城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方◆韓国歴史と2018韓国ドラマ「青い海」「トッケビ」「師任堂」等

<<   作成日時 : 2018/07/27 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私はニュースとNHK大河ドラマと韓国ドラマ、時々、歴史番組・
スポーツ番組位しか見ない。NHK受信料は月約2600円も払っ
てるけどね。韓国ドラマでは「六龍が飛ぶ」・「トンイ」などである。
韓国の歴史ドラマの方が面白いが、・・・でも、相変わらず、陰
険な部分も凄い。
過去・現在が往き来する韓国ドラマは「青い海」・「トッケ
ビ」・「師任堂」などである。
そして、必ず、外国の美しい場所が
出てくる。「青い海の伝説」では、スペインのジローナとラ・コルー
ニャ。カープアイランドリゾート。「トッケビ」では、カナダのケベ
ック、「師任堂」イタリアのボローニャ・トスカーナの城」など。
私はどこも近くまで行っているが、残念ながら見てはいない。
画像

 (歩き方を真似するウンタク)
 ★役者が上手、声の吹き替えが上



【1】高麗王朝⇒朝鮮王朝
※渤海(698年〜 926年)
889年 弓裔 挙兵
894年 新羅の賊、肥前・肥後を襲う
901年 開城に国号を高句麗と称し建国(後高句麗)
904年 弓裔 国号を摩震に改める
905年 弓裔、鉄円(江原道鉄原郡)に遷都して国号を泰封とする
916年 北方民族 契丹の遼 成立
918年 王建 弓裔を殺した。
918年 高麗が建国された。
    高麗建国・・・○初代太祖
926年 ▲北方民族:契丹の遼が 渤海を滅ぼした。
 ★韓国ドラマ『輝くか、狂うか』
 ※ドラマででは、渤海最後の王子でシニュルの異母兄:ワン・ギョ
   が赤子の妹を迎えに行くが、妹は川に落げこまれrた。
   家臣が助けたのであった。
   契丹皇帝:耶律阿保機は長子:耶律突欲を「東丹国」の王とした。
  ▲高麗は渤海遺民を受け入れた。
935年 新羅を征服。
936年 後百済を征服。
936年 朝鮮半島の後三国を統一し、李氏朝鮮が建てられた。
    首都は開京(ケギョン)

943年 ○2代:惠宗(太祖の長男)
938年頃 旧渤海(満洲)に烈万華が「定安国」を建国した。
 ★韓国ドラマ『輝くか、狂うか』
  「シン・ユルが青海商団副頭領になっていた。」
945年 ▲王規(王式廉)の乱
    ※ドラマの中心的部分である。
   ○3代:定宗(太祖の長男:ワン・ヨ王:皇帝)
949年 ●4代:光宗 (ワン・ソ殿下→ワン・ソ王:皇帝)
956年 ●奴婢按検法
960年 宋(建国)
963年 高麗、宋の正朔を奉じる
975年 5代:景宗

★韓国ドラマ『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』
  この時代当たりかなあ?

976年 田柴科制
979年頃  定安国第2代王、烏玄明(在位 979頃 -989頃)即位
981年 6代:成宗
983年 契丹、高麗を攻める。
    遼、統和と改元し、国号を大契丹とする。
985年 契丹、高麗を攻める。
989年頃  安定国第3代王
     旧渤海国の王族である大氏が即位「後渤海国」と改名

993年 契丹は急速に高麗との国境まで版図を広げ、高麗に大規模な
  侵入を行った。高麗は契丹屈し、契丹の属国となる事を誓った。
993年 遼が朝貢を求めて大規模な侵入。 高麗、契丹に使を遣わす。
994年  7代:成宗 契丹に朝貢,:遼の正朔を奉じる
      高麗は契丹に朝貢しなくてはならなかった。
     しかし、高麗は度々契丹に抵抗した。
韓国ドラマ『輝くか、狂うか』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲韓流プレミア『輝くか、狂うか』前編1話〜17話
&高麗の歴史
http://53922401.at.webry.info/201606/article_20.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201606/article_20.html

箕輪初心:生方▲韓流プレミア『輝くか、狂うか』後編20話〜24
回最終回
https://53922401.at.webry.info/201606/article_22.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
997年  高麗の賊が大挙して侵寇。多数の日本人を虐殺
    長徳三年 高麗と「南蛮」の賊が攻め寄せた。
    8代:穆宗

1170年 高麗王は李義方となった。
1174年 高麗王:李義方は鄭仲夫により殺害され、鄭仲夫が王になった。
1179年 鄭仲夫が慶大升により殺害され 、慶大升が王になった。
 ★韓国ドラマ『トッケビ』 では、金信(キム・シン)が王に殺された。
1183年 慶大升が病死した。
韓国ドラマ『トッケビ』 では、王「よ」が自殺した。
1022年以降、高麗は契丹の年号を用いて朝貢した。
  契丹が高麗の江東6州領有を許した。
  高麗は鴨緑江沿いの女真族の土地を占領した。
1115年 女真は「金」を建てた・
1125年 女真は高麗の宗主国である遼を滅ぼした。
    高麗は金へ服属し、朝貢した。
    金は宋への介入に集中したため、高麗は属国でありながらら
    政治介入を受けずに済んだ。国内はおおむね安定した。
13C末高麗は「元=モンゴル帝国(1271年〜1368年)が興るとま
 もなく侵入をうけた。高麗は国力を疲弊させていく。
 高麗は、モンゴル帝国に対して反抗したが、戦争に負けてから
 は服属し、「忠実な部下」として友好を保った。
1350年頃、倭寇(前期倭寇)に高麗は苦しむことになった。
  元=モンゴル帝国は帝位の相続争いが起こり、統治能力が低下
  した。
1351年〜 紅巾の乱が起こった。
     元=モンゴル帝国が衰え始め、征東行省による支配も
     形骸化した。
元=モンゴルが撤退したため、高麗の内部は動揺が走った。
1356年 恭愍王(1351年 〜1374年)は元と断交し、双城総管府
  など北辺を奪還して蒙古侵入以前の高麗の領域を回復した。
  鴨緑江西方へ遠征し、制圧した。
1356年〜 紅巾賊は都・開京(ケギョン)が陥落させた。
 崔瑩・鄭世雲・李芳實・李成桂らが率いる高麗軍は10万人にも及ぶ
 紅巾軍を撃退し開京の奪回に成功する。
1359年には、李承慶・李芳實が西京(平壌)で勝った。
1361年には、李成桂・鄭世雲が黄州で、紅巾軍に大勝した。
  ★韓国ドラマ『六龍が飛ぶ』では、この時代からはじまる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」前編:高麗の歴史とあらすじ
https://53922401.at.webry.info/201807/article_29.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1362年には、紅巾賊を開京(ケギョン)から追い出した。
      崔瑩・李成桂・羅世・鄭地・朴葳らの有力武将は、
      次第に倭寇に打撃を与えて行った。
1366年には、紅巾の乱が収束した。
(1368年には、紅巾軍の貧農出身の朱元璋(太祖・洪武帝)は南京を
  根拠に長江流域の統一に成功し、明を建国した。)
1376年には、崔瑩が鴻山で勝利
1380年には、李成桂が荒山で勝利、崔茂宣・羅世が鎮浦で勝利した。
1383年には、鄭地らが南海島観音浦で大勝利となった。
1389年には、朴葳が対馬攻撃を敢行。
1368年には、明が中国に興り、元を北に追いやる(北元)
1370年には、高麗は明へ朝貢して冊封を受けた。
      明が元の旧領返還を要求。
      国内では親明派と親元派の対立抗争。
1388年には、李成桂(女真族?)は親元派政権が明に対抗するため
       遼東半島に向けるはずであったが、遠征軍を引き返さ
      せてクーデター(威化島回軍)を起こして政権を掌握。
1389年には、恭譲王を擁立。親明派官僚の支持を受けて体制を固示。
※高麗時代末期には仏教と政治が癒着したことで、政治的混乱を招い
た。

李氏朝鮮***************************
1392年に恭譲王を廃して自ら国王に即位した。
  朝鮮王朝(李氏朝鮮)を興した。
  高麗は建国474年で滅びた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」後編のあらすじ
https://53922401.at.webry.info/201807/article_30.html
★韓国の歴史を知るために・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 李成桂はただちに王都の造成に着手し、朱子学を統治理念とした国づく
 りを始めた。
1394年には、四方を山に囲まれた漢陽(現在のソウル)に遷都して
  漢城(ハンソン)と改称した。
  風水地理説に基づき、東大門、南大門、西大門、そして北方の粛靖門
 の位置を決めて都城を築いた。
1395年には正宮である景福宮を完成させ、その東側に隣接して歴代王や
 王妃の霊廟:宗廟を建立した。

@朝鮮王朝第初代・太祖(李成桂)は易姓革命を成功させた愛妻家
李成桂は仏教信者であった。
  1392年、朝鮮半島では武将の李成桂(イ・ソンゲ)が朝鮮王朝を
 樹立した。儒教派である朱子学をその政治理念として建国した。
王朝前期は内政面でも、外政面でも安定期であり、当時の東アジ
 ア地域の中でも有数の高い文化を誇った。
  その後、侵略や内乱などで破壊された歴史的な建築物はその多く
 が再建された。昌徳宮や水原華城などである。

A朝鮮王朝第2代王・定宗(李芳果)は哀しき傀儡王
   イ・ソンゲ2男:
1398年 第一次王子の乱
韓国ドラマ『六龍だ飛ぶ』
1400年 第二次王子の乱
韓国ドラマ『六龍だ飛ぶ』
B朝鮮王朝第3代王・太宗(李芳遠)は王朝の基礎を築いた独裁者
 イ・ソンゲ5男:イ・バンウォン(1400〜18年)の時代まで
 には、王を頂点として両班(ヤンバン)が行政を担う中央集権的
 な政治体制を構築し、国家財政と国防を強化していった。
 両班は朱子学を学び、官吏登用試験である科挙に合格した官僚
 のことで、文官(文班)と武官(武班)の総称である。 
  昌徳宮を完成させた。
 ★韓国ドラマ『六龍だ飛ぶ』
C朝鮮王朝第4代王・世宗(李??)はハングル(1443年)の創製
  世宗は人民が文字を読み書きできるようにと
韓国ドラマ『六龍だ飛ぶ』
王朝前半期は内政、外政ともに安定し、農業や商業、手工業が発達した。

******************************
1398年 明は洪武帝が崩じて建文帝が即位した。
洪武帝の4男燕王は北京を中心に北方の防備を担っていた。
韓国ドラマ『六龍が飛ぶ』では、イ・バウォンが燕王と会った。

1402年、(靖難の変)燕王は遂に反乱を起こした。
 首都南京を占領して建文帝から帝位を簒奪し自ら皇帝に即位した
 燕王は永楽帝となった。 

1404年 室町幕府:足利義満と国交回復、日朝貿易が盛んとなった。
1418年 太宗が譲位して、世宗が即位(〜1450)。
1419年 倭寇征伐を理由として対馬に遠征する(応永の外寇)。
1420年 集賢殿設置。
1432年 四郡六鎮設置。
1443年 訓民正音の制定・ハングル文字(1446年公布)。
  ★韓国ドラマ『六龍が飛ぶ』では、プニが死ぬ。
1453年 癸酉靖難。首陽大君(第7代国王・世祖)が政権奪取。
1456年 丙子冤獄(死六臣が処刑)。
1466年 職田法の制定。
1467年 李施愛の乱
1468年 世祖が崩御。睿宗即位(1469年に崩御)。
    南怡の謀叛事件。
1474年 成宗『経国大典』頒布(1485年に施行)。
  ★韓国ドラマ『チャングムの誓い』成宗〜10代
   燕山君(ヨンサングン)

1498年 士林派に対する弾圧が始まる(戊午士禍)。
1504年 甲子士禍が起こる。
1506年 燕山君がクーデターにより失脚し、中宗が即位(中宗反正)。
1510年 三浦の乱 在朝日本人の貿易活動等を統制
    3港で日本人と援軍の宗軍による暴動が勃発。
1519年 己卯士禍が起こる(趙光祖の改革政治が挫折)。
 ★『師任堂』 申氏(しにんどう・しんし:サイムダン・シンシ) 
   1504年〜1551年
1545年 仁宗崩御(在位1544年-〜1545年)。明宗即位。乙巳士禍が起こる。
1555年 己卯倭変(全羅道)。謀備辺司設置。
1559年〜1562年 林巨正の乱。
韓国ドラマ『青い海の伝説』はこの辺りの時代なのだろうか?
1565年 文定王后死去。尹元衡、鄭蘭貞が自決。
1567年 宣祖即位。勲旧派の終焉。以後、士林派同士の対立が続く。
1575年 東人・西人の党争の始まり(乙亥党論)。陶山書院建立。
1589年 鄭汝立の乱。
1592年〜1598年 文禄・慶長の役。
  ★韓国ドラマ『火の神ジョンイ』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲「全46話火の女神ジョンイ」のあらすじ1〜15
&「ちょっと自分の陶芸作品」
http://53922401.at.webry.info/201608/article_36.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201608/article_36.html

箕輪初心:生方▲「火の女神ジョンイ全46話」3−Aあらすじ
16話〜32話
http://53922401.at.webry.info/201608/article_37.html

箕輪初心:生方▲「火の女神ジョンイ全46話」3−B30話〜46話
&「豊臣秀吉関連」
http://53922401.at.webry.info/201608/article_38.html

箕輪初心:生方▲真田丸104【第30回「黄昏」】秀吉のボ
&韓国D「火の女神ジョンイ」
http://53922401.at.webry.info/201608/article_5.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1593年〜 イエズス会宣教師来朝。
1607年 朝鮮より回答兼刷還使が来日(→朝鮮通信使)。
1608年 京畿道で大同法を実施。以後、約100年をかけて全国に拡大。
 『華政(ファジョン)』「1608年〜1623年?」

1609年 李氏朝鮮と対馬宗氏との間で己酉約条(慶長条約)で貿易再開。
1613年 七庶の獄。
1619年 サルフの戦い1623年 仁祖反正
1624年 李适の乱。
1627年 丁卯胡乱。オランダ水夫により紅夷砲製造伝来。
1636年 清のホンタイジが朝鮮に親征(丙子胡乱)。
    朝鮮国王仁祖、南漢山城に篭城。
1637年 仁祖降伏(三田渡の降伏)。
    明に替わり、清の皇帝を認める(大清皇帝功徳碑)。
1654年、1658年 羅禅征伐。
1660年 己亥礼訟。
1668年 ヘンドリック・ハメルの『朝鮮幽囚記』⇒西洋に朝鮮が紹介。
1674年 粛宗即位(在〜1720年)甲寅礼訟により、南人が政権を掌握。
韓国ドラマ『トンイ』
 朝鮮王朝第19代王粛宗は、1674年〜1720年まで在位。
 ・1661年8月15日 (旧暦)に生まれ、
  1667年に王世子に冊封、
 1674年8月に14歳で朝鮮国王に即位。
 
1680年 庚申換局。
1689年 己巳換局。
1694年 粛宗の治世に甲戌の獄起こる。
1701年 巫蠱の獄(張禧嬪が賜死)。
1712年 白頭山に定界碑を建立。
1716年 丙申処分。
1721年-1722年 景宗の治世に壬寅の獄勃発(辛壬士禍)。
1724年 英祖即位(在〜1776)。
1728年 李麟佐の乱。
1750年 均役法を実施。
  ★韓国ドラマ『イ・サン』(1752年〜1800年)あまり見なかった。
   正祖
1762年 英祖の治世に老論に対立していた荘献世子が餓死。
1776年 正祖即位(〜1800)。奎章閣設置。
1784年 李承薫が天主教の書籍を持ち込む。
1791年 辛亥邪獄。
1796年 正祖:水原華城(世界遺産)建設。朝鮮後半の全盛期。
1801年 辛酉邪獄(カトリック弾圧)。
1804年 純祖の治世、安東金氏による権勢政治( - 1863年)。士林派の終焉。
1811年 洪景来の乱(地方差別に反発した一揆)。
1816年 イギリス軍艦が立ち寄り、
1807年 乗務員のバジル・ホールらが朝鮮航海記を相次いで出版。
1862年 壬戌民乱
1863年 哲宗崩御。高宗即位。大院君政権の成立(-1873年)。
1866年 ロシア船現れ通商求める。
    フランス人司教などキリスト教徒大量虐殺(丙寅教獄)。
    アメリカとの間にジェネラル・シャーマン号事件。
    フランス軍により江華島の一部占拠(丙寅洋擾)。
1868年 オッペルト事件(ドイツ商人による大院君恐喝未遂事件)。
1871年 辛未洋擾。G.シャーマン号事件の賠償と門戸開放を求めて来朝した
    軍艦5隻のアメリカ大遠征軍と交戦し、江華島が占領される。
1872年 朝鮮大飢饉。
1873年 高宗が成人し親政を宣言、大院君を退ける。
1875年 江華島事件。日本の軍艦雲陽に向けて朝鮮が突然発砲して、
    応酬合戦となった。
1876年 明治新政府と日朝修好条規を結ぶ。
1882年 米朝修好通商条約。
    大院君扇動による壬午軍乱(壬午事変)が失敗し、清政府と
    中朝商民水陸貿易章程を締結。
1883年 米朝の友好関係構築のためアメリカへ初の朝鮮政府訪問団
    を送り、朝鮮には初のアメリカ公使が駐在した。
1884年 甲申政変(甲申事変)、開化派のクーデターは失敗に終わり、
    事大派の勝利となる。
1885年 巨文島事件。露朝密約事件(第一次)。
1886年 露朝密約事件(第二次)。
1888年 露朝陸路通商条約。
1894年 甲午農民戦争(東学党の乱)。
   大院君派と閔妃派の対立が深まる。
   日清戦争で陸上戦闘の主戦場となる。甲午改革(〜1896年)。
1895年 下関条約成立。朝鮮が独立国であることを確認。
   朝鮮国から清国に対する貢・献上・典礼等は永遠に廃止される。
   親露反日政策をとった閔妃(明成皇后)が暗殺される(乙未事変)。
1896年 露館播遷(〜1897年2月20日)。

 (★ウィキペディアや韓国の歴史・日本と朝鮮の外交史など)




◆2018年************************
【1】 「六龍が飛ぶ」
高麗から朝鮮王朝建国の歴史を「理想国家を目指す6人の英雄が
  立ち上がり、建国し、さらにその後の4代までを描いた。
  6人の英雄「六龍」として登場するのは、
  @朝鮮王朝の初代王イ・ソンゲ
   (役:チョン・ホジン「トンイ」)
  A建国功臣の儒者のチョン・ドジョン→共産主義を主張。
    (役:キム・ミョンミン「不滅の李舜臣」)
  B朝鮮第3代王となるイ・バンウォン
    (役:ユ・アイン「チャン・オクチョン」)
  Cチョン・ドジョンの護衛:タンセ→カカサギ毒蛇→イ・バンジ
   糞真面目なイ・バンジの設定も面白かった。
   アクションが格好良かった。
  Dイ・バンウォンの護衛:ムヒュル
    (役:ユン・ギュンサン)
  ★お馬鹿キャラで優しいのムヒュル(ユン・ギュンサン)、
  Eイ・バンジの兄でイ・バンウォンの恋人:プニ
   (シン・セギョン)

清純なプニ役(シン・セギョン)と 魅力的なセクシー:ヨニ役
 (チョン・ユミ)が可愛かった。実らぬ恋がおやげねえ。


  Fイ・バンジの恋人:ヨニ→殺し屋チャイルセク→ドジョンの策士)
    (役:チョン・ユミ「キム・サブの会長娘役」)

   
箕輪初心:生方▲韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」前編:高麗の歴史とあらすじ
https://53922401.at.webry.info/201807/article_29.html

箕輪初心:生方▲韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」後編のあらすじ
https://53922401.at.webry.info/201807/article_30.html
★韓国の歴史を知るために・・・・



【2】 「青い海の伝説」
画像

 絶滅寸前の人魚(チョン・ジヒョン)が天才詐欺師ホ・ジュンジェ
(イ・ミンホ)に出会い、陸上での生活に適応しながら繰り広げられる
 恋物語である。
 朝鮮時代の過去と現在を行き来しながら、切ない関係を続けていく。
 「青い海の伝説」緑色の翡翠の腕輪が結びつけるポイント…
 人魚は両班に翡翠の宝石をあげる。
  人魚は得意技:人の記憶を消せること。
  人魚は陸に上がると足が生える。
  人魚は泣くと、涙が真珠になる。

★ 「青い海の伝説」と「トッケビ」はよく似てる。******
 後の「トッケビ」では翡翠の指輪で結びつく。
 王様:王よ(現世は死に神)とトッケビの妹で王妃(現世はサニー)
トッケビは未来が読める。
 死に神は手を触ると、人の過去が見える。自分の過去は覚えがない。
花嫁は胸に刺さった剣がみえ、抜くとトッケビが死ねる。
 
 詐欺師の母との思い出はスペイン・・・
 
 そして時間が経つに連れてさらに深まる固くなる2人の絆。
 「それでも約束は守る。嵐が来ても、誰もいなくて寂しくても、行っ
  たことのない道で怖くても、全て乗り越えて、絶対にあなたに会い
 に行くから。…」
 果たして、二人の恋の行方は?
結果、詐欺師は弁護士になっていた。
  離れ離れになったジュンジェとシム・チョンは三年後再会した。
シム・チョン
 果たして二人はお互いを憶えているのか。
 二人の結末は・・・。実はジュンジェはわずかな日記の記憶から・・・
記憶を繋ぐ。
  3年ぶりにきたシム・チョン。
 ほかのみんなは記憶がない。
  ・・・次第に鮮明になる記憶。・・・
  やがて、結婚。・・・・

 人魚というモチーフも、韓国に古くから伝わる説話集
 「於于野譚(オウヤダム)」に登場する人魚物語からきているそうで
 ある。アンデルセンだけじゃなかった。


【3】 「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」
 
画像

韓国主要アワードで総計15冠を獲得し、韓国ドラマ史上、空前の
 大ブームを巻き起こした超話題作だそうである。
@高麗の将軍「キム・信」→938歳「トッケビ(コン・ユ)
 キム・シンは、高麗の将軍である。妹は王に嫁いでいた。
 しかし、
 信頼していた高麗の王に殺される。沢山の人を殺したことから、
 胸に刀を差したまま、悲しい過去を背負いながら938年を生き
 続けている。トッケビの花嫁:ウンタクとの出会いから運命の輪が
 大きく動く。トッケビの花嫁だけが刀を抜ける。抜くと無に帰る。
 初恋の相手がウンタクであった。生きるか死ぬかそれが問題だった。
 未来を見えるトッケビ。
  ムヒュル役(ソン・イルグク)声:諏訪部順一
Aトッケビの花嫁:ウンタク(キム・ゴウン)声:松本沙羅
  トッケビは助けた女性は子どもを産んだ。ウンタクであった。
   子どもの頃から、幽霊が見えていた。9歳で幽霊の母と別れ、
   死神に出会う。
   19歳の時、トッケビに出会う。
  テンションが高いのウンタクに押され気味のトッケビ・・・
   ★キム・ゴウンは最初はへったレ眉毛で可愛く思えなかったが、
   自然体な演技にだんだん可愛く思えてきた。

 B 高麗の王→死神(イ・ドンウク)声:濱野大輝。
   過去を忘れた死神。・・・最後の方で、自分悲しみ・正体を
   知る。
   死神は魅惑と自信に満ちたサニーのペースに振り回される。
   とっても不器用さで糞真面目さが面白い。
  
C高麗の王妃「金善」トッケビの妹(キム・ソヒョン)はイケメン
   好き。 嫁ぐ日に「不器量」と言われる。
   ★でも、とっても可愛い。
  キムシンをかばおうとして弓に刺され死んだ。
  →現在の生まれ変わりは「サニー」(ユ・インナ)と名乗っていて、
  同じく、イケメン好き。
   ★ユ・インナもへったレ眉毛で可愛く思えなかったが、
   クールで不愛想な性格の女性の演技にだんだん可愛く思えてきた。
   ボディはなかなかいい。

  はじめは、幽霊を信じていないが、死に神をすきになり、
  過去を知る。
 
 トッケビと花嫁のラブストーリー?と思って見始めた。
 高麗での妹が矢で射貫かれ、キム・シンが王に殺されるシーン
 が度々登場する。
 
1)ウンタク0歳 
  トッケビに母とお腹のウンタクはは助けられた。

2)ウンタク9歳
死に神で出会う。
   生き残れる。

 ウンタク19歳
  トッケビと死神が同居人になってしまう。
  神が乗り移ったドクファの斡旋があった。
  高校3年生の時、トッケビに出会う。
ウンタク19歳の誕生日
  ウンタクは火を消すと、トッケビを呼び出せることが分かる。

  ドワを開けると美しい映像「カナダのケベック」…紅葉の町並、
  ホテルが綺麗。・・・壮大なスケール
画像


 
挿入歌もなかなかいい。私の妹なんぞは、なんとなく、韓国語
 らしく歌っている。
  ウンタクの叔母はウンタクの母の残した金を当てにしている。
  叔母はウンタクに冷たく当たる。
  しかし、叔母は借金取りに追われる。
 
 トッケビと死神がロングコートを着て歩いてくる。
  格好のいい。・・・
  トッケビが車を縦に切るシーンはもっと格好いい。
 ★バックミュージックはバッハの【G線上のアリア】
  感動的である。


  恋愛の苦手な2人:トッケビ・死神は不器用な恋をしていく。
  ★笑いと悲しみの連続する。笑えて泣けるセリフ。
   これが人気の秘密か?

 
 ドクファの過去は忠義な子どもだった。舟の中で、主人のドクファ
 のために「私はこどもなので、お腹はすきません。」と言う。
 なんと立派な・・・海賊はその子を海に投げた。怒ったトッケビは
 舟を縦に真っ二つ・・・格好いい。
 しかし、現在のドクファは生意気で財閥御曹司で、金使いが荒い。
 祖父からカードを止められている。逆のキャラになっていた。
 トッケビ&死神&ドクファの掛け合いもドタバタ劇で面白い。
 二人がキッチンに立ったり、
トッケビはサニーがトッケビの妹の生まれ変わりであることを確認する。
トッケビ死神を伴ってサニーに会いにくる。
「ソン!」
いきなり抱きつく。トッケビに面食らうサニー。
「なぜ止めないの」サニーの声に、慌てて死神はトッケビは引き離す。
「まだ確定してないんだから、スキンシップは自重してくれ」
「ソン! 本当に善=ソンなのか!」
サニーは一体なんなんだとわけが分からない。
「私だ、私がお前の兄だ。会いたかった、ソン!」
「サニーだってば!」
死神は「サニーの前世の兄だった。」
サニーがその言葉を信じるはずがない。

「トッケビおじさんとうちの社長、どういう関係なんですか?」

サニーはウンタクを通じて、トッケビに会いに行く。
トッケビ・死神・ウンタクの家だった。
トッケビは王の書いた「妹の絵」を見せた。
サニーは胸が苦しくなり、兄と信じ始める。
 
 次第に遠い過去から敷き詰められた伏線を現在に引き込んでいく。
 そういう意味では、ちょっと、『青い海の伝説』に似ている。

 中盤以降は刀を抜くことの本当の意味を知る姿は結構泣ける。
 生々しくセクシーなキスシーンがあるが、いやらしさはない。

 4人の関係が明確になっていき、トッケビと死神に友情が芽生える
 ところが、19歳の時、刀を抜き、トッケビは雪だけの不毛の
 場所にいってしまう。

ウンタク29歳
 それから、10年が経った。
ラジオ局のディレクター:ウンタクの記憶がなくなっていた。
でも、偶然、火を消して、トッケビを呼び出した。

ウンタクは自分の過去を知ろうとケベックに出かける。
トッケビは追いかける。
トッケビとウンタクは4回目だが、まだ、記憶が戻らない。
パンフレットみていると、少しずつ記憶がよみがえる。

やがて2人は結婚する。
ところが、幼稚園のバスが大型トラックに突っ込みそうになっていた。
ウンタクは子どもを助けるため、自分の運転する車を犠牲にし、
死んだ。
・・・4回生まれ変わるうちの1回目の死だった。

数十年後、サニーは68歳で死んだ。

女優と刑事として再会したサニーと死神。

そして、数年後、高校生の修学旅行でウンタクはケベックに来た。
ウンタクはトッケビとの再会を果たす。
ファンタジー・ラブ・ロマンスの傑作だった。
最高の韓国ドラマであった。「青い海の伝説」に似ているけどね。
「どうやったらこんな物語になるの。」と思った。
 「生と死」を扱い、切なさ、悲しみ、恋や愛という感情を美しく
楽しく温かく描いている。




【4】 「トンイ」 
画像

17C後期〜18前期までの李氏朝鮮を舞台にした物語である。
BSで字幕スーパーなので、パソコンをいじっている私には
  結構、苦痛であった。
でも、トンイ(役:ハン・ヒョジュ)が美人だった。
「六龍だ飛ぶ」で朝鮮王朝の初代王イ・ソンゲ役:チョン・ホジンは
 「トンイのお父さん役であった。
トンイは、賎民の出身として貧しい幼少期を送った。トンイは胡弓
 の名人であった。
  掌楽院(音楽集団)の奴婢→父親:剣契の頭の死後、冤罪を晴らす
 ため宮廷入りし監察府女官となった。明るく正義感が強く、知性と行
 動力に溢れる女性として成長した。カンドン府の判官を名乗った:粛
 宗に見初められ、第3王妃となった。承恩尚宮(スンウンサングン)
 →淑媛(スグォン:従四品相当)→淑儀(スギ、従二品相当)→
 淑嬪(スクビン、正一品相当)→淑嬪崔氏(スクビンチェシ)となる。
一人目の息子・永寿(ヨンス)を授かるが、はしかでなくなった。
 再結成された剣契の存在に乗じた韓国一の悪女と言われる意地悪:
 禧嬪
らの策に嵌り、粛宗は側室の位と名のみを残してトンイを
 宮中から追放した。
 でも、有る意味、禧嬪から見れば、トンイも悪女には違いない。
 戦いはいつでも自分を正当化しているから、・・・


 二人目の息子・昑:クム、(のちの延礽君
 (ヨニングン)→英祖:在位期間最も長い。)を産み、育てながら
 守っていた。
  しかし、ある夜に禧嬪(オクチョン)の母・尹氏に家に
 放火された。粛宗がこっそり、カンチョン府の判官となのり、
 クムに1日、付き合う。王はクムに良いところを見せようと
 相撲取りと相撲をとり、勝つ。
 トンイは王がトンイ・クムを見守っていたことも知る。
 王はクムを守ると誓い、粛宗からの願いから、トンイは宮中に戻
 った。その後、チャン・ムヨルを始めとした敵対勢力を相手に
 熾烈な戦いをする。
  粛宗や仁元王妃の説得をも断り、「父と兄と同じく貧しい者の為
 に生き、生き様を延礽君に見せたい。」と宮殿を離れた。
 トンイは民のために尽力し、亡くなった。
 トンイの子どもの延礽君(ヨニングン)は英祖として在位期間は
 約52年間と最も長かった。
王妃
仁敬王后金氏 (1661年〜1680年) 謝氏南征記を書いた金萬重は叔父、
 仁顕王后復位運動に関わった金春澤は甥。
 宣祖時代の学者・金長生の4代孫の金万基の娘。
 1680年10月、天然痘を発症8日目に19歳で死去。
仁顕王后閔氏
仁元王后金氏 - 英祖の二番目の王妃・貞純王后金氏と親戚

後宮
 大嬪宮玉山府大嬪(仁同張氏)
毓祥宮和敬徽徳安純綏福淑嬪(海州崔氏)=トンイ
 䄙嬪 朴氏(?〜1703年、密陽朴氏)
 寧嬪 金氏(1669年〜1735年、新安東金氏)
 貴人 金氏(1690年〜1735年、慶州金氏)
 昭儀 劉氏(?〜1688年、江陵劉氏)

承恩尚宮
 尚宮 李氏
 尚宮 朴氏

王子
 長男:景宗(母は禧嬪張氏)
 次男:盛壽(1690年-1690年、母は禧嬪張氏)
三男:永壽(1693年-1693年、母は淑嬪崔氏)

四男:英祖(母は淑嬪崔氏)
●五男:名前不詳(1698年-1698年、母は淑嬪崔氏)
 六男:延齢君(母は䄙嬪朴氏)
王女
 長女:公主(1677年-1678年、母は仁敬王后)
 次女:公主(1679年、母は仁敬王后)



【5】 「師任堂、色の日記 」 7月20日から
イ・ヨンエが「宮廷女官チャングムの誓い」から13年ぶりにドラマ
復帰を果たした時代劇!だそうである。
朝鮮時代の天才画家:師任堂(サイムダン)の母として画家として人生を
新しい記述から再解釈し、画家の芸術魂と大切な人との不滅の愛を描い
た。そうである。
師任堂は江陵で育ち、19歳で徳水李氏元秀に嫁いだ。元秀の母(姑)
と元秀は、師任堂の孝心と才能を愛し、その才能を十分に発揮できる
ように支援したと言われる。このため師任堂は、朝鮮時代の女性とし
ては稀とも言える自由闊達な環境で才能を発揮した。元秀は、妻の描
いた絵を、友人に見せて自慢したと言う微笑ましい逸話も伝わってい
る。38歳の時に漢城(ソウル)に転居した。
師任堂は7人の子供を産んだが、子供の教育にも熱心であった。朝鮮
時代最高の儒学者として知られる李栗谷(李珥)は師任堂の3男であり、
師任堂は賢母良妻の鑑とされている。
 (★ウィキペディア)
第1話
 古美術の研究員ソ:ジユン(イ・ヨンエ)は担当教授ミン:ジョンハク
(チェ・ジョンファン)が見つけたアンギョン作『金剛山図』を資料作成
 のために鑑定する。しかし、どうも偽物じゃないかと思いながらも、
その道の権威、ミン。ジョンハクが言うのだからと、発表する。

しかし、ミン・ジョンハク教授に大学を追われ職をなくしたハン・サンヒ
ョン(ヤン・セジョン)は問題点を突きつける。
ソ:ジユンは意見を求められたが、自分も不審に思っていた為に即答でき
なかった。「分からない。」と答えてしまった。
ハン・サンヒョンはソ:ジユンの後輩であるがミン教授と対立して学校を
去った男であった。
 ★ドクターキム・サブのト・インボム(ヤン・セジョン)が
  役だった。

ボローニャに着いた。
化粧品がなかったり、用を言いつけられたり、・・・・

「帰れ。」と言われる。
ソ:ジユンはホテルに戻ると、荷物が廊下に出ていた。
TEL・・・ソ:ジユンは勝手に買い物をしたと通告されているのが
  分かった。


第2話
 ソ:ジユンはミン・ジョンハク教授とイタリアの学会に同行したも
のの、イタリアで見捨てられてしまう。
 ソ・ジユンはヤケになった。
 ソ・ジユンが自転車に突っ込まれそうになり転んだ。
街で古書を扱っている男から韓国語で書かれた本をプレゼントされた。

打ちひしがれるジヨンでしたが、先ほど露天商からもらった本を眺めて
いて 古本に『金剛山図』という文字を見つけた。

 裏表紙に押された蔵書印からトスカーナの田舎の城を訪ねていく。
 本に印されていた城=宮殿まで本屋に連れられて行く。
 鏡が割れ、一枚の絵が現れた。鏡の裏に隠されていた韓服を
 着た女性を描いたものだった。
 絵にはソ・ジユン自身そっくりな人が描かれていた。
 案内人は「その絵はソ・ジユンのものだ。」と言った。
 同時に見つかった植物の種が入った巾着袋と共に渡してくれた。

 現代では、ソ・ジユンが家をなくし、ジユンの夫は行方不明。
  ジユン達家族は家を追い出された。・・・教授ミン:ジョンハクの
  陰謀で、大学を辞めさせてしまう。謝るが、許して貰えない。
ミン教授がジヨンが仕事を放棄した、と嘘をついたからである。
  
 人気の韓国ドラマのパターンのようだ。
 外国の美しい場所がでてくる。

ハン・サンヒョンは ソ・ジユンの引っ越し先の近くに住んでいた。

500年前ではサイムダンが逆境に揉まれながら奔走していく。
って、感じかな?
過去では、ハン・サンヒョンは王様で絵を描いてばかり。
      ソ・ジユンの若い頃、王様の屋敷を覗く。

現代と500年前との物語が同時に進行していく。
 タイムスリップというよりは生まれかわり物かな?。
 「青い海の伝説」のパターンである。
生まれ変わりという点では、「トッケビ」である。


第3話
 ハン・サンヒョンは古文書が読める。


ときどき、会話は「トッケビ」に台詞が似ている。






★明日は未定

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方◆韓国歴史と2018韓国ドラマ「青い海」「トッケビ」「師任堂」等 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる