箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№85【第25話材木を抱いて飛べ】&『戦国武将と囲碁』

①起…井伊家の新野さくらと今川家の庵原の婚儀が行われた。
 松平元康の息子:竹千代(信康~と織田信長の娘:徳姫の婚
 儀も行われていた。龍雲丸が木材の取引先を探してきた。
②承…今川氏真が井伊が売った材木が成川屋から三河に流れて
 いたことを知り、「謀反の疑いあり」で小野政次が今川の重臣:
 関口氏経を連れてやってきた。
③直虎は駿府に出向くことになった。今川氏真に嫌みを言われる。
④龍雲丸は木材を駿府に運ばせ、直虎が助かった。
画像




【1】おんな城主 直虎25話 「材木を抱いて飛べ」のあらすじ
井伊直虎のもとに瀬戸方久がやってきた。
「井伊の材木をまとめて買いたいという商人が現れたそうです。」
「ありがたい。」
と中野直之と奥山六左衛門も喜ぶ。
龍雲丸たちが切った木の売り手を見つけてきたのである。
方久は「最近、気賀に移ってきたばかりの成川屋だと申しまして。
   寺の普請用に集めた材木を火災で失ったために、その代用品の
 木がほしいとのこと・・・(口の形だけ)・・・・
「え?」
「値も弾むと・・・」

「では方久、急ぎ、話をまとめてくれ。」
「はっ」
と方久が出て行く。
直虎がおいかけるように
「でくるだけ、高く売るのじゃゾ。銭の犬のなにかけ、・・・・」

六左「・・これで、井伊の金の一部、返すことができますな。」

◆ナレーター
「なにやら、順風が吹く気配が・・・」


直虎は井伊では綿布の方も順調にいっていた。借金も少しずつではあ
るが、返すメドがたってきた。
★実際は借金はほとんどが瀬戸方久にしているはずであるが、・・・

◆ナレーター
「じゃが、武田信玄は嫡男:義信を幽閉・・・武田信玄は4男:勝頼に
 織田から姫を迎えた。・・・今川氏真は塩留策で対抗した。
 ので、あるが密輸を企む商人があとをたたなかった。・・・・」
********************************
・永禄7年(1564)7月、武田義信の傅役:飯富虎昌、側近の長坂
 源五郎(昌国)、曽根周防守らが武田信玄暗殺の密談をしていた。
 計画は事前に飯富虎昌の実弟:飯富三郎兵衛(山県昌景)の密書
 により露見した。
・永禄8年(1565)
1月、飯富虎昌以下は謀反の首謀者として処刑され、80騎の家臣団は
   追放処分となった。
10月、武田義信は甲府の東光寺に幽閉され、今川義元の娘と
強制的に離縁の上、後継者としての地位を失った。
11月13日、異母弟の諏訪勝頼に織田信長の養女:龍勝院を迎えた。
 (★『甲陽軍鑑』)
・永禄9年(1566)9月29日 武田信玄は箕輪城を攻略した。
 ★私見では春日弾正が箕輪城代である。
・永禄10年(1567)8月7日 小県郡の生島足島神社において、
  領国内の家臣団に信玄への忠誠を誓わせた起請文が奉納された。
  (★「生島足島神社起請文」・『戦武』1099ー1186号)
 ★箕輪城代:浅利信種を通じて私の母方先祖:塚越新助も起請文
  を提出した。
**********************
・天正元年(1573 ) 武田軍の山県昌景が井伊谷に侵攻し、神社・仏閣
  ・民家を焼き払った。
・天正10年(1582) 井伊直政は山県昌景家臣75名(★新編高崎市史)
 ・土屋昌恒家臣70名・武田信龍・などを配下とした。
 ★井伊直政軍の特攻隊・武田流軍法家隊・築城名人隊を傘下にした。
 ★山県昌景の家臣:75名(兵総数は×4~6)中、広瀬・三科
  ・孕石・石原・川出良則(高瀬の夫)は井伊直政の家老で、
   早川弥惣右衛門が侍大将となる。
  ★奥山も中野に加え、木俣守勝・庵原朝昌(奥山の娘:井伊直政の
  妻や中野直之妻の妹)・椋原・井伊谷7人衆:鈴木・菅沼も徳川家
  康の命令で付家老となった。

※天正10年(1582) 8月26日(9月12日)
 養母:井伊直虎が死んだ。

・天正12年(1584) 小牧・長久手の戦い
 井伊直政が飯富兵部虎昌の甲冑で出陣した。
 (★『井伊谷龍たん寺所蔵の「鎧」』)
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№6『戦国時代の井伊氏』修正版
http://53922401.at.webry.info/201701/article_12.html

*******************************
●駿河今川館
家臣「塩をうる商人は大分、減ったようです。しかし、商人は店そのものを
  移しているようです。」
今川氏真は武田を忌々しく(今今しく)思っていた。
関口氏経「どこへじゃ?」
家臣「気賀にございます。」

氏真「気賀か・・・」
扇子をバシッと叩いて

●♪「ラッソラー ソラシラソ(五連符) ラッソラー 」
~~~ミュージック・スタッフ紹介~~~~~~~~~~~~~~


●井伊館
虎松 VS 小野政次 
の囲碁対決

「まいりました。」
「虎松様」
「何故、このようになったのでしょう?」

そこへ直虎「皆の者」
「何ですか?それは」
「これからこれで・・・」
直虎は全ての木材に井伊の「井」を刻むように命じた。
中野直之の弟・小野政次の甥ッ子などはすぐに賛成した。
直虎「虎松、行くぞ。」
しかし、虎松は「今考えております。・・・このままでは、但馬に
 一生勝てません。」
直虎「なんじゃ、それ?」
政次「勝ち気で・・・一番にならねば、・・・」

直虎「・・・一番多く焼き印を押した者に褒美をとらす。・・・」
子供たちまで焼きごてで、木材に「井」の字を刻む事になった。

●木材集積場
コロで木材を運んでいる。

●気賀の湊
材木は、中村屋と方久が見守る中で、気賀へと運ばれた。
直虎は船に積み込む作業を手伝っていた。
中村屋「・・・あれが女子の・・・」

●食堂・・・食事&酒
画像

★違和感たっぷり
①漆塗りの椀*ご飯+みかんの半分? 
②漆塗りの椀*茄子のすまし汁? 梅干し?
③現代陶器*梅干し3個
④明治以降の呉須(コバルト)での絵付けの皿*魚の刺身?
⑤明治以降の呉須(コバルト)での絵付けの皿*鶏肉とドレッシング
 ・レタス
⑥青磁の大皿*中国からの水菜に鳥の丸焼き
⑦ワイングラス*赤ワイン
★時代考証が無茶苦茶である。これで、いいんかねえ?

方久「では、成川屋がとりにくるのは明後日にて、・・・」
中村屋「・・・私の方で・・・」

材木は、中村屋経由で成川屋に引き渡されることになった。

「実が龍雲団が・・・・」
「龍雲丸が・・・」
「龍雲丸がとりまとめ、万請負をしています。・・・」
●龍雲丸の住居
「流れ者が数々きます。・・・大工仕事・・・仕事・間者のような仕事
「おかげで、・・・気賀のまとめ役を果たしています。」
「あの者たちが変わったのは井伊様のおかげでしょう。」

●回想…「俺は武家勤めはできねえ。じゃあ。」
  
「喧嘩や事件などが減って助かっています。」
しかも、龍雲丸たちは裏のまとめ役のような役割をはたしていた。
 中村屋「なにかと仕事をお願いすることがあります。」
直虎は、龍雲丸たちが元気にやっていることを喜んだ。



●龍雲丸の住居
「井伊様が来ておられました。」
「材木をかき集めておられました。」
龍雲丸も満足そうに現代陶器の飯茶碗で「酒」を飲んだ。




●井伊館
 夜、囲碁

直虎 VS 政次
「では、無事材木を・・・」
「うん、成川屋がわざわざ引き取りにきての・・・」
「あの者たちはいましたか?」
「・・・万請負で」

「ところで、今川は?・・・」
「今川が気賀に城を築くという話が出ています。」
「気賀に城? 何故だ?」
「塩留をきっかけに気賀に商人が流れまして、それを取り締まる。」
※気賀は駿府とは別で独自の商いをしていたため今川が管理する
ことはなかった。しかし、武田家との関係悪化のため塩止めという
経済封鎖したために、商人たちは一攫千金を狙って武田家に通じる
ようになった。役人の見張りが木々敷くなり、商人たちが気賀に流
れているを阻止するために気賀を管理するために城をつくる作戦に出
た。

直虎は、「しかし、気賀は・・・町を取り切るため、今川に銭を払って
 いる訳だろう。さような道理が通らぬ話・町衆は認めはしまい。」
といいながらも・・・
政次は「今川家が力でくると気賀もそれに従うしかありません。
政次は「気賀の話なので首を突っ込まないで下さい。」
と釘をさした。

●駿府
「気賀を誰に守らせたらようかのう?」
「三浦様が名乗りを上げたと・・・」
★後に今川滅亡後、三浦(妻が新野の娘)も井伊家家老になっている。
「塩留で変わった者が網にかかりました。その者、徳川と通じておるよ
うで」
「徳川?」

政次が駿府に出仕した。
「本日は如何様な・・・」
「そなたにとって・・・・」
井伊が売った材木が成川屋から三河に流れていたことを今川家が知った。
政次も呼ばれていた。

●龍たん寺
木綿の染め付けが行われていた。

方久「山桃?」
直虎も来た。
直虎は方久に「気賀が・・・今川の手が入る。・・・」
「綿布の売り方をかえよということですか?」

・・・
「桜から便りがきての。」
梅が「・・・政次様が」

●井伊館
政次が今川の重臣:関口氏経を連れてやってきた。
「関口様。かような草深いところへ・・・」
「太守樣からお下知を伝えに参った。」
政次が書状を読む。
「・・・謀反の疑いありこれあり、ついては駿府に申し開きに
  参るように」
画像

直虎は疑いがかけられていることを知らない。
「一体、何のお咎めでしょうか?」
関口が小野に目配せをした。
政次「三河に流す材木を都合した、という疑いがかかっておりま
す。」
嫌疑をかけられた直虎・・・材木を売った相手は成川屋であるが

政次「成川屋という者、怪しげな動きをしておったので、・・・
 こともあろうに、井伊の材木を三河に流れておったということ
 です。」
直虎「売った先までは・・・」
関口「左様なことは太守樣に言えばよい。
   ・・・忠義がたりぬからよ。」
と直虎に扇子でポンと叩く。
中野君がいきり立つ。刀をぬかんばかり・・・若者らしくって最高にいい。
直虎「中野、下がっておれ。」
関口「・・・明日には駿府に戻るのでその準備をするように。」
という命を直虎に下した。
「はい。」と頭をさげた。
「では、そなたの屋敷に参ろうか。」
と扇子で政次の肩を叩く。


直之は、「なんという。・・なんという無理難題。商人の売り先まで
 責めをおえというのか。」
と怒りだした。
直虎は、「・・・おそらく、どうでもよいのじゃろう。」
   ・・・・今川は井伊を政次に渡してしまいたいのじゃ。・・・・」
方久「では、申し開きをしたところで、無意味ということになりますな。」
「どうしたものかのう?」
直之「何を暢気なことを・・・」
直虎「慌てふためいては、踊らされているの同じじゃ。姑息な手にのう。」
一同、不安な顔・・・
「案ずるな。道は必ずある」

夕方、
直虎は一人碁を打った。
虎松が不安そうに直虎をみる。後ろには南渓がいる。
虎松「直虎様が一人で碁を打っておられる。」
南渓「一人ではないぞ。お主にはみえんか?」

政次も碁を打っていた。

●小野館
夜も政次は碁を打っていた。
「関口様はもう床につかれたか?」
「はい。」
弟:玄蕃の妻が政次に抱きつくようにして、政次の気持ちを察している。
「関口様に見張られ・・・身動きはとれないのでしょう。」
「気持ちはありがたいが、・・・どこに間者が・・・」
「殿は落ち着いておられた。きっと、きりぬけるであろう。
 大事ない。」
政次も優しかった。


●井伊館
直虎は3人を呼んではなした。
「今川は申し開きなど聞き入れるはずがない。・・・
 我のたのみだけではどうにもならぬ。・・・
 今川への忠義を認めてもらうために・・・」
直之「何をなさるおつもりなのですか?」

「忠義が足らぬというなら、あふれかえる程の忠義を見せつけて
 やればよいのじゃ。そのためには井伊の材木をとりもどさねば
 ならぬ。」


翌朝、政次・関口が出立した。

●気賀
直虎は、今川家への忠義を見せるために策を考えた。
直虎は方久と六左に、「成川屋から木材を買い戻すように・・・」
と指示した。
それがかなわない場合は、気賀でありったけの材木を買って「井」
を入れる。それがかなわぬ場合。・・・龍雲丸らに願いでて木材を
取り戻す手助けをお願いをするように・・・。」
と命じた。

翌日、直虎は駿府へ向かった。

●気賀の成川屋
六左と方久は、成川屋に行ったが。すでに船をだしていた。
気賀の木材も明らかに数が足らなかった。

●気賀の中村屋
「・・・・材木はない。」

●気賀の龍雲丸のアジト
最後の手段の龍雲丸たちを頼った。
方久・六左・家人と中村屋が乗り込んだ。
「わしらにその三河に向かっている材木を・・」
「しかも、・・・船はどのあたりかわかんねえ。・・・」
「しかも、明日には取り戻してなくてはならない。」
「できるわけねえ。」
2人は、懸命に頼んだ。
「このままでは、直虎樣の首が・・・・飛んでしまうかしれない。」
龍雲丸は動きだした。


●井伊谷・駿府の国境の寺
直虎は毒薬を飲んで、時をかせぐ作戦にでた。仮病である。
直之「誠にやられるので・・・」
直虎「時をかせがねば。・・・」
薬を飲んだ。
高熱がでた。
直之は政次・関口に報告する。
「殿が熱を出されまして、・・・・」
関口「仮病をつかい、引き延ばそうとしているのではないか?」
「ならば、お改めを・・・」
政次「では、私が・・・」

●直虎の部屋
「殿」
「入れ。」
「関口様は」
「はやり病ですと、関口様にうつすわけにはいかない。・・・」
「之の字、」
「案ずるな、薬じゃ。明日になったら、毒消しを飲まねば・・・」
「なんというむちゃなことを・・・」
「そなただけなら、飲まずにすんだのだが、・・・」
「2、3日の時が稼げればいい。」

「政次、もし、うまくいかなかった時は・・・井伊を頼む。」
と政次に伝えた。
政次は手を直虎の頬に当て、
「俺の手は冷たいだろう。」
と笑った。
・・・・・・・
「政次は昔から冷たい。」

● 海・・・カモメが鳴いている。
そして、龍雲丸たちは、井伊家の材木を探しだした。
甲板に多くの鉤を打ち込み、甲板に乗り込んだ。
そして、船員らを脅した。
 「なんじゃ、なんじゃ?」

六左「我らは太守様の名代で参った。・・・あのう、あのう」
方久「ひかえよ、頭が高い。」
と扇子をもって脅す。
龍雲丸「お前等の主人は塩留の禁を犯した。これより、駿府にむかう。」
龍雲丸たちはそのまま、木材を載せた船で駿府に向かった。


●駿府?の寺
3日後、直虎の熱は下がった。
直虎は直之と共に駿府に行った。
今川氏真があらわれるのを待った。
直之「まにあいせなんだか」
と烏帽子をかぶった直之が言った。
「申し開きの後、焼け落ちるかもしれぬ。行こう。」

●船の中
「頭もよく引き受けてくれたのう。」
「尼小僧様、じゃからであろう。」
舵ををとる。
 でも木材はどこ?
頭「待ってろよ。尼小僧」


●駿河今川館。
直虎・直之が入ると、今川家臣が片膝をあげて、抜刀の準備をする。
政次も緊張している。
今川氏真が登場した。
関口「面をあげよ。」
「20年ぶりにかのう。おうたのは?」
「はい、さようで。おひさしゅうございます。」
「今日、鞠では落着せぬぞ。」
今川氏真が対峙した。
直虎は、「成川屋が三河と通じておりました件、当家も仲立ちした
 中村屋もあずかり知らぬことでございました。
 何卒、太守様のご容赦をいただけれく存じます。」
と申し開きした。
「せんだっては、新野の娘が庵原様とのありがたき縁談を頂き、
 ともにますます太守様のために励もうと誓いましたばかり、
 左様な井伊が何故、今更、謀反などたくらみましょうや。」

★今川家の重臣:庵原朝利・・・今川滅亡後、井伊家家老になった。
関口「しらじらしい。・・・」
「誠のことを誠と申しておる。賢明なる太守樣には・・・」
「余も女子いじめなど好かぬ。信じてやりたいどころじゃが、・・・
 先代からも遠江で最も早く三河に通じ
 ようとしておった井伊じゃからのう。」
◆回想…直親殺害
直親の時のことをチクりと言われた。
「信じてやりたいところじゃがのう。」
政次は様子を覗う。
政次「太守樣、我が主は既に覚悟を決めていりまする。これ以上、
  お戯れになられるのはいささか。」
「くやしゅう、ございます。」
直虎は、腸が煮えくり返るような怒りに震えていた。
「井伊と今川が遺恨がないといえば偽りになりましょう。なれど、家督を
 お認めにいただいてからは、心を入れ替え、尽くそうとしてきました。
 弓を引こうと考えたことなど一度もございませぬ。民を潤すことは井伊を
 潤すこと、井伊を潤すことは今川を潤すこと・・・大方様に言われたよう
 に考えてきたのはそのことのみ・・・
 間者としらず、乗せられたは、私のうかつでございましょう。
 なれど、かうなやり方は今川は真に忠義なる者をを失うことはお考え
 にはなりますまいか?」
と鋭く言い放った。
政次・関口・直之はそれぞれの立場で・・・・
氏真がひるんだ。

家臣が突然やって来た。
関口「詮議中じゃ。」
氏真「構わぬ。」
「おびただしい材木がことらに向かっておりますとのことです。・・・・
 ・・・」
●駿河…
 材木を運んでいる。

龍雲丸たちが木材を届けたのだった。

●今川館
「無事にとどきましたか。」
「我らの不祥事から起こったこと・・・井伊の心をお示ししたく、三河
 より木を1本残らず取りもどすようにわが家臣に命じましてござ 
 います。」
「これが井伊の忠義にてございます。」


【2】囲碁と戦国武将********************
・平安時代、遣唐使で吉備真備が中国から伝えたという。
 公家、僧侶に愛好されていた
・室町時代、囲碁は武家や庶民にも広がった。碁盤と碁石を使った
 様々な数とり遊びも生み出されて広まった。
・永正年間頃(1500)? 高崎にある群馬県立博物館にも関東管領:
 上杉顕定の碁盤が展示されている。
・永禄年間 武田信玄などの戦国武将が碁を好んだという記録が残っ
 ている。
・戦国時代、はじめは碁盤上にいくつかの石を置いて対局していた。
 戦国武将は戦のシミュレーションとして使用され、隆盛
 を迎えた。碁石を城に見立てて、どう攻めるか? 戦場での敵味方
 を想定して碁石を使った。
・戦国時代の第一人者は日海(本因坊算砂)である。
 碁盤上に今の藤井4段の29連勝のごとく、石のない状態から打ち
 始める方式が始めた。布石も算砂の時代から生まれた。
 算砂は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の囲碁の師であった。
・天正6年(1578)、算砂は織田信長に「そちはまことの名人なり」と
 称揚され、織田信長から名人の称号を名乗ることを許された。
「名人」という言葉の起こりとされる。
 ・天正15年(1587)閏11月13日、徳川家康は算砂を京都から駿府
に招いた。奥平信昌が京都で算砂の碁の門下となり、駿府に帰国の
  際に連れてきたとされている。
・天正16年(1588) 豊臣秀吉御前で、算砂、利玄など数名の碁打衆が
召し出されて対局した。算砂が勝ち抜いて20石10人扶持を与え
  られた。
・慶長8年(1603) 算砂は徳川家康に招かれて江戸に赴いた。
  名人碁所(ごどころ)・将棋所として碁界・将棋を統括することを
  命ぜられた。
・慶長13年(1608) 日本初の囲碁出版:『本因坊碁経』を刊行した。
・慶長17年(1612) 江戸幕府は算砂など碁打ち衆、将棋衆の8名に
  俸禄が与えられた。算砂は、利玄、宗桂とともに50石10人扶持
  とされた。
・江戸時代 代官や役人たちにとっても囲碁は対話の機会であった。
 (★高崎経済大学の西沢先生の囲碁の話)
 この時代考証は正しいと思われる。

・平成28年(2016) 10月
  藤井聡太4段は10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士と
 なった。

・平成29年(2017)
  6月26日 中学3年生の藤井聡太4段は連勝記録を「29」に
 伸ばして、昭和62年に神谷広志8段が達成した28連勝の最多連勝
 記録を30年ぶりに更新した。

 7月2日 第30期竜王戦決勝トーナメント
  佐々木勇気5段 VS 藤井聡太4段
 101手で佐々木勇気5段が勝った。
 藤井4段が公式戦で初めて敗れた。




先月26日の対局で





●▲■井伊直政シリーズのブログ一覧**************



●井伊直虎・直政シリーズ平成29年(2017)~*************
箕輪初心・生方▲2016井伊直虎・井伊直政№1
『高崎学ソシアス講演会原稿』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_1.html

箕輪初心:生方▲箕輪城238『長純寺・石上寺・東向八幡・字輪寺
&信玄家臣:塚越伴七調査』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_2.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№239『長野業政・井伊直政』&長野堰3碑&
世界かんがい施設遺産『長野堰』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_3.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№3【井伊家初代:井伊共保】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_9.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№4【井伊氏系図8】&
『鎌倉時代の井伊氏 』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_10.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№5【南北朝時代の井伊氏と宗長親王】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_11.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№6『戦国時代の井伊氏』修正版
http://53922401.at.webry.info/201701/article_12.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№7【第1話『井伊谷の少女』
&「井伊谷・彦根城」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_13.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№8【井伊谷の散策2回】と
『NHKのTV「井伊谷」』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_14.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№9【井伊谷城2回目】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_15.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№10【井伊氏館跡・井伊直満の墓】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_16.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№11【龍潭寺の『直虎の墓・
直政公の墓・位牌』】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_17.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№12【浜松の宿下吉庵で「梅酒:直虎」を飲んだ】http://53922401.at.webry.info/201701/article_18.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№13【許嫁:井伊直親&松源寺:文叔&松岡城:松岡貞利】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_19.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№14【第2話:崖っぷちの姫】
&「井殿の塚」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_23.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№15【井伊直親の逃走~2人の子ども
~井伊谷帰国】資料編
http://53922401.at.webry.info/201701/article_26.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№17『次郎法師&直政の書籍の所持数36』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_27.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№18「柴咲コウ・菅田将暉」と「群馬の新聞」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_28.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№19『広報はままつ2016年4月号特集
「井伊直虎」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_29.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎:直政№20【第3話『おとわ危機一髪』】
&「臨済寺」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_31.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№21【歴史秘話ヒストリア「おんな城主
:井伊直虎」】http://53922401.at.webry.info/201701/article_32.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№22【井伊直虎って誰?&
「井伊家傳記」の信憑性諸説】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_33.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№23【井伊谷・歴史本・
小説・ゲームの中の井伊直虎】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_34.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№24『井伊直虎の家臣:井伊谷七人衆』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_35.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№25『小野妹子→小野和泉守政直(道高)』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_36.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政№26『小野政次・小野朝之』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_37.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政:№27第4話『女にこそあれ次郎法師』
&「龍潭寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№28『井伊一族:中野家』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_3.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№29【頭陀寺城】と松下之綱と徳川家康と豊臣秀吉
http://53922401.at.webry.info/201702/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№30【松下清景】前編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№31『松下清景→松下一定子孫』後編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№32『高崎文化協会:箕輪城
・井伊直虎ブース』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_8.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№33【第5話『亀之丞帰る』】
&「高森町松源寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№34【村の写真展:My井伊家シリーズ】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№35【鈴木重勝→鈴木重時→鈴木重好】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№36【近藤康用→近藤秀用→5近藤】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№36【菅沼忠久→菅沼忠道】
&【菅沼定盈&菅沼定利】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№37【奥山朝利の娘と井伊家家臣団】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№38【6話「初恋の別れ道」】詳細編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№39【新野左馬助親矩と娘婿】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_19.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№40▲『奥山朝利の娘:ひよ
→井伊直政の母』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_20.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№41【第7話「検地」
&駿河:富士浅間神社
http://53922401.at.webry.info/201702/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№42【第8話「赤ちゃんはまだか」】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_29.html

箕輪初心:初心▲井伊直虎・直政№43『井伊谷7人衆:遠江松井一族』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№44『今川義元の生涯&悪夢の永禄3年生害』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№45【第9話「桶狭間」&史実編】&
井伊直盛の墓
http://53922401.at.webry.info/201703/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№46『奥山朝利殺害2説』
&【10話走れ竜宮小僧】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_10.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№47『今川義元と井伊直平の娘素案』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_11.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№48『今川家臣:瀬名氏・関口氏
・鵜殿氏』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_12.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№49『瀬名姫(=築山殿)と松平信康と亀姫
http://53922401.at.webry.info/201703/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№50【女戦国大名:今川義元実母:寿桂尼】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№51『おんな城主:織田信長の
叔母:おつやの方』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№52番外編【母:最上の義姫と
子:伊達政宗】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№53番外編
『スーパー女城主:立花誾千代』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_17.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№54【史実編と
第11話「さらば愛しき人よ」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№55番外編【由良家を存続させた
戦国スーパー御婆様:妙印尼】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_20.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№56番外編【由良妙印尼の外孫
:成田甲斐姫」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_21.html

箕輪初心▲井伊直虎・直政№57番外編【伊達政宗の叔母:二階堂
大乗院】 
http://53922401.at.webry.info/201703/article_22.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№58番外編『鶴崎城を死守した
女武闘派城主:妙林尼』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_23.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№59【井伊家当主の死諸説と第12話
「おんな城主:直虎誕生」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№60【史実編と
第13話「城主はつらいよ」】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_7.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№61【瀬戸方久と井伊家】
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/submitnewswrite.do

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№62『引馬城→浜松城の歴史:復刻版』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№63番外編『おんな曳馬城主:椿姫=お田鶴の方』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№64▲徳政令の歴史&第14話「徳政令の行方」
http://53922401.at.webry.info/201704/article_11.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№66番外編【前田利家の正室:まつ】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№67『第16話:おんな城主VSおんな大名』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№68【木綿の歴史】
&『第16話:綿毛の案』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_25.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№69『第17話:消された鉄砲』&【鉄砲の歴史】
http://53922401.at.webry.info/201705/article_1.html

箕輪初心:生方▲【武田信玄の動向】と井伊直虎・直政№70
第18話「あるいは裏切りという名の鶴」
http://53922401.at.webry.info/201705/article_7.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№71『トミカ御前コレクション』
&群馬「井伊直政情報」 
http://53922401.at.webry.info/201705/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№72『長野堰DVD制作記念上映会』
と『明治時代の長野堰のジオラマのお披露目会』
http://53922401.at.webry.info/201705/article_11.html
★高崎は井伊直政が発展の基礎を造った町である。

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№73『第19話「罪と罰」』
&【甲州の武田氏館など】
http://53922401.at.webry.info/201705/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№74【井伊谷の杉林の疑問】
と『森と日本人の1500年』「林業の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201705/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№75【高崎民俗資料館企画展:
長野堰ジオラマ3点セット】
http://53922401.at.webry.info/201705/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№76『高瀬姫』と
【20話「第三の女」】と松源寺
http://53922401.at.webry.info/201705/article_21.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№77【21話「ぬしの名は?」】と靴
http://53922401.at.webry.info/201706/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№78【第22話「虎と龍」】&近藤康用
http://53922401.at.webry.info/201706/article_18.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№244/井伊直虎・直政№79『井の国会』①箕輪城
http://53922401.at.webry.info/201611/article_5.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№245・井伊直虎・直政№80【井の国会】
②箕輪龍門寺
http://53922401.at.webry.info/201706/article_21.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№247・井伊直虎・直政№81【井の国会】
③エスビック栁澤『創新館』
http://53922401.at.webry.info/201706/article_22.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№247・井伊直虎・直政№82【井の国会】④安中編
http://53922401.at.webry.info/201706/article_23.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№83【第24話】&『新野家の娘5説』
http://53922401.at.webry.info/201706/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政№84『庵原朝昌』:妻は井伊直虎の従姉妹
http://53922401.at.webry.info/201706/article_25.html

箕輪初心:生方▲箕輪城№250「ぐんまの城と戦国ロマン」不参加と
エスビック創新館
http://53922401.at.webry.info/201706/article_26.html


★明日も井伊直虎・直政関係かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック