箕輪初心:生方◆チェロ・アンサンブル008~huit ミニ公演atイオンモール高崎

平成27年(2015)8月17日、イオンモール高崎の1階で、チェロ
の音が聞こえてきた。4人組のチェリストがリムスキー・コルサコ
フの『シェラザード』を演奏していた。すぐに、パンフレットをい
ただいて椅子に座った。
マイクを通して出る音量なので、いい感じ
のダイナミクスレンジであった。チェロの重厚な音の響きが心地よ
かった。アレンジと演奏が実に素晴らしかった。写真掲載の許可
はいただいていなかったが・・・・。

画像

画像


~~~最近聴いたコンサート~~~~~~~~~~~~~~~~~
箕輪初心:生方▲2015第3回榛名湖ミュージックフェスティバル
http://53922401.at.webry.info/201508/article_11.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※パンフレット
画像

画像

『さまざまなフィールドで活躍するチェリスト8人。それぞれの得
意分野を駆使し、チェロアンサンブルの新しいカタチを追求し続け
るコンサート。幅広い世代の記憶に残る力強いメロディを、生きた
音楽としてステージに持ち込むプログラミングを得意とする。近藤
和明氏の絶妙なアレンジを武器に、各地で人気沸騰中!』
とあった。


【1】 『シェラザード』:リムスキー・コルサコフ作曲
映画【シンドバット】にも使われていた。自分も演奏したことが
 あるので、興味を持って聞けた。アレンジが面白かった。

○コメント・・・「これで、クラシックは終わりです。・・・」
○メンバー紹介:中林成爾さんを紹介した。
 ★パンフレット見ながら、紹介を聞いた。
  8人の内訳は国立音大が3人、東京音大3人、武蔵野音大2人
  凄えメンバー・・・
 最盛期の30代~40代の力ある人達・・・
 今、楽しんだろうな?」

画像

画像

1st:阪田宏彰
画像

2nd:櫻井慶喜
画像

3rd:宮坂俊一郎

4th:中林成爾
画像



司会・・・★美人だった。
画像


●「普段は8人でやっています。4人しかいないので、いろいろな
 パートをしなくてはいけません。休みはありません。」



【2】 「首の差で」カルロス・ガルデル作曲
○曲紹介・・・『Por Una Cabeza ポル・ウナ・カベーサ』は、アルゼン
 チンの作曲家カルロス・ガルデルによるタンゴの名曲です。歌詞は、
  競馬でわずかの差で負けた競走馬を引き合いに出しながら、恋の
  駆け引きにわずかの差で敗れた男の心境が描かれている。何で、
  こんなメロディになっちゃうのか不思議です。では、お聞き下さ
  い。
タンゴの曲なのにリズムがはっきりとは刻まれていない。
  中林さんがピチカートをしているけれど・・・
  4拍子で説明すると、
  タ・タ・タ・タタ~ラ・タ・タ・タタ~ラ・タ・タという
  四分音符の4拍目の裏=1拍目のアウフタクトに深い「溜め」を
  置いたリズムである。
  綺麗なメロディラインと和音・・・
アルゼンチン・タンゴって、競技ダンス・社交ダンス(ソシアル
  ダンス)で用いられる舞踊音楽であるが・・・。
 「コンチネンタル・タンゴ」・・・アルフレッド・ハウゼは良く聞い
  たけれど、・・・
  Cello Ensemble 008 ~huit arrenzed by近藤和明・・・
  面白いアレンジであった。



【3】 『Meldda en la』Astor Piazzolla作曲
○坂田・・・・私はチェロ界に『さだまさし』と言われています。
  上がり方かもしれません。一部に拍手が・・・
  そこで拍手が来るかなあ?
○曲紹介・・・良く分かんなかった。
 CDに入っている曲です。1枚1500円で販売しています。
 ここでしか買えません。私の家の玄関にたくさん積んであります。
○演奏・・・知らない曲だが、いい感じだ。



【4】 『ソーラン節』:北海道民謡
○コメント・・・私達は北海道公演のツアーに行きました。
  日高公演がきっかけとなり、(008は)今年も北海道に行きます。
 今秋3つの場所で演奏させていただけることになりました。
紋別と??と女満別・・
 ★私も今年の6月に行ったよ。
 
○高崎市立高経大学附属高等学校の先生『宮坂』さんのコメント

○演奏・・・迫力があった。坂田氏の演奏がドヴォルザークの
  「チェロ協奏曲」のようでかっこよかった。
  主旋律の担当が変わって面白かった。
  宮坂さんがチェロの胴を叩いてリズムを取るのも面白かった。
  太鼓風だった。楽しい演奏だ。
とにかく、アレンジが素晴らしいのだ。




【5】 『スモーク・オン・ザ・ウォーター』ディープ・パープル作曲
○コメント・・・イギリスのロックバンド:ディープ・パープルの楽曲。
・・・
○演奏・・・乗りがいい。
       宮坂さんは乗りに乗っていて楽しそう。
       中林さんもにこにこしている。 
       坂田・櫻井コンビも息がぴったり・・

       
●今日のメンバー紹介を見た。
1st:阪田宏彰、2nd:櫻井慶喜、3rd:宮坂俊一郎、4th:中林成爾
であった。

●次回のコンサートの紹介
チェロアンサンブル008ユイット東京公演vol.6
会場:東京都サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
公演日:2015年9月6日(日)
画像




【6】『好きにならずにいられない』
○曲紹介・・・エルヴィス・プレスリーの代表的なバラードの曲です。
 全米1位なりました。・・・・
○演奏・・・宮坂氏の風船でピッチをあわせるのが魅力
 であった。
画像


 最後の延ばしの音・・・たぶんAの音。
 凄く難しいのにはまっていた。
 空気の出る閉め方で音程を取るのは至難の技
 だ。凄すぎる。
画像

 最後のおちは櫻井氏が風船をアルコ(弓)で割ること
 だった。パーンとなった。楽しかった




●ミニコンサートが終わって
画像



●CDを購入・・・可愛い女の子が販売していた。
画像

画像

「ありがとね。」
 ★おそらくは宮坂氏の奧様&2人のお嬢様であろう。


●サインをしていただいた。
画像

「ありがとうございました。」

●櫻井さんと話した。
「私の音楽師匠もウィーン市立音楽院のクラリネットでした。」
・・・・・
「ウィーン市立音楽院・・・今は4年生の普通の大学になりました。」
・・・・・
「私はウィーン5回行っています。ウィーンフィルの第九、
 キュンストラ、モーツアルトの格好で演奏する演奏会・・
 など5回聞きました。ザルツブルグのミラベル宮殿でも
 フルートの演奏を聴きました。「私はベートーベンの家
 巡りもしました。ハイリゲンシュッタット
 の遺書の家にも行きました。」
・・・・

●ミキシングの装置を見た。
画像


●楽器
画像

 ★何百万?・・ストラスバリウスなら2000万かな?

●メンバー紹介を改めて見た。
画像



●阪田宏彰
国立音楽大学卒。
YAMATO弦楽四重奏団主宰。大阪国際室内楽コンクール入選。
「山田耕筰室内楽全集」「弦楽四重奏のための日本民謡」をリリース。
喜多直毅&TANGOPHOBICSメンバー。「TANGOPHOBIA」
「CONCERT IN MORIOKA」などをリリース。
群馬響・大阪センチュリー響・仙台フィル・神奈川フィル・山形響など
の客演首席奏者も務める。
桜美林大学非常勤講師。

●小川泰則
国立音楽大学大学院修了。
守屋新、小野崎純各氏に師事。在学中にF.アマン、R.ギンツェル、
D.ゲリンガス各氏の公開レッスンを受講。
現在は東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団団員、
フィオリーニ・チェロアンサンブル代表、
大妻学院管弦楽団トレーナー。

●櫻井慶喜
東京音楽大学器楽科、ウィーン市立音楽院卒業。
第19回マスタープレイヤーズ国際音楽コンクール(イタリア)にて
首位入選。
現在、ソロ、室内楽、オーケストラ等で活動中。
これまでに故中島隆久、掘了介、アダルベルト・スコチッチ、メズー
・ラズロの各氏に師事。
東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団団員。
アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ団員。
埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科非常勤講師。


●佐野朋子
東京音楽大学卒業。同大学大学院修士課程修了。
NHKラジオ番組「クラシックサロン」に出演するなど現在、様々
な場でソロ、室内楽、オーケストラ等の演奏活動を行っている。
第5回 日本アンサンブルコンクール入選。
第9回JILA音楽コンクール 室内楽部門第2位。


●横山二葉
東京音楽大学卒業。
ハンガリー国立フランツ・リスト音楽院修了。
東京音大在学中に特待生奨学金を受ける。
リスト音楽院在学中にリスト音楽院ホール、旧リスト音楽院他、
演奏会を多数行う。
フランス・パブロカザルス音楽祭他、ヨーロッパ各地の音楽祭に参加。
チェロを佐藤輝夫、花崎薫、堀了介、三森未來子、メズー・ラースロー、
オンツァイ・チャバ、室内楽をネーメト・ゲザ、デヴィチ・シャーンドル、
(バルトーク弦楽四重奏団)の各氏に師事。
東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団団員。

中林成爾
武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。
これまでにチェロを馬場省一、クレメンス・ドル、毛利伯郎の各氏に師事。
大学院修了後、武蔵野音楽大学附属音楽教室にて講師を勤めたのち、
フリーのチェリストとしてソロ、オーケストラ、室内楽を中心にライブ
活動や豪華客船での演奏など多方面活躍中。
東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団団員。


●野村奈美
武蔵野音楽大学卒業。
現在、フリー奏者としてオーケストラ、室内楽、ミュージカル等で活動
の他、CM等のスタジオ録音にも参加している。
これまでに、劇団四季「オペラ座の怪人」、市川右近主演の舞台
「ミッシング・ピース」等に演奏で参加。
チェロを尾形 篤信、故清水 勝雄、ヴァーツラフ アダミーラ、花崎薫の
各氏に師事。


●宮坂俊一郎
国立音楽大学卒業。
卒業演奏会、NTT長野県新人演奏会に出演。
2000年、フィンランド、クフモミュージックキャンプに参加。
2004年、ハイドンのチェロ協奏曲をアンサンブル・ノーヴァと共演。
現在、国立音楽大学演奏補助員。
アンサンブル・ノーヴァ、アンサンブル・クヴェレのメンバー。
また、フリー奏者としてソロ、室内楽、オーケストラなど幅広く活動
している。
高崎市立高経大学附属高等学校の講師
高崎市在住
(★プログラム・Hpより抜粋)


●購入したCD
画像

画像

画像



○私の好きなチェロの曲
・バッハの『無伴奏チェロ組曲』
・ドヴォルザークの「チェロ協奏曲」

○思い浮かべたチェリスト
パブロ・カザルス、ヤーノシュ・シュタルケル、ピエール・フルニエ、
ヨーヨー・マ、ジャクリーヌ・デュ・プレ、ロストポービッチ。
徳永兼一郎、藤原真理、安田謙一郎しか思い出せない。






★明日は井伊直政かな?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック