箕輪初心:生方▲歴史秘話ヒストリア『信長より20年早かった「天下人」三好長慶』


NHK歴史秘話ヒストリアは自動録画されている。月額2500円分を
見なくちゃ。「三好長慶」は江戸時代初期までは評価されていたけ
れど、江戸時代中期、頼山陽『日本外史』がブームになった頃から
評価が下がり扱われず、織田信長の評価は上がっていったらしい。
「三好長慶」は戦後の歴史教育の中でまず扱われない。何故
か?小学校6年生の担任が「三好長慶」しらない先生が多いだけで
なく、文部省が教育内容の指針【学習指導要領】を出したことによ
る。教科書検定があり、学習への内容制限を課した。初期の通史的
に扱った【学習指導要領】でも「三好長慶」は出てこない。⇒どび
とびで扱う【学習指導要領】の現在、中世では、織田信長・豊臣秀
吉・徳川家康を扱うように拘束した。「三好長慶」は出てこない。
さらに、歴史では「世界史A」と「日本史A」を融合させた共通必
修科目「歴史総合」を新設予定とか。「三好長慶」は出てこない。
学習指導要領は教育による思想統制である。それ故、NHKの100
人アンケートでも【学習指導要領】の統制の結果、「織田信長・豊
臣秀吉・徳川家康が人気がある。【学習指導要領】の薩長史観もあ
り、坂本龍馬・西郷隆盛が人気がある。お札でも岩倉具視・大
久保利通があった事もある。お札も国家的思惑も変化の時代を迎え
たが、平和時代・科学発展時代に堂々と文科省が思想統制をやって
いることは確かだ。三好長慶ゆかりの地の歴史ファンなどは知って
いるかもしれないが、多くの方は「三好長慶」なんて知るよしもない。
NHKは新しい説が出ると、安易に材料として歴史秘話ヒストリア
で扱うようだ。学者の説・論文だって、ストーリーがあり、自分
の都合のよい古文書を持ってきて根拠にしている。1つの見方で
でしかないかもしれないので全面的に信じる訳にはいかない。で
も、全てを信じてしまう人もいるんだろうな?NHKだからって、


★しか~し、「NHKから国民を守る党」ができた。群馬県にもいた。
「NHKは全戸から金を巻き上げる。NHK幹部でHをしまくってい
る人もいる。庶民から巻き上げた金がどこでどう使われているか、
NHK報道に巻き上げた金の使い道が公表されていない。「不透明な
国家の陰謀か」などと言っていた。関係ないけど、・・・


●本放送 令和元年 6月19日(水)
●再放送 令和元年 7月 2日(火)
配役:三好長慶 役:矢口恭平・・・結構、イケメン俳優。

『信長より20年早かった男 最初の「天下人」三好長慶』
題を見て、ふ~ん、知らん?三好長慶なんて、興味もない。
①三好三人衆の三好の親父・祖父関係の男:三好長慶?
②小笠原長清が親戚として頼った男:三好長慶
③足利将軍家と凌ぎを削り、畿内を制した男:三好長慶
位しか私は知らんのだ.。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~。



●序章***************************
ナレーター「天下人といえば、誰を思い出しますか?」
「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・・・・大河ドラマでは」
「三好長慶・・・天下人。」

「戦国の革命児・・・だったという事実があきらかに」
◆参考文献
今谷 明・天野忠幸『三好長慶』(宮帯出版社)
天野忠幸『三好長慶 諸人之を仰ぐこと北斗泰山』(ミネルヴァ書房)
天野忠幸・高橋 恵 『三好長慶 河内飯盛城より天下を制す』(風媒社)
天野忠幸『戦国期三好政権の研究』(清文堂出版)
天野忠幸『三好一族と織田信長 「天下」をめぐる覇権戦争』
   (中世武士選書シリーズ第31巻)。など、・・・・
20181017miyousinagayosi004.JPG


戦国の革命児 あらわる!
「三好長慶って知られてないけどスゴイ人なんだよ。」って感じ。
①「鉄砲」
「織田信長の・・・25年前・・・だいぶ前に鉄砲

②キリスト
「 信長より前に京を治めてキリスト教認めたりした。」

結論
③「天下人 三好長慶・・力・天皇からの信頼」

字幕 「最初の天下人 三好長慶」
①「400年前、ヨーロッパにも、・・・」
字幕 公方 内裏 三好殿
③朝倉宗滴和記・・・16c
 「今川 武田 織田 三好・・・」
★この史料2つで、いいのかなあ?

半年後の歴史秘話ヒストリア『織田信長編』で、」『天下』とは、
京都周辺5畿内を意味する言葉である。」と言っていた。


【1】第一章 エピソード1「戦国の革命児 あらわる!」
徳島市
地元では・・・「三好長慶会」 
「三好長慶は阿波国(徳島県)の武将の子に生まれました。
ドラマ
1532年・・・命の危機に 阿波に下った。父と別れた。
戦国乱世・・・細川晴元の家臣
 細川家と三好が対立・・・三好元長が自害
顕本寺・・・
 11歳の少年長慶は父:元長のかたきを主君とすることに

父が主君・細川晴元に裏切られ非業の最期を遂げると、わずか
11歳で三好家当主となります。たびたびの存続の危機も驚き
の手段で乗り越え、のち天下を制する下地も築いていく長慶。
逆境に打ち勝つ「戦国の革命児」のアイデアとは!?

①細川晴元の家臣に、・・・・
天野氏「・・・生き残り作戦、・・・・」
11歳の時にパパが主君に疎んじられて成敗されちゃった。
 でも、生きていくために親の仇の主君細川に仕え続けることに
 したよ。」てか、・・・

「戦場を渡りあるく。・・・3年後、元服・・・・
 御機嫌取り、・・・」

ステップ1 1539年 越水城主に
「国衆を束ねる領主・・・国衆はいうことを聞かない。
   人材登用・・・松永久秀の登用・・・
   交渉事に携わる。・・・・」

ステップ2 法華宗「本興寺」
三好 「寺を襲わない・・・自治を認めた。
    ネットワークを活用、・・・商人が多く
   東アジアの貿易、・・・経済的基盤・・・
「結果、明の絹・芭蕉布・・・鉄砲・・・」
根拠となる古文書『万松院殿穴太記』「群書類従」
1550年頃・・・相手方の記録
「二重の塀・・・鉄砲・・・使用。」
「織田信長の天正3年(1575)長篠の戦いより25年も
 早い。・・・・」

ステップ3 3人の弟
 長慶・・・摂津
 実休・・・阿波
 冬康・・・養子。淡路の海賊を支配下。
一存・・・養子。讃岐の支配
天野氏「4カ国のネットワーク」
20181017miyousinagayosi010.JPG
3ステップ・・「摂津西宮を拠点に、①実力主義の人材登用、
 ②法華宗と連携した交易⇒鉄砲、③弟たちとの絆の4カ国
  協力体制構築等で実力をつけていったよ~ん。」だって。
ドラマ「父上の敵を、・・・」

「何故、知られなかったか?」
古文書「武辺咄聞書」・・・「信長も三好がいなければ、成功は
  なかった。・・・」
古文書「日本外史」・・・
天野氏「三好・・・貢献していなかった。と認識されていた。」


【2】第2章エピソード2 「誕生!戦国最初の「天下人」
ドラマ
「父上の敵を、・・・」
「細川晴元が池田家当主を自害させた。」
天野氏「国衆の利益を守るのは私だ。とした」
横暴な主君細川晴元に対する地域国人衆の不満が溜まっていた
ので、国人衆の利益を保護する新たな存在として主君に叛旗を
翻したのだ。
元主君細川晴元に味方する足利将軍とも戦った。


1549年 、三宅城の戦い
 三好・国衆 VS 細川晴元の配下
 将軍と細川晴元は脱出・・・逃亡した。
三好長慶は、主君にして父のかたき細川晴元を倒した。
一躍京のある近畿でも随一の実力者に。・・・
畿内・関西8カ国の支配・・・

ドラマ
1551年、三好長慶は幕府の要人から信頼・・・

ところが刺客が・・・将軍・足利義輝の配下
ところが、妻が殺害・・・将軍・足利義輝の配下

次なる敵は将軍・足利義輝?。
「この時長慶が選んだ選択肢は以外なことでした 。
ドラマ
松永久秀が将軍・足利義輝を京に迎えた。
足利将軍からは暗殺者を送られたけれど一旦は許しちゃったよ。
「なぜ?」
天野氏「戦乱を終わらせたいと考えた。長慶は応仁の乱以来の
 足利氏などの分裂を止めようとしていた。」
★「本当にそうなのか根拠は示されていない。 

1553年
「半年後、・・・義輝は京の霊山城に籠もった。」

でも足利将軍からの嫌がらせ・対戦姿勢が終わらないので
「戦争を終わらせる姿勢が見られないので・・・仕方なく京から
追い出すことにした」
長慶は霊山城を攻めた。
★この言葉は疑問?
「義輝は近江から逃げるしかなかった。」

古文書:言継卿記「義輝に従う者の領地は三好長慶が
 没収する。」
天野氏「別の将軍を立てて、・・・という形ではなかった。
 戦国時代、足利将軍を擁せずに京を統治したのは長慶が
 初めてでした。」

「前代未聞、将軍を追放し、「天下人」になることでした。
戦国時代、初めて天下を統べ、あらたな国づくりをこころざした
のは三好長慶だったのです。」

古文書:三好長慶水論裁決状 高槻の芥川の水ロ沿い
「長慶の統治は・・・双方の村の意見を聞き。。。
天野氏「公平で、水争いの裁判等を通じて民からも支持されて
 いました。新しい政権を・・・」

「以外の人物と・・・」
根拠:キリシタンの遺骨
1560年、・・・キリスト教の布教
 「医術の先進技術に興味・・・キリスト教の保護

「11カ国・・・」
当時は、「天下」という言葉は五畿内を指していたので、畿内の
支配者となった長慶のことを「最初の天下人」と評価できる
ということになる。
古文書:足利利世記「・・長慶、戦国の覇者の理念・・」

[

【3】第3章 エピソード3 先駆けの天下人 その栄光と挫折
現代では天皇の代替わりに実施される「改元」。
「改元・・・不幸を変える状況の時、・・・
 天皇と将軍で決める。・・・天皇が決める。」
戦国時代は天皇と足利将軍が連携し決めました。
しかし年号の弘治から永禄へ改元する際、時の正親町天皇が頼り
にしたのは長慶。
長慶の実力は正親町天皇からも認められ、永禄改元を足利将軍
の代わりに武家の代表として執り行ったり

・天皇から「桐紋」を拝受した。(銅像)
「元は阿波の守護代に過ぎない三好家がこんな待遇を得るのは
 異例のこと・・・。

「三好家に・・・不幸が・・・」
天下人として絶頂の長慶でしたが、息子を亡くしてからその
栄光はかげりはじめ、長慶の名も歴史に埋もれていくことに――。

弟と息子が急に亡くなってしまい、長慶はショックを受けた。
長慶は九条家の血を引く甥を養子にした・
長慶は一番下の飯盛山城に呼んで
求心力が分裂しないように生き残っていた弟を上意討ちにした。

長慶の死の影・・・ほどなく長慶も病死した
1574年 長慶の「死」・・・享年42。

一年後、三好家の分裂・・・・
結局三好家養子は織田信長に滅ぼされた。

高槻市の芥川山城・・・三好長慶の天下人の城

20181017miyousinagayosi018.JPG死後4年後。織田信長は足利義昭と上洛したとき、まっさきに
長慶がいた芥川山城10日程入った。
天野氏「三好の後継者アピールをした。」

祠・・・水争いを治めてことで、・・・

長慶ゆかりの高槻市は去年の台風被害からの復興に頑張っている。
★どこの地でも英雄視するんだな。



 



******************************

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント