箕輪初心▲本庄【金窪城】&新田義貞四天王:畑時能の最後

★新田義貞の四天王の一人:畑時能は義貞に従って各地を転
戦した。新田義貞が越前(福井県)藤島の戦いで平泉寺勢力に
敗死すると、坂井郡黒丸城→千手寺城→鷹栖城を転戦した。
足利方の斯波高経と激戦を繰り返したが、ついには追い詰めら
れ、鷲ヶ岳に郎党16騎で立て籠もった。興国2年(1341)10月 
畑時能は伊知地(福井県勝山市)の斯波高経勢へ突撃した。激
闘の末、肩口に矢を受け、3日間苦しんだ後に亡くなった(伝)。
画像

 (★陽雲寺蔵の絵)



~~~新田義貞の関係~~~~~~~~~~~~~~
箕輪初心●新田義貞①「誕生~楠木攻め」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_40.html

箕輪初心●新田義貞②「新田~鎌倉へ進軍」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_41.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201102/article_41.html

箕輪初心●新田義貞③「2度の鎌倉攻撃」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_42.html

箕輪初心■古都:鎌倉③新田義貞の鎌倉攻撃
http://53922401.at.webry.info/201202/article_2.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201202/article_2.html

箕輪初心●新田義貞④「足利尊氏との対立」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_43.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201102/article_43.html

箕輪初心●新田義貞⑤「若狭に逃亡~福井で38歳没」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_44.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201102/article_44.html

箕輪初心▲群馬太田「大田山義貞院金龍寺」:新田義貞供養塔
http://53922401.at.webry.info/201403/article_25.html

箕輪初心★新田義貞の弟:脇屋義助&子孫の動向
http://53922401.at.webry.info/201303/article_22.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201303/article_22.html

箕輪初心★新田岩松の歴史&男爵:新田俊純
http://53922401.at.webry.info/201311/article_9.html


■平成26年(2014)8月18日
①№789本庄:産泰神社&四方田氏館&&光明寺→
②№790本庄:小島氏館=長松寺&諏訪神社
③№791本庄:畑時能館=八幡神社&陽雲寺
④№792本庄:陽雲寺*畑時能の墓&武田信玄の正室:三条
夫人の墓&信玄書状&海軍大将:畑氏の墓
○番外・・・黛神社
⑤№792本庄:金窪城:神流川戦いの北条拠点
○番外・・・立石寺
●渋沢栄一の生家→渋沢栄一博物館→尾高惇忠生家
⑥№793深谷:皿沼城&諏訪神社
⑦№794深谷:曲田城=咬心寺


【1】畑時能館?=上里の八幡神社
画像

※現地案内板
画像

画像



【2】金窪城
※新田義貞築城説
新田義貞が畑時能に命じて造らせた説

画像

画像


◆◆ 畑一族の出自&畑時能の最後 ◆◆

1)畑氏の出自
・平安時代末期 
  関東七党のに秩父黒丹五基房の4男:重光が賀美郡
  小島に住み、小島姓を名乗ったことに始まる。
※兄は榛沢成房(深谷の榛沢)である。
★姪っ子は結婚して、「丹」姓になった。

・鎌倉時代
 小島重光の死・・
  ①養子:小島五郎光成が継いだ。
  ②次男は志水次郎光俊を名乗った。・・志水氏の祖。
  ③3男は村田三郎朝俊を名乗った。
④?
  ⑤5男は高麗五郎経家を名乗った。・・高麗氏&加治氏の祖
  『新編武蔵国風土記稿』では、
  高麗郡畑村条に「この地に畑時能・畑能速が住んで在名を
  称したか?」とある。
  高麗郡には同族の高麗氏・加治氏などもいた。
  畑時能が丹党の出であったらしい。
  畑時能の配下として児玉党の児玉五郎左衛門も見える。
  北武蔵の武士で供に新田義貞に従ったと考えられる。

畠山重忠の子孫説や伊地知氏支流説もある。

丹党小島氏系加治系畑氏ではないだろうか?


箕輪初心▲埼玉本庄【小島氏館】
http://53922401.at.webry.info/201409/article_19.html




2)畑時能
 ※①高麗郡畑村の出身説
 ※②児玉郡上里の出身説。
 ※③秩父郡長瀞町の出身説。

 

『太平記』には
 ①相撲を好む日本一の大力の剛者
 ①愛犬を戦場に連れて行った武将
巻廿二には「畑六郎左衛門事」
  甥:所大夫房快舜や犬獅子と名づけられた愛犬の働きまで
  書いてあるという。
  「太平記絵巻」や歌川国芳の錦絵にも愛犬とともに描か
  れた。
 
箕輪初心●新田義貞⑤「新田義貞の最後38歳没」(福井)
★せっかく、新田義貞は京都で足利尊氏を九州に敗走させた
 のに、女=「こうとうのないし」にうつつをのかし、出陣の
 タイムリーを逃した。そのため、京都で勝った戦が足利尊氏
 の復活を許し、西国で敗戦した。
 西国での新田一族の戦死者123名・郎党8000余人で
 あった。
★おいらも新田系。群馬から4人の総理大臣がでたが、
 新田・里見・山名などから総理は出ていない。
 がんばれ、新田一族。
  (新田神社=新田義貞が自刃した灯明寺畷)

●地図


延元元・建武3年(1336)

5月27日 ●新田義貞は後醍醐天皇と比叡山に逃亡。

6月3日  ■足利尊氏は京都に入った。
      光明天皇(北朝)を擁立。
      足利尊氏の比叡山攻撃。

6月30日 ●新田義貞が京都に出撃。
8月23日 ●新田義貞が宇治で敗北。



8月28日 ■足利尊氏が比叡山を陥落。
10月10日 後醍醐天皇は足利尊氏と和睦。
      ・・・光明天皇が新天皇になる約束。
     ※後醍醐天皇は隠密裏に足利尊氏に接近。
    →堀口貞満の怒り
    「新田一族130人・郎党8000余人が死んだ。
    後醍醐天皇・あなたは新田義貞を捨てるのか?
    我々を皆殺しにしてくれ。」
       (★太平記)
    後醍醐天皇の越前への下向命令。
   ●新田義貞は後醍醐天皇の王子惟良親王・尊良親王を奉じ、
      ・・・脇屋義助の領地越前へ
    ■越前では、北朝方の斯波高経が勢力を伸ばしていた。
10月11日
  (新暦11月19日?★箕輪初心の計算) 
   木の目峠で大量の凍死者。
10月13日 敦賀で、気比神社へ
   (ー堀口満貞に任せていた地区)

  大宮司:気比氏治の案内で、金ヶ崎城に入城。
 「かの城の有様は三方は波によって岸高く、厳なめら
  かなり。」(★太平記)
画像

11月     足利尊氏が建武式目を発布。
12月     後醍醐天皇は吉野に去り、
        ・・・・南北朝が分立。

延元2・建武4(1337)
1月    足利家執事高師直弟:高師泰が新田義貞が立て籠も
      る金ヶ崎城を攻撃。
      3ヶ月の兵糧攻め。
     ●新田義貞軍は兵糧攻めにあって、餓死者が
       出たり、人肉を食べたりしたとか?
     (若狭:金ヶ崎城:新田の戦い)

●地図


3月5日 新田義貞と脇屋義助は落城前日、再起を期して
     城を離れた。
    瓜生氏の杣山城に入城。
画像

●地図

3月6日  高師泰や斯波高経の攻撃→金ヶ崎城が落城。
      →尊良親王・新田義顕が自害。
       恒良親王は北朝方に捕らえられた。
      南朝方は義貞の嫡子:義顕以下300名が
      討ち死に。851人(★太平記では)

4月  ●新田義貞は杣山城から檄を飛ばした。
      ・・・・多数の味方を得た。


8月11日 陸奥の北畠顕家は義長親王を奉じ、京へ出撃。
       新田系の者も参戦。
       8ヶ月の抵抗・・・
      北畠・新田の作戦・連携の失敗で、鎮圧。

延元3・建武5(1338)
2月  ●新田義貞は足利(斯波)高経の居城のある府中
    (現武生市)へ攻撃。
    
   府中の戦い
    日野川の激戦で、斯波高経の居城:新善光寺城も
    府中もことごとく燃え尽きた(伝)。
   府中で新田義貞軍が斯波軍を破ったことで、勢いを
   盛り返した。
   ●新田義貞軍は越前の足利方の73の出城を降伏させた。
    →新田義貞軍が優位。
   新田義貞は越前を完全掌握するために、斯波高経の
    こもる黒丸城を包囲。
  京の八幡山への救援を命ずる後醍醐天皇の寝筆の勅書
   (天皇直筆)が届いた。
   新田義貞は
   「武士で寝筆の勅書を賜った例はない、新田の家の分
   を超えた名誉だ。」
   と喜んだ。(伝)。

6月 越後から里見一族の大井田弾正少弼氏経・鳥山
     左京亮らの援軍が到着。
     
   斯波高経の黒丸城は簡単には落ちなかった。
   畑時能は新田一門:一井兵部輔氏政とともに
坂井郡黒丸城を攻撃した。・・・
   斯波高経の家臣:朝倉広景&高景父子は吉田郡黒丸城
   に拠って目代となっていた?らしい
★つまり、朝倉敏景の先祖・・と戦ったのかも?。
   足羽七城は城同志が互いに敵の背後にまわり
   挟み撃ちが出来るように配置してあった。)
  足羽七城の一つ藤島城には白山平泉寺の僧兵が守備し
   ていた。



閏7月2日 ●新田義貞は戦況がよくないので、50余騎で
     、偵察に向かった。
   新田義貞は途中、藤島の灯明寺畷(福井市新田塚)で
   黒丸城から斯波家臣:細川出羽守と鹿草(かくさ)彦太郎など
   300余騎の軍勢に出くわした。
   一斉に弓を射掛けられた。
     新田義貞側は盾の弓も持っていなかった。
     中野藤内左衛門は、
    「大将は雑兵を相手に戦うべきではない。」
     と箴言した。
     しかし、つぎつぎと射殺されていく配下を見て
    新田義貞は覚悟を決め、敵に向かった。
   新田義貞の騎馬には多くの矢が立ち、田んぼの中に
     ほうり出された。
   そして、面を上げた瞬間に、額に敵の矢がささった。
   新田義貞は「もうこれまで」と思い、抜いた太刀を左
   の手に取り渡し、みづから首を
    かき切った。そして、泥の中に横臥した。
   越中の住人:氏家中務丞重国
    (うじえなかつかさのじょうしげくに)
   が走りより、首を取つて刀の刃先に貫き、鎧・太刀・刀
   を取り、黒丸城へ帰った。
     
   結城上野介・中野藤内左衛門尉・金持太郎左衛門尉、
   馬より飛び下りて、義貞の死骸の前にひざまづいて、
   腹かき切つて殉死した。
 「四十余騎の兵が射落されてたが、敵のひとりをも取り
  えずに、犬死して臥したりけれ。」(★太平記)
  ★灯明寺畷で没・・・「あ~あ。残念。」
画像

   ●新田義貞の首は都大路を引き回され、獄門に
   かけられた。

8月 足利尊氏、北朝より征夷大将軍に任ぜられて
   室町幕府を開く。

9月 新田義貞の死後、脇屋義助が新田一族をまとめた。
   足利勢と越前で戦った。

■新田義貞の遺骸
 ●新田義貞の胴塚・・福井県丸岡市称念寺。
画像

画像

 

 ●新田義貞の首塚・・京都嵐山の祇王寺隣壇林寺。
画像

 
 ●新田義貞の首塚・・群馬県旧尾島町武蔵島「勾当内待邸跡」

●新田義貞の首・・・神奈川県小田原東町(山王原網一色)
の小田原城東高校近く。
大久保忠燐の先祖が運んだとか?
(★小田原城ボランティアガイド:真木さん)

●新田供養堂・・・・・・・
 福井:藤島神社=新田神社・・・明治9年(1876)

 福井:藤島神社(足羽山)・・・・・明治34年(1901)
    ↓
 ●上野:太田金龍寺(★太田大光院と金山城の間)・・・延元3年
    
 ●上野:桐生金龍寺・・・・・・応永24年
    
 ●常陸:牛久金龍寺(由良一族)・・天正18年
    
 ●??:若柴金龍寺・・・・・・・天正18年  

    福井:新田義貞戦没地            
(1901年・・・水害のため、足羽山に藤島神社が移転)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・延元2年(1337)
7月 新田義貞が越前藤島の灯明寺綴(福井市新田塚)で
    平泉寺勢力のため、敗死した。
味方の援護に出撃したところを斯波高経配下の部隊
   と戦闘となり最期を遂げた。

・暦応2年(1339) 新田義貞の弟:脇屋義助は体勢を建て直
  し、一旦は守護斯波高経軍を越前から加賀へ追い払うの
  に成功した。

・暦応3年(1340)
8月 斯波高経は能登守護:吉見頼隆から援軍を得た。
    守護斯波高経は、 三国、金津と北陸道を南下しながら、
    南朝軍を攻めた。
    一旦は奪われた足羽七城も大軍で包囲しながら着実に
    奪い返した。
    北朝方の足利一族の越前守護:足利(斯波)尾張守
   高経、高上野介師重や能登の吉見頼隆の軍と激戦
   を繰り返した。
必死に防戦にあたる脇屋軍は後退につぐ後退を余儀な
   くされている。

  南朝方の拠点:丹生郡杣山城(福井県南条郡南越前町阿久和)
   が落城した。
   北朝方の斯波高経家老:増沢甲斐守祐徳が入った。

   守護:斯波高経軍は、杣山城や大滝を落とし、脇屋義助が
   篭る府中を攻めた。
画像

  (★杣山城からの眺め)
画像

 (★そま山城からの眺め)

・興国2年・暦応4年(1341)
 9月 脇屋義助は美濃→吉野に戻った。

 →千手寺城(=三国湊城:福井県坂井市経ヶ岡)で戦った。
 千手寺を城郭として使用した。
   「中にも湊城とて、北陸道七箇国の勢共が終に攻落せ
    ざりたり平城也」
 (★太平記)
   脇屋義助の家臣:畑時能が居城とし、北朝方と戦かった。
   平野部が制圧された。
   畑時能は湊城を出て奮戦し続けた。
   →・・・
 
  そして、南朝軍最後の戦いがこの高須山=坂井郡鷹栖城
   =鷹巣城:福井市高須町で展開することになる。

 
 福井市街の東側の九頭竜川北岸の伊知地山
 ・・・現福井県勝山市北郷町伊知地:鷲ヶ岳(標高769m)
 に砦を築いた。
 そして、郎党16騎で立てこもって戦いを続けた。

 「越前・若狭国ノ間ニ、宮方ノ城、一所モ無カリケル」
(★「太平記」)
  畑時能が籠もる鷹巣城では、何重にも城を囲んだ
  斯波の大軍を相手に必死に抵抗した。
 ※味方が27人で敵が7,000人という不利な戦い
  の状況で、1年2ヶ月立て籠もって戦ったとしている。
★実際は?

 10月 畑時能はいよいよ最後の時が近づいたことを悟った。
     畑時能は、わずかな手勢を2分して、自らは伊知地
    山(勝山市鷲ケ岳)に移動した。
 
 10月22日  斯波高経が伊知地山へ3000余騎の軍勢を
   差し向けた。
   畑時能は少数の兵で斯波軍との激闘した。
斯波勢を追い返した。
   しかし、畑時能は敵の矢で深手を負った。
 10月25日 畑時能は(3日後に)亡くなった(伝)。
  ※越前における南朝方の最後の戦いが行なわれた地で
    あった。
   「伊知地古戦場」として勝山市指定史跡となっている。
 
   時を同じくして、鷹巣城も孤立したまま落城した。


・康永元年(1342) 閏6月 脇屋義助が病死。
  伊予の国府?国分城?の説もある。
    =群馬県太田市と姉妹都市関係。

・正平13年(1358) 足利尊氏が死去(54歳)

★江戸時代の末期、「太平記」を読んだ高山彦九郎
  (群馬県太田市)は、日本の幕末期の
 勤王論者第1号になった。
 高山家が太田金山城の由良家家老だったからか?
 北海道以外全国に遊行。
 吉田松陰や橋本左内にも影響を与えたたしい。



【3】陽雲寺の畑時能供養塔・・・石の祠 

新田義貞の四天王の随一と呼ばれた。
画像

 畑時能の供養祠と伝えられているものである。
 ★畑時能は新田義貞戦死後も南朝方のため孤軍奮闘した
 のだ。
画像

・暦応2年(1339) 越前国で足利(斯波)高経に討たれた。
 従臣:児玉五郎左衛門光信が畑時能の首級を携えて敵陣を
 脱出し、金久保に持ち帰り供養したものという。後に児玉
 光信も畑時能の墓側に葬られた。2つの石祠が建立された。
 両者の姓を取り「畑児塚」と呼んでいるそうである。



【4】陽雲寺:畑俊六:元帥陸軍大将&畑英太郎:陸軍大将
 畑時能の後裔の陸軍大臣:畑俊六元帥と畑英太郎:陸軍
 大将の碑も立っている。
画像

会津出身・・・畑家の遠祖は畑時能。
 白虎隊士として飯盛山で自刃した西川勝太郎は畑能賢の
 従弟であった。
畑俊六元帥は会津藩家老:名越家からの養子らしい。
名越家と言えば、北条時政系・・・?


~~~本庄の城祉~~~~~~~~~~~~
箕輪初心▲埼玉本庄【小島氏館】
http://53922401.at.webry.info/201409/article_19.html

箕輪初心▲埼玉本庄【四方田(よもた)氏館】
http://53922401.at.webry.info/201409/article_18.html

箕輪初心▲埼玉【本庄城】復刻版:本庄2代→小笠原2代56年
http://53922401.at.webry.info/201409/article_17.html

箕輪初心○埼玉本庄【五十子(いかっこ)の陣&五十子の戦い】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_27.html

箕輪初心★埼玉本庄『塙保己一』と【「群書類従」の箕輪城】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_33.html

箕輪初心●埼玉本庄【雉ヶ岡城】=上杉顕定の城→北条氏の城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_32.html



中山道:大宮→上尾→桶川→鴻巣→熊谷→深谷→本庄
箕輪初心▲埼玉【岩槻城】=後北条時代は2万都市?
http://53922401.at.webry.info/201407/article_18.html

箕輪初心▲埼玉大宮【氷川神社】&『大宮歴史と民俗の
博物館』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_19.html

箕輪初心▲埼玉さいたま『寿能城』=現:寿能公園
http://53922401.at.webry.info/201407/article_20.html

箕輪初心▲埼玉大宮『伊達房実館→大和田陣屋』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_22.html

箕輪初心▲埼玉大宮『中丸城=春日氏館跡』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_21.html

箕輪初心▲埼玉大宮『土呂陣屋=初鹿野氏館』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_23.html

箕輪初心▲埼玉上尾【菅谷北城】=春日氏の陣屋?
http://53922401.at.webry.info/201408/article_12.html

箕輪初心▲埼玉伊奈【伊奈氏陣屋】&伊奈忠次
http://53922401.at.webry.info/201408/article_8.html

箕輪初心▲埼玉桶川①『明星院』:熊野信仰&②倉田
孫四郎館
http://53922401.at.webry.info/201408/article_9.html

箕輪初心▲埼玉桶川『加納城』=土豪の館
http://53922401.at.webry.info/201408/article_10.html

箕輪初心▲埼玉桶川『三ツ木城』=足立遠元の館?
http://53922401.at.webry.info/201408/article_11.html

箕輪初心▲埼玉川島『三尾屋十郎廣徳館跡』=廣徳寺
http://53922401.at.webry.info/201408/article_14.html

箕輪初心■埼玉桶川【牧野氏陣屋】と「牧野山城守家の歴史」
&関宿城→田辺城
http://53922401.at.webry.info/201408/article_15.html

箕輪初心■埼玉桶川【武城】= 足立遠元関連の城館跡?
http://53922401.at.webry.info/201408/article_16.html

箕輪初心▲埼玉北本『石戸堀ノ内館=伝:源範頼館館』
http://53922401.at.webry.info/201408/article_17.html

箕輪初心▲埼玉北本『石戸城』岩付城太田資正の支城
http://53922401.at.webry.info/201408/article_18.html

箕輪初心▲埼玉鴻巣『伝」源経基館』
http://53922401.at.webry.info/201408/article_19.html

箕輪初心▲埼玉久喜【菖蒲城】&あやめ園
http://53922401.at.webry.info/201408/article_20.html

箕輪初心▲埼玉【羽生城】:上杉謙信の忠臣:木戸忠朝
http://53922401.at.webry.info/201408/article_24.html

箕輪初心★熊谷:熊谷次郎直実&熊谷寺
http://53922401.at.webry.info/201408/article_25.html

箕輪初心▲熊谷:【中条氏館】:常光寺&中条家長&子孫
http://53922401.at.webry.info/201409/article_1.html

箕輪初心▲埼玉熊谷旧妻沼【西城城】=成田氏→斉藤氏→長井氏
http://53922401.at.webry.info/201409/article_2.html

箕輪初心★埼玉熊谷【斎藤実盛館】=実盛と義仲の因縁
http://53922401.at.webry.info/201406/article_18.html

箕輪初心○埼玉【深谷城】&『深谷上杉氏の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201406/article_4.html

箕輪初心●埼玉【人見氏館】=猪俣人見氏→庁鼻和上杉氏
http://53922401.at.webry.info/201406/article_5.html

箕輪初心★埼玉深谷市【庁鼻和城】&4代上杉憲顕の子:
庁鼻和上杉憲英~
http://53922401.at.webry.info/201405/article_25.html

箕輪初心●埼玉【東方城】=深谷城の支城
http://53922401.at.webry.info/201406/article_6.html

箕輪初心●埼玉深谷市普済寺【岡部氏館】&岡部忠澄の墓
http://53922401.at.webry.info/201406/article_19.html



~~~熊谷の成田氏関係~~~~~
箕輪初心▲埼玉熊谷妻沼【西城城】=成田氏→斉藤氏→長井氏
http://53922401.at.webry.info/201409/article_2.html

箕輪初心▲熊谷上須久八幡神社&善ヶ島【東城】:幻の城砦発見
http://53922401.at.webry.info/201409/article_3.html

箕輪初心●埼玉熊谷『成田氏館』&行田『忍城』
http://53922401.at.webry.info/201409/article_8.html

箕輪初心●埼玉熊谷『別府氏館』&一の谷の合戦
http://53922401.at.webry.info/201409/article_9.html

箕輪初心▲熊谷:東別府城=別符幸長&別府氏400年
http://53922401.at.webry.info/201409/article_10.html

箕輪初心▲熊谷【西別府城】&安楽寺:別府氏の墓
http://53922401.at.webry.info/201409/article_11.html

箕輪初心▲熊谷:奈良氏館:妙音寺:成田助高3男系
http://53922401.at.webry.info/201409/article_12.html



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
箕輪初心○埼玉【深谷城】&『深谷上杉氏の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201406/article_4.html

箕輪初心●埼玉深谷【人見氏館】=猪俣人見氏→庁鼻和上杉氏
http://53922401.at.webry.info/201406/article_5.html

箕輪初心★埼玉深谷【庁鼻和城】&4代上杉憲顕の子:
庁鼻和上杉憲英~
http://53922401.at.webry.info/201405/article_25.html

箕輪初心●埼玉深谷【東方城】=深谷城の支城
http://53922401.at.webry.info/201406/article_6.html

箕輪初心▲埼玉深谷【皿沼城&曲田城】:岡谷氏の居城
http://53922401.at.webry.info/201409/article_16.html

箕輪初心●埼玉深谷市普済寺【岡部氏館】&岡部忠澄の墓
http://53922401.at.webry.info/201406/article_19.html

箕輪初心★埼玉深谷【尾高惇忠】初代富岡製糸場長:富岡
製糸場6-⑦
http://53922401.at.webry.info/201409/article_15.html

箕輪初心★【渋沢栄一の生涯】:「日本資本主義の父」
http://53922401.at.webry.info/201409/article_14.html


*******関東管領:上杉家関係**************************
箕輪初心★山内上杉16代①「初代~7代」=足利尊氏の
母方系
http://53922401.at.webry.info/201405/article_23.html

箕輪初心★上杉家②『8代:憲実~9代:憲忠~10代:房顕』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_26.html

*********上杉顕定の関係****************************
箕輪初心★太田道灌の生涯:長尾景春のライバル
http://53922401.at.webry.info/201312/article_1.html

箕輪初心★長尾景春:関東下克上で従兄弟:太田道灌と交戦
http://53922401.at.webry.info/201311/article_31.html

箕輪初心★【連歌師:飯尾宗祇】&関東管領:上杉&長尾
http://53922401.at.webry.info/201404/article_24.html

箕輪初心★『宗長の生涯』:世捨て人の彷徨
http://53922401.at.webry.info/201404/article_25.html

*****************************************************

箕輪初心●群馬【平井城前編】:関東管領8代上杉憲実~
16代上杉謙信
http://53922401.at.webry.info/201405/article_29.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201405/article_29.html

***************************************************



★明日は金窪城と「神流川の戦い」かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック