箕輪初心●埼玉【人見氏館】=猪俣人見氏→庁鼻和上杉氏

鎌倉時代は猪俣系人見氏の館であった。南北朝時代には
は庁鼻和上杉憲英の支配地であった。・嘉吉2年(1442)頃
深谷上杉憲長の子:憲武は人見(深谷市)に館を構えた。
深谷上杉氏本城:深谷城の支城になった。人見氏館は
「東西に並ぶ3か所の郭から構成され、東西約300m×
南北約150mの規模を有した。」とされている。

画像



\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
箕輪初心○埼玉【深谷城】&『深谷上杉氏の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201406/article_4.html

*******関東管領:上杉家関係***************************
箕輪初心★山内上杉16代①「初代~7代」=足利尊氏の母方系
http://53922401.at.webry.info/201405/article_23.html

箕輪初心★上杉家②『8代:憲実~9代:憲忠~10代:房顕』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_26.html

*********上杉顕定の関係****************************
箕輪初心★太田道灌の生涯:長尾景春のライバル
http://53922401.at.webry.info/201312/article_1.html

箕輪初心★長尾景春:関東下克上で従兄弟:太田道灌と交戦
http://53922401.at.webry.info/201311/article_31.html

箕輪初心★【連歌師:飯尾宗祇】&関東管領:上杉&長尾
http://53922401.at.webry.info/201404/article_24.html

箕輪初心★『宗長の生涯』:世捨て人の彷徨
http://53922401.at.webry.info/201404/article_25.html

箕輪初心★本間家の歴史;佐渡本間一族→酒田本間家
 日本一の地主へ
http://53922401.at.webry.info/201307/article_20.html
★長尾為景の協力者:佐渡本間家が上杉顕定を倒した。

箕輪初心◆2013群県博:新潟県「上杉氏」関興寺・瀧澤寺・
雲洞庵・坂戸城・管領塚
http://53922401.at.webry.info/201310/article_21.html
★上杉顕定の管領塚=戦死した場所

***********上杉憲房の関係**************************
箕輪初心●群馬「平井城」=関東管領:上杉憲政の城
http://53922401.at.webry.info/201107/article_7.html

箕輪初心●群馬【平井城前編】:8代上杉憲実~16代上杉謙信
http://53922401.at.webry.info/201405/article_30.html
http://53922401.at.webry.info/201405/article_29.html

箕輪初心●群馬【平井城後編】関東管領:【15代:上杉憲政 】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_31.html

****************************************************   




*******埼玉の城************************************
箕輪初心●埼玉【第53回寄居北條まつり後編:攻防戦】&
『鉢形城の歴史詳細』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_15.html

箕輪初心○埼玉【第53回寄居北條まつり前編①準備~パレード】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_14.html

箕輪初心●埼玉:鉢形城4回目:外曲輪~三の曲輪~
二の曲輪~本曲輪
http://53922401.at.webry.info/201311/article_30.html

箕輪初心●埼玉『鉢形城』&北条氏邦の箕輪城の大改修
http://53922401.at.webry.info/201305/article_16.html

箕輪初心●『鉢形城の歴史詳細』&47回寄居北條まつり2008
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201305/article_15.html

箕輪初心◆埼玉『第52回寄居北條まつり2013鉢形城』
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201305/article_14.html

箕輪初心●箕輪城№115【赤備え】&北条三鱗会の井伊直政
手作り甲冑①」
http://53922401.at.webry.info/201311/article_29.html

箕輪初心○埼玉【花園城】=鉢形城の支城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_17.html

箕輪初心●埼玉【天神山城】=鉢形城の支城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_16.html

箕輪初心●埼玉【猪俣4城】&猪俣邦憲=北条氏滅亡へ?
http://53922401.at.webry.info/201405/article_18.html

箕輪初心▲埼玉:【金鑽神社~▲御嶽山城断念】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_19.html

箕輪初心●埼玉【雉ヶ岡城】=上杉顕定の城→北条氏の城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_32.html

箕輪初心★『塙保己一』と【「群書類従」の箕輪城】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_33.html

箕輪初心★埼玉【庁鼻和城】&4代上杉憲顕の子:
庁鼻和上杉憲英~
http://53922401.at.webry.info/201405/article_25.html

箕輪初心○埼玉【本庄城】=本庄氏在城34年
http://53922401.at.webry.info/201406/article_1.html

箕輪初心▲埼玉【金尾山城】&【金尾弥兵衛居館】=鉢形城支城
http://53922401.at.webry.info/201406/article_2.html

箕輪初心◆埼玉県の歴史
http://53922401.at.webry.info/201405/article_22.html








■訪問日・・・平成26年(2014)4月26日
○深谷城~深谷市役所で車に乗った。
○ナビ・・・深谷城から見て南南東約3kmか?
○新幹線のガードをくぐった。・・仙元山公園??
 昌福寺・・・帰りによろうか?
○館&駐車場探し。・・・川?用水路に沿って行ってみた。
 やったぜ、案内板があった。

■埼玉県深谷市人見
①現地の説明板 「人見館跡」埼玉県指定史跡
画像


昭和9年(1934) 3月31日指定 
「人見館は、平安時代末期に、人見氏の館として築かれたと
伝えられています。人見氏は、武蔵七党の一つ、猪俣党に属
する河勾政経が、この地に住んで人見六郎と名乗ったのには
じまります。その子孫は鎌倉幕府の御家人として活躍しまし
たが、室町時代の始め頃、人見氏は丹波国に移りました。
 室町時代の中頃には、深谷上杉氏の一族の上杉憲武が人見
氏の館跡を改修して居住しました。現在見られる堀や土塁は、
この時の姿をとどめているものと思われます。憲武のその後
の動向はよくわかっていません。
 昭和初期の実測図を見ると、館は東西に並ぶ三つの郭から
成っていたと考えられ、その範囲は東西約300メートル、
南北約150メートルです。現在はいちばん西の郭が最もよ
く保存されており、西側と北側に二重の土塁と空堀が残され
ています。
 周辺には『政所』『元屋敷』『馬場』などの館に関連する
と思われる地名があります。また、館跡の南約500メート
ルにある一乗寺には、人見氏累代の墓があります。」
  埼玉県教育委員会
  深谷市教育委員会  
  (★現地案内板より)埼玉懸史(昭和8年)

※『埼玉の城祉めぐり』:西野博道著
『新編武蔵風土記稿』巻之231・・・人見村陣屋跡の頃に
「村の中程にあり二町四方の地にて、廻りに堀の跡が存せり、
人見氏の住居の跡と云ふ、今は陸田及び村民の居住となれり」
と記述がある。・・・後略・・・。
西郭は東西187m、南北160m・・・本丸か?
東郭は東西236m、南北177m・・・・」
画像
 
 
説明板の個所は綺麗に整備されたていた。
深谷市の中世城館跡の説明板は深谷上杉氏顕彰会の
 方々の努力も凄いなあと思った。

画像

館跡の北は水田である。水路があるが、かつては湿地で
 あったかもしれないと勝手に想像した。


②北の土塁・空堀・土塁・・・二重土塁&空堀
画像

 除草が行われていた。
 深谷上杉氏時代と推定される深さ1.5~2mの空堀と
 二重の土塁がが残されている。
浅くなってしまった空堀跡が西に続いている。
画像

画像


③竹林の中を~~~「いいタケノコがある。」
 「おじゃまします。通してください。」
 説明板かた約50m~~~~まで二重の土塁が続いる。
画像


④竹林の中で土塁と空堀は90度に南に折れて続いていた。
画像



⑤西の竹林の空堀
画像

  大きな空堀も残されていた。
画像


残存状態も非常によい。
画像

画像
 


⑥南西に堀跡や土塁が確認できる。
画像


⑦南・・・平坦地である。
  方形の中世武士の館を想像したが・・
  きっと、南~東は掘が壊されたのであろう。

▼戻った。
 西の竹林の中の遺構・・・最大規模の土塁と空堀を
 もう一度見物した。
 空堀の深さは2m以上あるが、かなり、埋まってしまった
 だろう。~~~~4mってとこか?
タラの芽がちょうど良かったが、採らなかった。
画像


○北西の水田の農道から眺めた。

○現地説明板・・3m、車に戻って、
 「埼玉の城祉めぐり」を読んだ。

⑥東から人見氏館の全景が望めた。
 畑の一部が駐車場になっていた。
 
⑦南東からの遠景。
画像

 

⑧周辺をぐるっと一周~~~~

○人見氏菩提寺:一乗寺が見つからなかった。
 一つには昌福寺と思い込んだせいにもよる。
 昌福寺は深谷氏上杉家の初代の上杉房顕の菩提寺
 であった。
 本を見ると、「300m南」とあった。


■■ 人見氏館の歴史 ■■ 
・平安時代末期・・
  武蔵七党猪俣党の河匂政基の子:六郎正経が
  人見の地に居館を構えて人見氏を称したことに
  始まるとされている。
・治承4年(1180)源頼朝の挙兵
人見六朗政経の子:行経は源頼朝に従った。
 源平の合戦や宇治川の合戦で活躍した。
 上洛の際には従兵となった。

・鎌倉時代
御家人になった。
・承久3年(1221)承久の乱
後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げた
   3代:人見高経は承久の役に活躍した。
  

・元弘2年、正慶元年(1332)千早城の戦い
 楠木正成が河内で後醍醐天皇の倒幕運動に呼応した。
 ※新田義貞は病気を装って帰ってきちゃった。

 鎌倉幕府軍が上赤坂城・下赤坂城を包囲した。
  (現大阪府千早赤阪村)。
 4代:人見四郎恩阿は赤坂城攻めの先陣として出陣
 ・・・戦死。
 幕府軍は、上下赤坂城を落とした後、楠木正成の1,000
 人の兵が守る千早城を大軍で包囲した。
 
・元弘3/正慶2年(1333)140年続いた鎌倉幕府は滅びた。
有力御家人の足利高氏(尊氏)が後醍醐側につき六波羅
 探題を落とした。新田義貞は上野国で挙兵し、関東の御
 家人たちと鎌倉を攻略した。
 後醍醐は京都へ帰還し親政を開始した。=建武の新政。
 5代:人見行氏は北条氏滅亡後、丹波国高瀬郷に移った。
  政所・馬場に関係した地名が残った。
  一乗寺には人見氏の墓が残った。
 人見一族は鎌倉幕府の滅亡と命運を共にしたのだった。
 

・南北朝時代・・・庁鼻和上杉憲英の支配地であった。

・嘉吉2年(1442)頃? 庁鼻和上杉憲長(3代目説もある)
  の子:上杉憲武は人見に館を構えた。
  上杉憲武が館跡を改修して人見陣屋として使用した(伝)。
  上杉憲武は上杉人見屋形憲武と称した。
  上杉房憲の従兄弟である。

・康正2年(1456)庁鼻和4代目上杉房憲が深谷城を築いた。
  上杉房憲は深谷上杉初代となった。

人見館は深谷上杉氏の支城になった。


・康正2年(1456) 深谷上杉氏第5代上杉右馬助房憲が
 昌福寺を 開基した(伝)。
画像

画像
  
画像

画像



???上杉房憲は古河公方との戦いに人見から出陣し、
    岡部原で激戦をくり返した。 
 
※人見山昌福寺・・・上杉房憲のお墓も昌福寺にある。
★第5代房憲と第8代憲盛の二体の宝篋印塔がある。
画像

画像


※仙元山丘陵は500m×500m。深谷市で最の高い標高98
 mの丘陵である。山頂には浅間神社がある。
人見氏館の北に位置し、深谷城の南方の防御拠点として
 物見台、あるいは詰の城であったかもしれない。

  
・現在・・遺構は上杉時代のものと推定されている。
  ★「上杉憲武館」って名前がいいかな?

   
 



★参考資料・図書
・「埼玉の城祉めぐり」西野博道著
・現地案内板
画像

★参考サイト
 深谷市のHp
   



★明日は東方城かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック