まいを建て、塾も開いて村
  の若者たちに学問を教えることも考えていた。

3月 5日 ●小栗「権田村から太政大臣を出すぞ。
    東善寺に勉強に来なさい。」と言ったとか?

3月 6日  ●観音山の邸宅予定地を下見。
   ※熊谷次郎直実の愛馬:権田栗毛を祀った観音堂の上
     (★マス重・・・これはおいしい)
     (邸宅の入り口は、マス重の看板の反対から)
     (邸宅は、群馬県前橋市総社町の都丸邸に移築…現存)
     (浅間隠山を望む)
 
3月 11日
●邸宅の測量開始・・・フランス式
  小栗又一と荒川祐蔵が測量・設計か?
●小高用水着手。※小栗は完成を見ないで斬首。
●アラビア馬で散策。
●「サンキュー」と度々使っていた。
●服装も西洋式だった。靴も履いていた。
       ★以外と西洋かぶれだった。

4月22日  
 東山道総督が高崎藩・安中藩・吉井藩に小栗の追補命令。  
 ※東山道総督:岩倉具定(具視の子17歳)
東山道福総督:岩倉具経(具視の子16歳)
参謀:板垣退助 & 伊知地正治・・・実質的な指令。 
「小栗上野介・・陣屋を厳重に相構え・・・。」
 先の小栗襲撃に加わった近隣の村の名主たちは、小栗が7000
の大軍を打ち破る兵力を以ち朝廷に対する反逆の意図をもって
いると、東山道軍(薩長軍)総督府に対して訴えた。
これを受けて総督府は、高崎、安中、吉井の三藩に小栗誅戮
(ちゅうりく)の厳命を下した。東山道軍総督は岩倉具定
(岩倉具視の子)で、参謀には板垣大助(土佐)、伊地知正治
(薩摩)がいた。

4月29日  東山道総督の命  神山宿で大井・沓掛が面会。
      →三藩は追補兵を三ノ倉に宿陣(全透院)。
高崎、安中、吉井の3藩の兵800余りが三ノ倉に集結した。
 話せば分かると踏んでいた小栗上野介は、2人の家臣を
 三ノ倉に派遣し、交戦する意志のないことを伝えた。
 しかし功を奏さなかった。

閏4月 1日  高崎藩の宮部八三郎らが兵を率いて東善寺を包囲
    した。小栗上野介は
  「観音山は自分が所持し、雨露を凌ぐ家作をなしただけで要害
   などなく、異心はないので、十分に見聞し、その旨を総督府
   に伝えてほしい。」
   と説明した。
   さらに大砲や小銃も使者に手渡し抵抗する意志のないこと
    を示した。
   観音山を視察した宮部らは謀反の企てはないと判断したが、
   養子の又一に高崎まで出頭すること求めた。

   又一が高崎に向かったあと、三ノ倉に再び三藩の兵が終結
   しているという不穏な情報が小栗の耳には入る。

  小栗は権田村の名主たちと相談した結果、会津への脱出を決意した。
  信頼のおける村年寄の中島三佐衛門の案内で小栗一家は諏訪
  山麓を抜け、湯治場の亀沢に入った。
 ここへ権田村の名主:佐藤藤七が駆け込んできた。
     藤七によれば、
   「東山道軍の先鋒:原保太郎に捕縛された藤七は小栗の脱出
    を吐かされ、小栗が戻らなければ村を焼き払う。」
    と脅され、小栗を連れ戻すために追ってきた。」
    というのである。
   小栗上野介は、人質になっている養子又一らのこともあり、
    家族を三佐衛門に託し、わずかな望みを頼りに村に引き返
    すことを決断した。

閏4月 2日  養子又一、用人塚本真彦、沓掛藤五郎、多田金之助を
       随員として高崎藩へ 無実弁明のため出向いた。

閏4月 3日 妻の脱出計画。・・・後。会津へ。

閏4月 4日 ※東山道鎮撫総督府軍監副巡察使:原保太郎・豊永貫一郎
「小栗上野介は大罪人であるから、追補せよ。」と激怒。
「従わない場合は、3藩に保証はない。」と脅迫。
 巡察使:大音龍太郎の意向もあった。(★村上先生)
 ★大音龍太郎・・・近江伊香郡木之本村大音(小谷城近く)
 の出身で、勤王浪人・・・箕輪村龍門寺(井伊直政建立の
 鬼門の寺)に2年程滞在・・龍門寺19世に大音は世話に
 なった。上野通なのだ。・・・ 巡察使・・初代:岩鼻県知事)
 
閏4月 5日 早朝、東善寺に戻った小栗を原保太郎21歳ら
  東山道軍の兵1000人余りで進入。
  3藩の兵が東善寺裏山より侵入。
  小栗と二人の家臣を捕縛した。
  3藩は観音山等を検分。
  逆謀私心無き事を知り、銃5挺などを押収。  
  小栗上野介らを捕縛
    →三ノ倉の陣屋(戸塚宅)に連行。

閏4月 6日  取り調べなく、水沼川原で家臣とともに斬殺。
 大井礒十郎・渡辺太三郎・荒川祐蔵・・斬首。
 小栗上野介が安中藩徒目付:浅田五郎作が原に命じられ、斬首。


閏4月 7日  高崎藩牢屋敷処刑場(現JTB反対の小林駐車場)で
 養子:小栗又一・用人:塚本真彦、沓掛藤五郎、多田金之助を斬首。
   ※勝海舟の陰謀説もあるが、不明である。
 ★でも、勝海舟は小栗が嫌いで、陰険な男で性格であった可能性も
  大いにある。つまり、幕府の中に、小栗の敵がいたことになる。

4月   大音龍太郎の届け出 
「小栗上野介は松平容保・小笠原壱岐守と結託し、碓氷峠で
   官軍の待ち伏せを計画するため、権田村に引き込んだ。
   百姓が蜂起すると、罪のない百姓を殴打した。
   官軍たりとも我が地に踏み込んだ者は取ってやる・・・
   そこで、高崎・安中・吉井の3藩を・・差し向けたところ
   機械を隠し・・・「中略」・・・鉄砲数十挺を土の中に・・
   上野介父子並家来六人を斬罪にしました。・・・」
   ★捏造だった。

●小栗道子・母:くに子・養女:よさ子・塚本家族の動向
  権田村・・・二度上峠経夕コース&大戸コース ・須賀尾に別れて・・
  六合村・・・
「やまに」の家…★私も行った。
  「小栗清水」…★私も行った。
 (現野反湖)・・・1200年前の新田系里見一族のコース・・・・
「和山郷」…★親戚のマーちゃんちの隣だった。
  「秋山郷・妻有「…★小栗道子の泊まった家に行った。
  ・・・十日町・・・小千谷・・・新潟・・
  中条・・・会津へ
南郷で子どもを産んだ。

 翌年、会津から        
   ①宇都宮経由か? 村上泰賢先生の最初の説
②大内宿経由か? 村上泰賢先生の今年の説

 江戸に行った。
 元小栗家中間の三野村の家で厄介になった。
  ★三野村家は浅草にある。岩崎彌太郎の屋敷から300m。
   看板のみである。

★参考文献・資料**********************
①『小栗上野介』市川光一・村上泰賢・小板橋良平共著 
   みやま文庫(県立図書館内)
②「遣米使節三船」東善寺住職村上泰賢著 \300円 
③週刊:日本の100人番外編「小栗忠順」  \560円
④「上州風」 29号 上毛新聞社
  特集「もっと小栗上野介を知りたい」 \840円 
⑤月刊「上州路」2003(平成15)年10月号
 特集「時空を超えて甦るー『小栗上野介と高井鴻山の夢』」
 小栗上野介と高井鴻山の「船会社」 村上泰賢
 波乱の幕末~新しい日本に夢をかける高井鴻山 山嵜 實
 ※小布施の豪農:商高井鴻山は
  小栗上野介の日本最初の株式会社の「船会社」に大出資者。
 小布施の北斎館・・・北斎はたくさんの絵を残した。
⑥上州路344 復刻版  700円(税込み)  あさを社
  「上州倉渕村に眠る偉人
   ・小栗上野介忠順と小栗騒動   小板橋良平
   ・佐藤勘兵衛のアメリカ土産から 塚越真一
   ・埋もれ木をほる        市川八十夫
   ・小栗上野介略年表
⑦上州路346  700円(税込み) あさを社
  特集「小栗上野介史跡めぐり」
⑧『郷土に光をかがげた人々 Ⅱ巻』 群馬県教育委員会
 「開国の先覚者」外国奉行 小栗上野介」
●小栗上野介企画展・・明治大学博物館 2008年4月 
  小栗上野介の業績を再評価。
●小栗まつり・・・2008年5月
⑨市川光一先生の講演会の資料(箕郷公民館) 2009年?月
 市川光一先生の講演会の資料(かみつけの里)2010年6月26日
⑩「小栗上野介と幕末維新の高崎」高崎市歴史民俗資料館
2010年10月1日~11月24日
●倉渕の小栗散策             2010年5月
●「ヴェルニーと横須賀」&ヴェルニー博物館 2010年7月訪問
⑪小栗上野介展・・・高崎シティギャラリー 
2010年12月4日~12月14日
⑫「小栗上野介」村上泰賢著 2011年1月
⑬島田先生:小栗ボランティアの資料2011年5月24日


★幕末の偉人伝************************
●箕輪初心:生方「小栗全集」~~~~~~~~~~~

◆◆箕輪初心★小栗上野介①「先祖」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_28.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介②「遣米使節団」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_29.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介③「業績と提唱」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_30.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介④「権田での隠遁生活」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201107/article_1.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介⑤「ヴェルニー&東郷平八郎」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201107/article_2.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介⑥「東善寺&村上泰賢先生」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201108/article_10.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介⑦「道子夫人の会津への逃避行」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201108/article_11.html

◆◆箕輪初心★小栗⑧「道子夫人の逃避行と北越戦争&会津戦争」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201108/article_12.html

◆◆箕輪初心★小栗⑨「遣米使節VS咸臨丸」の歴史的意義 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201108/article_17.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介⑩「東善寺訪問」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201109/article_23.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介⑪「佐賀の8人&大隈重信」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201110/article_23.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介⑫「大隈重信&三野村」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201205/article_23.html

◆◆箕輪初心★小栗上野介⑬「名残」=築地 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201210/article_11.html

箕輪初心★小栗上野介⑭童門氏VS村上泰賢先生TV討論
http://53922401.at.webry.info/201212/article_18.html

箕輪初心★高崎:小栗上野介15【小栗上野介忠順の抹殺】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_20.html

箕輪初心:生方▲小栗上野16:岩下哲典先生の講演会
『幕末情報社会と小栗上野介』
http://53922401.at.webry.info/201606/article_1.html

箕輪初心:生方★小栗上野介17『小栗祭り20160522』
http://53922401.at.webry.info/201606/article_2.html

◆ 箕輪初心★『小栗上野介とボーハタン号』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_29.html

◆◆ 箕輪初心★『ボーハタン号&咸臨丸』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201108/article_17.html

◆◆ 箕輪初心★『小栗上野介の功績&提唱』 ◆◆
★大隈重信・大久保利通・東郷平八郎などは
「日本の近代化の父」と思っているようだ。
http://53922401.at.webry.info/201106/article_30.html

◆◆ 箕輪初心★小栗上野介の妻:道子=会津への逃避行 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201108/article_12.html

箕輪初心■群馬倉渕の文化財&小栗上野介&温泉・酒
https://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201302/article_18.html

箕輪初心:生方▲草津100人ー31『安積艮斎(ごんさい)』
&小栗上野介のブログ一覧
https://53922401.at.webry.info/201804/article_8.html
 ★小栗上野介の先生であった。

箕輪初心:生方▲伊香保№27 ≪安積良斎:天保9年(1838)≫
榛名神社・木暮武太夫
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_1.html

◆2018年
箕輪初心:生方▲福島旅行①『会津』横山常守と海老名季昌・新島八重
・小栗道子
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_44.html
山川浩、田中茂手記…ロシア使節団→ヨーロッパ視察
横山常守と海老名季昌…パリ万博→ヨーロッパ視察
山本(新島)八重…スペンサー銃での籠城
小栗道子…小栗叉一が横山常守にフランス語を教え、横山常守邸に
 身を寄せ、松平容保と死を悲しみ会津若松城に籠城→南郷で出産

箕輪初心:生方▲福島旅行②『会津若松城5回目』と福島の城ブログ一覧
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_45.html

箕輪初心:生方▲福島旅行③『会津若松城5回目』と『会津武士・子女』
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_46.html
★山川大蔵・神保雪子(夫:神保修理はは鳥羽伏見の戦いでの容保の責任
 で切腹)中野竹子(8月25日、城外:高久で戦死)・山本八重(スペ
ンサー銃で戦う)など・・・

箕輪初心:生方▲福島旅行④『会津若松』内藤信節・西郷頼母・萱野長修
https://ubu3blog.at.webry.info/201811/article_47.html



★今日は梅林の草刈りと梅の出荷準備

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント