箕輪初心:生方▲長崎5回目30ー1大村市『天正遣欧少年使節団の像』

大学吹奏楽部同窓会が6年ぶりに長崎で5月31日(木)~6月2日
(土)に開催されることになった。親の面倒は妹が見てくれると言っ
てくれたから。私は5月30日に羽田空港から長崎空港に降りた。
レンタカーを借り、先ず、『天正遣欧少年節団』の像を見に行った。
天正10年(1582) イエズス会員アレッサンドロ・ヴァリニャーノ神
父は、九州のキリシタン大名:大村純忠・大友宗麟・有馬晴信の名代
として4名の少年を中心にローマへ派遣することを発案した。4名の
少年は伊東マンショ、千々石ミゲル、原マルチノ、中浦ジュリアンで
ローマに派遣はヨーロッパのキリスト教文化を見聞させ、日本をヨー
ロッパに紹介するためであった。使節団一行は長崎港を出港し、マカ
オ、マラッカ、インド、喜望峰をまわり、2年半かかってヨーロッパ
に渡り、ローマ教皇と掲見した。天正14年(1586) ドイツのアウグ
スブルグで「天正遣欧使節の肖像画」を印刷された、。タイトルには
「日本島からのニュース」と書かれている(※京都大学図書館蔵)
そして、出発から8年5ヶ月という大旅行の末、天正18年(1590)
に帰国した。使節団によってヨーロッパの人々に日本の存在が知られ
るようになった。活字印刷機械などヨーロッパの進んだ技術や知識を
持ち帰り、日本文化に貢献した。少年たちは持ち帰ったグーテンベル
ク印刷機によって日本語書物の活版印刷が初めて行われキリシタン版
と呼ばれる。少年達は、彼らが出帆して400年目を記念し、4少年の偉
業をたたえるため、顕彰像建てられた。
画像





【1】平成30年(2018) 5月30日(水)
06:00 家 06:45 高崎駅 あ50 Mた53 か高崎新幹線 
長崎同窓会5月30日(水)~6月2日(土) 4306
1月26日予約完了「羽田長崎往復航空券&ワシントンホテル3日」
鎖国時代、唯一海外に通じていた長崎。異国情緒漂うオランダ坂や
グラバー園、日本の発展を支え世界遺産にも認定された軍艦島、
世界新三大夜景「稲佐山からの夜景」、原爆資料館、テーマパーク
「光の王国:ハウステンボス:など見どころ満載! 2017年2月に
は”長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産”の推薦書がユネ
スコに提出され、2018年の世界遺産登録となった。

05:00 早飯
07:50東京駅  08:20モノレール (26分) 08:50羽田第②
09:15 朝食
画像

画像


09:50 羽田ANA3733 ~~~
画像

画像

 ★飛行機に数百回は乗っているが、恐いのだ。
  でも、離陸前に寝たから、平気だった。

11:45長崎空港(大村市)
画像


画像


画像



●大村市 タイムズレンタカー 2日分11800円
 ★ネットで頼めば、オリックスレンタカーは3500円×2
  +保険料で1万円を切ったはず。・・・

画像



①▲天正遺欧少年使節顕彰之像


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


●大村市のパンフレット
画像

画像


画像



・天文14年(1545)? 千々石直員(ちぢわ なおかず)は有馬家の
  最盛期を築いた有馬晴純の3男として生まれた。
※有馬晴純の子ども
  長男:有馬義貞⇒有馬晴信
  次男:大村純忠⇒大村喜前
3男:千々石直員⇒千々石紀員(のりかず)=千々石ミゲル
 
 千々石淡路守直員は、島原西目口の要衝である千々石を領した。

・永禄6年(1563) 後藤貴明に属して兄・大村純忠と争った。

・永禄12年(1569) 千々石直員が釜蓋城を築いた。
    千々石清左衛門(千々石紀員)が生まれた。

・元亀元年(1570)、佐賀の横造城の戦い
    龍造寺氏に攻められ家老・木戸高九郎と共に自刃した。 
  千々石家は養子:千々石澄員(千々石大和守澄員)が家督を継いだ。

・元亀2年(1571) 佐賀城主:龍造寺隆信は有馬領の杵島郡を後略した。

・元亀3年(1572)龍造寺隆信は は藤津郡にも進出した。

・天正4年(1576) 龍造寺隆信は 藤津郡の深町家を追放した。
  有馬勢は援軍を出したが、撃退された。

・天正5年(1577)、龍造寺隆信が島原半島へ来襲した。
▲釜蓋城の戦い
  援軍の遅れもあり、城主:千々石純員(享年25)は老臣の
  木戸万九郎(木戸萬九郎)と共に自刃し釜蓋城が落城した。

 天正遣欧使節の1人:千々石紀員(のりかず)=千々石ミゲルは、
 千々石純員の子である。
 釜蓋城が落城時に、乳母に抱かれて城から逃れ、伯父:大村純忠
 の三城城に身を寄せた。

・天正5年(1577) 龍造寺隆信の3男:龍造寺家信を後藤貴明の娘・槌市
 と結婚させ、後藤貴明の養子とさせた。

・天正6年(1578) 龍造寺隆信に従って後藤貴明と養子:後藤家信は
  大村に出陣した。
 7月 大村純忠は龍造寺隆信に降伏した。

 龍造寺隆信は有馬鎮純の松岡城を降して肥前の統一を完成した。

・天正8年(1580) 大村純忠は龍造寺隆信に従った。
 千々石紀員(のりかず)ポルトガル船の司令官ドン・ミゲル・ダ・ガマ
 より洗礼を受け、千々石ミゲルの洗礼名を与えられた。
有馬のセミナリヨ(イエズス会の神学校)で神学教育を受けた。


天正10年(1582)
日本を訪れたイエズス会のアレッサンドロ・ヴァリニャーノ司祭が
 有馬晴信・大村純忠らに、カトリック教会の本山であるローマに使節
 を送ることを提案した。
 有馬セミナリヨで学んでいた少年たちに白羽の矢が立った。
使節の少年たちは有馬晴信が日野江城下に建てたセミナリヨで学ぶ
 生徒の中から選ばれた。
 使節4名の正確な生年月日は不明だが、派遣当時の年齢は13 ~
 14歳であった。
 中浦ジュリアンが最年長、原マルティノが最年少と言われる。

 大村純忠・大友宗麟・甥の有馬晴信は天正遣欧
  使節を派遣し、長崎を開港して南蛮貿易を行なった。

①伊東マンショ(主席正使) 大友宗麟の名代。
  大友宗麟の血縁。日向国主伊東義祐の孫。
 

②千々石ミゲル(正使) 大村純忠の名代。
  大村純忠の甥で有馬晴信の従兄弟。

③中浦ジュリアン(副使)中浦の領主:中浦甚五郎の子とされる。
  

④原マルティノ(副使) 大村純忠家臣:原中務の子。

  

・天正12年(1584) 3月、有馬晴信が龍造寺氏から離反する。
沖田畷の戦(島原半島) 
    龍造寺隆信 VS 有馬晴信・島津家久
龍造寺隆信が討ち死にした。

  ●天正遣欧使節団がスペインでフェリペ二世に謁見した。

・天正15年(1585)
天正遣欧使節団は教皇グレゴリウス十三世に謁見した。

 大村純忠は死去した。
   嫡男の大村喜前が跡を継いだ。

・天正17年(1587) 豊臣秀吉が伴天連追放令を発布した。

・天正18年(1590) 天正遣欧使節団が日本に戻ってきた。

天正19年(1591) 天正遣欧使節団のメンバーは聚楽第で豊臣秀吉
 と謁見した。豊臣秀吉は仕官を勧めたが、断った。
 その後、司祭になる勉強を続けるべく天草にあった修練院に入り、
 コレジオに進んで勉学を続けた。

天正20年(1593)7月25日、4人はイエズス会に入会した。


慶長6年(1601) 神学の高等課程を学ぶため、3人はマカオの
  コレジオに移った。千々石ミゲルは退会したようである。

慶長13年(1608) 伊東マンショ、原マルティノ、中浦ジュリアンは
司祭に叙階された。

①伊東マンショ(主席正使) 1612年長崎で死去。

②千々石ミゲル(正使)棄教? 死不明。
  
③中浦ジュリアン(副使)1633年、長崎で穴づりによって殉教した。

④原マルティノ(副使) 1629年、追放先のマカオで死去。






②▲城№902玖島城(くしまじょう)長崎県大村市玖島。(大村公園)
③▲玖島城下武家屋敷通り
④・旧楠本正隆屋敷
⑤・旧円融寺庭園
⑥▲三城城856-0031 長崎県大村市三城町(富松神社裏手)
  大村純忠は、天正遣欧少年使節を送り出した大名の一人。

高速(ハウステンボス 約45分)へ向かって
⑦■ハウステンボス

⑧川棚公園…軍事施設
高速(佐世保⇒長崎 約1時間20分)

●長崎市
⑨大浦天主堂
⑩グラバー亭
※世界遺産遠望
・ワシントンホテル
・居酒屋「五人百姓」…ワシントンホテル提携でビール1杯無料
  長崎の酒3種
  ベルギー人「キャトリーナ(カトリーナ)と1時間話した。
  3月、東京⇒青梅⇒東京⇒金沢⇒高山⇒奈良⇒高野山⇒大阪
     ⇒??⇒5月30日(私と会った)
  





【2】5月31日(木)長崎
▲諫早城   長崎県諫早市高城町 曲輪、石垣、堀、庭園
形 式: 平山城 築城者: 西郷尚善
 

●島原市***************************
肥前・寺中城
▲丸尾城跡855-0856 長崎県島原市小山町
▲島原城 長崎県島原市城内一丁目1183-1  0957-62-4766
・島原武家屋敷 山本邸・篠塚邸・鳥田邸(武家屋敷)
・鯉の泳ぐまちについて
・海鮮市場 蒸し釜や
・深江城 平城 郭,堀 南島原市深江町馬場名
・大垣城 丘城 堀 南島原市西有家町慈恩寺
▲大浦城 丘城(58m/30m) 土塁,堀 南島原市西有家町里坊本丸平
▲原城
南島原市有馬キリシタン遺産記念館
北村西望記念館859-2413 南島原市南有馬町丙393−2
▲日野江城

●雲仙市
・神代城跡 長崎県雲仙市
・山田城跡 長崎県雲仙市
▲釜蓋城跡 長崎県雲仙市千々石町己0957-38-3111★夕方合流

●長崎市世界遺産
・小菅修船場跡
・三菱長崎造船所第三船渠
・三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン
・三菱長崎造船所旧木型場
・三菱長崎造船所占勝閣
・高島炭坑
・端島炭坑
・旧グラバー住宅

●重要文化的景観「長崎市外海の石積集落景観」

・外海の出津集落:重要文化財出津教会堂
・旧出津救助院外海の大野集落:重要文化財大野教会堂

紅灯記
長崎市万才町、長崎市内のオフィス街にある、『紅灯記』に
 夕食を食べに行った。

稲佐山からの「夜景」

【3】6月1日(金)一緒に行動
・諏訪神社
・シーボルト館

■平戸

・ランチ


■軍艦島
13:00    13:20  13:50  (14:30〜15:30 頃) 16:10 頃

菜魚…長崎市東古川町3-22


【4】6月2日(土)
・ワシントンH
・路面電車
・亀山社中
・龍馬通り
・龍馬ブーツ像
・龍馬の小像50cm
・龍馬像
・寺町通り


11:00 長崎バスターミナル~(35分)~
  11:40 長崎空港
  12:20 長崎ANA3738 ~14:40
15:00 羽田2
※10:55白山たち


★明日も長崎散策


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック