箕輪初心:生方▲北海道№5-3世界遺産:知床①【知床の海からの眺め】

★世界遺産「知床」は北海道の東端のオホーツク海に面した知床半
島と沿岸海域が登録の対象となっている。半島中央部は千島火山帯が
貫き、海岸線は荒く海に削られた地域である。冬には世界で最も南端
に接岸する流氷が訪れる。この流氷により大量のプランクトン、サケ
などの豊富な魚介類が生息する。サケは秋に知床の河川を遡上し、ヒ
グマやオジロワシなどに捕食される。動物の排泄物および死骸は、植
物の栄養素として陸地に還元される。海と陸との食物連鎖を見ること
のできる貴重な自然環境が残る点が国際自然保護連合(IUCN)に評
価され、平成17年(2005)、世界自然遺産の登録となった。日本では、
自然遺産として3件目に登録された。日本で初めて海洋を含む自然遺
産登録となった。構成遺産は①知床半島沿岸3kmの海域34000ha、
②知床半島の遠音別岳から先端部にかけての71100ha、③知床岬・
カムイワッカの滝・知床五湖・知床連山=知床岳~サシルイ岳~羅
臼岳~知床硫黄山~知西別岳~遠音別岳&羅臼湖・フレペの滝・
プユニ岬である。 (★ウィキペディアより編集)
画像

 (★カムイワッカの滝)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
箕輪初心:生方▲北海道旅行№5-1「北海道知床グルメ旅」
http://53922401.at.webry.info/201506/article_5.html

箕輪初心:生方▲北海道№5-2「羽田~女満別~オシンコシンの滝」
http://53922401.at.webry.info/201506/article_6.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【1】5月30日
○高崎06:50~
○羽田空港出発11:15~12:35
ひがし北海道までひとっとび!
○女満別空港----
○天国に続く道・・・北海道ならではの光景)
○オシンコシンの滝・・・日本の滝百選)
○亀石城=チャシ

●▲■~世界遺産~■▲●
画像

 (★無料画像より)

~~~《世界遺産:知床①クルージング》~~~~~~~~~~

16:25
●70分の船旅・・・OP2790円を予約してあった。
★船旅70分に期待した。特にヒグマが見たい。
鮭を追う大きな茶色のヒグマ
船に興味を持って泳ぐイルカ
周りを飛び交うカモメやウミウ
希少生物のオジロワシやケイマフリ
様々な形をした奇岩
地上からは行けないカムイワッカの滝
大海原の冷たそうなオホーツク海。
雪を頂いた絶景の知床連山。
世界自然遺産「知床」は類い希な自然形態が評価された。
海上と陸上の生態系の繋がりが深く関わっている。
自然が古くより守り通された理由は海上から景色を見るのが一番良く
わかる手段である。
知床半島を一望する。
船でしか見ることのできない知床原始の世界:秘境知床を見られる
と思って予約した。

●70分の船旅・・・2790円のオプションだった。

●ウトロ港
ウトロ港は知床半島中部のオホーツク海側、プユニ岬とチャシコツ
崎の間に位置する第4種漁港である。 大型客船「おーろら」やク
ルーザーなど知床岬を巡る観光船の拠点にもなっている。

ククルージング業者は4つある。
①事業者ゴジラ岩観光:エリアウトロ
電話0152-24-3060  営業時間7:00 - 18:00
②事業者知床世界遺産クルーズFOX:エリアウトロ
電話0152-24-2656 営業時間4月29日~10月下旬 定員23名

③知床観光船「おーろら」・・・大型客船

④知床世界遺産クルーズ
●ゴジラ岩
画像


知床世界遺産クルーズ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
画像

★上のデッキは満席、中で左に座ったのが最悪だった。
 行きは近くで見られるのだ。
画像

画像

①プユ二岬
画像


②乙女の滝:フレベの滝
・ウミウもいる。
③上に灯台
④男の涙滝
画像


⑤湯の華滝・・硫黄分
画像


⑥象岩
⑤クンネポール

⑦岩尾別・・・川でサケを捕獲して卵を採って放流する
画像


●トド・・・★これを人間は食べちゃうのだ。
画像


⑧オーバーハング
画像


⑨水晶岩 ・・・上が明日行く知床5湖
画像

⑩こけし岩
画像

⑪鷲の鼻

⑫カムイワッカの滝
画像

画像


⑬俵岩
折り返し地点・・・ビデオと撮った。

画像

画像


画像


画像


画像

・トド
画像

画像



世界自然遺産「知床」は雄大な半島であった。
 でも、見た生き物はトド・オジロワシ・ユリカモメ・ウミウだけだった。

画像


画像

 (★無料画像より)


●ウトロ港に戻った。
●オロンコ岩、三角岩、ゴジラ岩の奇岩が点在している。
・バスの送迎を断った。




明日は・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック