箕輪初心▲埼玉【金尾山城】&【金尾弥兵衛居館】=鉢形城支城

金尾山城は大里郡寄居町波久礼字金尾要害山1203:
つつじ山にあった。金尾山城は荒川に突き出した比高
100m程の山稜の先端部にあった。平成26年(2014)5月
11の寄居北條祭りで「金尾つつじ山」の旗を持って参加
していた方々みおいたので、気になっていたのだ。金尾
山城は藤田重利の秩父侵攻の前線基地であり、後に、
鉢形城:北条氏邦時代の武田信玄への守りの重要ポ
イント地点になった。

画像




*******埼玉の城************************************
箕輪初心●埼玉【第53回寄居北條まつり後編:攻防戦】&
『鉢形城の歴史詳細』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_15.html

箕輪初心○埼玉【第53回寄居北條まつり前編①準備~パレード】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_14.html

箕輪初心●埼玉:鉢形城4回目:外曲輪~三の曲輪~
二の曲輪~本曲輪
http://53922401.at.webry.info/201311/article_30.html

箕輪初心●埼玉『鉢形城』&北条氏邦の箕輪城の大改修
http://53922401.at.webry.info/201305/article_16.html

箕輪初心●『鉢形城の歴史詳細』&47回寄居北條まつり2008
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201305/article_15.html

箕輪初心◆埼玉『第52回寄居北條まつり2013鉢形城』
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201305/article_14.html

箕輪初心●箕輪城№115【赤備え】&北条三鱗会の井伊直政
手作り甲冑①」
http://53922401.at.webry.info/201311/article_29.html

箕輪初心○埼玉【花園城】=鉢形城の支城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_17.html

箕輪初心●埼玉【天神山城】=鉢形城の支城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_16.html

箕輪初心●埼玉【猪俣4城】&猪俣邦憲=北条氏滅亡へ?
http://53922401.at.webry.info/201405/article_18.html

箕輪初心▲埼玉:【金鑽神社~▲御嶽山城断念】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_19.html

箕輪初心●埼玉【雉ヶ岡城】=上杉顕定の城→北条氏の城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_32.html

箕輪初心★『塙保己一』と【「群書類従」の箕輪城】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_33.html

箕輪初心★埼玉【庁鼻和城】&4代上杉憲顕の子:
庁鼻和上杉憲英~
http://53922401.at.webry.info/201405/article_25.html

箕輪初心○埼玉【本庄城】=本庄氏在城34年
http://53922401.at.webry.info/201406/article_1.html

箕輪初心◆埼玉県の歴史
http://53922401.at.webry.info/201405/article_22.html

*******関東管領:上杉家関係***************************
箕輪初心★山内上杉16代①「初代~7代」=足利尊氏の母方系
http://53922401.at.webry.info/201405/article_23.html

箕輪初心★上杉家②『8代:憲実~9代:憲忠~10代:房顕』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_26.html

*********上杉顕定の関係****************************
箕輪初心★太田道灌の生涯:長尾景春のライバル
http://53922401.at.webry.info/201312/article_1.html

箕輪初心★長尾景春:関東下克上で従兄弟:太田道灌と交戦
http://53922401.at.webry.info/201311/article_31.html

箕輪初心★【連歌師:飯尾宗祇】&関東管領:上杉&長尾
http://53922401.at.webry.info/201404/article_24.html

箕輪初心★『宗長の生涯』:世捨て人の彷徨
http://53922401.at.webry.info/201404/article_25.html

箕輪初心★本間家の歴史;佐渡本間一族→酒田本間家
 日本一の地主へ
http://53922401.at.webry.info/201307/article_20.html
★長尾為景の協力者:佐渡本間家が上杉顕定を倒した。

箕輪初心◆2013群県博:新潟県「上杉氏」関興寺・瀧澤寺・
雲洞庵・坂戸城・管領塚
http://53922401.at.webry.info/201310/article_21.html
★上杉顕定の管領塚=戦死した場所

***********上杉憲房の関係**************************
箕輪初心●群馬「平井城」=関東管領:上杉憲政の城
http://53922401.at.webry.info/201107/article_7.html

箕輪初心●群馬【平井城前編】:8代上杉憲実~16代上杉謙信
http://53922401.at.webry.info/201405/article_30.html
http://53922401.at.webry.info/201405/article_29.html

箕輪初心●群馬【平井城後編】関東管領:【15代:上杉憲政 】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_31.html

****************************************************   





■訪問日・・・平成26年(2014)5月31日
○花園ICを降り、寄居の鉢形城を左に見ながら、波久礼駅に
向かった。駅前方面から荒川を渡り、右折した。案内板が
あるが、車は駐められない。

【1】金尾弥兵衛居館
金尾山城を目指す途中には伝蔵院という寺院がある。
金尾氏が平時に居住した居館跡である。
画像

画像



【2】金尾山城
○駐車場を通りこしてしまった。・・・ずうっと2km
下ってしまった。戻った。

○駐車場・・・5台分あった。
画像



①堀切・・・県道沿いにある切り通しはもともと堀切が
 あったのではないかと思われる。

②コンクリートの脇に取り付けられた新品の階段を登った。
画像


③金尾山公園の看板・・・でも、城の看板ではなかった。
 城址は金尾山公園かあ。
画像


④4の郭=植樹祭の看板・・・天皇様も来たのかな?
画像

昭和34年には天皇皇后を迎えて全国植樹祭を行ったと
あった。・・・公園化したのはいいけれど、大変だろうな。
管理が・・・。
画像

画像


⑤散ってしまったつつじの中を行く。
 4~5月中旬の頃には花が咲き誇っていたのであろう。
 つつじはヤマツツジなのであろうか?
 全山薄い赤に染められるのであろうか?
 ミツバツツジやトウゴクミツバツツジではない。
画像



⑥主郭
画像

 主郭の愛宕神社と背後は展望台・・・
あの展望台は櫓台ではないだろうか?
 でないと、主郭が小さすぎる。
「愛宕神社は永禄年間に城主がここに祠を建てたことに
 始まる。」
画像

10~15m×30m程ある。
画像


⑦主郭【案内板】
画像

「奈良時代の和銅年間に銅を産出した山がこの尾根続きにあり、
 その関係でこの山を金尾山と呼ぶようになった。」
案内板では、二の郭になっている。
 上は小さすぎるので、櫓台だとなあ。

画像


⑧二の郭?・・・四阿屋があった。
画像


⑨櫓台=新しい展望台
★櫓台の上は8m×8m程であろう。
画像


展望用に造った施設がなんとなく本物っぽくない。
戦時の櫓台は高くて、2~3人しか上がれない復元
されていることが多い。
北条流の櫓台&武田流の櫓台は復元された櫓台が微妙に
違っている。これは全くの観光用であった。

晴れ渡る澄み切った空。5月31日。もう30度近い。
あっちい。~~~~
画像

眺望は最高。
では、金尾山城をご覧あれ!って感じ。

A金尾山城より花園城、花園御岳城を遠望。寄居方面を一望。
画像


B,長瀞方面・・★凄えや。
画像


半円状に荒川が回り込む場所に
あるというのが実感できた。
金尾山城は狼煙台&繋ぎの城であったのであろう。

案内板には「対岸辺りには、「殿倉」「殿倉の渡し跡」など
があるとあった。」
金尾山城を陸上交通&水上交通を押さえるという意味で
北条氏の重要な城であったのかもしれない。


⑩でも、南方面には堀切はなかった。


⑪東屋下の3の郭らしき場所・・・
画像

ここは20m×40m程あろうか?

天神山城方面からの街道筋を押さえるための施設であろう。

箕輪城の語り部の会の人間として、北条の支配した城は
おそらく伊豆を含む関東のめぼしい城はたくさん行ってい
るが、北条のにおいがしない単純な城であった。
金尾山の山頂5m下の愛宕神社のある部分が主郭で、
その背後に高さ5mほどの櫓台がそびえている。  
3の郭が機能していたのではないだろうか?

★ワラビが出ていた。

▼下山・・・
画像

⑫4の郭・・植樹祭が行われた場所であろう。


⑬腰曲輪または4の郭・・・植樹祭の場所。
 今日は第50回?植樹祭が新潟県で行われていた。
 


◆◆ 金尾要害山城の歴史 ◆
金尾要害山城の資料は乏しく「新編武蔵風土記稿」に
(金尾弥兵衛と云う者居れとぞ)とあるのみである。
 (★)

・応永23年(1416) 上杉禅宗の乱

以後・・・長瀞、皆野町付近は丹党白鳥氏が領有していた。
 
 
・天文元年(1532)  築城
  隣接する長瀞町岩田の天神山城と同時期である。
  花園城:猪俣党分家の藤田重利は秩父地方統一のため、
金尾要害山城&天神山城を築城した。
  藤田重利は秩父一帯を制圧下として秩父地方の諸豪族を
  一つにまとめようとした。

  藤田重利は長瀞→皆野→秩父方面へ侵攻した。
  長瀞岩田の天神山城を本城とした。


・天文15年(1546) 河越の夜戦
  
  天神山城主:藤田重利は北条氏康の
  3男乙千代=北条氏邦を養子としてむかえ入れた。
北条氏康の3男:北条氏邦が大福御前が妻にしたのだ。
兄:北条氏邦照は大石久定の養子になった。
 ★事実上、藤田重利は小田原北条氏の配下となった。
  長瀞岩田の天神山城、皆野の千場山城、寄居の
  金尾山城、花園城は北条氏邦の持ち城となった。


・永禄12年(1569) 武田信玄が秩父に進入。
 武田信玄は天神山城、千場山城などの支城を包囲した。
  岩田天神山城から金尾峠を越えると末野花園城、
  寄居鉢形城まで来られるのだ。また、
  金尾峠~現在のみかん山~釜伏峠からも鉢形城の
  大手方面に出られる。
  さらに、武田信玄は本城:鉢形城に総攻撃をかけた。
  北条氏邦は武田信玄勢を撃退し、危機を脱した。
   
  武田信玄対策のため、秩父往還&鎌倉上道の封鎖
  のために金尾山城を整備増築する必要に迫られた。


・天正18年(1590) 鉢形城落城
   天神山城、千場山城、金尾山城、花園城なども
   落城・・・廃城?となった。






★明日は深谷の城かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック