箕輪初心▲秩父横瀬【根小屋城】:秩父氏5代の館→北条氏の烽火台&巨大横堀

★平成26年(2014)12月28日、富岡武蔵さんと秩父の城めぐりをした。
横瀬町の根古屋城は平安時代、秩父氏館(吉田)→城主:秩父武光
が築城し、5代が住んだ。最後の秩父惣領家:畠山重能は現深谷市
川本に移った。畠山重忠は深谷川本で生まれたという。その後、根小
屋城は、秩父氏の分流が住んでいたのであろう。室町時代には関東管
領:上杉氏の所領であった。戦国時代には北条氏邦は入ったらしいが、
鉢形城に移動した。北条氏直の時代には渡辺監物・浅見伊賀守らが城
を守ったという。
画像







◆訪問日・・・平成26年(2014)12月28日
※関越自動車道の花園インターを下り、国道140号線を秩父市内へ
 向かった。秩父警察署、秩父鉄道秩父駅付近を越えた先に上野町の
 信号がある。
画像

左折し国道299号線に入った。
「飯能まで41km」・・・鎌倉上道まで10里・・・
4.5km先、右手に城山が見える。
画像

 (★正面手前の低い山)

横瀬川を渡り、路地に右折した。
画像


●100m先の左手に登城口がある。
画像
 

●説明板 
画像

「城山(前山)山頂を主郭として北西尾根側の西の郭、北東尾根側の
二の郭、その麓側の東の郭に遺構が残る。主郭は採石で消滅している
が、二の郭の堀切と土橋は明瞭である。
★簑型=逆U字形になっている。


●登城口付近。

●山すそを少し歩く。
  猪のペリット・・・葛の根・ミミズを探したらしい。

●山に入った。
 蓑状の間の水の手のような場所である
画像



●分岐・・・すぐに左右に分かれる。
画像

★右手を行くと西の郭になそこからの主郭へ登れる。
 案内板がしっかりしていた。
  左に行くことにした
  ★東郭を経由して主郭に登れるようだ。


●東の郭・・・3段になっていて、
  一番下は浄水池のようである。
  帯郭などあるらしい。富岡武蔵さんが確認に行った。
画像
  

●水の手郭である。
画像
  


●東の帯郭
画像


●急登の階段・・・上りきる。
画像


,●二の郭
それにしても広大な郭である。
 20m×30m・・・?
画像

「2つ岩は虎口で、遠回りさせたのではないかねえ?」
と富岡武蔵さんに同意を求めた。
画像


●土橋・・・明瞭に残っている。
画像


●つまり、両端は堀切である。

●分岐・・・
画像


●左から主郭に向かった。
画像


▲主郭・・・
画像

 何はともあれ15分程で本郭の山頂へ着いた。
 案内図では「山頂の郭」と記されていた。
画像

 武甲山の眺めが見事であった。
画像

★戦国時代・・山頂の主郭部分は監視のためにのみの使用で、
 大きな改修はされなかったんだろう。

しかし、裏=南はかつての採石現場であり、様相が変わっ
ていた。


▼下山
 立入禁止の縄に沿って、尾根を下った。
画像


●何回か、崖を下った。
段城に切ってある。
画像


●登山道に入り、分岐点に行く。
画像


●西の下には大規模な横堀があった。
画像

斜面が緩やかので、急な崖状にしのではないかと
考えた。
 さらに、土塁状になったので、狭間があった。
 横堀は武者走り、あるいは、鉄砲・弓隊の隠し場所
 の可能性があると思った。
 

●横堀の中を行った。
画像



●横堀は1ヶ所が5m程はなだらかになっているが、幅10m
御殿側の高さは10=12mと高い。
 横堀は100m程続いている。
画像
 


●無理矢理、横堀から45度の坂を登った。
画像


・上から堀を見た。
画像



●西の郭
   西の郭は大きな上下二段の郭があった。

少し戻った。

●上の御殿郭にでた。
画像


 30m×50m程か?

●分岐
画像

画像
 
画像


●御殿郭

●下の段の西の郭・・・土塁が巡っていた。
画像

画像



●墓
画像


●現地案内板
画像

「この城は、大机山(三角山)から北へ延びる尾根の末端にあり、
横瀬川、生川、小島沢、城谷沢に囲まれた山城で、正丸峠と妻坂峠
からの街道を監視する。「前山」とも「城山」とも呼ばれている。
本郭は石灰石の採掘により破壊され、一部が残される。これより北
に延びる尾根には、小口郭・土橋を挟んで25×85mの2の郭が
築かれ、麓には水の手郭や東郭・腰郭が設けられている。また、北
西に延びる低い尾根の西郭には、「御殿郭」があり、35×160
mに及ぶ2段の郭と大規模な構堀・腰郭が築かれ、これが本城唯一
の特色といえる。
江戸後期の「新編武蔵風土記稿」によれば、北条氏直の家臣、渡辺
監物、浅見伊賀守が在城したといい、往古には秩父別当武光、同十
郎武綱、同重綱、同重弘、同重能まで5代にわたり居住したという。
重能は男衾郡畠山(現深谷市川本)に移り、その子畠山重忠は武蔵
武士を代表する武将として知られる。
天正18年(1590)鉢形城落城と共に開城し、その後廃城とな
った。
なお、本城の南には上杉家の臣・長田外記の居城と伝える古御嶽城
址がある。
 「★横瀬町指定史跡 昭和48年 横瀬町教育委員会」



,●枡形状の虎口
画像


●堀切と土橋
 ★戦国時代に根小屋城は古い城郭=西の郭群のみ大規模に改修した
  という感じに思えた。

●トンネルの上を通って、戻った。
画像


●「根小屋なのであろう。」
 と富岡武蔵さんが言った。
画像


●根古屋城跡(町指定史跡)の標柱を確認。




★★ 横瀬町の根古屋城の歴史 ★★
・平安時代
 平氏系秩父氏は秩父氏館(吉田)に住んでいた。
 →秩父武光が築城し、5代が住んだ。
秩父武光→秩父武綱→秩父重綱→秩父重弘→畠山重能と
  継がれた。
最後の秩父惣領家:畠山重能は現深谷市
  川本に移った。
(★現地案内板・★「新編武蔵風土記稿」)
初代:秩父(平)将恒→2代:秩父(平)武基→秩父武綱→
 秩父重綱→秩父重弘→畠山重能→(畠山重忠)とあるが?
 (★秩父氏系図)

●秩父平氏6代:畠山重能の子ども
長男:重光は薩摩の伊地知氏の祖になった。
   子孫には幕末の伊地知がいる。
次男:重忠は畠山氏を継いだ。

箕輪初心■埼玉川本【畠山重忠公史跡公園】
:畠山重忠公生誕の地
http://53922401.at.webry.info/201407/article_16.html

箕輪初心●埼玉嵐山町『菅谷城1回目』=畠山重忠の館跡
http://53922401.at.webry.info/201406/article_12.html

箕輪初心●埼玉嵐山町【菅谷城2回目】&畠山氏→北条氏
http://53922401.at.webry.info/201406/article_14.html



・鎌倉時代・・その後は、秩父氏の分流が住んでいたのであろう。
 
 ※秩父重綱の次男:秩父重隆の嫡男:葛貫能隆と称した。
    →葛貫能隆の嫡男:河越重頼と称した。


・室町時代
関東管領:上杉氏の所領であった。
  永田外記の居城は近くにあった。
  上杉憲政の所領であった。

・戦国時代
・北条氏邦は入った?
「北条氏康の三男新太郎氏邦は、関東管領上杉家の旧臣藤田右衛
門佐邦房の養子になった。邦房は秩父郡岩田の天神山城を氏邦に
譲り、自身は榛澤郡用土に退去した。
氏邦は、その後、秩父領横瀬の根小屋に城を移したが、人里離れ
て不自由なため、男衾郡鉢形に移った。」
★北条氏邦が一時的に兄に北条氏照の近い滝山城(東京八王子)
あるいは小田原寄りの口を封鎖したいと考えていたのかもしれ
ない。
(★「関東古戦録」:久保田順一訳)


 北条氏邦が鉢形城に移動した。

北条氏直の家臣、渡辺監物、浅見伊賀守が在城した。
(★「新編武蔵風土記稿」)


・天正18年(1590) 鉢形城落城と共に開城し、その後廃城とな
った。


◆参考図書
「埼玉の古城址」中田正光著
「日本城郭大系」:新人物往来社
「東京・埼玉の城」」:新人物往来社
「続埼玉の城祉めぐり」:西野博道著





~~~埼玉の城:長瀞・皆野・秩父~~~~~~~~~~~~
箕輪初心●埼玉長瀞【天神山城2回目】=北条氏邦の支城
http://53922401.at.webry.info/201409/article_27.html

箕輪初心●埼玉長瀞町【天神山城】=鉢形城の支城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_16.html

箕輪初心▲埼玉長瀞町の名所&城一覧
http://53922401.at.webry.info/201409/article_26.html

箕輪初心▲埼玉長瀞「日本一の青卒塔婆」&『仲山城』
http://53922401.at.webry.info/201409/article_28.html

箕輪初心▲埼玉皆野町「城一覧20城&名所」
http://53922401.at.webry.info/201409/article_29.html

箕輪初心▲埼玉皆野【千馬山城=龍ヶ谷城】:秩父№2の城?
http://53922401.at.webry.info/201409/article_30.html

箕輪初心▲埼玉秩父【金運:和銅遺跡&「聖神社」】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_1.html

箕輪初心▲埼玉秩父【長尾城=瑞岩寺城】:長尾景春の城
http://53922401.at.webry.info/201410/article_2.html

箕輪初心▲埼玉秩父:「長尾景春の乱&逃走」
http://53922401.at.webry.info/201410/article_3.html

箕輪初心▲埼玉秩父【秩父氏館】=吉田小学校
http://53922401.at.webry.info/201410/article_4.html

箕輪初心▲秩父【諏訪城=大野原城】:荒川と横瀬川に挟まれた
断崖城
http://53922401.at.webry.info/201501/article_12.html


箕輪初心▲秩父根岸城=長者屋敷:岩井堂から15分の山城
http://53922401.at.webry.info/201501/article_13.html

*******埼玉の城:寄居*長瀞****************************
箕輪初心●埼玉【第53回寄居北條まつり後編:攻防戦】&
『鉢形城の歴史詳細』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_15.html

箕輪初心○埼玉【第53回寄居北條まつり前編①準備~パレード】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_14.html

箕輪初心●埼玉:鉢形城4回目:外曲輪~三の曲輪~
二の曲輪~本曲輪
http://53922401.at.webry.info/201311/article_30.html

箕輪初心●埼玉『鉢形城』&北条氏邦の箕輪城の大改修
http://53922401.at.webry.info/201305/article_16.html

箕輪初心●『鉢形城の歴史詳細』&47回寄居北條まつり2008
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201305/article_15.html

箕輪初心◆埼玉『第52回寄居北條まつり2013鉢形城』
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201305/article_14.html

箕輪初心●箕輪城№115【赤備え】&北条三鱗会の井伊直政
手作り甲冑①」
http://53922401.at.webry.info/201311/article_29.html

箕輪初心○埼玉寄居町【花園城】=鉢形城の支城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_17.html

箕輪初心●埼玉長瀞町【天神山城】=鉢形城の支城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_16.html

箕輪初心●埼玉美里町【猪俣4城】&猪俣邦憲=北条氏
滅亡へ?
http://53922401.at.webry.info/201405/article_18.html

箕輪初心▲埼玉寄居町【金尾山城】&【金尾弥兵衛居館】
=鉢形城支城
http://53922401.at.webry.info/201406/article_2.html
  




★明日は熊倉城かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック