城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲草津100ー87『菊池寛S8』&国定忠次の『入り札』

<<   作成日時 : 2018/07/22 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

草津の湯畑の標柱には『菊池寛 昭和8年(1933) 来草』とあった。
菊池寛『入り札』は、岩鼻(高崎市)代官を斬り殺した国定忠治が
赤城山から榛名山を越え、草津から信州へ落ちて行く様子を描いて
いる。 菊池寛は「国定忠次は、草津→信州追分(現長野県北佐久
郡軽井沢町追分)の今井小藤太の家を目指していた。」とあるので
地理的なコースに設定ミスがあるが、菊池寛自体は榛名・大戸・草
津に来ていることを示唆している。しかし、菊池寛『入り札』では主
役は国定忠治ではないが、国定忠治(社長)のずるさ=自分が悪者な
らないように、部下に体裁良く決めさせる頭の良さ=ずるさ、それに
リストラに躍らされる部下(社員)が描かれいる。「九郎助」という
落ち目の兄貴分(最古参の重役)の悲哀(惨めさ、浅はかさなど)
を描いている。「赤城の山も今宵限り、可愛いてめえ達・・・と話し
た国定忠治」と「大戸関所で捕まった国定忠治」の史実と全く違う話
である。
画像




◆菊池寛『入り札』昭和63年(1988)3月25日

上州岩鼻の代官を斬り殺した国定忠次一家の者は、赤城山へ立て
籠もって、八州の捕方を避けていたが、其処も防ぎきれなくなると、
忠次を初はじめ、十四五人の乾児(こぶん)は、辛(よう)やく一
方の血路を、斫(き)り開いて、信州路へ落ちて行った。
夜中に利根川を渡った。渋川の橋は、捕方が固めていたので、一里
ばかり下流を渡った。水勢が烈しいため、両岸に綱を引いて渡ったが、
それでも乾児の一人は、つい手を離したため流されてしまった。
 渋川から、伊香保街道に添うて、道もない裏山を、榛名にかかっ
た。一日、一晩で、やっと榛名を越えた。が、榛名を越えてしまうと、
直ぐ其処に大戸の御番所があった。
 信州へ出るのには、この御番所が、第一の難関であった。この関所
をさえ越してしまえば、向うは信濃境ざかいまで、山又山が続いている
だけであった。
 忠次達が、関所へかかったのは、夜の引き明けだった。わずか、五
六人しか居ない役人達は、忠次達の勢いに怖れたものか、彼等の通行を
一言も咎めなかった。
 関所を過ぎると、さすがに皆は、ほっと安心した。本街道を避けて、
裏山へかかって来るに連れて、夜がしらじらと明けて来た。丁度上州一
円に、春蚕(はるご)が孵化ろうとする春の終の頃であった。山上から
見下すと、街道に添うた村々には、青い桑畑が、朝靄(もや)の裡に、
何処までも続いていた。
 関東縞の袷(あわせ)に、鮫鞘の長脇差を佩して、脚絆草鞋で、
厳重な足ごしらえをした忠次は、菅のふき下しの笠を冠って、先頭に
立って、威勢よく歩いていた。小鬢(こびん)の所に、傷痕のある浅黒
い顔が、一月に近い辛苦で、少し窶(やつれ)が見えたため、一層凄味
を見せていた。乾児も、大抵同じような風体をしていた。が、忠次の外
は、誰も菅笠を冠ってはいなかった。中には、片袖の半分断ちぎれかけ
ている者や、脚絆の一方ない者や、白っぽい縞の着物に、所々血を滲ま
せているものなども居た。
 街道を避けながら、しかも街道を見失わないように、彼等は山から山
へと辿った。大戸の関から、二里ばかりも来たと思う頃、雑木の茂っ
た小高い山の中腹に出ていた。ふと振り顧かえると、今まで見えなかっ
た赤城が、山と山の間に、ほのかに浮び出ていた。
「赤城山も見収めだな。おい、此処ここいらで一服しようか」
そう云いながら、忠次は足下に大きい切り株を見付けて、どっかりと、
腰を降した。彼の眼は、暫の間、四十年見なれた懐なつかしい山の姿に
囚われていた。赤城山が利根川の谿谷(けいこく)へと、緩ゆるい勾配
を作っている一帯の高原には、彼の故郷の国定村も、彼が売出しの当時、
島村伊三郎を斬った境の町も、彼が一月前に代官を斬った岩鼻の町もあ
った。
 国越をしようとする忠次の心には、さすがに淡い哀愁が、感ぜられ
ていた。が、それよりも、現在一番彼の心を苦しめていることは、乾児
の始末だった。赤城へ籠った当座は、五十人に近かった乾児が、日数が経
つに連れ、二人三人潜ひそかに、山を降くだって逃げた。捕方の総攻めを
喰ったときは、二十七人しか残っていなかった。それが、五六人は召捕
られ、七八人は何処ともなく落ち延びて、今残っている十一人は、忠次
のためには、水火をも辞さない金鉄の人々だった。国を売って、知らぬ
他国へ走る以上、この先、あまりいい芽も出そうでない忠次のために、
一緒に関所を破って、命を投げ出してくれた人々だった。が、代官を斬
った上に、関所を破った忠次として、十人余の乾児を連れて、他国を横
行することは出来なかった。人目に触れない裡に、乾児の始末を付けて
しまいたかった。が、みんなと別れて、一人ぎりになってしまうことも、
いろいろな点で不便だった。自分の目算通どおりに、信州追分の今井小
藤太の家に、ころがり込むにしたところが、国定村の忠次とも云われた
貸元が、乾児の一人も連れずに、顔を出すことは、沽券にかかわること
だった。手頃の乾児を二三人連れて行くとしたら、一体誰を連れて行こ
う。そう思うと、彼の心の裡では、直ぐその顔触かおぶれが定きまった。
平生の忠次だったら、
「おい! 浅に、喜蔵に、嘉助かすけとが、俺と一緒に来るんだ! 
外の野郎達は、銘々思い通りに落ちてくれ! 路用ろようの金は、分け
てやるからな!」
と、何の拘泥(こだわり)もなく云える筈だった。が、忠次は赤城に籠
って以来、自分に対する乾児達の忠誠をしみじみ感じていた。鰹節や生
米を噛かじって露命を繋ぎ、岩窟や樹の下で、雨露を凌いでいた幾日と
云う長い間、彼等は一言も不平を滾(こぼ)さなかった。忠次の身体が、
赤城山中の地蔵山で、危険に瀕したとき、みんなは命を捨てて働いてく
れた。平生は老ぼれて、物の役には立つまいと思われていた闇雲の忍松
までが、見事な働きをした。
そうした乾児達の健気な働きと、自分に対する心持とを見た忠次は、
その中の二三人を引き止めて他の多くに暇をやることが、どうしても気が
すすまなかった。皆一様に、自分のために、一命を捨ててかかっている
人々の間に、自分が甲乙を付けることは、どうしても出来なかった。剛愎
な忠次も、打ち続く艱難(かんなん)で、少しは気が弱くなっている故も
あったのだろう。別れるのなら、いっそ皆と同じように、別れようと思っ
た。
 彼は、そう決心すると、
「おい! みんな!」と、周囲に散らかっている乾児達を呼んだ。烈し
い叱り付けるような声だった。喧嘩の時などにも、叱たする忠次の声だ
けは、狂奔している乾児達の耳にもよく徹した。
 草の上に、蹲くまったり、寝ころんだり、銘々思い思いの休息を取っ
ていた乾児達は、忠次の一喝かつでみんな起き直った。数日来の烈しい
疲労で、とろとろ眠りかけているものさえあった。
「おい! みんな」
 忠次は、改めて呼び直した。『壺皿見透つぼざらみとおし』と、若い時
綽名を付けられていた、忠次の大きい眼がギロリと動いた。
「みんな! 一寸ちょっと耳を貸して貰もらいてえのだが、俺あこれか
ら、信州へ一人で、落ちて行こうと思うのだ。お前達たちを、連れて行き
てえのは山々だが、お役人をたたっ斬って、天下のお関所を破った俺達が、
お天道様ての下を、十人二十人つながって歩くことは、許されねえ。もっ
とも、二三人は、一緒に行って貰いてえとも思うのだが、今日が日まで、
同じ辛苦をしたお前達の中から、汝は行け汝は来るなと云う区別は付けた
くねえのだ。連れて行くからなら、一人残らず、みんな一緒に連れて行き
てえのだ。別れるからなら、恨みっこのねえように、みんな一様に別れて
しまいてえのだ。さあ、ここに使い残りの金が、百五十両ばかりあらあ。
みんなに、十二両ずつ、くれてやって、残ったのは俺が貰って行くんだ。
銘々に、志を立てて落ちてくれ! 随分、身体からだに気を付けろ! 
忠次が、何処かで捕まって、江戸送りにでもなったと聞いたら、線香の一
本でも上げてくれ!」
忠次は、元気にそう云うと、胴巻の中から、五十両包みを、三つ取り
出して、熊笹の上に、ずしりと投げ出した。
 が、誰もその五十両包みに、手を出すものはなかった。みんなは、
忠次の突然な申出に、どう答えていいか迷っているらしかった。一番に、
乾児達の沈黙を破ったのは、大間々の浅太郎だった。
「そりゃ、親方悪い了簡だろうぜ。一体俺達が、妻子眷族(けんぞく)
を見捨てて、此処ここまでお前さんに、従ついて来たのは、何の為だと思
うのだ。みんな、お前さんの身の上を気遣きづかって、お前さんの落着
くところを、見届けたいと思う一心からじゃないか。いくら、大戸の御
番所を越して、もうこれから信州までは大丈夫だと云ったところで、お
前さんばかりを、一人で手放すことは、出来るものじゃねえ。尤も、こ
う物騒な野郎ばかりが、つながって歩けねえのは、道理なのだから、お
前さんが、此奴だと思う野郎を、名指しておくんなせえ。何も親分乾児
の間で、遠慮することなんかありゃしねえ。お前さんの大事な場合だ! 
恨みつらみを云うような、ケチな野郎は一人だってありゃしねえ。なあ
兄弟!」
 みんなは、異口同音に、浅太郎の云い分に賛意を表した。が、そう
云われてみると、忠次は尚更選みかねた。自分の大事な場所であるだけ
に、彼等の名前を指すことは、彼等に対する信頼の差別を、露骨に表わす
事になって来る。それで、選に洩もれた連中と――内心、忠次を怨うら
むかも知れない連中と――そのまま、再会の機おりも期し難く、別れて
しまわねばならぬ事を考えると、忠次はどうしても、気が進まなかった。
 忠次は口を噤つぐんだまま、何とも答えなかった。親分と乾児との
間に、不安な沈黙が暫らく続いた。
「ああ、いい事があらあ」釈迦の十蔵と云う未だ二十二三の男が叫んだ。
彼は忠次の盃を貰ってから未だ二年にもなっていなかった。
「籤引くじびきがいいや、みんなで籤を引いて、当った者が親分のお
供をするのがいいや」
 当座の妙案なので、忠次も乾児達も、十蔵の方を一寸見た。が、嘉助
という男が直ぐ反対した。
「何を云ってやがるんだい! 籤引だって! 手前の様な青二才に籤
が当ってみろ、反って、親分の足手纒じゃねえか。籤引なんか、俺あ
真っ平だ。こんな時に一番物を云うのは、腕っ節だ。おい親分! くだ
らねえ遠慮なんかしねえで、一言、嘉助ついて来いと、云っておくんな
せい」
 四斗樽を両手に提げながら、足駄を穿いて歩くと云う嘉助は一行中
で第一の大力だった。忠次が心の裡で選んでいる三人の中の一人だった。
「嘉助の野郎、何を大きな事を云ってやがるんだい。腕っ節ばかりで、
世間は渡られねえぞ。ましてこれから、知らねえ土地を遍歴へめぐって、
上州の国定忠次で御座いと云って歩くには、駈引万端の軍師がついてい
ねえ事には、どうにもならねえのだ。幾ら手前が、大力だからと云って、
ドジ許ばかり踏んでいちゃ、旅先で、飯にはならねえぞ」
そう云ったのは、松井田の喜蔵と云う、分別盛りの四十男だった。忠次
も喜蔵の才覚と、分別とは認めていた。彼は、心の裡で喜蔵も三人の中に
加えていた。
「親分、俺あお供は出来ねえかねえ。俺あ腕節は強くはねえ。又、喜
蔵の様に軍師じゃねえ。が、お前さんの為には、一命を捨ててもいいと、
心の内で、とっくに覚悟を極きめているんだ」
 闇雲の忍松が、其処まで云いかけると、乾児達は、周囲から口々に罵
しった。
「何を云ってやがるんだい、親分の為に命を投げ出している者は、手前
一人じゃねえぞ、巫山戯けた事をぬかすねえ」
 そう云われると、忍松は一言もなかった。半白の頭を、テレ隠しに掻
いていた。
 そうしているうちに、半時ばかり経った。日光山らしい方角に出た
朝日が、もう余程さし登っていた。忠次は、黙々として、みんなの云う事
を聴いていた。二三人連れて行くとしたら、彼は籤引では連れて行きた
なかった。やっぱり、信頼の出来る乾児を自ら選びたかった。彼は不図
一策を思い付いた。それは、彼が自ら選ぶ事なくして、最も優秀な乾児を
選み得る方法だった。
「お前達の様に、そうザワザワ騒いでいちゃ、何時いつが来たって、
果てしがありゃしねえ。俺一人を手離すのが不安心だと云うのなら、お
前達の間で入れ札をしてみちゃ、どうだい。札数の多い者から、三人だ
け連れて行こうじゃねえか。こりゃ一番、怨みっこがなくって、いいだ
ろうぜ」
 忠次の言葉が終るか終らないかに、
「そいつぁ思い付きだ」乾児のうちで一番人望のある喜蔵が賛成した。
「そいつぁ趣向だ」大間々の浅太郎も直ぐ賛成した。
 心の裡で、籤引を望んでいる者も数人あった。が、忠次の、怨みっ
この無いように、しかも役に立つ乾児を、選ぼうと云う肚はらが解ると、
みんなは異議なく入れ札に賛成した。
 喜蔵が矢立を持っていた。忠次が懐から、鼻紙の半紙を取り出した。
それを喜蔵が受取ると、長脇差を抜いて、手際てぎわよくそれを小さく
切り分けた。そうして、一片ずつみんなに配った。
 先刻からの経路を、一番厭な心で見ていたのは稲荷の九郎助(くろす
け)だった。彼は年輩から云っても、忠次の身内では、第一の兄分でな
ければならなかった。が、忠次からも、乾児からも、そのようには扱わ
れていなかった。去年、大前田の一家と一寸した出入でいりのあった時、
彼は喧嘩場から、不覚にも大前田の身内の者に、引っ担がれた。それ以
来、彼は多年培っていた自分の声望がめっきり落ちたのを知った。自分
から云えば、遙かに後輩の浅太郎や喜蔵に段々凌がれて来た事を、感じ
ていた。そればかりでなく、十年前までは、兄弟同様に賭場とばから賭
場を、一緒に漂浪して歩いた忠次までが、何時となく、自分を軽んじて
いる事を知った。皆は表面こそ『阿兄あにい! 阿兄!』と立てている
ものの、心の裡では、自分を重んじていないことが、ありありと感ぜら
れた。
 入れ札と云う声を聴いたとき、九郎助は悪いことになったなあと思っ
た。今まで、表面だけはともかくも保って来た自分の位置が、露骨に崩
されるのだと思うと、彼は厭な気がした。十一人居る乾児の中で自分に
入れてくれそうな人間を考えてみた。が、それは弥助の他ほかには思い
当らなかった。弥助も九郎助と同様に、古い顔であって、後輩の浅太郎
や、喜蔵などが、グングン頭を擡げて来るのを、常から快からず思って
いるから、こうした場合には、きっと自分に入れてくれるだろうと思っ
た。が、弥助だけは自分に入れてくれるとしても、弥助の一枚だけで、
三人の中に這入ることは考えられなかった。浅太郎には四枚入るだろう
と思った。喜蔵に三枚入るとして、十一枚の中、後へ四枚残る。その中、
自分の一枚をのけると三枚残る。もし、その中、二枚が、自分に入れら
れていれば、三人の中に加わることは出来るかも知れないと思った。が、
弥助の他に、自分に入れてくれそうな人は、どう考えても当がなかった。
ひょっとしたら、並川の才助がとも思った。あの男の若い時には、可成
り世話を焼いてやった覚えがある。が、それは六七年も前のことで、今
では『浅阿兄、浅阿兄』と、浅にばかりくっ付いている。そう思うと、
弥助の入れてくれる一枚の他には、今一枚を得る当あては、どうにもつ
かなかった。乾児の中で年頭としがしらでもあり、一番兄分でもある自
分が、入れ札に落ちることは――自分の信望が少しも無いことがまざま
ざと表われることは、もう既定の事実のように、九郎助には思われた。
不愉快な寂しい感じに堪たえられなくなって来た。
 一本しか無い矢立の筆は、次から次へと廻って来た。
「おい! 阿兄! 筆をやらあ」
 ぼんやり考えていた九郎助の肩を、つつきながら横に居た弥助が、筆
を渡してくれた。弥助は筆を渡すときに、九郎助の顔を見ながら、意味
ありげに、ニヤリと笑った。それは、たしかに好意のある微笑だった。
『お前を入れたぜ』と云うような、意味を持った微笑であるように九郎
助は思った。そう思うと、九郎助は後のもう一枚が、どうしても欲しく
なった。後の一枚が、自分の生死の境、栄辱の境であるように思われた。
忠次に着いて行ったところで、自分の身に、いい芽が出ようとは思われ
なかったが、入れ札に洩れて、年甲斐もなく置き捨てにされることがど
うしても堪らなかった。浅太郎や喜蔵の人望が、自分の上にあることが、
マザマザと分ることが、どうしても堪らなかった。
 かれは、筆を持ってぼんやり考えた。
「おい! 阿兄! 早く廻してくんな!」
 横に坐っている浅太郎が、彼に云った。阿兄! と云いながらも、語
調だけは、目下を叱しっしているような口調だった。九郎助は、毎度の
ことながらむっとした。途端に、相手に対する烈しい競争心が――嫉
妬がムラムラと彼の心に渦巻いた。
 筆を持っている手が、少しブルブル顫ふるえた。彼は、紙を身体で掩
(おおい)かくすようにしながら、仮名で『くろすけ』と書いた。
 書いてしまうと、彼はその小さい紙片をくるくると丸めて、真中に
置いてある空になった割籠(わりご)の蓋の中に入れた。が、入れた瞬間
に、苦い悔悟が胸の中に直ぐ起った。
「賭博は打っても、卑怯なことはするな。男らしくねえことはするな」
 口癖のように、怒鳴る忠次の声が、耳のそばで、ガンガン鳴りひびく
ような気がした。彼は皆が自分の顔を、ジロジロ見ているような気がし
て、どうしても顔を上げることが出来なかった。
 吉井の伝助は、無筆だったので、彼は仲よしの才助に、小声で耳打
ちしながら、代筆を頼んだ。
 皆が、札を入れてしまうと、忠次が、
「喜蔵! お前読み上げてみねえ!」と言った。
 皆は、緊張のために、眼を輝かした。過半数のものは諦あきらめて
いたが、それでも銘々、うぬぼれは持っていた。壺皿を見詰めるような
目付で、喜蔵の手許てもとを睨にらんでいた。
「あさ、ああ浅太郎の事だな、浅太郎一枚!」
 そう叫んで喜蔵は、一枚、札を別に置いた。
「浅太郎二枚!」彼は続いてそう叫んだ。
 又、浅太郎が出たのである。浅太郎が、この二三年忠次の信任を得て、
影の形に付き従うように、忠次が彼を身辺から放さなかったことは、乾児
の者が皆よく知っていた。浅太郎の声がつづくと、忠次の浅黒い顔に、
ニッと微笑が浮んだ。
「喜蔵が一枚!」
 喜蔵は、自分の名が出たのを、嬉うれしそうに、ニコリと笑いながら
叫んで、
「嘘じゃねえぞ!」と、付け足しながら、その紙を右の手で高く上げて
差し示した。
「その次ぎが又、喜蔵だ!」
 喜蔵は得意げに、又紙札を高く差上げた。
「嘉助が一枚!」
 第三の名前が出た。忠次は、心の中で、私ひそかに選んでいる三人が、
入り札の表に現われて来るのが、嬉しかった。乾児達が自分の心持を、
察していてくれるのが嬉しかった。
「何だ! くろすけ。九郎助だな。九郎助が一枚!」
 喜蔵は、声高く叫んだ。九郎助は、顔から火が出るように思った。
生れて初めて感ずるような羞恥と、不安と、悔恨とで、胸の裡が掻きむ
しられるようだ。自分の手蹟(しゅせき)を、喜蔵が見覚えては、いはし
ないかと思うと、九郎助は立っても坐っても居られないような気持だった。
が、喜蔵は九郎助の札には、こだわっていなかった。
「浅が三枚だ! その次は、喜蔵が三枚だ!」
 喜蔵は大声に叫びつづけた。札が次ぎ次ぎに読み上げられて、喜蔵の
手にたった一枚残ったとき、浅が四枚で、喜蔵が四枚だった。嘉助と九郎
助とが、各自一枚ずつだった。
 九郎助は、心の裡で懸命に弥助の札が出るのを待っていた。弥助の札
が出ないことはないと思っていた。もう一枚さえ出れば、自分が、三人の
中に入るのだと思っていた。
が、最後の札は、彼の切せつない期待を裏切って、嘉助に投ぜられた札
だった。
「さあ! みんな聞いてくれ! 浅と喜蔵とが四枚だ。嘉助が二枚だ。
九郎助が一枚だ。疑わしいと思う奴は、自分で調べて見るといいや」
喜蔵は最後の決定を伝えながら、一座を見廻した。
 誰も調べて見ようとはしなかった。誰よりも先に、九郎助はホッと安心
した。
 忠次は自分の思い通りの人間に、札が落ちたのを見ると満足して、切り
株から、立ち上った。
「じゃ、みんな腑に落ちたんだな。それじゃ、浅と喜蔵と嘉助とを連れ
て行こう。九郎助は、一枚入っているから連れて行きたいが、最初はな
云った言葉を変改することは出来ねえから、勘弁しな。さあ、先刻から
えろう手間を取った。じゃ、みんな金を分けて銘々に志すところへ行っ
てくれ」
 乾児の者は、忠次が出してあった裡から、銘々に十二両ずつを分けて
取った。
「じゃ、俺達は一足先に行くぜ」忠次は選まれた三人を、麾(さ)しま
ねくと、みんなに最後の会釈をしながら、頂上の方へぐんぐんと上り
かけた。
「親分、御機嫌ごきげんよう。御機嫌よう」
 去って行く忠次の後から、乾児達は口々に呼びかけた。
 忠次は、振り向きながら、時々、被っている菅笠を取って振った。
その長身の身体は、山の中腹を掩うている小松林の中に、暫の間は見え
隠れしていた。
 取り残された乾児達の顔には、それぞれ失望の影があった。
「浅達が付いていりゃ、大した間違はありゃしねい!」
 口々に同じようなことを云った。が、やっぱり、銘々自分が入れ札に
洩もれた淋しさを持っていた。
が、忠次達の姿が見えなくなると、四五人は諦あきらめたように、草
津の方へ落ちて行った。
 九郎助は、忠次と別れるとき、目礼したままじっと考えていた。落選
した失望よりも、自分の浅ましさが、ヒシヒシ骨身に徹こたえた。札が、
二三人に蒐(あつ)まっているところを見ると、みんな親分の為を計って、
浅や喜蔵に入れたのだ。親分の心を汲くんで、浅や喜蔵を選んだのだ。
そう思うと、自分の名をかいた卑しさが、愈々(いよいよ)堪られなかっ
た。
 朝の微風が吹いて来て、入れ札の紙が、熊笹を離れて、ひらひらと飛
びそうになった。
「ああ、こんなものが残っていると、とんだ手がかりにならねえとも限
らねえ」
そう云いながら、九郎助は立ち上って散らばっている紙片を取り蒐める
と、めちゃめちゃに引き断って投げ捨てた。九郎助の顔は、凄いほどに
蒼かった。
「俺おらあ、秩父ちちぶの方へ落ちようかな」
 九郎助は独言のように云った。彼は仲間の誰とも顔を合しているのが
厭だった。秩父に遠縁の者が居るのを幸に、其処で百姓にでもなってし
まいたかった。
 彼は、草津へ行った連中とは、反対に榛名の西南の麓を目ざして、
ぐんぐん山を降りかけた。
 彼が、二三町も来たときだった。後から声をかけるものがあった。
「おい阿兄あにい! 稲荷いなりの阿兄!」
 彼は、立ち止って振り顧かえった。見ると、弥助が、息を切らしな
がら、追いかけて来たのであった。彼は弥助の顔を見たときに、烈しい
憎悪が、胸の裡に湧いた。大切な場合に自分を裏切っていながらまだ身
の振方をでも相談しようとするらしい相手の、図々しい態度を見ると、
彼はその得手勝手が、叩き切ってやりたいほど、癪に障わった。
「俺、よっぽど草津から越後へ出ようと思ったが、よく考えてみると、
熊谷在に伯父が居るのだ、少しは、熊谷は危険かも知れねえが、故郷へ
かえる足溜まりには持って来いだ。それで俺も武州の方へ出るから、途
中まで付き合ってくれねえか」
九郎助は、返事をする事さえ厭だった。黙ってすたこら歩いていた。
 弥助は、九郎助が機嫌が悪いのを知ると、傍へ寄った。
「俺あ、今日の入れ札には、最初から厭だった。親分も親分だ! 餓
鬼の時から一緒に育ったお前を連れて行くと云わねえ法はねえ。浅や喜
蔵は、いくら腕節や、才覚があっても、云わば、お前に比べればホンの
小僧っ子だ。たとい、入れ札にするにしたところが、野郎達が、お前を
入れねえと云うことはありゃしねえ。十一人の中でお前の名をかいたの
は、この弥助一人だと思うと、俺あ彼奴等の心根が、全くわからねえや」
 黙って聞いた九郎助は、火のようなものが、身体からだの周囲に、閃
いたような気がした。
「この野郎!」そう思いながら、脇差の柄を、左の手で、グッと握り
しめた。もう、一言云って見ろ、抜打ちに斬きってやろうと思った。
 が、九郎助が火のように、怒っていようとは夢にも知らない弥助は、
平気な顔をして寄り添って歩いていた。
 柄を握りしめている九郎助の手が、段々緩ゆるんで来た。考えてみ
ると、弥助の嘘を咎めるのには、自分の恥しさを打ち開けねばならない。
 その上、自分に大嘘を吐ついている弥助でさえ、自分があんな卑しい
事をしたのだとは、夢にも思っていなければこそ、こんな白々しい嘘を吐
くのだと思うと、九郎助は自分で自分が情けなくなって来た。口先だけの
嘘を平気で云う弥助でさえが考え付かないほど、自分は卑しいのだと思う
と、頭の上に輝いている晩春のお天道様が、一時に暗くなるような味気
なさを味わった。
 山の多い上州の空は、一杯に晴れていた。峰から峰へ渡る幾百羽と云
う小鳥の群が、黄いろい翼をひらめかしながら、九郎助の頭の上を、ほが
らかに鳴きながら通っている。行手には榛名が、空を劃くぎって蒼々と聳
えていた。

*********************************

 菊池寛『入れ札』は「岩鼻代官を殺して、おたづね者になった国定忠治
一家。国定忠治は11人全員を連れて行っては目立ち過ぎ、捕らえられる
可能性が高くなる。3人の子分を残し、残り何人かの子分を切り離す必要
があった。国定忠治は11人の子分から意中の3人を自分で決めると他の
子分から不満が出ることを懸念して自分から言い出すことができないでいる。
 
★国定忠治(社長)は会社経営の行き詰まりかた子分たち(社員)のリス
トラしなければならない状況になった。

国定忠治は言い分を聞く。
それにリストラに躍らされる部下(社員)が描かれいる。
忠治は「入れ札」を思いつく。連れて行くのにふさわしい子分の名を子分たち
に書かせ、札数の多い者から3人を連れて行くことにしたのだ。忠治は自分
では選ばずに優秀な子分を選ぶことができるのである。
国定忠治(現代の社長)のずるさ=自分が悪者ならないように、部下に
体裁良く決めさせる頭の良さ=ずるさが描かれている。


 子分達に異存はないが、最古参の子分『稲荷の九郎助』は複雑だった。
表向きは「兄い」と立てられているものの他の子分たちから軽んじられて
いるのは自分が一番知っていた。自分に一票入れてくれるのは古顔の弥助
くらいだろうと思っていると、弥助は好意的な微笑を自分に送ってきて
「九郎助」の名前を書くという意思を見せた。九郎助が誰の名を書くかぼ
んやり考えていると、自分の後輩でありながら、忠治から信任され人望も
ある浅太郎に「早く廻してくんな!」と叱責され、その場で九郎助は、掟を
破って『くろすけ』と自分の名を書いてしまった。
 入れ札の結果は、
@信頼のある浅太郎に4票
A知恵者で軍師の役割を担う喜蔵に4票
B大力の嘉助に2票
C九郎助に1票(九郎助が自分で入れた1枚)
であった。
結果、国定忠治に付いて行く3人は忠治の期待通りの3人であった
 弥助は九郎助を裏切ったのである

九郎助は弥助の裏切りと自分の名を書いた浅ましさ、卑しさがひしひし
と身に沁みる。

国定忠治の子分達が忠治と3人の分かれた。
子分達は忠次に可愛がられていると思っているが国定忠治にとって、
自分の保身の為の行為であり、思い通りになった。
裏返すと、自分を守る3人が必要で、残りの8人は足手まといで、
可愛くなかった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
忠治「赤城の山も今夜限り、生まれ故郷の国定の村や、縄張りを捨て、
   国(故郷)を捨て、可愛い子分のてめえ達とも 別れ別れになる
   かどで(首途)だ。
貞八「そういやあ 何だか 嫌に寂しい気がしやすぜ。」
巌鉄「ああ、雁が鳴いて 南の空へ飛んで往かあ!」
忠治「月も西山に傾くようだあ。 」
貞八「おらあ 明日からどっちへ行こう?」
忠治「心の向くまま 足の向くまま、あても果てしもねえ旅に立つのだ。」
巌鉄・貞八「親分!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★つまり、これは嘘だったと菊池寛は捉えていることになる。

それぞれに落ちていく。

だが、弥助は九郎助を追ってきた。弥助は
『親分があいつらを連れて行くのは納得できねえ11人のうちでお前の
名前を書いたのはこの弥助1人だと思うと奴等の心根がわからねえ』
とを言う。
弥助(社員)は自分の白々しい裏切りに気が引けて、さらに人間の
しらじらしさ、ずるさ、図々しさを演じなければならなくなる。
弥助(社員)は嘘の上塗りをしなくてはならなくなった。
弥助は九郎助にとって味方と思っている信頼している部下なのに
ふと裏切ることになったよる後ろめたさによる嘘=取り繕いである。
思わず、失った信頼を回復しようとする行動は現代でも同じである。


(★リストラされない自分に1票を入れた)九郎助は脇差を掴んだが、
弥助の大嘘を咎めるには自分の恥を打ち明けなければならないことに
気付いた。
 嘘を付いている弥助は、九郎助の犯した掟破りに弥助が気付いてい
ないと思った。

★九郎助は己の卑しさが情けなくなる。

落ち目の兄貴分(最古参の重役)である九郎助が誰も自分の価値を認め
てくれない淋しさ、悔しさ、己の浅はかさに苦しむ。
また、客観的に見れば、九郎助は自分の地位・プライドを守ろうして、
自尊心を傷つけてどつぼにはまってしまった馬鹿さ加減が描かれている
とも言える。
★古参の方なた誰でも経験していることかもしれない。
さらに人間のしらじらしさ、ずるさ、図々しさは九郎助は自分で蒔いた種
で自尊心が傷つけられ、落ち込みから、己の愚かさを認識させるきっかけ
になっている。現代でも、大同小異である。
 
 

菊池寛が
@国定忠治の嘘=自分は子分思いの嘘をみやびられないように、また、
 自分を悪者にならないために責任逃れ人物像
A弥助の嘘=信頼を再び取り戻すための取り繕いで自分をうらぎらなく
  なってしった人物像
  見方によれば、図々しさかもしれないは。
B2つの嘘により、九郎助の自戒、
 表面的には「プライドずたずた」
 裏には「人から信頼されていないことへの怒り→悔しさ→辛さ→次第
 に寂しさ、切なさ→落ち込み→自暴自棄、
 結果、嘘をつくことのむなしさ、浅はかさ(愚かさ)へと変化した。

 人間の心理のキビを上手く捉えた作品ともいえる。一つの嘘から一つの
裏切りから泥沼にはまっていく経験って、誰もが一度は経験していると
思うような経験である。





★草津温泉関係は次は何かなあ?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲草津100ー87『菊池寛S8』&国定忠次の『入り札』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる