箕輪初心★箕輪城134長野業政の直属家臣【長野信濃守在原業政家臣録=着到帳】

長野氏の可動兵力推定の資料に先ず、【上野国群馬郡箕輪城主
長野信濃守在原業政家臣録】があげられる。この文書は 永禄
元戌午年(1560)正月廿九日改」として先ず一般の家臣393人が
名と役とが記され、次に重臣17人が述べられている。
○与力、郷代官、野武士、歩弓武者、足軽は記さず。
実際には592人+家老5人+高家12人=607人である。

(★箕輪町誌P984~992・「箕輪城と長野氏」近藤義雄著)
・・・戦力は1500人と言われている。
★長野軍の着到帳は長野業政の兵力を見てとれる資料である。
戦死者・戦存者についても解る範囲で記載した。
画像

 (★二の丸でのボランティア:K氏)




***********最近の箕輪城シリーズ*************************
箕輪初心★箕輪城133【長野業政の政略結婚&有力同心衆・家臣】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_7.html

箕輪初心★箕輪城132『長野業政の系図&長野一族
http://53922401.at.webry.info/201405/article_4.html

箕輪初心★箕輪城131&芝桜公園&松之沢百観音&ツツジの郷
http://53922401.at.webry.info/201405/article_3.html

箕輪初心●箕輪城130「長野業正の生涯」=武田信玄を
悩ませた人物
http://53922401.at.webry.info/201405/article_2.html

箕輪初心★箕輪城129【2代目:長野憲業のリニューアル版】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_1.html

箕輪初心★箕輪城128【築城年代7説】:私見は長野業尚1477年説
http://53922401.at.webry.info/201404/article_31.html

箕輪初心●箕輪城127【富原道晴氏の縄張り図4種&
My鳥瞰図】
http://53922401.at.webry.info/201404/article_30.html

箕輪初心★箕輪城126【奈佐勝皐「山吹日記」の中の箕輪城】
http://53922401.at.webry.info/201404/article_28.html

箕輪初心★箕輪城125【最新パンフレット】&近くのお薦め
レストラン
http://53922401.at.webry.info/201404/article_27.html

箕輪初心●箕輪城124【桜満開の二の丸~大手丸戸張】
&『箕輪亭ランチ』
http://53922401.at.webry.info/201404/article_26.html

箕輪初心★箕輪城№123【秋本太郎先生現地説明会】20140326
http://53922401.at.webry.info/201403/article_29.html

箕輪初心★箕輪城№121【金龍寺】=長野業政の鉄砲方:
町田兵庫賞賛碑
http://53922401.at.webry.info/201403/article_28.html

箕輪初心★箕輪城121【長純寺】=長野業政の木造&供養塔
&箕輪亭(きりんてい)
http://53922401.at.webry.info/201403/article_27.html

箕輪初心★箕輪城120『箕輪城稲荷曲輪堀』と箕郷梅公園
http://53922401.at.webry.info/201403/article_26.html

箕輪初心★箕輪城118【2014年3月の雪解けの箕輪城】
http://53922401.at.webry.info/201403/article_17.html

箕輪初心★箕輪城117【長野家侍大将:安藤九郎左衞門】
http://53922401.at.webry.info/201402/article_12.html

箕輪初心●箕輪城116【12月新状況&2014年1月1日初登城】
&井伊直政手作り甲冑②
http://53922401.at.webry.info/201401/article_1.html

箕輪初心●箕輪城№115【赤備え】&北条三鱗会の井伊直政
手作り甲冑①」
http://53922401.at.webry.info/201311/article_29.html

箕輪初心●箕輪城№114『2013年第11回箕輪城祭り』写真集
http://53922401.at.webry.info/201310/article_28.html

箕輪初心★箕輪城113川野辺寛「高崎誌」&井伊直政
http://53922401.at.webry.info/201310/article_8.html

箕輪初心●箕輪城110 :秋本太郎先生①
「本丸西虎口&郭馬出」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_22.html

箕輪初心●箕輪城107【郭馬出】=城門復元2018年度完成予定
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201306/article_9.html

箕輪初心●箕輪城№105久保田順一先生「箕輪城と長野氏」
http://53922401.at.webry.info/201305/article_26.html

箕輪初心:箕輪城102「2013箕郷狐の嫁入り&農大二高」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_7.html

箕輪初心★箕輪城101「長野氏」の研究:近藤・山崎
・飯森・久保田
http://53922401.at.webry.info/201310/article_6.html

箕輪初心●箕輪城№94『岡田氏』『多胡氏』『久保田氏』『関口氏』
http://53922401.at.webry.info/201212/article_25.html


****井伊直政シリーズ*******************************
◆◆ 箕輪初心●箕輪城「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_40.html

http://53922401.at.webry.info/201011/article_25.html

◆◆ 箕輪初心●井の国千年物語前編 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●井の国後編:「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の箕輪城時代の家臣団 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_15.html

◆◆ 箕輪初心●静岡:井伊直政の井伊谷城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_5.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の造った町:高崎&彦根 ◆◆
高崎高校 VS 近江高校
http://53922401.at.webry.info/201203/article_28.html

◆◆ 箕輪初心●中村達夫氏の「井伊軍志」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_14.html

◆◆ 箕輪初心●小和田哲夫氏の「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_13.html
***************************************************

箕輪初心●箕輪城シリーズ⑩「長野業盛」
http://53922401.at.webry.info/201010/article_14.html

箕輪初心●箕輪城シリーズ55「長野一族の歴史」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201011/article_36.html

箕輪初心●箕輪城シリーズ44「砦群」②箕郷地区
http://53922401.at.webry.info/201011/article_11.html





小津善七     清見幸四郎   本木九左衛門  
五十嵐七郎左衛門 小川作左衛門  丸子市兵衛  
賀森四郎右衛   武中五郎兵衛  戸賀野九右衛門  
吉原三左右衛門  福井富左右衛門 松沢喜左衛門  
泉賀市之助    草辺勘兵衛   小堀又九郎  
砦花清介     富田久七    久下文六  
井原九内     根小屋瀬兵衛  戸所甚内  
後藤平吉     中原十左衛門  中山門蔵  
島田平蔵     城田善左衛門  黛半七  
横井五左衛門   福田三郎兵衛  半田勘三郎  
中谷次郎左衛門  糖塚藤兵衛   下里長兵衛  
神宮惣八     中島小作    松本八郎兵衛  
飯野源八     稲荷山定市   宮路兵左衛門  
佐野文九郎    時田善内    生方伊四郎  
和瀬徳兵衛    落合利兵衛   岩松信介  
横山門外     内野団七    安方磯平  
玉上喜八     大田五八    国分岩右衛門  
飯田幸七     菅野内蔵    深野小兵衛  
岡山源七     岩村忠平    浜名伝蔵  
真下太兵衛    神田利左衛門  神田甚八  
亀井市之丞    前田召助    生方市之丞  
倉島喜左衛門   五味九十郎   下谷甚右衛門  
午山定八     越路友蔵    善九茂兵衛  
富田八九郎    山名十郎右衛門 高田文六  
宮下徳蔵     山本十六郎   白井市七  
底神源七     那和又市    関本逸蔵  
篠崎金内     中瀬安兵衛   箱崎次右衛門  
小柏四右衛門   竹本助次郎   氏家久内  
成田清左衛門   米沢大右衛門  馬山金兵衛  
木村豊八     加納清九郎   蔵越佐太平  
八束利喜平    吉田平次兵衛  関守宇左衛門  
藤井喜和右衛門  橋本次郎助   新手万右衛門  
佐渡原源蔵    披世増平    勝田蔵右衛門  
水沢四兵衛    大善友右衛門  津田喜代作  
榛山勘蔵     三条七右衛門  神山茂喜平  
母北十郎三郎   祖母崎団右衛門 葛沢八左衛門  
佐藤文七     滝沢太七    畑門次郎  
水上吉兵衛    上夜四郎兵衛  白岩十郎左衛門  
関守丈内     勝山源右衛門  藤塚又市  
鳥山武七     大石兵右衛門  一瀬十内  
宮沢兵右衛門   根岸伝蔵    鳥野宇右衛門  
成川藤三郎    花形与次右衛門 宮山小善次  
藤岡九平     新保市左衛門  浅見五左衛門  
奥原新次郎    田島伝兵衛   大森小左右衛門  
庭田又左衛門   中川金六    大塚初平  
小安又十郎    戸石久作    小林若内  
小林清内     小林軍内    吾妻平次右衛門  
石原儀助     青木三郎兵衛  川越七右衛門  
一関七九郎    吉原与三右衛門 中宿金右衛門  
梅沢京助     丸山藤左衛門  芦川友之助  
茯島八之亟    山岡品平    所島十五郎  
田原藤左衛門   松山勘太兵衛  大胡一良兵衛  
石堂重兵衛    若林千太左衛門 古暮五左衛門 
 関守一平次   下平吉兵衛  
「同医師」米沢立円

 

【徒士】 
勢田三左衛門   五条武右衛門   佐野平門七  
小暮九郎次    小家野甚平    福田伊左衛門  
剣持源兵衛    正観寺文右衛門  鳥山与茂七  
高尾庄内     山中藤三郎    田中新右衛門  
小和田半吉    鳥沢常右衛門   本宿八郎左衛門  
千木良平七    山王堂角右衛門  大宮喜作  
鬼石久蔵     有間定助     熊谷幸左衛門  
武蔵島七助    阿久津島右衛門  南部藤治  
横川清八     水沢主馬蔵    唐沢清左衛門  
吉井勝之丞    高木三吉     高平梶内  
小倉千右衛門   白是千蔵     長島唐之亟  
西山郷蔵     大山平二兵衛   香藤三左衛門  
岡崎畑右衛門   芝塚段六     伊勢島小十郎  
樋口定蔵     松本大八     小和瀬本次郎  
片山佐次右衛門  藤田源左衛門   均田勘左衛門  
立花仁左衛門   稲月十良次    山岡源右衛門  
雪野今蔵     花木七之丞    尾藤与十郎  
金崎藤左衛門   今泉泉七     山崎小七  
細井一内     田村又九郎    柴田久八  
米沢武右衛門   室田長吉     近藤源七  
袋井湯八     富塚代六     飯沼幸右衛門  
「同撃剣士」飯沼幸右衛門

【徒士以下同じ】 
月岡勘九郎    横井亀六     粟田一平  
今宮小左衛門   遠北正内     半田弥五郎  
笠時金弥     海野喜六     宇津雪八  
渥見伝喜     久米角内     植村出来助  
藤沢惣右衛門   足立兵五郎    高柳小金太  
渡良瀬団右衛門  小島喜三     宮崎喜蔵  
大竹差左衛門   片岡十兵衛    藤木甚左衛門  
赤坂権七     片山七左衛門   原田八右衛門  
井野門作     沢尾九平次    生田門左衛門  
岡山与四郎    滝沢伝内     星野長作 
寄居彦兵衛    神原安兵衛    西島三太夫  
頼瀬喜兵衛    袖沢九右衛門   丸山又左衛門  
池野谷太七    坂戸半左衛門   富田善八  
榛原郡内     魚沼奥右衛門   郷原茂助  
本山治右衛門   沢田覚之丞    宮城甚之丞  
高山十平次    又倉新之助    峯岸八百七  
広田源兵衛    松井太郎八    須川角右衛門  
鳥巣原梶平    関下門九郎    小出定右衛門  
河田喜太郎    荒木彦次郎    大貫喜内  
川崎権右衛門   黒川佐七     山下庄太夫  
菅名次郎七    岸田助次郎    長沢藤左衛門  
佐藤加七     水野十三郎    西堀勘蔵  
本庄市之進    戸蔵平蔵     板屋又十郎  
猿島又蔵     沼田幸助     上川門兵衛  
千坂軍蔵     松田作左衛門   町田九左衛門  
黒田兵介     畔切長七     三国藤作  
木俣文七     石原義平     速見源治  
内山権太郎    三浦又平     藤田右衛門七  
月岡作太夫    無塚兵吉     雪下金右衛門  
小平三吉     花輪作右衛門   戸所甚兵衛  
戸塚七郎兵衛   中野左平次    宇津木甚助  
杉原甚内     奥山小六     高山正八  
清水勘太郎    落合又九郎    南条又六  
臼井彦八     足利国平     青柳次左衛門

 

【小姓以下同じ】 
内野利助     伝山瀬左衛門   今井半平  
大沢喜兵衛    賀森甚作     小野関庄右衛門  
山下左吉     浅山加平次    山口伝八  
藤巻馬之助    狩野助太夫    由井小右衛門  
河合文七     大村源七     山角五郎次郎  
鈴木九蔵     柴島長蔵     下田宇平次  
松原権兵衛

 

【中小姓以下同じ】 
後藤清次郎    若宮伝九郎    田子彦九郎  
今村弥七     正木宇右衛門   夏目小三郎  
吉津藤内     大野茂七     須田長次郎  
島田正九郎    野田滝右衛門   松本三右衛門  
大塚伝八     下田又左衛門   中田要蔵  
阿久津七右衛門  金沢市郎左衛門  山下小平  
二宮金弥     小野市之丞    篠崎平蔵  
塚越伴七     中里彦次兵衛   原口弥吾八  
八崎源太郎    横江定右衛門   関根八右衛門  
綿貫丈左衛門   菊池甚左衛門   浜川次郎右衛門  
那須三郎右衛門  加藤佐平次    桜井儀七  
奥原益右衛門   梶山勝右衛門   真黛代助  
佐藤忠助     小田切助右衛門  小暮三左衛門  
神山吉右衛門   成瀬時八     中井兵左衛門  
志水源次     筥田文治郎    佐島増平  
富岡金右衛門   久保島十左衛門  桐山覚助  
川島源作     小間兵弥     大友七左衛門  
渡辺金八     林平之丞     塚田文右衛門  
戸塚十郎兵衛   萩原太七     大石伝七  
富田左兵衛    大島団六     山下正六  
金井伝右衛門   湯沢喜右衛門   森山伊助  
塚田又左衛門   渋川藤左衛門   宮沢源七  
永井左太夫    荻野助右衛門   荻野小十郎  
多子文内     古市小八     菅内半内  
今宮作兵衛    石田蔵内     篠崎弥十郎  
中泉角太夫    時森十内     多目小平次  
土屋清兵衛    山本平次兵衛   小林又九郎  
青柳十左衛門   飯塚森七

 

【大小姓以下同じ】 
藤沢藤八     仙石久内     中尾喜助  
腰元半右衛門   梅沢忠助     今夜利兵衛  
日野原武助    富永小七     高井直八  
東原母七     長谷川弥太七   北原勝之丞  
片岡甚平     南牧弥四郎    瀬口佐助  
北城定右衛門   岸伊右衛門    曾家大八郎  
谷中藤吉     茂木政右衛門   小野善左衛門  
常磐丈七     野上三蔵     五十嵐伝左衛門  
内田伝介     桜林弥五郎    小平彦助  
岡部左源太    岩崎仙次郎    市川五郎作  
田村久作

 

【給人以下同じ】 
百塩甚助     三浦庄兵衛    長井平九郎  
関戸門之丞    三浦伝六     秋谷平次右衛門  
里見兵左衛門   竹本喜六     井伊勘蔵:戦死  
松本四助     三沢喜左衛門   橋上段九郎  
浦野団七     遠原伊八     富原伊助  
富沢伊助:戦死  矢野友右衛門   田島新五郎  
大森次郎七:戦死  渋江藤右衛門   佐保田久内  
荒川次郎左衛門  佐原関右衛門   穴戸九郎次  
巻田半七     小久山民右衛門  松村泉七  
土井三郎兵衛   南瀬口六兵衛   布施万右衛門  
志村又内:戦死 鳥屋八郎右衛門:戦死 石原文六:戦死。  
里見久右衛門:戦死 口島吉次右衛門  小山文右衛門:戦死  
橋本伝兵衛    北山五左衛門   新波新右衛門:戦死  
坂田甚内     小倉茂十郎    広木伊右衛門:戦死  
亀田佐十郎    富沢十郎兵衛   中村三左衛門

 

【給人】 
下谷善右衛門

【郡代奉行】 
岩田肥後    矢沢日向    土屋清喜


【同兵器係】 
松坂団右衛門  小田切帯刀

 
【同寺社方】 
大森磯之丞  羽田数馬

 
【御用人】 
稲垣球馬    倉内式部    神部志摩  
妻有国八    粟土佐渡

 

【諸士頭】 
亀山丹次    松浦宮内

 

【同台所兼務】 
福原六郎右衛門  椿山多宮

 

【近習】 
平戸文右衛門   磯部九部兵衛   古河内膳  
谷口主税     神谷刑部     穐保伊織  
真木主膳

 
【弓術指南】 
古畑主水

 

【鎗術指南併祐筆】 
河東周防

 

【祐筆】 
門倉右近    松下治部右衛門

 

【奥用人】 
福田安房  福田杢之丞  森下内記

 

【同撃剣士】 
塚原右門

 

【蔵奉行】 
花形民右衛門・・・・→武田家臣:?   
阿呆野弥左衛門・・・★亀寿丸を極楽院に連れていった。

 

【同武具方】 
町田兵庫・・・→武田家臣:紺屋町? ★金竜寺    
神尾図書・・・・→武田家臣

 

【金奉行】 
戸塚外記・・・→武田家臣    
西部主殿

 

【同賄方】 
島田備前    
片原左内

 

【大目附】 
大森十左衛門  
有馬主馬

【徒士目付】 
長沼長八郎・・・・→武田家臣   
寺尾豊前・・・・・→武田家臣

【馬術指南】 
鷺宮能助

【茶道指南】 
森山道義

【儒者】 
中野一閑

【榛名神社神主歌道指南】 
森山伯耆

 
【医士】 
森川左仲  
赤沢主計  
樋口加蔵  
橋爪左膳・・・・→武田家臣


【国絵図引】 
久保十蔵  
矢島久左衛門・・・★元家老?→武田家臣:浜川矢島砦・・  
後閑今右衛門 ・・・戦死。

 

【勘定奉行】 
内山播磨・・・・・・→武田家臣:白岩砦  
安藤九郎左衛門・・・★白岩の戦いで戦死。

 

【旗奉行】 
大久保民部・・・・戦死。  
畑屋新蔵

 

【錦奉行】 
利根木大蔵・・・・戦死。  
首藤又兵衛・・・・戦死。

 

【弓奉行】 
島方源六・・・・・戦死。・・・箕郷町蟹沢。  
山田与九郎・・・・戦死。

 

【伝令使番頭】 
田口兵庫・・・・・戦死。★業祐は元は群馬の森付近の領土。 
八木原源太左衛門 ・?★渋川市八木原。伊勢守為元の弟:為水。

 

【鉄炮奉行】 
八木原伊勢・・・・・戦死。★伊勢守為元・為範・為則  
道寺久助・・・・・・→武田家臣:箕郷町生原の中内出

 

【小荷駄奉行】 
梶山因幡・・・・・梶山因幡守吉方(箕輪記・上州治乱記)生存。  
岡田讃岐・・・・・戦死。  
戸石大善・・・・・

 

【普請奉行】 
白川五郎・・・・・★白川砦:白川五郎満勝(治乱記)戦死。  
白川惣四郎・・・・

 

【代官】 
青柳治辺右衛門・・→武田家臣:下芝砦  
藤井孫六・・・・・★亀寿丸を極楽院に連れていった。  
藤井又次郎  
矢島善兵衛・・・・★亀寿丸を極楽院に連れていった。  
高浜六郎・・・・・

 

【中奥頭小姓】 
白井伊勢  
小出讃岐

 

【足軽支配】 
大草大哉  
白石助左衛門

 

【小人目附】 
乾六郎右衛門  
赤尾民部助

 以上、591人

 

 

【一ノ執権】
藤井豊後守友忠・・・椿山で戦死。
  浜川城主・・・★長野業政の叔父・・

 

【家老四家城詰衆】
●下田大膳太夫正勝・・・戦死。
  ★内出・・・箕郷支所&中央公民館

●内田因幡守頼信・・・・?
  ★

●大熊備中守高忠・・・・→武田家臣:高浜城主
  ★
★個人的には大熊姓は越後御冠城主。
   上杉謙信の家臣から、武田信玄の家臣になった
   大熊姓なので不明である。

●八木原下総守信忠・・・→武田家臣:渋川市八木原中内出

 

【十二家客分大身小身知行地方持衆(高家)】
●石井左京大夫讃岐守信房(室田鷹留城主:軍師)・・戦死。
 ★安房里見義堯の娘は長野業政に嫁いだ。
 長野業政の養子
現前橋富士見の石井城→旧榛名鷹留城の守城へ
石井左京大夫讃岐守信房(室田鷹留城主:軍師)
 ・・・★安房里見義堯の娘は長野業政に嫁いだ。
    長野業政の養子となった。
※参考【系図2「秋間の石井泰太郎氏の長野氏系図】
①長野業行→長男:業高
      ②次男:憲業=信業→③業政→女子12人 
              妹=安中忠政妻
妹=里見義堯妻
女=和田重能妻)
     女=倉賀野為広妻)        
藤井友忠

※長野憲業=長野信業家督は次男業政が継いだ。
  長野業政の子どもは①女=娘11人・・・
女:和田新兵衛朝常妻
女:長尾弾正正景妻
女:沼田万喜斎入道妻
女:岡本兵部少輔持村妻
女:小幡尾張守信定妻
女:小幡図書之助妻
女:木部弾正宮内少輔妻
女:倉賀野淡路守妻
女:安中越前守妻
  ②義樹・・・(養子・信房)石井讃岐守
③業盛→曽平之進
女:・・・舞鶴姫
④宗誉


●高橋隼人正勝則・・・・戦死。
  八重巻出城城代・・★安中市秋間・榛名町の境
  ★里見河内守の勢力範囲の雉郷城の城主である。
長野直業ゆかりの高橋家ではないだろうか?


●鷺坂常陸守長信・・・・戦死。
  本郷砦住定居・・・★高崎市旧榛名町本郷の
  高浜砦のことである。 高浜砦と景中砦兼任で
あろう。・・・匂坂常陸介長信(箕輪記)

●清水玄蕃頭長政・・・・戦死。
  保渡田砦住定居・・・高崎市旧群馬町
  ・・・後に内藤豊後守が修築。
★旧榛名町の清水家であるが、箕輪城にも
拠点を持っていたのであろう 。おそらくは
和田山。→松之沢・・・
後北条時代の太田金山城本城支配になったので
あろう。・・・★古文書に清水家がある。



●北爪周防守政勝・・・・戦死。
 新井砦住・・・・旧榛名町新井=三つ子沢
 ★北爪砦は現高崎市浜川町のローソンの北隣にある。
  

●青柳金王丸忠家・・・・戦死。
  本居勢田郡青柳村・・・★前橋市青柳大師
  三ツ子砦住・・★高崎市旧榛名町三つ子沢


●木暮丹後守直政・・・・戦死。
  本居勢田郡木暮村・・・★前橋市旧富士見村
  引間砦住・・・★旧群馬町「喜の蔵」の東隣

●小沢治部兵衛亮信繩・・・戦死。
  本居勢田郡小沢村・・・★前橋市旧富士見村
  和田山砦住・・・・★箕郷町和田山松本隆さん宅

●上泉伊勢守時則・・・・・→武田家臣:下芝砦
  本居勢田郡上泉村・・・★前橋市上泉
  下柴砦住定居・・・★下芝カインズホーム北西300m?

●吉田伊豆守文頼・・・・・→武田家臣:豊岡砦
  豊岡砦住・・・・・★高崎市豊岡
  ★根津の城→豊岡の陣屋か?


●飯塚左衛門丞忠則・・・・?
  並榎砦住定居・・・★高崎市並榎町天竜護国寺


●岸監物頭忠清・・・・・・?
   板鼻砦住・・・・・★安中市:板鼻城



★関東幕注文か長野業正の子ども?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック