箕輪初心:生方▲2020TV「激レアさんを……」『~信長伝説~』&My武将ブログ一覧

令和2年(2020)3月28日のテレビ朝日系、毎週土曜22:10~ 放送は、「激レアさんを連れてきた presents 偉人がくる 信長 伝説」であった。織田信長は好きではないが、録画されていた。 若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務 めていた。 『激レアさんを連れてきた。』 1)腰に8個のひょうたんをぶら下げる。  イラスト・・・  ノースリーブで「ださい?」  本郷和人東大教授「ひょうたんには水・酒が入っていた。」 2)濃姫を貰いに行く前に  モザイク・・・  弘中綾香アナウンサー「放送できません。」 信長「一物だよ?」・・・ち□こ模様の着物、・・・ 川田裕美と濱口優(よゐこ)がゲストとして出演した。  女性陣もびっくりしていた。 本郷和人東大教授「『老人雑話』にという文献に出てくる。」 「変わった人間と思ってくれれば、道三が油断するのでは」 3)息子の名前   弘中綾香アナウンサー「信長=吉法師、・・・政宗=梵天丸」  ①奇妙丸  ②茶筅丸・・・「お茶にはまっていた。」  ③三七・・・・「3月7日うまれ。」  ④於次  ⑤坊丸  ⑥大洞(おおぼら)  ⑦小洞  ⑧酌  ⑨人  ⑩良好  ⑪縁 4)「衝撃、女性の乳首を噛みやぶる」 「複数の乳母の乳首をかみ切った。」 文献には「これまで吉法師に乳を進じけるもの、乳房を  ばかみやぶられずと云ふことなけ…

続きを読む

箕輪初心:生方▲『15代:武田信虎』:「石和から躑躅ヶ崎館へ」

最近、私は戦国武将にはいいイメージが殆どない。国盗り合戦 で領土拡大では権謀術数や大量殺戮を犯している。戦国時代、 優しい武将はトップとして生き残れない気がする。戦後直後の 間違った郷土史観、小学校の教育の影響を受け、戦国武将が偉 人となっているケースも時々みられる。私の地元では箕輪城主 :長野業政、国峰城主:小幡信貞、総社城主:秋本長朝、前橋 城主:酒井雅楽守、東毛の用水路開発の岡上景能、幕末の小栗 上野介等が祀り上げられている。山梨県の地元の多くの方は武 田を悪くいう人はいないと思う。地元の「武田信虎は有力国人 ・土豪層が割拠している中、ほぼ甲斐を統一を果たした有能な 人物である。」とか、「約1200年の武田の都:石和から、躑 躅ヶ崎に移した凄い武将である。」とか、「甲府の城下町を開創 し、発展させた偉人である。」とか、「戦国大名:武田信玄を育 て、武田の基盤を築いた人物である。」とか、とってもいい評価 をしているのであろう。勿論優れた一面があるが、全てではない と思っている。私のような武田贔屓でない歴史好きはその上に 「武田信虎は暴君」、「武田信玄は志賀城での大量殺人者」、「信濃 ・上野への侵略者」という悪いイメージを多少持っている。明治 の薩長史観も間違った歴史観もある。 でも、武田の家臣の子孫と仲良くさせていただいております。 1)村中の友達には   小笠原長清系伴野氏直系子孫友野氏(おとといスキーで一緒)   小笠原長清系大井氏系堀内氏 …

続きを読む

箕輪初心:生方◆2020【3月に行った高崎近郊の店等】

3月も外食の余裕がなく、過ごした。でも、数回、美味しい店を 狙って行けた。3月に行った高崎近郊の美味しい店を紹介する。 半年は家に籠もっているので、週2~3回は誰とも話さない日が ある生活がやっと終わったと思ったら、3月も新型コロナ・ウィ ルスで外出を控えざるを得なくなり、引き続き誰とも話をしない 日々が続いた。3月の毎年行っているフィリピンダイビングは止 めた。4月の韓国倭城・5月の大学部活同窓会兼中国地方の城 めぐりも中止となった。4月からはどう過ごそうかなあ? 自分へのご褒美は大学院も卒業したし、時々、Lunchで美味しい レストランを探し回って食べることかな?後は、梅の世話(後3 回の消毒・草刈り2回)・ブログ書き・TV漫画と韓国ドラマ鑑賞 ・2~3回のスキー&温泉ってとこかな?映画館に行けないし、 大勢の人と接しない場所にいるために、・・・・ 箕輪初心:生方◆2020『1月の貧相な食事&時々グルメチックな食事』 https://53922401.at.webry.info/202001/article_6.html 箕輪初心:生方◆2020『2月も忙しさ・貧しさに耐えて貧相な 食事の毎日』 https://53922401.at.webry.info/202003/article_2.html 箕輪初心:生方◆2020『3月の我が家の食物常備品と貧相な食事』 https://53922401.at.webry.info…

続きを読む

箕輪初心:生方◆2020『3月の我が家の食物常備品と貧相な食事』

令和元年(2019)10月~令和2年(2019)1月~2月、論文書きで ほかのことができなかった。食事の時間もできるだけ短くするた め、簡単な食事となった。3月は梅の剪定で、雨の日しか、休憩 がなかった。食堂に行っている時間がもったいので、朝、昼の食 事の半分はカップラーメン・カップうどん・そば、スーパーの飯 半分は自作の料理。夜は日本酒3合~4合と鍋物・漬け物・魚等。 箕輪初心:生方◆2020『1月の貧相な食事&時々グルメチックな食事』 https://53922401.at.webry.info/202001/article_6.html 箕輪初心:生方◆2020『2月も忙しさ・貧しさに耐えて貧相な 食事の毎日』 https://53922401.at.webry.info/202003/article_2.html 【1】カップものと常備品 酒のつまみ  ★食べたら、補充する。 米は村の親戚から買ったコシヒカリ・・・旨い米 水は殆ど塩素の入っていない湧き水・・・旨い水 小松菜・ほうれん草は庭先で・・・・・・巨大になった野菜 【2】家での食事 3月1日 夕食  畑でとれたふきのとうの天ぷら等   酒2本で5000円かあ。 3月6日「大根とイカの煮付け」&「小松菜のおひたし」 3月8日 朝食 コンビニの手巻き寿司 ●3月10日…

続きを読む