箕輪初心▼海外80海外D42:フィリピンのマラパスクワ②

マラパスクワ島の「ニタリザメ」。世界的にも自然
観察ができる極めて珍しい場所である。ニタリザメ
は体についた寄生虫をとるためにベラにクリーニン
グされにクリーニングステーションにやってくる。
日本でも大島や神津島での目撃例が報道されていた。
マラパスクワ島のニタリザメは年間を通して見られ
るらしいが、時間帯が日の出直後の早朝なので、早
起きが必要だ。しかし、これが目的で来ているのだ。
5日間とも行くぞ。フィリピン11回目なのだ。

画像
 



*****一緒に潜った「uneさん&yasusiさん」*******************
https://www.youtube.com/channel/UCakkA26N8Yp6F4EAypb289w

Unepy Yamago - YouTube13回目のモルディブ
https://www.youtube.com/channel/UCakkA26N8Yp6F4EAypb289w


Unepy Yamago - YouTube 2010年5月のラヤンラヤン。
https://www.youtube.com/watch?v=lVcdICMHY8o


Unepy Yamago - YouTube2011年のGW:
パプアニューギニアニューブリテン島。
https://www.youtube.com/watch?v=ty4rB42-_-c


Unepy Yamago - Google+
https://plus.google.com/11597286657012363567



~~~~フィリピンでのダイビング~~~~~~~~~~~
箕輪初心▼海外80海外D42:フィリピンのマラパスクワ①
http://53922401.at.webry.info/201408/article_4.html

▼▼ 箕輪初心▼海外84:フィリピン10回目の2
           「ジンベエザメ:魚魚目フォト」 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_10.html

▼▼ 箕輪初心▼海外84:フィリピン10回目の1
           「セブ島近辺ダイブ14本&グルメ概要」 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_9.html


箕輪初心▼【フィリピンダイビング9回の一覧】
 ★ジンベエザメスイム2回もあるよ
http://53922401.at.webry.info/201204/article_1.html

箕輪初心▼フィリピンダイブ【ドマゲッテイ4回詳細編①】
http://53922401.at.webry.info/201308/article_9.html


※箕輪初心▼海外№72【ドンソール5】は、下記のブログで
   ジンベエザメスイム&ダイビング
http://53922401.at.webry.info/201104/article_2.html
http://53922401.at.webry.info/201104/article_3.html
http://53922401.at.webry.info/201104/article_4.html

※箕輪初心▼海外№74【サウスレイテ5】は、下記のブログで
ジンベエザメスイム&ダイビング
http://53922401.at.webry.info/201201/article_2.html
http://53922401.at.webry.info/201201/article_3.html
http://53922401.at.webry.info/201201/article_4.html


▼箕輪初心▼海外№78:パラオ世界遺産の海
【パラオスポート号】
http://53922401.at.webry.info/201212/article_26.html


▼▼ 箕輪初心:海外ダイビング30回  ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201010/article_1.html

★もう、41回目になる。8月3日、出発の
  フィリピン、マラパスクワに行くのだ。

平成26年(2014)8月3日(日)~8月9日(土)の7日間
島の散策したら、ダイビングリゾートは15以上あるようだ。


●昨年はSTW(エスティーワールド)で計画した。
 5日間で25万円の見積もりだった。
 一人はピックアップ代がかかるのだ。
 ブルーコーラル使用である。
 マラパスクワの「ブルーコーラル」良い立地
 にあった。


●今年は旅行会社:ワールドエクスプローラ
 東京都港区浜松町2-2-3 磯山ビル5F
    03-5425-7711
7日間で26万円の見積もりだった。
 でも、夕食別で同じようなもんだと思った。


●旅行スケジュール

【1】1日目・・平成26年(2014)8月3日(日)
02:00 起床 風呂 
02:40 朝飯・・大好きなナスの糠漬けだ。
03:00 中央タクシー長野0262-82-0232
★ここに頼むと家まで迎えに来てくれるのだ。
 しかし、前橋IC・高崎IC・玉村ICから遠い
 ため、1時間程早い。・・・埼玉の上里SAで
 長野から来た8人乗りの乗合タクシーに乗り
換える。費用は6900円・・・
帰りも予約してある。
 途中、飯島さんといいうフィリピン
 出身の方も一緒った。
 行先もマニラで一緒だった。

06:40 成田着・・・計画より50分早かった。


07:30 朝食2回目・・・冷やしうどん
09:30成田空港発、(PR431)マニラへ
 とあったが、10:26発・・・


13:10 マニラ到着
ダイレクトに送れるようにしましたが、
マニラで荷物が出るかもしれません。
やっぱり、40分待ちで荷物が出てきた。

   乗換え【経由便】

16:05 マニラ発
  16:30マニラ発フィリピン航空(PR2861)セブへ


17:25 セブ到着

18:00 送げい・・・・
マクタン・セブ空港~セブ島に入り、北東に向かう。
下道で・・・車で約4時間ほど北上した北端の島
のマヤ港へ・・
10:00 マヤ港 
  小舟に乗るためポーター50ペソ払った。・・・
リゾートのボートに乗り換え・・・ダイビングボート
であった。
  セブ島北部の沖合いに浮かぶマラパスクア島へは約15
  分とあったが、波があり、実際には40分かかった

11:00 マラパスクア島に到着した。
 ※誓約書を書いた。
ニタリ狙いのモナドショールは水深25m前後にあるので 
AOW(アドバンス・オープン・ウォーターダイバー資格)
があるか、聞かれた。

21:30 maha着(セブ最北部の町)

21:40 小舟で。。。 100ペソ=250円払って。。。

22:30 マラパスクア エキゾチックアイランド ダイブ
&ビーチリゾート着

22:50 夜食:サンドウィッチ

23:30 マラパスクア エキゾチックアイランド ダイブ
&ビーチリゾート着泊
 63-32-4065428




【2】2日目・・平成26年(2014)8月4日(月)
04:00 起床・・といっても何度も起きたが・・・

04:30 ショップ
ブリーフィング
①できるだけこじんまりとまとまって鑑賞する。
 中層にいると近づいてこないので注意する。
②ライトは使用禁止です。
③呼吸はゆっくりとする。ゆっくりはく。

05:00 出航
まだ、真っ暗であった。

やがて、ポイントに向かう途中で夜明けとなった。
05:50 ポイントに着いた。
▼▼1・・・マナド・ショール 
「ニタリザメ3匹」
①1匹目・・目の前を通り過ぎた
②2匹目・・10分も近くをクリーニング。。
③3匹目・・小型のニタリザメも合流。
 ニタリザメ(=Thresher shark)がクリーニング
 ・ステーションに集まってくる。
 ニタリザメはオナガザメ科のサメで全長2~4mある。
 人を襲った例はない。性格はきわめておとなしい。
 尾ビレが1~2mと長く、魚を捕食する際にむちの
 ように使って小魚を叩き落とすとされている。 
 

07:15 ホテル・・・
朝食

09:00 goa島へ出発


09:50 船で50分かかった。
▼▼ゴア島西


★cautionラインに入ってしまって、
 fo2(窒素)を解消できず、「deco」寸前
マークがでてしまった。
悩んでしまった。・・・
  

12:10
▼ゴア島の東ケーブ
・ケーブ
・巨大カニ

・オトヒメエビの変種:バイオレットシュリンプ
・花魁ヨウジ


15:30 ホテル着
ビールタイム・・・くらくらした。
16:00 村の散策
 標高20m程で山のない平坦な島である。
【Malapascua Exotic Island Dive and Beach Resort】
 から、隣に一軒・・・「??ヘブンリゾート」
 白砂のビーチ沿いの椰子の木々がある歩道を歩いた。
 ビーチ沿いに島民が歩く砂の歩道である。
同じピーチには7軒のダイビングリゾート&ホテル
 が並んでいた。最後はブルーコーラル:日本人経営
 のホテルらしい。・・去年、STWに頼もうとした
 ホテルである。
村の海岸づたいを進むとさらに3軒・・・
 中央部付近には2軒・・・
 漁民が暮らす小島・・・車などが走るような道路は
 なく、砂地をバイクが時折走っている。
 のどかな雰囲気である。
漁業・店・建築・ダイビングショップ&リゾート、
 お土産作り以外には仕事はなさそうだ。
 細い路地を行くと、村の中央に、広場があり、
 バスケットボールをしていた。
2km程、散歩した。
リゾートで訪ねると
 「一周20Km程で、島民は約5000人。
  マラパスクワ島には、ヨーロピアンが経営する
  ダイブショップ&リゾートが15件程がある。」
 確かに、このリゾートでも、20名ほどのゲストの
 内、日本人3人、オランダ人4人、
  
 島全体がビーチリゾートで、島民が恩恵を被っている
 ようだ。


 ※ダイビングショップ&リゾートが20軒以上あることが
わかった。

※wifiがわからなかった。
18:30 昼食
野菜サラダ&イカリング&ビールのみ

20:00 部屋へ
20:30 睡眠
★明日もニタリザメが見られるかな?


【3】3日目・・平成26年(2014)8月5日(火)

04:00 起床・・何度も起きたが・・・

04:30 ショップ

05:15 出航
ニタリの写真を撮る場合の作戦を練った。・・・
①フルオートがBESTだろうと思いつつ・・。
②シャッタースピードは1/160位?
 ISO感度は1600に設定・・・明るいかな?。
 手ぶれすると表示が出た。
②後半はビデオを撮影。・・・
 明るくなり始めてから写真を撮る方がいいか?

06:00  船で40分
▼▼№4・・・monad ニタリ1ダイビング5匹
「ニタリザメ5匹」
①1匹目・2匹目の10分も近くをクリーニング見学
※Thresher sharks=オナガザメ類の総称
画像

 クリーニングステーションで待つ。
 ニタリ・・・ニタリ・・・と笑いがこぼれる。
 ニタリ待ちの甲斐があって・・・
 ニタリ・・・正面から向かってくる。
 尻尾を入れると3~4mの大きさは圧巻である。
 斜めに1~2mにそそり立つ巨大な尻尾は
 「カッコいい」といか形容の言葉が浮かばない。
画像

 ニタリ独特のシルエット。
 長い尾が魅力的でなのだ。
画像
 
画像

画像

画像

②3匹目・・後ろにいた。 
⑤4匹目・5匹目・・ニタリザメ。
累計705
★でも、写真は失敗したのだ。
 ビデオは撮れたけど・・・・。
 マンタとニタリザメのコラボ・・・あり得ないな?
 でも
※イギリス人の女性の画像はきれいだった。


07:15 ホテル・・・

07:40 ホテル
朝食

09:00 **島へ出発
20分かかった。
画像


▼▼№5・・・UBONG BO
マラパスクワ島の東の海の中の根
トロピカルフィッシュのオンパレード

 ・ウツボ
画像

 ・ヤギにつくカニ
画像

・ ウミウシ7種
 ・30cmのサメ
画像

・モンハナシャコ
画像

 ・毒と毒
画像

・ウミウシ
画像

画像

 ・コウイカ10cmの変化
画像

画像

画像


・11:45  昼食

・13:30 出発
・14:00
▼▼№6「PONTAW-PONTAW」

画像


 ・ブルーリングオクトパス(豹紋タコ)・・猛毒
画像

・コウイカ
・ウミウシ
画像

・帰ってきた。

画像

・このお姉さんの写真がいい。
画像

画像



・17:30 出発
画像

▼▼№6「light house」

・ニシキテグリ10匹
画像

画像

・別のカメラで
画像

画像

 ・タツノオトシゴ(sea horse)2匹
画像

 ・別のカメラで
画像

画像

画像

 ・カニ・・・ロボットみたいに体を
  折りたたんでいる」。
画像

 ・ヤドカリ
画像

 ・猛毒の貝・・・下に毒のピックを持っている。
画像

 ・ウミウシ
画像


:19:30 夕食
 ・エビの甘辛煮・イカのトマトソース煮・チャーハン
・ビール2本
画像


・21:10 睡眠


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック