箕輪初心◆箕輪城139『第13回きつねの嫁入り』&箕輪城

★平成26年(2014)10月5日、雨天。それでも、イベントは
決行された。稲荷曲輪に住み着いたきつねの伝説は2つある。
①「長野業政が敵=武田信玄に城が攻められた時、箕輪城の
稲荷曲輪に住んでいた狐が霧を立ち込めさせて箕輪城を守っ
た。」という伝説・・。稲荷曲輪の稲荷神社=霧隠神社とも
呼ばれている。(★箕輪城語り部の会会長:岡田氏の情報)
②「箕輪城が廃墟になって、我が物顔で稲荷曲輪に住み
着いたという伝説・・・。「きつねの嫁入り」は2つの伝説
の創作劇だそうだ。今年で13回目・・・
「大人のきつねの嫁入り行列&野外劇」がメインである。
昭和30年代まで行われていた農家の跡取りが嫁を貰う
「貰い御祝儀」=「新婦輿入れ行列」の儀式と結び着いて
新婦輿入れ行列の風習を復活・再現したものだそうである。
3週間後、10月26日は12回箕輪城祭りである。
・主人公
画像

・あんちゃんと
画像

・子どものきつねの夫・・・K君
画像

・稲荷寿司を食べるきつね夫妻
画像


●10月26日 箕輪城祭りポスター
画像

★私も井伊直政のおもちゃの鎧を着て出演するのだ。



********************************************************

◆◆ 箕輪初心◆「箕輪城:きつねの嫁入り」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_3.html

◆◆ 箕輪初心◆「5~9回きつねの嫁入り&御前曲輪」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201209/article_29.html

◆◆ 箕輪初心◆「第11回きつねの嫁入り前編」  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201209/article_30.html

◆◆ 箕輪初心◆「第11回きつねの嫁入り後編」  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201210/article_1.html

箕輪初心:箕輪城102「2013箕郷狐の嫁入り&農大二高」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_7.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201310/article_7.html

**********************************************************


◆事前のポスター
画像

画像

画像



◆平成26年(2014)10月5日(日)
11:00 水車小屋
画像

画像

画像



11:05 高崎市役所箕郷支所へ向かった。
途中で来てしまった。
上司に行き会った。

    
11:10 子供の嫁入り+大人の嫁入りが始まった。
★子供のきつねは可愛かった。
画像

画像

画像

画像



11:15 箕郷町上芝の水車前で撮影した。
画像

画像

画像


①子どもの狐の夫・・・K君
画像

②子どもの付き添い・・・あんちゃん。
画像

   ③主人公・・・大学生
画像

  ④伴
画像

画像

画像

画像

画像


11:40 榛名白川ぞい
・かみつけの里「大王の儀式」=総括:K氏
画像


画像


画像

画像

画像



11:40 休憩
画像


11:50 箕郷ふれあい公園
画像

画像


12:00 ステージ
画像

画像


画像


・無料のナメコ汁&Mさんからいただいた昼飯を食った。

・許可された店・・///
画像


・食べ物・・・きつねのどら焼きを購入。

・メイク

・お面かき



12:40 ▼戻った。

15:00 ふれあい公園
  岡本優子さん・・・中止宣言?

※第7回野外創作劇は中止 
・・・上泉伊勢守の道場へ通う若い下田家の
 息子(信吉)と藤井家の娘(椿)の恋物語男女の恋物語
 で仲の悪い両家の男女が恋仲を箕輪城大殿や上泉伊勢守
 がとりもつ創作劇。
★「ちなみに、下田大膳・藤井友忠は長野業政
 の家老である。」

みのわの里のきつねの嫁入り実行委員会 
 TEL027-371-3275
 
16:30箕輪城・・・
★写真は前日
画像

画像

●稲荷曲輪=松下
画像

・右下が稲荷曲輪
画像
         
★稲荷神社=霧隠神社・・・
  「長野業政が武田信玄に城が攻められた時、 
  狐が霧を立ち込めさせて箕輪城を守った。」

★稲荷曲輪・・
「稲荷曲輪=松下・・
    井伊直政の家老・・
    井伊直政の母が再婚し、養子になった。





★明日は?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック